FC2ブログ

鮭は完全に終了しておりました 磯ロックでアブラコ狙い

 今シーズンラストとなる鮭を狙いに行きました。しかし、釣り人は完全にゼロ、海を見ても鮭は完全にゼロ、鮭は完全に終了しておりました。びっくりするほど鮭が少なく、なんと今シーズンは鮭は2匹のみ(メス2)という結果となりました。利尻では1日5匹以上釣れることも珍しくないのに、シーズン2匹という異常な釣果となりました。釣りだけで無く、漁獲自体が少なかったようです。(鮭の網がはいっていないことが多かった)来年以降どうなるんでしょう???個人的この原因は以下の3つかと思われます。
1 ホルマリン処理をやめたため、稚魚が病気により大量死した(全国的に禁止になった)
2 放流場所を減らしたため、リスク分散が出来ずに全滅しかけた
3 海水温の上昇(最初はこれかと思いましたが、帰ってきた鮭が少なすぎます)


 仕方がないですし、風もなかったので磯ロックでアブラコを狙ってみました。ただ、釣りを始める頃から風がビュービューになってきたため、あまり長時間は出来ませんでした。

 車から降りてすぐの磯で挑戦しましたが、根が荒く浅いため根がかり祭りとなりました。しかし、45UPの良型アブラコが2匹遊んでくれました。特に一匹目はでっぷりと太っていました。

アブラコ46センチ

アブラコ45センチ

 磯ロックでこのくらい安定して釣れると良いのですが、意外と釣れないんですよね。この場所に入るのは何回目かですが初めて釣れました。

 今回のタックルは、 18ワールドシャウラ 17114R-2 と アンタレスDC MD というベイトタックルでした。磯ロックのタックルには色々あるのでしょうが、これも良い組み合わせだと思います。とにかく遠投するならスピニングタックルに細いPEラインでも良いのでしょうが、PEは根が海面に露出しているようなポイントでは岩に接触して切れる可能性があります。(今日のポイントでは風も強く切れたと思います)その点、太めのナイロンラインは接触しても意外と切れません。ベイトタックルなら太いナイロンラインでも意外と飛距離が出ます。ドン深の磯ロックならスピニングも良いのでしょうが、今回のような浅い荒磯なら太糸のベイトタックルの方が安心して使用出来ますね。

今年ラストボート

 秋になると凪の日はほとんどありません。マイゴムボートは大分前に仕舞っています。ただ、ちゃんとしたボートであればまだ出航出来る日もなくはありません。

 そのため、秋になってからは釣り船ほうようさんに何度も予約を入れていました。釣り船ほうようさんは、先日放送されたEXILE TRIBE 男旅でも活躍した素晴らしい釣り船さんです。ただ、収録時は時間も短く、たまたまの貧果でしたけどね。ちなみに、来年からはゲストハウスもオープンします。

群来留HP(来シーズンにはゲストハウスもオープン):http://www.kukiru.com/index.html
釣り船ほうようHP(来シーズン大型化):http://www.kukiru.com/fishing.html


ほうよう

 とはいえ、毎週の時化や台風のためこれまで一度も出船出来ませんでした。しかし、今年最終日となる昨日やっと出船となりました。

 ただ、海に出てみると意外と風波が激しく、予定していたポイントに入れず、風波を避けて遠くの鴛泊まで移動してくれました。

出船

 鴛泊の海では、レラモシリの渡辺さんがカヤックで大型ブリをあげていました。

カヤック

 我々も(お客は2人)頑張ったのですが、ブリは釣ることが出来ませんでした。しかし、ホッケはガチャガチャ釣れましたし、ソイ場では40センチくらいの良型マゾイがポイポイ釣れました。

