ヲタキッシュ(利尻島で釣りを楽しむブログ)

釣り(ロックフィッシング)、利尻島情報、ピュアオーディオ、ビリケン商会のガレージキット等がメインです。リンクフリーです。
2017 101234567891011121314151617181920212223242526272829302017 12

マツコの良い子が育つ怪獣の世界

 先週の流れで、今週もマツコの知らない世界を観てしまいました。今回はなんと、良い子が育つ怪獣の世界でした。私の専門じゃ無いですか~。ゲストの原坂一郎さんは怪獣博士と言うことでしたが私も以前は怪獣博士でした。

 子どもの頃、火曜ワイドスペシャルか何かで、怪獣博士決定戦みたいなものが有りました。番組内では全問正解者は一人もいなかったのですが、TVの前の私は余裕の全問正解でした。「出ていれば優勝だったのに~」と、悔しく思いました。(雑誌のマジンガー博士テストも持っていました)TVでは多くのコレクションが紹介されていましたが、私の家にもまだ多少は残っています。(転勤族なのでほとんど売却済み)以下の写真はコレクションの一部です。数は少ないのですが、レアものが多いです。また、怪獣の絵は原坂さんより私の方が上手です。嫁もそう言っています。おそらくスピードも負けません。(ただ、描ける種類は負けるかもしれません...)

怪獣コレクション

 私がびっくりしたのが、意外と嫁が怪獣を覚えていたことです。番組中に、原坂さんの嫁や子どもが目隠しで触っただけで怪獣を当てるというのをやっていたのですが、それを観ていた嫁が「ペスター、ギエロン星獣、レッドキングじゃ簡単すぎる~」と吠えていました。なかなか見込みがあるやつだと思いました。(残念ながら我が家の場合、娘達は目隠しで当てることは無理だと思います)

 それにしても、是非原坂さんとはお友達になりたいと思いました。今日の放送は素人向けに軽めにしていた風だったので、もっとディープなお話が聞きたいと思いました。
[ 2017/10/24 22:27 ] 怪獣やガレージキット | トラックバック(-) | Comment(0)

春来たりてゴリラ君来たる 

 稚内も、最高気温が0℃近くになり、雪も融け出しはじめ春めいてきました。こまどりスキー場もいよいよクローズです。春といえば、昨年の春はいぐあなの春でした。
記事:http://okapon2005.blog27.fc2.com/blog-entry-1666.html

 さて、今年はゴリラの春となりました。色の塗られていない手前3体が仲間入りしました。(3体は顔違いです)
ゴリラたち
(ちなみに、右後ろがビリケン商会から販売されたゴリラ1、写真左後ろがゴリラ1985(ゴリラ3?)です。)

 今回お家に来た、この3体のシリーズは通称ゴリラ4と言われています。写真は真ん中の茶色成形色のアップ。茶色は紺色の成形色より大分柔らかかったですね。(USA輸出用の色で、日本国内には数個?色を塗れば全く関係ないですけどね。)
ゴリラ4

 これまた、このブログの読者でもあり、ビリケン商会やアメリカのジオメトリック社等で活躍された造形師のブッカ親びんの作った作品で市販はされておりません。親びんはゴリラ(1933年版キングコング)の名原型師として海外でも有名です。ゴリラ君達は、流石の出来です。欲しい方は、ブログで直接頼めば、いつになるかは解りませんが、次回生産する時に原価で分けてもらえると思います。(転売は絶対不可・おことわりとなっていますので転売ヤーはダメです。)

ブッカの親びんのブログ:http://tarao55izumi.bijual.com/ 



 久しぶりに作ったので、手を滑らせてナイフで指に穴を開けてしまいました。
怪我

 瞬間的に治したい時は、瞬間接着剤がオススメです。ほら、すぐに血が止まったよ~。誰でもやって平気かは謎ですし、深い傷はダメかも?(赤いのは血の跡)
治療

 それにしても、ゴリラ増えたな~。写真以外にもビリケン商会の南海の魔人(東宝のキングコング)とメカニコングもありますからね。来年の春は、T-REXの春かな?かなり良さそうなのが出来てきそうです。
[ 2014/03/15 23:01 ] 怪獣やガレージキット | トラックバック(-) | Comment(2)

