ヲタキッシュ(利尻島で釣りを楽しむブログ)

釣り(ロックフィッシング)、利尻島情報、ピュアオーディオ、ビリケン商会のガレージキット等がメインです。リンクフリーです。
2017 101234567891011121314151617181920212223242526272829302017 12

礼文島グルメ その他

(その1)双葉食堂
 今回は20数年ぶりに船泊地区にある双葉食堂にお邪魔しました。なんと、ミシュランにも載っているお店です。

 下の写真の通り、暖簾は出ていませんが営業しています。お客さんが多すぎると対応しきれないため、お客さんが多そうな日(旅行シーズンや土日祝)は暖簾を出さなかったり(出す暇が無い?)、看板をCLOSEにしているとの噂もあります。私も何度か前を通ったのですが、いつも暖簾が出ていなかったのはそのせいの気がします。(それもあって20数年ぶりの訪問)

 観光シーズンが完全に終わっているにもかかわらず、大盛況でラーメンが出るまで30分ほど待ちました。こりゃ、観光シーズンは捌ききれないのもわかります。

双葉食堂

 塩ラーメンと、地元で人気という味噌ラーメンを注文しました。塩ラーメンはあっさりの中にも旨みが有り美味しかったです。自分は村中系以外の味噌ラーメンはあまり好きで無いのですが、こちらの味噌は美味しくいただけました。ただ、ラーメン以外を注文する人も多かったです。(カツ丼が多かった気がします)

ラーメン

味噌ラーメン


(その2)礼文まんじゅう うのず製菓
 礼文まんじゅうのお店は今回開いていました。人気の礼文まんじゅうは売り切れでした。(売り切れ多し)仕方が無かったので残っているものを適当に買いましたが、どれも美味しいです。でもやはり私のイチオシは礼文まんじゅうです。

礼文まんじゅう

礼文まんじゅう2
 

(その3)スコトン岬の島の人
 スコトン岬の先端に島の人というオシャレなお店があります。(数年前に改装されて綺麗になりました)基本的にはお土産物屋さん。

島の人

 夕方5時に入店しましたが対応してもらえました。(おそらく5時閉店と思われます。この日のお客はほとんどいなかったかも?)スコトン岬を見ながら飲食が出来ます。(岬は毎日超強風なので助かります)嫁は昆布ビールを飲んで「あっさり味で飲みやすい」とのことでした。私もお土産昆布ビールを購入し家で飲みました。「クラフトビールっぽい味」に感じました。嫁は「島と家では味が違う気がする」とのことでした。

ビール

 基本はお土産屋さんなのでお土産は多数有ります。お店のオススメのニシンの昆布重ね巻きを買ってみました。昆布巻きは好きなのですが、ここの製品が味が濃すぎず素材の風味が生きていて1番美味しいかも?オススメです。

お土産

 スコトン岬のパノラマ写真を載せておきます。(クリックで拡大)

スコトン岬

 こちらはトイレです。お店から出たら既に閉まっていました。ただ、隣の多機能トイレが開いていたので大丈夫でした。島はトイレとガソリンとクレジットカードに注意です。

トイレ


(その4)
 いつものちどりさんで今回はちゃんちゃん焼きを食べてみました。大変良いホッケでした。裏返さなくても、炭火なので丁度良いくらいに焼き上がり、早く焼けるしっぽの方から食べていきます。観光の方には特にオススメです。(我が家の場合、ちゃんちゃん焼きは自分で作るので...)

ちゃんちゃん焼

 いつもの海鮮処かふかでは、いつものフライ定食1100円を食べました。コスパは礼文島最強かな。

フライ定食

 鮭が釣れていれば、眼下に鮭釣りの風景が見られます。(ちなみに雲の上に利尻山が見えています)

釣り場



(その他 1)島の人民宿スコトン岬
 スコトン岬の真下にある島の人民宿スコトン岬です。この看板が無かったら気がつかずに石を投げる人がいてもおかしくない場所にあります。

看板

 思いっきり崖の下にあります。一度泊まってみたいです。大昔はもっとボロ屋で人が住んでいない感じだった気もします....

建物

 荷物の上げ下ろしはこの機械で行っているのかな?

