FC2ブログ

インシュレーター総ざらえ

 インシュレーターに関してはあまり書いていなかったので今から書いてみます。最初の頃は、お約束の10円玉、消しゴム、コルク、金属塊、ブチルサランラップ巻き、ブチルテフロン巻き、ソルボセンイ等を試しました。いずれも変化は見られましたし、部分的な向上も見られました。しかしながら、自分には軟質素材は合いませんでした。静かにはなるのですが、情報まで吸われた感じになったからです。
 その後、オーディオ用に手を出しました。スピーカーの下には、昔流行ったオーディオテクニカ製の制振合金を使用しました。結構使えました。これは今でも表面にフェルトを貼り付けて、壁に張り付けています↓。偽ハーモニクスチューニングデバイスです。効き目は一応あるようです。壁による付帯音が少し減る気がします
自作
 その後、J1プロジェクトの青を多用した時期もありました。ソフト系にしては鈍くなりづらかったのですが、やはりやめました。
 昔から使用してきて今も使用中なのが、『制振合金ブラックメタル』です。SPとスタンドの境界、ラックのスパイク受けに使用中です。
ブラックメタル1

ブラックメタル2
 癖が少なく、音が鈍らず、非常に使い易いです。ただ、音が少しデッドになるのが難点です
 そのため以前はCDPのスパイク受けには『ローゼンクランツPB-JR(H)』を使用してきました。
ローゼン インシュ
 付帯音が少なく、音が鈍らず、デッドにもなりませんでした。ただ高価なことと大きくて背が高く目立つことが難点でした。
 と言うわけで、現在最もインシュレーターに敏感なCDPには『オーディオリプラスの石英』を使用中です。
リプラス
 今まで試した中では、最も付帯音が少なく、情報量が多く、研ぎ澄まされた音が出ました難点は高価なことと、落とすとすぐ割れることです
 上記以外で良かった物としては、無難なハーモニクスのRF-900
アンプインシュ2
 情報量、解像度でリプラスに一歩及ばなかったものの、滑らかで、ホットで生々しい音質になるアコースティックリバイブのスモーキ-クォーツ『RIQ-5010』がありました。(機器やケーブルの側に置いただけでも、少しですが同様の効果がありました)

 現在、アンプの下、電源装置の下、SPスタンドの下にはインシュレーターをひいていません。対費用効果の関係、安定性(背が高いインシュは不安定)、ルックス(インシュが目立つのは嫌なので)の関係です。電源装置とSPスタンドはゴム足なので本当はリプラスあたりをひかせたいところです。(最近はカーボンインシュや、フォックにも興味がありますが、まだ試せていないです。また、ゴツイ複合素材型インシュは目立つので使いたくありません。)
         
最新の記事

北海道は夏から一気に冬へ 利尻山初冠雪 Sep 19, 2019
鮭釣り1発目 お約束の撃沈 ただし天気が凄く停電も Sep 01, 2019
稚内では鹿も通勤? Aug 24, 2019
久しぶりの東京観光 Aug 22, 2019
宮崎グルメ(その2)+その他 Aug 18, 2019

FC2カウンター

プロフィール

かにぬーと申します。 1967年生まれの80年代を愛するヲタクです。 利尻島の釣り情報をメインに発信していきます。

ブログランキング関係

一応参加しています。

にほんブログ村 釣りブログ ロックフィッシングへ 釣りの世界

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

プライバシーポリシー

当ブログでは、第三者配信による広告サービスを利用し、 ユーザー様が閲覧する他のサイト、興味のある広告を配信しています。

そのため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。

当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 を使用されないようにする方法については、 こちらを参考し設定変更をお願いします。
詳しくは、Adsense広告の、公式プライバシーポリシーをご覧ください。