ヲタキッシュ(利尻島で釣りを楽しむブログ)

釣り(ロックフィッシング)、利尻島情報、ピュアオーディオ、ビリケン商会のガレージキット等がメインです。リンクフリーです。
2018 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312018 08

利尻島といえど、ポイントで釣らねば釣れぬ...

久しぶりにマイボートで出撃しました。今回は北風が強く、いつものポイントには入れませんでしたので、風裏でポイント開拓を行いました。(釣果は期待できませんでしたので、単独釣行です)

 結果から申しますと、いくら利尻とはいえ、適当に船を流しても釣れないということです。透明度が高いため、数百メートル沖まで底が見えているのですが、そのくらいではガヤしか釣れません。(もっと早い時期や、夜なら釣れそうですが、岸から釣るのと変わらないかも?)やはり、魚群探知機がないと、ポイントがさっぱりわかりません。あっても解らないかもしれませんが....

 さて、釣果ですが、適当に流してすぐに、40UPの良型クロソイがあがりましたが、後が全く続きません

良型ソイ

 当たりはあるのですが乗らないんですよ。理由は簡単で、ガヤの群れがつつきまくっているからです。海の透明度が高いのでよく見えます。(さすがに写真で写るほどではないですが、肉眼でははっきり見えました)

 た~まに中~小型のアブラコもかかるのですが、数・サイズ共にイマイチ。アブラコも捕食シーンが見えたのですが、アブラコはガヤと違ってかなりルアーを警戒していました。ルアーにまとわりついて狙ってはいても、なかなか口を使いませんでした。(最終的には釣れましたが)

 沖に出るも、ギスカジカ祭りでした。アンタレス DC MDでギスカジカを多数釣っちゃいましたよ。小さい針を使えばカレイも釣れたかも?ワームフックしか持っていなかったのでカレイはゼロでした。村田基さんに「そんな魚を釣るために、DC MDを設計したんじゃ無い」って怒られそうです。MDってモンスタードライブと言う意味なんですよ。モンスター用のリールですからね...

ギスカジカ


 今回大きめのシンカーでアンタレスDC MD を使用しましたが、簡単に無駄なほどよく飛びました。やはり、最新のリールは優秀ですね。


 夕方遅くなり、風が弱まったのでいつものポイントに入りましたが、アブラコが数匹釣れたのみです。写真は今回アブラコでは最大の40センチくらいの個体です。(小さく見えますが、ナナマル用の大型ネットです)アブラコのサイズや濃さに関しては、室蘭>苫小牧>>礼文>利尻の感じですね。

良型アブラコ

6時には豪華客船のパシフィックビーナスが礼文島に向けて出港していきました。引き波を避けるために遠くからの撮影です。

パシフィックビーナス

パシフィックビーナス2
[ 2018/06/17 17:18 ] 釣り | トラックバック(-) | Comment(0)

今話題の利尻ヒグマと、寒さにも耐えて夜釣り

 利尻島のヒグマさんは用心深いため、主に山の中で、誰とも出会わずに生活をしています。そのため、当面は駆除を行わず、共存していくこととなりました。そのため、かなり用心をして釣りや生活をしなくてはいけません。

 熊鈴と、熊スプレーを持っての釣りとなります。写真左が、ライフジャケットに取り付けた熊スプレー。熊スプレーを持って海釣りをするなんて....(川釣りでは必ず持参していましたけどね)海から来た個体なので、海沿いを歩いていても全くおかしくはありません。