滑り2

滑り


(その他 2)新桃岩トンネル
 いつの間にか新桃岩トンネルが開通していました。写真は元地側で元地漁港前に出ます。

トンネル

 香深から元地まで、かなりの距離の山道を走行する必要があり、車以外で元地地区まで行くのは困難でしたが、今なら2キロ程度で元地漁港まで行けます。余裕で歩ける距離となりました。

 旧道は遠いだけで無く、落石が多く危険でしたが、絶景ドライブポイントでもありました。香深側からトンネルを抜けると最高なんですよね。(そこからが落石が危険なのですが...)旧道は閉鎖になっちゃうのかな?(今回は時間が無く旧道まで足を伸ばせませんでした)閉鎖になったらもったいない気もします。


※おまけで澄海岬のパノラマ写真を載せておきます。
すかい
[ 2017/10/12 22:05 ] 利尻島・礼文島情報 | トラックバック(-) | Comment(0)

礼文岳登山(2回目)

 先月嫁と2人で礼文岳登山したばかりですが、今回は次女も含めて登りました。今回自分は3時間20分で往復しました。
前回の記事:http://okapon2005.blog27.fc2.com/blog-entry-2066.html

 下の写真は、頂上の手前のニセ頂上から利尻山を臨んだところです。この場所以降は、気温が低い上に風も非常に強くメチャ寒かったです。自分は真夏用のアイスクールシャツ1枚だけでしたのでかなり寒かったです。頂上では長居できませんでした。

礼文岳1

 今回もやや霞んでいたのですが、360℃の大パノラマが見られました。

礼文岳2

rebunndake

礼文岳3

 以下の3枚はパノラマ写真なので是非クリックして拡大してみてください。

礼文パノラマ1

礼文パノラマ2

礼文パノラマ3

 利尻礼文は元々あまり木々が無いのであまり紅葉らしい紅葉は無いのですが、ウルシが綺麗に紅葉していました。

礼文岳紅葉

 今回は、オフシーズンのため自分たち以外の登山者は1組だけでした。おかげで麓のトイレは冬期閉鎖されていました。気をつけましょう。

トイレ1

 次女は「利尻山なんて絶対に登らない」と言っていたのですが、利尻山に登る気になったようです。(もちろん来年。既に雪山状態ですから。)
[ 2017/10/12 20:23 ] 利尻島・礼文島情報 | トラックバック(-) | Comment(0)

礼文島での釣果

 礼文島ツアーでの釣果です。

 最も釣れる可能性が高く、最も期待していた鮭は何とボウズ。この時期は島全体に鮭がうようよしているのですが、姿すらほとんど見ることが出来ませんでした。(利尻島も鮭が異常に少ない状態が続いています。その反面ブリが釣れ続いています。)と言うわけで、それ以外の釣果です。


1 ソイの夜釣り
 強風の悪条件の中、何とか港で釣りが出来ました。風に負けず何とか頑張って、クロソイの良型が結構出ました。嫁も30センチくらいのクロソイを釣りました。風が無ければもっと釣れたと思います。(利尻より、型も数も釣れるかも?)

嫁クロソイ

 自分の最高は写真の43センチのクロソイです。41センチも釣れました。秋なので痩せています。
クロソイ43センチ


2 渓流釣り
 利尻と礼文の釣りで大きな違いが渓流です。利尻島ではほとんどの川が砂防ダムとなり自然河川はほとんどありませんが、礼文島には自然河川が多く残っており、イワナ(アメマス)の魚影がすこぶる濃いです。おそらく、知床の河川のオショロコマより魚影が濃いと思います。春先では降海型のアメマスも釣れます。40センチくらいのは釣ったことがあります。
 
 地元民の話だと、数匹なら消しゴムでも釣れるとのこと。以前、内路小学校の生徒が学校前の内路川で、ご飯粒をエサにしてイワナを沢山釣っていました。(内路小学校は現在廃校)

 適当に川に降りて、素人の嫁が適当にやってもバンバン釣れます。遡上している鮭が邪魔しなければもっと簡単に釣れます。(鮭を警戒して中大型魚が隠れてしまうんですよ。釣りづらい場所に隠れてしまいます。)この立ち位置から動かなくても10匹とか釣れます。(ただしミニミニサイズも含みます)
渓流

イワナ

 イワナだけは少しキープして家で焼いて食べました。川魚はゆっくり時間をかけて水分を抜いた方が美味しくいただけると思います。レモン汁をかけていただきました。
イワナ

イワナ焼き


3 テトラの穴釣り
 利尻島でも穴釣りは良く釣れます。(巨大なやつも釣れます)ただ、礼文島や天売島ではハチガラが良く釣れるんですよ。竿は大型魚をブチ抜いても折れないようにグラスロッドを使用します。