いぐあなの春プロジェクト完了

 今日のニュースでは、日本中春も陽気だそうだ。ちなみに明日の稚内市の予想最低気温は2℃、最高気温は4℃。まあ、氷点下ではないので春といえなくもない。しかし、本日我が家に春が届けられた

荷物

 箱には英語で書かれているので、最初は何が送られてきたのかと思いましたよ。実印と非売品の文字だけが日本を感じさせます。これこそいぐあなの春プロジェクトの品だったのです。

 中身はこれです。
中身

 ちゃっちゃっとカットして貼り付けて組み立ててみました。大きさは全長30センチくらいです。バンダイの怪獣シリーズと、ブルマアクの怪獣シリーズの中間くらいのサイズ感です。

いぐあな1
いぐあな2
いぐあな3
いぐあな4

 間着が多く、動かせて遊べるようになっています。このいぐあなくんの正体は、特撮の神様レイハリーハウゼンの「原子怪獣現る」に出てくるリドザウルスです。(ゴジラの元ネタで有名です)以下のyoutubeで予告編が見られます。



 実は、これは非売品なのです。このブログの読者でもあり、ビリケン商会等で活躍された造形師のブッカ親びんの作ったサンプル品です。ただ、海外作品の版権はとてつもなく高いため(数百万円?)、実際に製品化されるかは不透明です。製品化されれば、世界中で売られるでしょうし(既に海の向こうでも話題になっているようです)、製品化されなければ幻の商品となる運命です。

ブッカ親びんのブログ:http://tarao55izumi.bijual.com/

 リアルでありながら、お手軽に作ることができて、おもちゃとして気にせずに遊べる、まさしく立派な大人のおもちゃに仕上がっています。さて、これが世界の人々の手に渡るのか否か???版権が安いと良いのですが....

※現在、ゴリラ4のプロジェクトが進行中です。興味のある方は親びんのHPにGO。
[ 2013/04/29 21:34 ] 怪獣やガレージキット | トラックバック(-) | Comment(2)

サイレントヒル2 レッドピラミッドシング 1/6スケール PVCスタチュー

 ガレージキットをしばらく作らないうちに、塗料が全滅してしまい、ここ数年は製作は全くやっていません。完成品はたまに購入しますが、置き場所がないので半分以上は売却し、新規購入はしないようにしていました。

 しかし、今回強烈なのが発売されたので購入しちゃいました。サイレントヒル2 レッドピラミッドシング 1/6スケール PVCスタチューです。(メーカーはGecco、取り扱いは豆魚雷というお店です。)完成品なのに、塗装もかなりの完成度です。既に一部ではプレミアム価格で取引されている模様です。

レッドミラミッドシング
レッドミラミッドシング
レッドミラミッドシング
レッドミラミッドシング

 禍々しさ爆発です。皆様もオシャレなインテリアにお一ついかが?

 映画サイレントヒルは独自の色彩感が素晴らしい作品でした。今回のサイレントヒル2も楽しみです。ただ、前作で謎は解けちゃっているので、今回のストーリーは少し心配。
[ 2012/12/02 21:07 ] 怪獣やガレージキット | トラックバック(-) | Comment(0)

ウルトラマンと「正義」の話をしよう 神谷和宏

 先日珍しく漫画の紹介をしましたので、今日は本の紹介をします。

 北海道在住のウルトラマン先生神谷和宏氏ウルトラマンと「正義」の話をしようです。神谷氏は中学校の授業でウルトラマンを題材として扱う教師として何度もTVに取り上げられています。紋別市在住時に、嫁と神谷氏がお友達となり、私もその頃から知っています。(お友達といっても、嫁はウルトラマンには詳しくありません。)

 さてこの本は全7章と、色々な角度からウルトラマンを通して「善」と「悪」について語られています。実際の授業をベースに作られた本なので生徒の授業でのリアクションも書かれており、なかなか楽しく読めます。