熊スプレー

 自分の羆対策をメモしておきます。
1 熊鈴、熊スプレーを持参(川釣りでは戦闘用に鉈も持っていくが、出会い頭は少ないと思うのでスプレーのみ)
  (人を避ける個体なので、熊鈴は効果があるはず。)
2 出来るだけポイントの近くに車を置く。
3 車から離れて釣りをしない。近くの移動も車で。
4 釣り場に着いたらイキナリ降りずに、車の窓を開けて匂いを確認。熊がいたらかなり獣臭いはず。
  (ただし、風下にヒグマがいると解らない)
5 車から降りたら、しばらく音や気配に気を遣いヒグマがいないことを確かめる。
  (夜の利尻島は基本的に何の気配も無い。何らかの気配がしたら危険。)
6 港の釣りなので、防波堤の根元からヒグマに近づかれたら、海しか逃げ場が無いので飛び降りる場所を決めておく。
  (適当に飛び降りると、テトラ等で死ぬ。飛び降りたら、逃げずに大人しくしていた方がヒグマは去るかも?)
7 くまさんがいたら、見つめて「うん、怖くないよ 怖くないよ お山に戻ってね」と心のメッセージを送る。
  (イキナリ背を向けて走って逃げると、反射的に襲われる。)
8 釣り具はくまさんにあげる。(それに気をとられてもらう。ただし、防波堤だといずれにせよ逃げ場は無い。)
  (取り返すと、ヒグマにしつこく追われるので、釣り具は諦める。)
9 車に戻る時も、臭いを中心に細心の注意をする。


 ヒグマは怖い息が真っ白になるほど寒い(気温は7℃で強風)という厳しい状況で釣りをしましたが、小ガヤが沢山、小型クロソイポツポツ、シマゾイ30センチ1匹のみでした。流石にママのピークは完全終了のようです。

 先週釣れた、以下のクロソイ38センチがラストの良型となりました。(実はこれを釣った時、気のせいだとは思うが....車に戻る時、少し獣臭い気がした...)

38センチ

 一番の心配事は、利尻島には有事の際にヒグマを屠れる人がいない・その手段が無いことです。警察のピストル程度では効かないし、職場にいる剣道の達人も300キロオーバー相手では真剣を用いたとしても良くて相打ち、礼文と違い自衛隊もいない、トド撃ちの方はいますがヒグマは免許外らしいですし海と山では勝手が違うことでしょう。本土から猟友会が来ても、島の地形やヒグマの動きが解らないし、猟友会が来るまでに大きく移動しているはずです。(ヒグマなら余裕で1日で島1周出来る)

 一番良いのは、くまたんがメスを求めて島から出ることですね。そこまでいかなくても、このままひっそりと山で生活してくれればいいのですが....
[ 2018/06/08 22:45 ] 釣り | トラックバック(-) | Comment(0)

世界最高峰 18アンタレスDC MD 買ってしまった(ただし傷有り中古品)

 今まで、小学校時代に購入したバンタム100EXをスタートとして、アンタレスだけでも98アンタレスVER.2、03アンタレスAR、07アンタレスDC7LVと使用してきました。(アンタレスの前の数字は発売年

 そしてついに、新発売ほやほやの18アンタレスDC MD傷有り中古品を購入しました。間違いなく現在世界最高のリールで、表面処理も凝っているので傷入りなんて言語道断なのですが、いつかは傷が付くので傷入り中古品を安くで購入しました。(釣りをしない人のために書いておきますが、コンピューター入りのリールです)
シマノ該当ページ:http://fishing.shimano.co.jp/product/reel/5317

左がDC MD、右がDC7LV(ハンドル交換済み)
モンスタードライブ

 しかしまあ、傷有りとのことでしたが、ガチで傷だらけでした。日本で一番傷のあるアンタレスDC MDのはずです。発売直後でここまで傷だらけにするなんて...フェラーリを購入して1ヶ月で、ぶつけまくってボコボコにしているのと同じですね。自分なら、ここまで傷を入れるには10年はかかりそうです。

傷だらけ

 早速、ワールドシャウラ青1652R2の組み合わせで夜ソイに挑みました。

 以下DC7との比較
1 見た目だけは 傷がないのでDC7の勝ち
2 ハンドルはDC MDは純正でも使いやすい長さ(DC7は純正では短すぎたので付け替え済み)
3 DC MDの巻き取りスピード激速 夜で見えないので何度も巻きすぎそうになった(速すぎ???)
4 リーリングの滑らかさ DC MDの方が滑らかだが、DC7でも十分滑らか