 ガヤ、クロソイ、シマゾイ、ハチガラが全部で30匹くらい釣れましたが、半分近くがハチガラでした。また、どうしてもテトラの奥に潜られてのラインブレイクもそこそこありました。(ラインがいくら太くても潜る角度等によって無理なこともあります)針が折れたり、針がもげたりもしたので市販のブラクリでは無理がありそうです。大型魚をあげるのは難しいです。穴釣りの魚は全てリリースしました。

穴釣り

 嫁や娘も良型ハチガラをゲット。
ハチガラ

 今回のハチガラの最大サイズは31センチです。
ハチガラ31センチ

 利尻島にもハチガラポイントはあるようなのですが、自分はよく解りません。たまには釣れます。

前回の礼文釣行:http://okapon2005.blog27.fc2.com/blog-entry-1617.html
前々回の礼文釣行:http://okapon2005.blog27.fc2.com/blog-entry-1507.html 
[ 2017/10/09 18:29 ] 釣り | トラックバック(-) | Comment(0)

1泊2日弾丸礼文島ツアー

 次女が秋休みで帰ってきたので、家族3人で1泊2日礼文島弾丸ツアーを敢行しました。(写真は澄海岬)

澄海岬

ツアー内容 滞在は27時間
(1日目)
09:40〜10:25 利尻の鴛泊港→礼文島香深港
11:00      鮭の釣り場状況の確認
12:00      双葉食堂で食事 
12:30      澄海岬見学
13:00~16:30 礼文岳登山 登山口のトイレは10月で閉鎖していた
17:00      スコトン岬見学 お店に飛び込んだらまだ営業中であった(おそらく営業してくれた)。
          トイレは閉められていた。(ただし多目的トイレだけ使用できた)
18:00~19:30 ソイの夜釣り
20:00      海鮮処かふかで夕食予定であったが20:03に到着したところ、20:00オーダーストップ
          いつも手堅く営業をしているちどりにて食事。
21:00      いつもお世話になっている旅館うきしまに到着。
         うすゆきの湯に行くつもりが、10月からは9時までの営業とのことで入れず。
         (HPには10時までときちんと記載あり おいおいおい)

22:00     就寝          

(2日目)
04:30      起床
05:00      鮭釣りに出発
07:00~     鮭がいないので渓流で釣り
09:00      北のカナリアパークで嫁の写っている写真を確認
10:00      鮭釣り再挑戦 次女はメノウ拾い
11:00      鮭が釣れないのでテトラの穴釣り
12:00      海鮮処かふかで昼食
13:25〜14:10 香深港→鴛泊港

 
(10月以降の島観光の注意事項)
1 天候が荒れることが多くなり、帰れなくなる可能性がだんだん高くなります。
2 10月から島全体が冬仕様になるので、公衆トイレ等の各施設が閉鎖になったり、お店が閉まったり営業時間が変更になることが多いです。
3 フェリーは便数も減り、時間設定的にも不便です。

(利尻・礼文島観光の基本的な注意事項)
1 クレジットカードがあまり使えません。(特に礼文島)現金を忘れずに。
2 休みの日にはガソリンを入れられません。(特に礼文島。利尻は土曜は沓形、日曜は鴛泊で給油可)
3 お店の営業時間等はあくまで目安と思ってください。(これ重要)
4 セイコーマートはありますが、24時間営業ではありません。
5 礼文の船泊にはファミリーマートがありますが、皆さんの知っているファミリーマートではありません。(色々売ってはいます)
6 礼文の香深にはデパートもありますが、皆さんのイメージするデパートではありません。

詳細は以後アップしていきます
[ 2017/10/09 17:23 ] 利尻島・礼文島情報 | トラックバック(-) | Comment(0)

今回の鮭釣りはメス祭り 

 先日はオス4匹とオス祭りでしたが、今回はメス祭りとなりました。

鮭メス3匹

 メス鮭5匹でした。(写真に無い2匹はボロボロでグロかったので載せるのをやめました。)今回も前回とも同じポイントで超短浮き下でしたが、なぜかメスばかりとなりました。利尻の鮭は釣れていたり釣れなかったりとイマイチの状態が続いています。早く本格化して欲しいものです。

 目の前では鮭漁の網あげをしていましたが、鮭はほとんど入っていない気がしました。

鮭漁
[ 2017/10/01 18:18 ] 釣り | トラックバック(-) | Comment(0)
ページ最上部へ