 読んで頂ければマニアの方なら概ね納得できる内容と思われます。また、題材として取り上げられているものが意外と多彩でニヤリとさせられます。

 鉄板ネタは順当に、ノンマルトの使者、超兵器R-1号、故郷は地球、怪獣使いと少年、狙われた街等ですが、新しめとしてメビウスの怪獣使いの遺産、マックスの狙われない街(それぞれ前述の後日談)、超マニアックにザ☆ウルトラマンの怪獣とピグだけの不思議な会話が取り上げられています。かなりのマニアでも楽しめる内容だと思います。ご自分の意見との相違点を探すのも面白いでしょう。

アマゾンでもなかなかの高評価です。
ウルトラマンと「正義」の話をしようウルトラマンと「正義」の話をしよう
神谷和宏

朝日新聞出版 2011-07-07
売り上げランキング : 31676

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 以前我が家で使用していた大型ブラウン管TVは神谷先生のうちに嫁いでいったのですが、まだ使われているのかな???地デジになったしもう買い換えましたよね。

 個人的に神谷先生には、同じく円谷プロの作品である、怪奇大作戦の幻の24話「狂鬼人間」を授業に使ってみて欲しいですね。生徒は相当びびると思います。恐怖劇場アンバランスの「木乃伊の恋」も良いですね。ただし、両方とも、中学生にはまだ無理かな?

必見:幻の24話「狂鬼人間」 消されないうちにどうぞ


神谷先生のHP:http://page.freett.com/kami28/index.htm
[ 2012/03/26 00:28 ] 怪獣やガレージキット | トラックバック(-) | Comment(4)

多羅尾伴大氏作のゴリラ到着 キング○ングフィギュアの決定版

 ガレージキット創成記から活躍されている多羅尾伴大(たらおともひろ)氏に、ご自身が原型を作製し塗装までされたゴリラ(決してキング○ングではない)の完成品を格安で譲って頂きました。(塗装工賃は計算すると、最低賃金程度とのこと...)

 以前、多羅尾氏からこのブログにメッセージを戴いたこともあります。そういったご縁もあり、今回はスペシャル塗装をしていただきました。このゴリラの氏の直接の手による塗装済み品は何体かあるのですが、我が家に来たゴリラ君の塗装レベルのものは5体しか作らないそうです。

ゴリラ君

 数え切れないほど色を重ね、面相筆で塗っていく絵画的手法で塗装されています。(通常はドライブラシや墨流し)
(面相筆とは、顔等の細部を塗るための穂先が非常に細い筆。)

ゴリラ4
ゴリラ3
ゴリラ2

残念ながら、写真では上手く映らず、単色に見えてしまいますね。

 キングコングのフィギュアは国内外で多数リリースされていますが、私は多羅尾氏製作のものが(ゴリラも含めて)最も好きです。もののけを感じるというか、何かビンビン来るものを感じます。氏以外のキングコングフィギュアにはあまり魂(ソウル)を感じません。

以前私がアップした多羅尾氏のゴリラ1の記事:http://okapon2005.blog27.fc2.com/blog-entry-947.html

多羅尾伴大とは
ガレージキット創成記から活躍。ビリケン商会のゴリラ1、リドザウルスの原型を担当。アメリカジオメトリックス社のキングコング、サイクロプス、イーミア竜、(幻となった)リドザウルス等の原型作製者。

 
イージス護衛艦大好き!-多羅尾伴大の模型道楽-http://tarao55izumi.bijual.com/
[ 2012/03/03 23:46 ] 怪獣やガレージキット | トラックバック(-) | Comment(8)

ウルトラマン先生がヤフーのトップ記事に

 ウルトラマン先生で有名な苫小牧在住の神谷和宏先生が、ヤフーのトップ記事に出ていて驚きました。週刊ポストに出ているのでそれに付随してのヤフー記事のようです。

トップページ

トップになった記事1:http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20101108-00000021-pseven-pol
その他記事2:http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20101109-00000009-pseven-pol

 紋別市で同じ時期に住んでいた怪獣関係のお友達です。先ほども、嫁とメールしていたばかりだったので驚きました。本人はトップ記事になっているなんて気がついていないかも知れないので、今メールしておきました。先日も同じ日同じ時間に、旭川美術館のウルトラマンアートに行っていました。(しかし、お互い存在に気づかず...)