5 ブレーキはDC MDが調整もしやすく効きも良い

 DC MDはメカニカルブレーキがかなり強めに調整されているのに、DC MDの方がすぅ~っと伸びる。もちろん距離も伸びる。(DC MDはナイロン、DC7はフロロという違いもあるのか???太さは同じ12ポンド。)
 
 DC7では夜のソイ釣りをする気になんてならないですが、DC MDならストレスは大分感じますが、ギリギリ出来ますね。(真っ暗の中ベイトで、硬めの竿で、太い糸を用いて5gの軽量ジグヘッドを遠投するのは非常に厳しいですね。本当は3gが使いたいところですが、この条件では3gは実用的には無理。柔い竿で細い糸なら3gでも大丈夫そう。)今日もDCとはいえ、多少バックラッシュはしました。風もありましたし、着水がよく解らないんですよね。それでもDC7よりはしにくいですね。

 今夜は食いが非常に渋かったのですが、以下に結果を載せます。ファーストヒットはシマゾイの30センチ。その後、中型のクロソイやガヤが数匹、珍しくカジカも釣れました。(利尻島はカジカが少ない)

シマゾイ

カジカ

 粘ったところ、何とか43センチのクロソイも釣れました。

43センチ

 DC MDはソイの夜釣りに使うにはイマイチですが、ボートロックやベンダバール8.9Mを用いた遠投釣りではかなり良い仕事をしてくれそうです。どちらも20g前後がメインですからDC MD向きです。(ボートで使うのは、オーバースペックでもったいない感じですけどね)

 やはり、11年間の技術の進歩は素晴らしい。DC MDは非常に気に入りましたし、長く使えそうなので新品が欲しくなりました。


※とうとうビッグママの季節も終了のようです。以下の写真は先週最大の獲物です。48センチ2キロのパンパンに太ったママでした。
48センチ 2キロ
[ 2018/05/29 23:31 ] 釣り | トラックバック(-) | Comment(0)

今年 初海水浴??? 水は意外と冷たくない

 今日は天気が良かったので、磯ロックのポイント調査をしました。

 磯歩きをしていたら、滑ってバランスを崩して海にドボンしました。おかげでプチ海水浴が出来ました。腰までも無い浅場でしたが、完全にひっくり返ったので全身びしょ濡れになりました。財布もびしょ濡れ、スマホもカメラも防水ですが塩味が付きました。ライフジャケットは手動膨張式のため暴発しなくて良かったです。(自動膨張式だったら絶対に出てたはず)

乾燥

 水温も思うほど低くなく、気温は13℃でしたが晴天のため比較的暖かく感じました海水浴後も濡れたまま頑張って3時間ほど釣りを続けました。ただ、寒くなってくる上に、服が海水で重くなり、服がへばりついて動きが制限されて散々でした。流石に疲れたので、夜釣りはお休みしました。

 肝心の釣果は、半日釣り歩いて小ガヤ1匹でした。新ポイントも開拓出来なかったし.....いやぁそれにしても、ホント昼は釣れないなぁ~。穴釣りかカレイの投げ釣りでもすれば良かったかも?
[ 2018/05/27 21:24 ] 釣り | トラックバック(-) | Comment(0)

ここしばらくの、クロソイビッグママチャレンジ

 花粉アレルギーで1週間倒れたり、風波でボートが出せないまましばらく時間が経ってしまいました。そうこうしつつも、前回からトータル3回、クロソイのビッグママを求めてランガンしてきました。