マゾイ

 とりあえず、すぐに食べる分だけお持ち帰りしました。実際は倍以上釣れています。アブラコやフクラギも釣れました。

持ち帰り

 一応クロマグロタックル(写真左)も持っていきましたが、残念ながら使うことはありませんでした。

マグロ

 また来シーズンもお世話になりたいと思っています。よろしくお願いします。

EOS KISSX9i ボディ購入 SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSMも同時購入

 下の娘が一眼が欲しい欲しいと昔から騒いでいた。先日レンズを購入したついでに、格安の出物があったのでEOS KISSX9i のボディを購入しました。本当はEOS 90Dが欲しかったのですが出たばかりでバカ高いですからね。

 と言うわけでこうなりました。
手前が自分用にEOS KISSX9i + SIGMA 標準ズームレンズ Art 18-35mm F1.8 DC HSM
奥が次女用のEOS KISSX6i + canon純正EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS STM

EOS KISSX9i

 次女に望遠ズームを渡す関係で、自分用にズームレンズを購入しました。SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM
 canon純正で18-200というのもあるのですが、かなり高いですし重いのでシグマにしました。タムロンにも同様なレンズはありましたがカチッとした描写にしたかったのでシグマを選びました。

 写真をよく見てくださいね~。今回購入した200mmまで大きくズーム出来るのが右の小さい方、たった35mmまでしかズーム出来ない先日購入したのが、左の巨大なやつです。今回購入した18-200mm F3.5-6.3 DC MACROがどれだけコンパクトで、先日購入したArt 18-35mm F1.8 DC HSM がどれほど巨大化分かりますね。後者は明るくて高画質な分高価でバカでかくて重いんですよね。

レンズの比較

Art 18-35mm F1.8 DC HSMをとりつけ。写真で見るよりバカでかいです。そして、バカほど重い。一応メインで使用する予定。観光地へのお出かけは無理してでもこっちかな。
EOS KISSX9i 2

18-200mm F3.5-6.3 DC MACROをとりつけ。写真で見るよりコンパクトです。もちろん軽い。ズームが必要な時や、動き物の時用。軽いお出かけもこっちかな。
EOS KISSX9i 3

【KISSX9iが特に勝っている部分】
ぱっと使用した感じです。

1 液晶モニターでピントが合う 動画もいけそう
 X6iは液晶モニターを見ながら撮影出来るのですが、全然ピントが合いません。頭の上に手を伸ばしたり、足下に置いて撮影する時以外はファインダーを使用していました。たまに使用してもピントが合わないことばかりで液晶ライブビューの実用性は限りなくゼロでしたが、X9iはちゃんとピントが合います。X6iは動画でもピントが合わなく使い物にならなかったため、ほとんど使用したこと無かったのですが、 X9iならいけそうです。ここは完全に別物。

2 暗いところに強い
 暗いとこでもピントが合いやすいですし、暗いシーンでは明らかにノイズが少ないです。

3 スマホと連動出来る
 スマホに写真を送れるのはとても良いのですが、少し接続が不安定で面倒くさい。

 以上です。後は使い込まないと分からないですね。明るい場所での風景や動かない物に関しては、差が少ない気がします。動き物に関してはX9iの圧勝らしいので楽しみです。ぱっとファインダーを覗いても、フォーカスポイントの増加が(9個→45個)凄まじいです。瞳フォーカスが無いのが非常に残念。シグマはフォーカスがシビアなので瞳フォーカスがあればどれだけ楽か...


【SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSMのインプレ】
・小さくて結構軽い
・写りもシャープで良い
・ピント合わせも早い
・ズームリングはメチャクチャ重いけどまあ気にしない
・ズームが200mmまであるのでこれ1本でほぼ十分 他のレンズはいらない
 そのため、タムロンの300mmズームは売却予定。画質が良いのでこのレンズで200mmで撮影し、トリミングすれば十分。
・KISSに使うとして、
レンズ1本で行くなら シグマ18-200>純正18-135>純正ダブルズームキット
運動会で使いたいなら 純正ダブルズームキット>シグマ18-200>純正18-135
動画撮影するなら 純正18-135>純正ダブルズームキット=シグマ18-200 という感じですね。