該当ブログ:http://okapon2005.blog27.fc2.com/blog-entry-1349.html

 授業の教材は、ウルトラマンの「故郷は地球」、ウルトラセブンの「ノンマルトの使者」、帰ってきたウルトラマンの「怪獣使いと少年」あたりだったかな?いずれも衝撃作ですよね。他にもレパートリー増えたかな???

これからもウルトラマンの布教活動を続けて下さい。

ウルトラマン先生のHP:http://page.freett.com/kami28/index.htm

神谷和宏先生の著書です
M78星雲より愛をこめてM78星雲より愛をこめて
神谷 和宏

文芸社 2003-09
売り上げランキング : 273681

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
[ 2010/11/09 20:50 ] 怪獣やガレージキット | トラックバック(-) | Comment(2)

ウルトラマンアート 旭川美術館 行ってきました 桜井浩子さんもいたお

 旭川美術館で開かれているウルトラマンアート 時代と創造 ウルトラマン&ウルトラセブンに嫁と行ってきました。(9/18~11/28)

ウルトラマンアート

 初日の目玉は、科学特捜隊フジアキコ隊員役の桜井浩子さんのトークショーでした。(よ~く見ると遠くに小さく写っています)

トークショー

 私は途中から観覧しました。会場は多少の子供数人と、大きなお友達で満杯でした。トークはややディープなので普通の子供には無理な感じでした。桜井さんは、私が生まれる前からTVに出ていた訳ですから、流石にお年を召していらっしゃいました。しかし、声と話を聞く限りでは45年前とあまり変わっていませんね。

 トークの最後で、いかにもディープな大きなお友達がハアハアしながら質問する様は我々に生きる勇気を与えてくれました。まさしく勇者です。質問内容も「スーパーガンは重かったですか?」というなかなかのものでした。私も最初からいれば、何か質問したでしょう。(質問内容をトークしていたら失礼なのでしませんでした。)

 さて、展示の中身です。
入り口
 まずは、記念撮影スペースです。レアな物はありませんでしたが、これは楽しいです。等身大のウルトラマンや怪獣と記念撮影し放題です。「カメラ持ってくれば良かった~失敗した~」との声もチラホラ。

バルタン
マグラ
ビートル

 一番人気はちゃぶ台メトロン星人。順番待ちが出来ていました。
メトロンちゃぶ台

 この先のメイン展示部分は、撮影禁止でした。マニアには見慣れた展示品が多かったですが、本物ですからね。ハアハアして見入ってしまいました。本物ではないですが、科学特捜隊基地・地球防衛軍基地の模型は精巧で良かったです。アボラスとバニラ、ゴモラの頭部も素敵でした。特にバニラは本物の死体か?という感じのリアリティがありました。

 往復500キロ運転してきた甲斐がありました。(近ければ何度か行ったと思います)嫁に1つ1つ展示品の解説を入れようかと思いましたが、時間もかかりすぎますし、ボランティアの解説員と間違われてもいけませんし、何といっても何か間違ったことを言ったら、その辺の大きなお友達からガチのつっこみとキツイ指導が入りそうだったのでやめました。

 出口付近には、エクスプラスから販売されていた怪獣達がずらりと並べられており圧巻でした。撮影禁止だったのが残念です。ただ、出来ればクオリティ的にビリケンや、怪獣無法地帯(ゴルドン・ゴリーは有った)の展示も欲しかったですね。(エクスプラスはフルコンプしており手に入り安いですからね)
 
 今回の戦利品は、よ~く見ないとセブンだと解らない地味なネクタイと、限定ファイル、メトロンビアジョッキです。
戦利品
ビアジョッキ

嫁のお友達が書いた本です。面白いですよ。
M78星雲より愛をこめて
M78星雲より愛をこめて神谷 和宏

文芸社 2003-09
売り上げランキング : 451821

おすすめ平均 star
star薄いし偏っている。
starウルトラマンの本格評論
star志は悪くないのですが…

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
  
[ 2010/09/19 19:01 ] 怪獣やガレージキット | トラックバック(-) | Comment(6)

