ヲタキッシュ(利尻島で釣りを楽しむブログ)

釣り(ロックフィッシング)、利尻島情報、ピュアオーディオ、ビリケン商会のガレージキット等がメインです。リンクフリーです。
2018 031234567891011121314151617181920212223242526272829302018 05

ゴムボート船検合格への道(その3)夜間航行用航海灯作り 最難関

 ソイ類は夜行性です。利尻島なら浅場でも、昼間から一応は釣れます。(深場なら昼でも普通にOK)ただし、浅場のソイ類は、やはり夜の方が釣れます。の沖堤なんかは安定して釣れます。夜なら目の前に見えている防波堤に、少し船を出すだけで十分です。(穴撃ちなら昼でも可能ですが、ゴムボートでの穴撃ちは厳しいんですよ。)

 ただし、夜間航行するためには、夜間航行用の航海灯を準備しないといけません。これが一番大変。船検通るかどうかメチャ微妙~。

 船体の硬い普通のボートなら、設置は比較的楽です。既製品の灯火セットを購入して船体に穴を開けてねじ止めすればOKです。しかし、ゴムボートの場合、穴は開けられないし、折りたたまなくてはいけないので簡単には固定が出来ないんですよ。

 そのため色々と工夫し自作しなければなりません。

 まず必要な物品。
1 白色の全周灯+両色灯 LED製の検定品で合わせて2万弱(バカ高い
2 レーダーリフレクター バカ高い検定品は 2~3万
  自分のボートは古いため旧規格の安いリフレクターで可とのこと。
  (平成22年10月1日以前に建造された艇はOK)
3 バッテリー
4 ポールや金具や板やら色々(←とにかくこれらが島で手に入らない


 バッテリー以外が全て一体化した航海灯セットが製品化されていますが、9万円ほどしますし、全く伸縮出来ないため2mくらいあり、車に積めません。仕方が無いので島で手に入る部品を使用して、自分で作るしか有りません


1 全周灯とレーダーリフレクターを付けたポールの製作
 ポールは、3000円くらいのアルミ製で伸縮するタイプの玉の柄です。先端部に全周灯を取り付けました。たまたま全周灯の底とぴったりの金属アダプターがありました。柄とアダプターの太さの差を調整するために、塩ビパイプを捜しましたが見つからず....スペーサーをかませて調整しました。

先端部分の金具の写真。(なぜかこの金具だけは島で入手出来た)
全周灯

(写真は上から,先端部分、中間のリフレクター、根元の固定するためのグリップ)
ポール

リフレクター

手元

 2枚目のレーダーリフレクター(レーダー反射器)は、滑り止めをかませてタイラップで結構しっかり止まりました。配線は金具で止め、熱収縮チューブを付けてシーラーでコーティングしました。接続は耐水コネクターです。

 意外と苦戦したのが写真3枚目の根元部分の、ロッドキーパーへの固定です。滑り止めを巻いて丁度ロッドキーパーの太さに合うよう調整しました。


2 船首への両色灯の固定
 両色灯はプラ板か塩ビ板に固定したかったのですが、どちらも島では売っていない。仕方なくゴム板のスペーサーを付けて、カッターマットに取り付けました。

両色灯1

両色灯2


3 電源ボックスの作製
 釣り用の防水ケースに穴を開け船を引き込んで,コーキングで穴をふさぎました。2つの航海灯をバラバラに入り切りしないといけないのでスイッチも付けました。

入れ物

内部配線

スイッチ

超重要:LEDはプラスマイナスを逆にすると一発で壊れるらしいので配線には気をつけること。今回テスターを購入しました。


4 電源ボックス固定用の縛り紐設置
 ボート底面に縛り紐セットを接着剤にて固定。
固定紐


 現在判明している(自分の場合の)灯火の絶対条件
1 全周灯と両色灯が必要
2 両色灯は船の中心線上に置く。(角度が変わらないこと)
3 全周灯は両色灯より1m以上、上方に置く。(そのため必ずポールが必要)
4 自分の場合は、船が古いためリフレクターは旧型でも可。
5 航海灯は別々に入り切り出来ること。


 その他おそらく気をつけた方が良さそうなこと。
1 漏電しないようにする
2 ガソリンとバッテリーは別容器で
3 バッテリーケースは固定されていること。


 一応作ってはみたものの、一度も現物をゴムボート本体にセッティングしていないのでかなり心配。航海灯はちゃんと点くのですが、問題は固定がきちんと出来るかですね。

 完成予想図。
設計図

使用したテープは以下の物です。耐候性が売りで、粘着力も強いです。
3M スコッチ 強力多用途補修テープ 48mm幅x9m DUCT-09
3M(スリーエム)
売り上げランキング: 22
[ 2018/04/16 19:39 ] 釣り | トラックバック(-) | Comment(0)

ゴムボート船検合格への道(その2)日本小型船舶検査機構(JCI)に書類提出

 さて、備品が揃ったら今度は日本小型船舶検査機構(JCI)に書類の提出です。(離島なので、買い物をする場合商品到着まで1週間ほどかかることがあるので、まずは備品購入が先でした。近所にお店があれば書類提出後で充分間に合うでしょう)
JCIのホームページ:http://www.jci.go.jp/index.html