 ただやはり描写力ではSIGMA Art 18-35mm F1.8 DC HSM の方が上(元々格上のレンズ)なので一応こっちをメインで使用する予定ですが、重さと手軽さに負けるかもしれません。SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSMは予想以上に便利で良いレンズでした。

 ところが、純正のEF-S18-135mm F3.5-5.6 IS STMの方が手ぶれ補正は強力ですし、ピント合わせの速度は上かもしれません。これは実際に室内での動き物を撮影してみないと分かりませんが、その頃にはX6iが娘の手に行くので正確な差は分かりませんね。写りの違いが、レンズのせいかボディのせいか分かりませんからね。

利尻山の山頂付近でも200mmだとここまで寄れます(上は沓形 下が仙法志)
利尻で一番ズームするのは利尻山山頂か野鳥くらいです
利尻山1

利尻山


【現有のレンズ】

レンズ達

左から
1  超広角ズームレンズ  canon EF-S10-18mm F4.5-5.6 IS STM
 安価な純正レンズ。北海道の雄大さを表現するには必要なレンズ。ただ、島ではあまり使い処が無い。解像度はイマイチ。ただ、島の外では必要なことがあるのでこのレンズは売却せず残す。

2 中望遠 単焦点レンズ canon EF50mm F1.8 STM
 超有名な激安撒き餌レンズ。独特の味のある画が撮れる。ポートレートの撮影でたまに活躍。これからはあまり使用しないかもしれないので売却を考えたが、一応娘に使わせてて気に入れば渡す。

3 広角単焦点 パンケーキレンズ canon EF-S24mm F2.8 STM
自分にはArt 18-35mm F1.8 DC HSM があり不要なので、売却予定で梱包済みであったが、一応娘に使わせてみて気に入れば渡す。

レンズは増やさないようにしたいと思っています。趣味で写真を撮るためのカメラというより、基本的には記録用です。ただ、せっかく景色の良い場所に住んでいますし、出来れば綺麗に残したいんですよ。


DDCのHIFACE TWO-ProやACPX ACFX-IECを導入したり色々

 久しぶりにオーディオを更新したので、忘れないうちに書いておこうと思います。といいつつ、大分時間が経っており記憶はあやふやです。

システム

1 DDコンバーターHIFACE TWO-Pro導入
 DAC付きアンプのSOULNOTE da3.0 がいつまでたってもmacOSのバージョンアップに対応してくれないため、仕方なしにDDCのHIFACE TWO-Proを導入しました。USB直結では、macOSをバージョンアップすると動作保証がなくなるんですよね。

 しかし、DDコンバーターHIFACE TWO-Proを途中にかませば、OSに関係無しに使用出来ます。

hiface2 1

  音質的には、新OSでDDC使用>古ーいOSでUSB直結となり、まあ良かったです。

①同軸ケーブルは最初吉田苑のRCAケーブルのハヤブサを使用していました。特に悪くなかったのですが、やはりちゃんとしたデジタルケーブルが良いだろうとのことで中古のTIGLON ティグロン MGL-D1に変更しました。(上の写真右側)より分解能が上がりクリアになりましたがハヤブサでも十分かな?という印象です。(ハヤブサは安くて良い製品です)

②HIFACE TWO-Proには外部電源を加えた方が良いとのことでBUSPOWER-PRO2も導入してみました。(下の写真)
 普通につないだら音が悪くなる感じでしたので売っちゃおうかと思っていました。しかし、以下で紹介しているACPX ACFX-IEC を通すとはっきりとした効果が出て、クリアでしっかりとした音になりました。と言うわけで、売却はやめて使用を続けます。(汚れた電源環境では効果を発揮出来ないようですね)

追加電源



2 電源フィルター ACPX ACFX-IECを導入
 今まで散々活躍してくれた電源ケーブルのeau rougeのアマティリファレンスを、オーディオプリズムの電源フィルター ACPX ACFX-IEC に変更しました。

