ヲタキッシュ(利尻島で釣りを楽しむブログ)

釣り(ロックフィッシング)、利尻島情報、ピュアオーディオ、ビリケン商会のガレージキット等がメインです。リンクフリーです。
2018 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312018 06

利尻島移住のまとめ(改訂版) これであなたも利尻通

 利尻島へ引っ越してきて半年の時に一度記事を書きましたが、4年が過ぎようとしているので利尻島での生活について改めてもう一度書いておきます。利尻島への移住を考えている人の参考になると思います。

空撮

不便なこと

1 生鮮食料品が手に入りにくい
島には家畜が全くいないため、生肉は獲れないし扱っているお店が少ない。(生協の販売で対応。島内でも数回購入した。)
鮮魚は獲れるが扱っているお店は少ない。(自分で釣って対応。沓形の米田商店なら新鮮な魚がある。)
米田商店の記事:http://okapon2005.com/blog-entry-2051.html

米田商店

野菜はとれないし、扱っているお店が少ない。(生協が中心だが、セイコーマートやサッポロドラッグストアでちょくちょく購入。)
生協のとどっくが大活躍。ただ、冬になるとフェリーがガンガン欠航するので食材が凍ったり、腐ったりしそうだ。
(今までも、フェリーの欠航で数回延着した。)

下の写真はサッポロドラッグストア(道外でのマツモトキヨシ)で先日買った物。ドラッグストアというより、スーパー+ホームセンターの感じ。(ただし、生鮮食料品はない)
戦利品

逆にホームセンターにも食料品が置いてある。ホーマックには生鮮食料品も置いてある。島では、ホームセンターのホーマック(ニコット)とドラッグストアの販売品や店の雰囲気が似ている。  

2 ガソリンがバカ高い(が気にしない)
ガソリンはバカ高いが、全くどうしようもないし、走行距離は減ったし店も選びようがないので値段は全く気にしない。ガソリンは離島の特別減税があるので、なんと、軽油の方がガソリンよりも高いことがある。ディーゼル車に乗っている人は大ショック。ちなみにプロパンガスも高い。光熱費はかかる。

油

3 買い物全般何でも高い(が気にしない)
全体的に何でも島価格で高いが、他で買いようがないので値段は全く気にしない

4 通販も厳しいが、ヨドバシとamazonは、まあOK
ヨドバシとamazonは離島料金の追加がない。それ以外だと最高で1500円くらい追加料金がかかり、到着も遅れる
ヨドバシは次の次の日には来るので一番早い。(翌日届くこともあった)
ヤマトとゆうパックは追加料金がないので大丈夫。

5 交通には意外と注意
 ほとんどの道路で交通量は極めて少ないが交通事故には注意。
自分は一時停止では必ず止まるように習慣づいているが、車が少ないので左右を確認しても(車が来ていたとしても)車がいない気がしてそのまま出そうになる。
車がいない前提でいつも運転しているので(実際にいない)、たまに車や人がいると危ない。
(ただ、街中は道路が狭いし車も比較的多いので普通に危険)

6 島から出る時はドキドキだ
天気が荒れるとフェリーや飛行機が欠航するのでドキドキだ。
特に冬は酷い。冬場のフェリーはすぐ止まる。夏場は多少の波でも出港するが、船酔いで死ねる。
(夏場は観光客が多いので、無理しても出す。冬は出すと赤字なので経済欠航する。)
波高3メートルが出る出ないの境界線。(4メートル以上は、まず出ない)
天気図が読めると大体出るかどうか自分で予想できる。

フェリーの種類:http://okapon2005.com/blog-entry-2033.html



7 湿度が高すぎる
お隣の稚内よりかなり湿度が高い。
とにかくカビに注意。倉庫の釣り具もやられた。部屋の壁もヤバイ。
除湿器を使っている人が多い。大型の除湿器が大活躍中。

8 虫が多い
倉庫の中は便所コオロギだらけ。部屋の中は蟻だらけ。(両方薬で何とか撃退)蜘蛛も多い。
風がない日は蚊も多い。

9 バリウム検査が受けられない
島では検診車が来ないと、バリウム検査が受けられない。胃カメラもなくなった。

10 新聞の朝刊が午後に届くが、すぐ気にならなくなった。

11 散髪屋さんは結構あるが、沓形地区は、行ける時間にはほとんどやっていない。
鴛泊や本泊、鬼脇は比較的開店している。

12 家具を購入できない。売っていないし、島外から買おうにも送料がバカ高い。通販では断られる。

13 カラスが強力
カラスの数が多く、賢く、力もあるので干物がやたらとやられる。非常に厳しい。


普通に出来ること

1 ネットはOK、TVも大体OK
沓形地区もとうとうTVH(テレビ東京系)が見られるようになった。これで怖いものなし。 

2 メチャ小さい町の本屋さん(沓形の本庫屋書店)は品揃えが良くて十分使える。


良いこと

1 釣れる
当たり外れは結構あるものの、ソイ・ガヤは安定して釣れる。
JGFAのクロソイ日本記録を3つ得ることが出来た。
釣り場が近いので、移動時間も短くて済む。(最遠で片道30分)
ただし今年の鮭は不発で9匹のみだった。(身もオホーツクよりは質が落ちる)
ただし、平物(カレイ)は自分にはあまり釣れていない。アブラコももう一歩。課題だ。