以下が、必要な書類(以下の書類は、JCIの公開している記入例のスクリーンショットです

1 新規登録書(我が船には不要でした...) 
登録
 印鑑証明も取得して、お金も納入したのですが、不要とのことでした。(お金は戻るとのことでした)

我が家のゴムボートは、以下↓に該当するためです。船検・免許不要のゴムボートはこれに当たりますね。
推進機関を有する長さ3m未満、当該推進機関の連続最大出力が20馬力未満の船舶
 

2 船舶検査申請書(絶対に必要)
船検

記入時気をつけたこと
1 船の名前を絶対に付けること(一度付けると変更は難)
2 初回は定期検査扱い。
3 最大搭載人数は減らすことは可能。私は4人から3人へと減らしました。
  減らした分、高価なライフジャケットを少なく出来ます。現実的にも、釣りをするなら定員の半分が良いところです。
  定員2人でも良かったのですが、小さい子を親と遊びでのせることもあろうかと3人にしました。子どもは0.5人カウント。
4 検査希望日時はHPで調べること。ちなみに利尻島は月1回、冬は無し。
5 航行区域は人によって違うと思いますが、私は限定沿海(可搬型)としました。ゴムボートはこれがメインと思います。


(図はJCIのホームページより)
区域


3 検査料金支払い
前払いだと知らずに先に書類だけ送ってしまいました。
JCIに行けば、専用の振込用紙がもらえるそうですが、最寄りのJCI(札幌)が日帰り出来る距離に無いので、普通に郵便局で支払い、その振り込み半券を郵送しました。本当は申請書と同時に送る必要があるようです。(ちなみに11,600円でした)

 書類(振込票含む)は検査の1週間前に揃わない場合は、次回送り(利尻の場合は1ヶ月後)となります。ここしばらくフェリーの欠航等が続いたため、私の書類はまだJCIに届いていない模様....明日の締め切り日には間に合うでしょう。普通は道内なら翌日届いたりしますが、最近は欠航等で4日くらいかかっています。amazon等も遅れ気味。

 書類に不備が無ければ、明日の月曜日に締め切られ、火曜か水曜に検査時間と場所が決まるはずです。(土日は検査が無いので、仕事は必ず休みを取らないといけません)ちなみに、ゴムボートの予備検査証、信号紅炎の代わりにスマホを登録するための料金支払証明書と、灯火の設置書(簡単な手書きの図)も同封しました。

写真は予備検査証。
予備船検
アップ

 書類が受理されると良いのですが....解らないことは、JCIに電話をすれば親切に教えてくれます。しかし、初めての場合は、何を聞けば良いのかも解らないですけどね。
[ 2018/04/15 14:30 ] 釣り | トラックバック(-) | Comment(0)

2馬力エンジンとしてはラストの出航???出るかビッグママ

 もうすぐ6馬力船外機 (スズキDF6A)の船検が行われますが、それが通ればホンダの2馬力は使わなくなります。船検を受けるまでには、まだ来週の土日もありますが、春先は基本的に毎日荒れているので出航出来る可能性は低いのです。そのため今回が、2馬力エンジン(ホンダBF2)では最後の釣行となるはずです。

 今日は今週中ではベストの海況ですが、それでも波は1.5m、風もそこそこ吹いており、ゴムボートが出せる限界です。(6馬力だとしても少し厳しい風波です)ただ、船検前にボートで確認しておくこと(航海灯の取り付け方のチェック)もあったので、多少無理して出撃しました。

 さて、海に出ると予想以上の風波。ベストポイントは危険で入れませんでした。仕方が無いのでテトラの風裏で釣りました。ここなら一応釣りにはなります。

風裏

 しかし、やはり予想通り釣れません。近年あまりお昼に釣れたことはない場所です。穴撃ちなら釣れるのでしょうが、ゴムボートで穴撃ちは非常にやりにくく、テトラ等でゴムボートに穴の開く危険もあるのでやりませんでした。


 苦戦しつつも自分が45センチ弱のクロソイを何とか2匹釣り上げました。その後に嫁が、48センチを筆頭に良型クロソイを3匹出しました。痩せているため写真ではあまり大きく見えませんが、これでも48センチ有りました

最大魚

 結局、痩せた魚ばかりで、ビッグママとは会えませんでした。もう産卵終わっちゃったのかな???