ACPX ACFX-IEC

 変更理由は、電源コンセントのすぐ側に布団を敷くので太いケーブルはよろしくないという物理的なものです。
一応以下の3通りで音質の差を検証しました。

①eau rougeのアマティリファレンスのみ
②ACPX ACFX-IEC + eau rougeのアマティリファレンス電源ケーブル
③ACPX ACFX-IEC + 純正電源ケーブル
(④純正電源ケーブルのみ(長さが足りないため接続不可能))

音質は良い方から②>①=③でした。①と③は音質傾向は違います。①はストレートでバランスが良く太い音、③はノイズフィルターの効いたクリアな音。ちなみに②は①と③のいいとこ取り。

 本来は①が明らかに良いのですが、オーディオは縮小するためにeau rougeのアマティリファレンスは売却となりました。これで大分寝やすくなります。まあ、SOULNOTE da3.0 の純正電源ケーブルは相性も良く音が良いとの噂通りです。見た目は細くて普通なのに、音は普通では無いくらい良い使える純正電源ケーブルです。

壁コン



3 アモルメットコアを入れた
 ノイズを消すと噂のアモルメットコアをSPケーブルに入れてみました。オーディオ用にチューニングされた、ただの高性能高額磁石のようですが、決してオカルト製品ではありません。
 はっきりと変わります。確かにノイズが減った感じになります。ただ、音のバランスや音色まで変わるので、良いのか悪いのか判定出来ず戸惑いました。今は慣れました。システムによって合う合わないがありそうです。

アモルメットコア1

アモルメットコア2



4 SPインシュレーターとしてソルボセインを導入
 SPのインシュレーターは以前散々試してハードタイプが良いという結論に達しました。しかし、今回はソフトタイプの代表選手であるソルボセインを導入しました。理由は単に滑り止めです。ハードタイプはSPに体等が当たるとSPを落としてしまいます。それを防止するために、多少の粘着性が有り落下防止としてもつかえ、副作用が少なく安価なソルボセインを入れました。AETから出ている蝉ハードタイプのインシュレータも良さそうでしたけどね。

ソルボセイン

 これにてまたしばらくはオーディオネタはありません。ちなみに、今回の機器の下にはカーボン板を敷いています。eaurougeのようなちゃんとしたメーカー品では無いのですが、軽くてそれなりに効き目があります。ノイズが下がって静かな感じになります。ヤフオクで端材を購入しました。今回は珍しく小物が増えた感じです。あまり小物は使いたくないんですけどね。出来るだけシンプルにいきたいんですけどね。


※ちなみに上記の吉田苑のハヤブサは名前付けコンテストでいただいたものです
以下のページの09.04/5  新型ケーブル 名付け親大賞決定です。もう10年も前になるのですね。
http://www.yoshidaen.com/takechan/akira5.html 

釣行2回目にして今シーズンラストの鮭か???オスメス判定クイズ付き

 利尻島の鮭は今年は超超超超超不漁です。鮭網すら入っておらず、網が入っていないのに鮭が全く泳いでいないという酷い状況です。いい話を聞くことが全くなかったので、8月下旬に一度釣りに行って(ボウズ)からは全く鮭釣りには行っていませんでした。

 今までの利尻島での鮭釣りは、鮭がいれば(全くいないこともある)複数本釣れるのが普通です。複数本も5~多いときには数十本レベル。それなのに、今年はボウズがメインで、釣れて1本、多くて2本という感じでした。

 心配された台風19号による嫁の実家(阿武隈川のすぐ側)の被害も、家の真横で浸水が止まった(ただし家の横の畑は浸水した)との連絡もあり、とりあえずは一安心ということで、夕方の買い出しついでに海を見てきました。

 あまりの釣れなさに、連休なのに釣り人はゼロ。ただ、時化の後ですし海の感じが良かったので竿を出してみました。そしたら、なんと、鮭が2匹釣れました。短時間でしたが、たまたま目の前に小さな群れが入ってきたため釣れました。この時期には珍しい大型でどちらも70センチオーバーです。(波が高かったため、アルミんは使用不可 鮭も沖では無く、すぐ目の前)

 ところで、下はメスだってすぐ分かりますが、上はオスメスどっちでしょうか?