 状況は気温・水温低めで、ガヤや中~小ソイはかなり少なめという大型を狙うには良い状況でした。結果的には3回とも40UPが数本の50UPはゼロでした。

 その中で最大が48センチ2.8キロのクロソイでした。長さは無いですが、重さがあるので一応ビッグママで良いでしょう。今期の岸釣りでは今のところ最大重量です。

2.8キロクロソイ

 ランディングネットがあまり長くないため、少し足場が高い場所や干潮の時には厳しいこともあるので、初めて落とし玉を使いました。こういうのです↓

昌栄 落とし玉 45cm No.460
昌栄(SIYOUEI) (2011-07-20)
売り上げランキング: 280,682


 まっすぐ下に降ろせる場所で無いとつかえませんし、波があると使いにくいのですが、足場が高い場所はこれしかつかえないこともあるでしょう。

 以下の写真は枠の長さと同じ45センチのクロソイです。太っていたので2キロくらいは有るかも?流石にブチ抜くのは厳しい重さです。

落とし玉

 基本的には全てリリースしていますが、クロソイのように寄生虫(全くの無害だが、身に黒い点が出てしまう)がいないシマゾイを久しぶりにキープしました。(40センチと30センチ)数日熟成させて、皮を炙って刺身で食べる予定です。島ではクロソイより、シマゾイ・マゾイの方がかなり人気が高いです。

シマゾイ

 利尻島のビッグママも、もう少しは狙えそうです。
[ 2018/05/22 22:00 ] 釣り | トラックバック(-) | Comment(0)

次女の釣ったクロソイがJGFAボート記録に認定されました

 4月の上旬に次女が釣ったクロソイ 57センチ3.45キロJGFAのクロソイボート釣り16ポンドの記録として認定されました。

 まだ2馬力ゴムボートの時なので、船名が無かったため、書類上の船名は私の名前+ゴムボートです。今はちゃんとした船名がありますよ。船に貼るステッカーをいただきましたが、ゴムボートなので貼る場所がありません。

釣りの記録記事:http://okapon2005.com/blog-entry-2121.html

記録

 今までの記録、自分が3つ、嫁が1つ、次女のジュニア記録は全て岸釣りでした。ボート釣りでの記録は家族では初めてです。自分もボートの記録を狙い続けていますが、なかなか出せないままです。

2匹ゲット

記録はこちらに出ています→http://www.jgfa.or.jp/record/boat/

これで、クロソイボート釣り記録10個のうち3個が利尻島になりました。(ただし、10個のうち、のべ7人は知り合い)
ちなみに、クロソイの岸釣りは記録10個のうち8個が利尻島。(知り合いはのべ9人です)
[ 2018/05/12 18:14 ] 釣り | トラックバック(-) | Comment(0)

ボートロックは不発??? う~ん

 港内での岸釣りが好調で、凪なのでボートロックをしました。

 しかし、凪ではありませんでした。風向きが反転したばかりで、波の向きと、風の向きが逆、つまりどこもそこそこ荒れていると言う結果となりました。

 なかなかのタフコンディションでしたが、同僚と頑張りました。結果は....自分が40センチ弱のクロソイ3匹のみ。同僚は根掛かりに悩まされながらも、何とか30センチ級を1匹と、利尻島とは思えぬ、なかなかの貧果でした。港内の岸からの夜釣りの方が釣れますね。(特にボートは荒れた日は難しいんですよ)

doidoi

 う~ん、厳しい。産卵も終わった風のガリガリばかりでした。この時期は荒れるのでボートはきついですね。GW中にまともに釣りが出来たのは1日しか有りませんでした。夏場は凪るのですが、ブリ以外は釣れないんですよね。ブリ釣るには厳しいボートだし...なかなか思うようにはいかないものです。
[ 2018/05/08 00:12 ] 釣り | トラックバック(-) | Comment(0)

ガソリンが入れられず 近場でランガンビッグママ狙い

 島一周ランガンを計画していましたが、ガソリンスタンドがお休みのため、ガス欠で近場にしか行けませんでした。(月曜にならないとオープンしないはず....)明日もあるのに...

 予想外の強風、雪が降りそうな気温というヤバい状況でしたが、結果は上々でした。利尻島あるるの、ボートより、磯より、外海より、港の中の方が最も釣れるに当たりました。岸釣りのXデイに当たった感じです。

 最初の良型です。足下の水面ギリギリで食ってきました。イキナリ水面でバシャバシャ始めたので驚きました。スリムなクロソイで44センチだったかな?