 嫁が用事があると言うことで、正味1時間で上がりました。1時間とはいえ、波が高かったため、船酔いしてしまいました
 う~ん、ベストシーズンのうちに何とかJGFA記録に出せるような魚を釣りたいところです。
[ 2018/04/14 19:22 ] 釣り | トラックバック(-) | Comment(0)

ゴムボート船検合格への道(その1)法定備品の購入

 さて、船検を通すとなると色々な物を購入する必要があります。以下は私の3m以下のゴムボートの場合です。(※実際に点検を受けてから加筆訂正する可能性有り。)

1 人数分のライフジャケット 桜マーク付きTYPE A
 最近厳格化された、この桜マーク製品(国の認証品)がくせ者で、とにかく価格が高い。1万5千円前後はします。桜マーク無しなら、3000円くらいから買えますがそれでは違反となります。
 昔ながらのオレンジのやつは安いのですが、使いにくいです。定員3人としましたので、自動膨張式2個とオレンジ1個の計3個を用意しました。今品切れ中のベルトタイプのライフジャケットを1つ購入する予定です。(現在品切れ続出)

救命具

2 救命浮環
 浮き輪です。普通の船なら普通の浮き輪で良いのですが、最小サイズのボートのため自動膨張式の浮き輪にしました。これも桜マーク付きです。やはり高価です。緑色の物体は5の笛です。

浮き輪

3 赤バケツ(あかくみ)
 これは基本的に赤ければ良いそうです。釣り用の活かしバケツを流用します。ロープは2.5m以上必要。魚も入れられますので何かと使い勝手の良いバケツです。ただ高価なのが難点。それでもJCI認定品のバケツよりは高コスパ。

ダイワ(Daiwa) 活かし 水汲み バケツ M23CM(H) レッド
ダイワ(DAIWA) (2013-12-26)
売り上げランキング: 25,702


4 工具
 エンジンに付属した工具を流用します。

5 笛
 ライフジャケットについている物以外に1つ必要。(救命浮環の写真に一緒に写してある)

6 係留ロープ2本
 1本はバウに取り付け済み。もう1本を持参する。

-----これ以下は錨泊しないならいらないかも?-----

※自分はアンカーも準備しましたが、利尻は非常に錨泊がしにくい場所です。浅場は岩礁帯でアンカーが根掛かりします。また、少し沖に行くとドン深でアンカーが届きません。また、シーアンカーはゴムボートで使用するのは危険とのことでした。ゴムボートが軽すぎるため、波を食らうとシーアンカーで変に固定されているため波に乗れず転覆の危険性があるとのことでした。なかなか難しいですね。

6 黒色球形形象物
錨泊する時に必要。膨らませて使用する。

黒玉

7 アンカーとロープ
 小型の折りたたみ錨と、ビニロンロープ。


 最後に、わかりにくい法定備品の信号紅炎について。
※信号紅炎 注意
 有効期限が短い上にかなり高価ですし、ゴムボートで使用するのも火力が相当あるので、かえって危険な気がします。しかし、規則上は一応必要です。ただし、スマホ等の通信機器を持っている場合はそれで代用出来ます。
 申請書類に、スマホの書類(料金支払証明書)が必要とのことなので要注意です。
[ 2018/04/14 00:05 ] 釣り | トラックバック(-) | Comment(0)

ゴムボート船検合格への道(序章)スズキDF6A 6馬力船外機購入 

 今までホンダの2馬力BF2をゴムボートに積んで釣りをしてきました。しかし、利尻島には湾や内海が非常に少なく、イキナリの外洋、イキナリの吹きっさらしとなります。

 円形の離島のため、逃げ場もまったくありません。流されたら、運が良ければ礼文島ですが、順当に流されればサハリンをはじめとしたロシア領で拿捕されます。というわけで、湾内やダムや湖等の内水面と比較するとかなり厳しい環境なのです。

 今までの2馬力では完全なべた凪でしか出船出来ませんでした。そんなべた凪のチャンスなんて、年数回しか有りません。(宗谷地方は日本で最も風が強い地域の一つ)そのため、今までは手こぎで戻れる範囲までしか出たことがありませんでした。(岸からせいぜい数百メートル 投げれば岸から届く距離)

 まあ、2馬力をより大きな馬力にしたところで、問題解決にはなりませんが少しはマシになるはずです。急に風が出てきても馬力があれば岸に戻れるはずです。

 というわけで、6馬力の船外機を購入しましたスズキ4ストローク DF6A トランサムSです。
スズキHP:http://www1.suzuki.co.jp/marine/df6a_5a/

6馬力 スズキ

 我が家のゴムボートは書類上は8馬力まで乗せられますが、それは軽い2ストの場合であって、重い4ストなら6馬力が限界とゴムボート販売店にアドバイスを受け、この6馬力を購入しました。

 スズキにした理由は軽さです。(2ストならもっと軽いのですが、混合油を使ったりとメンテが厳しいんですよ。)他社より数キロ軽めの24キロです。(これが8馬力になると急激に重くなります。)1人でボートを出さなければいけない時もあるのですが、1人で運べるのはこの辺が限界の気がします。

 6馬力になりましたので、船検を受けないといけません。というわけで、これから船検合格に向けて色々やらなくてはいけません。(小型船舶免許は昨年1級を取得済み)
船舶免許取得の記事:http://okapon2005.com/blog-entry-2034.html

 ネットの情報だけで船検をパスするのは意外と難しいんですよ。既に船検に必要な提出書類だけでも色々とトラブっています。ゴムボートの船検を通そうとしている人のためにも、これからここに色々書いていこうと思います。

 ちなみに船検の予定日は4月24日。ここで不合格をくらうと1ヶ月後になります。(検査料の1万円もパーかも?)
[ 2018/04/13 23:19 ] 釣り | トラックバック(-) | Comment(0)
ページ最上部へ