ラスト鮭?

(ヒント1 全体像)
オスメス?

(ヒント2 顔)
顔


 というわけで答えは一番下辺りに書いておきます。


 今回、ニューウエポンのワールドシャウラ 21053R-3(赤)を導入したのでインプレしておきます。 

 基本的には良くも悪くもワールドシャウラです。シャキッとしていますが、魚が掛かると非常に良く曲がります。(ガヤでも一応曲がります)見た目以上にパワーがあり、今回の大型の鮭でも一気に浮いてきました。ゴロタへの鮭のズリあげも大丈夫です。粘りも有り追従性が良いので、バラしも少なさそうです。もちろん感度も申し分有りません。ワーシャは何でもロッドだけあって、非常に扱いやすいです。ウエダやメガバスは物によってはピーキーでしたし、同じシマノのロッドの中でも扱い易い方です。自分のように多魚種で竿を使い回すタイプにはぴったりです。ただ、人によっては癖のなさが物足りないかもしれません。自分もたまにピーキーな竿を使ってみたくなります。

 元々鮭用では無いのですが、港内等での鮭の浮き釣りにはとても良いと思います。今回ウキルアーは使用していないのですが、ちょっと重すぎかもしれません。(投げられなくは無い)鮭専用の竿と比べると、10.5フィートと短めのこともあって、体感では非常~に軽いです。

 鮭専用の竿は重いので持ち続けていると、竿先が下がってくるのですが、これは竿先を楽に上げておけます。(ゴロタでは糸が石に食われるので、竿先はずっと上げておかなければいけない)以前使用していたシマノ オシア11フィートと比べても、鮭釣りに合っていると思います。(オシアはワーシャと比べると、硬いけど弱い、そしてバラしやすいという感じ)

 ただ、激混みで遠投が必要なオホーツクのサーフにはこの竿は合わない気がします。オホーツクサーフにはやはり、ダイワのカムイトゥクシー(旧タイプ)がベストでしょう。いつかは手に入れたいですね。ただ、島で使用するには無駄に強いですし、バラしが多くなる気はします。(現有のダイワ ソルティストAK 130H・Nは、重いウキルアーも扱えるものの硬すぎなくてバラしにくく、長さもあり遠投も効くので、島でもオホーツクでもどちらでもいけますね 長さの割には軽いし 折れにくいし)



と言うわけで、答えです(メス)
イクラ

一番上の写真ではオスっぽい顔です。顔のアップでも鼻が曲がっています。でもメスでした。オスっぽい顔をしたメスはたまにいます(逆も有り)。尾っぽの形と、体色からメスと判断して持ち帰りました。

 今朝も出撃しましたが、鮭の姿はどこにも無くてもちろんボウズ。今シーズンはもうダメかも?
※今期トータル2匹(オス0メス2)(釣果本数:0,2,0)
最新の記事

鮭は完全に終了しておりました 磯ロックでアブラコ狙い Oct 22, 2019
今年ラストボート Oct 20, 2019
EOS KISSX9i ボディ購入 SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSMも同時購入 Oct 16, 2019
DDCのHIFACE TWO-ProやACPX ACFX-IECを導入したり色々 Oct 15, 2019
釣行2回目にして今シーズンラストの鮭か???オスメス判定クイズ付き Oct 14, 2019

FC2カウンター

プロフィール

かにぬーと申します。 1967年生まれの80年代を愛するヲタクです。 利尻島の釣り情報をメインに発信していきます。

ブログランキング関係

一応参加しています。

にほんブログ村 釣りブログ ロックフィッシングへ 釣りの世界

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

プライバシーポリシー

当ブログでは、第三者配信による広告サービスを利用し、 ユーザー様が閲覧する他のサイト、興味のある広告を配信しています。

そのため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。

当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 を使用されないようにする方法については、 こちらを参考し設定変更をお願いします。
詳しくは、Adsense広告の、公式プライバシーポリシーをご覧ください。