突撃!ヒューマン の幻の動画を入手

 全ての動画が失われたと思われていた、幻の特撮番組突撃!ヒューマンの動画が発見され、ソフト化されたので早速購入しました。懐かしのせんだい・みやぎ映像集 昭和の情景というソフトです。

ヒューマン1

突撃!ヒューマンとは、
【1972年10月7日から同年12月30日まで日本テレビ系で全13話が放送されたヒーロー番組。毎週土曜日午後7時30分から午後8時に放送。(仮面ライダーの裏番組)舞台の公開録画というスタイル(当時の8時だよ全員集合の録画版という感じ)をとったヒーロー番組であり、特撮らしい演出は特になされていない。観客は子供だけしかいない。主役のヒーロー「ヒューマン」や怪獣のデザインは、ウルトラシリーズで知られる成田亨が担当した。】ウイキペディアより抜粋再構成


ヒューマン2

 当時、収録が高価なVTRであったため、記録を上書きされたため映像が完全に無くなってしまったそうです。ただ、宮城県在住の方が公開を8ミリフィルムに収録しており、それが今回ソフト化されました。ソフト化といっても1分ほどかな?エンドーチェーンの最後の部分あたりで、経過時間1時間2~3分の1分間くらいです。

懐かしのせんだい・みやぎ映像集 昭和の情景の販売HP:http://www.ox-tv.co.jp/shopping/dvd-showa.shtml
(地元以外では、ここでしか買えないようです。)
宮城県・仙台市の方は、懐かしい風景がいっぱいで、普通に楽しめる内容かと思います。

 私は当時宮崎県に住んでいたため放送されていなかったため未見でしたが、ヒューマンのデザインだけは慣れ親しんでいました。今回、日本特撮の幻の歴史に触れることが出来ました。
[ 2010/01/17 15:12 ] 怪獣やガレージキット | トラックバック(-) | Comment(2)

凶悪ガイラ君登場 (サンダ対ガイラ)

 少し前の話ですが、我が家に新しい仲間が加わりました。巨大な箱でお出ましです。次女の体が隠れるほどの大きさです。箱のデザインもイケているので、載せておきます。

ガイラ1

スカイネットというマイナーなメーカーから出されています。(HPもないようです。)
原型は川尻徹氏、監修は私にサイクロプスと、イーマ竜を売ってくださった井野宏紀氏です

井野宏紀氏のブログ:http://inoino.cocolog-nifty.com/inoino/

 中身を出して持った感じです。かなり大きいです。掟破りの、50センチサイズです。ソフビですが変形防止にキャストが入っており意外と重いです。
ガイラ3
ガイラ4

 今回これは、ヤフオクでリペイント済みを購入したのですが、原型の出来も塗装も素晴らしかったです。禍々しいオーラが炸裂しています。雑誌等の掲載写真で見るより、もののけ度も高くて、ずっと出来が良いです。個人的にはガイラのベストです。

 以下の写真をクリックして拡大すると禍々しさが良く解りますよ。
ガイラ6
ガイラ5

 怪獣の置き場が無くて色々売却しつつも、このガイラのあまりの出来の良さに購入してしまいました。ただ、相方のサンダはこのメーカーからこのサイズでは永久に製品化されないでしょうね...このガイラだって何人の人が購入したのやら...商売として成り立っているのかなぁ???

※私が30センチ以上(ブルマァクサイズ)のフィギュアが好きなのは問題ですね。以前は海洋堂木下氏原型の、1mのウルトラマン(未組み立て)も持っていました。
 食玩のノリで30センチ級を揃えると、すぐに置き場所が無くなります。パラダイスの50センチ前後の珠玉のビッグシリーズ(モゲラ・キンゴジ・ギララ)も持っていましたが、泣く泣く売却してしまいました。でも、高垣氏の全長80センチのバランは今でも欲しいですね。
[ 2009/08/09 10:53 ] 怪獣やガレージキット | トラックバック(-) | Comment(4)
ページ最上部へ