45センチ

 こちらは47センチながらも2.2キロもあった、プチビッグママ。腹パンパンです。

47センチ

 ガポッと目の前でライズがあったので、キャストするも1発では乗らず。(普通このパターンなら1発でヒットします)ワームを替えて数投でヒット。非常に形の良い50センチ、2.5キロのビッグママでした。 

50センチ

 流石に2キロを超えると、引きが違います。硬い物に根掛かりした感じです。玉網で引き揚げる時もかなり重たいです。

 また、今回は上記の良型3匹以外も多く釣れました。風で寄せられたゴミの下から、30~40センチの良型クロソイが入れ食いになりました。これは利尻でも珍しい現象で、たまたまゴミの下に小魚が入って、それを狙ってクロソイが溜まっていたのかも?利尻でも最近は入れ食いってガヤくらいしか無いんですよね。

 まだしばらくチャンスは続くと思われます。頑張りたいと思います。ちなみに島民期待のヤリイカは、イマイチの感じです。
[ 2018/05/06 00:11 ] 釣り | トラックバック(-) | Comment(0)

慣らし運転中にクロソイビッグママ狙い

 慣らし運転中に凪の時間帯があったので、ビッグママを狙ってみました。
 
 しかし、トドの群れがいました。写真ではちゃんと撮れていませんが、10頭ほどいた気がします。肉眼では、はっきり見えました。トドは泳ぐし潜るし、こっちも揺れているしで写真を撮るのは困難でした。トドがいると釣れないんですよ。 

トド

トド2

 トドのおかげで非常に渋かったのですが、55センチ2.8キロのビッグが出ました。(ママでは無いかも?)

55センチ

 メチャクチャ引きが強くて、針も伸ばされたのですが3キロいきませんでした。(よくバレなかったものだ)

伸びた針

 その後、良型のアブラコや、1.8キロのシマゾイを筆頭にポツポツ釣れました。

アブラコ

シマゾイ

 この日は、トドがいたことも有りしっかり沈めて、根掛かりしないようにゆっくり引かなくてははいけなかったためか、次女は不調でしたが、最後にクロソイ50センチ(痩せているので小さく見えます)と良型アブラコを仕留めました。

ソイ50センチ

アブラコ

 礼文島の夕焼けが綺麗でした。このポイント(やや深場)は産卵が終わっているようですが、浅場はまだビッグママが岸から狙えると思います。

礼文島の夕焼け 
[ 2018/05/03 09:43 ] 釣り | トラックバック(-) | Comment(0)

クロソイ陸釣り開幕 出るか?ビッグママ

 鴛泊にヤリイカが入ったとの情報。ヤリイカの接岸とクロソイの陸釣りの開幕は大体同じタイミングです。と言うわkで出撃してきました。

 ひょっとすると、シーズンインしてから時間が経っているのか?中小型のクロソイが釣れます。(ビッグママの季節は中小物はほとんど釣れないんです)あちこち釣り歩いたところ、44センチのほとんど同じ感じのクロソイが2匹ヒット。あまりに似ているので、全く同じ個体かとも思いましたが、良く写真を比べてみた感じでは違うようです。(同じ日に同じ場所で2回ヒットするのは極まれですからね。ただ、あることはあります。)

 ただいずれにせよ、痩せているので産卵後でしょう。う~ん、スタートが遅すぎたか???

クロソイ44センチ 1

クロソイ44センチ 2

 もうダメかと思った矢先に、プチビッグママが釣れました。腹パンパンで47センチですが1.8キロ有りました。

ビッグママ?

 う~ん、出遅れた感がMAXですが、まだビッグママのチャンスはありそうです。
[ 2018/04/26 20:45 ] 釣り | トラックバック(-) | Comment(0)
ページ最上部へ