以下の写真はクロソイ56センチ3.3キロです。
クロソイ3.3キロ

2 水が美味しい
水道水も悪くない。
霊峰湧水が美味い。週1~2回汲みに行っている。車で片道10分以下。
いつも美味しい水が飲めるのは幸せだ。他にも甘露泉水、長寿の泉水、姫沼湧水もある。
(実は、海の中でガンガン真水が湧いている。泳ぐと解る。)
湧水2

3 温泉が素晴らしい
泉質抜群で、50回券を買えば1回300円で入れる。車で片道5分以下。
もうすぐ50回券を使い終わる。
家では風呂を沸かさず毎日温泉を利用する単身者も結構いる。

浴槽

4 ゴミ捨てが楽
生ゴミは週3回持っていってくれるので助かる。

5 自然が素晴らしい
利尻山が見えると流石に素晴らしい。島内どこからでも見られるし、それぞれ表情も違う。
利尻山の登山は最高、もちろん海で泳ぐのも最高

山頂

山頂

島

同僚

ウニ壁

6 美味しいお店がいっぱい
とても人口5000人の島と思えないほど美味しいお店が沢山。
よく行くお店は....ミシュランの「ラーメン味楽」、イタリアンの「シーラカンス」、中華の「笑う門」、和食の「たにかわ庵」、パンの「おかパン」、お菓子の「寺嶋菓子店」さん、狂乱の「鍋ちゃん」です。(←記事へのリンク有り クリック)

7 南国の札幌や旭川のように暑くない
夏は熱帯気候となる札幌や旭川では暑さで死ねるが、宗谷地方は涼しい。
ここは北アルプスの2500m級の気候だそうだ。
かといって、根室地方のように真夏にストーブを焚くほど寒くもない。
昼間は泳げるほど暑い日もあるが、夜寝苦しいことは(窓を開ければ)今のところ皆無。 

 離島ならではの不便さがあることは否めないが、北海道の離島の中では最も人口が多く、色々揃っており比較的便利。離島初心者にも大丈夫な島。住んでいる人たちも閉鎖性が少なく、よそ者も多いし、気軽に住むことが出来る。(天売・焼尻はお店が少なすぎるので上級者向け)

今度の4月1日から赴任の方も多いことでしょう。利尻島でお待ちしております。

利尻島各種情報の目次はここ→http://okapon2005.web.fc2.com/cate/rishiri.html
利尻(礼文)のカテゴリーはここ→http://okapon2005.com/blog-category-25.html


↓オススメのガイドブックです。
04 地球の歩き方JAPAN 島旅 利尻・礼文 (地球の歩き方JAPAN島旅)

ダイヤモンド・ビッグ社
売り上げランキング: 232,988
[ 2018/03/12 20:43 ] 利尻島・礼文島情報 | トラックバック(-) | Comment(0)

岡田菓子店(通称岡パン)がマツコ会議で紹介されました

 先日のマツコ会議で、利尻島のラウンジピアスが紹介されました。そこでラーメン味楽と、岡田菓子店(通称おかパン)が紹介されました。おかパンの奥様も番組に出演されていました。なんと、岡パンは、このブログで紹介していませんでしたので、今回記事を書きました。(紹介していたつもりでした...)

岡パン

 おかパンは、鴛泊フェリーターミナルから町中心部への坂を登った辺りにあります。営業時間は10時~19時とのことですが、人気のため昼過ぎには結構売り切れています

 この写真を撮った時は、営業時間前でしたがパンが並んでいたので、気がつかず入店してしまいそのまま購入させていただきました。(写真にCLOSEDとありますね....)

岡パン
 
 こんな写真しかありません。昨日も買って食べたのですが、写真に撮っていませんでした。

 味ですが、吉永小百合さんにも喜んで食べてもらっただけあり、マジウマです。何を食べても美味しいので逆にオススメがしづらいのですが、私は塩パン+メロンパン+菓子パン系のコンボが基本です。フランスパンや豆パンを付けることもあります。(島独自のパンメニューがあればオススメしやすいのですが...)

 メロンパンが好きな下の娘は、有名なパン屋も含め色々食べた結果、メロンパンは、おかパンが最強と言っています。

 観光で来られて、コンビニで軽くパンでも買おうと思った時、ちょっとここを覗いてみてください。(売り切れていなければ)ここで絶品のパンが食べられますよ。コンビニのパンとは雲泥の差です。

ちなみにミシュランに掲載されたラーメン味楽こちらで紹介済みです。
[ 2018/02/04 21:20 ] 利尻島・礼文島情報 | トラックバック(-) | Comment(0)

利尻のミシュラン掲載店「味楽」が、新横浜ラーメン博物館に出展中

 さて、今日からフェリーは1日2往復から3往復になり、少しずつ観光の方も訪れるようになります。そこで、少しだけですが、利尻のお店を紹介したいと思います。

 まず最初は、利尻島沓形地区のラーメン店である「味楽」は、このブログでも以前紹介したことがあるのですが、この3月1日からは、新横浜ラーメン博物館でも食べることが出来ます。

 何と言っても営業時間がお昼11時半からの2時間半だけと短いため、札幌ですら日帰りで食べるのは厳しいです。(木曜日定休)それが、今なら横浜でも食べることが出来るのでオススメです。

新横浜ラーメン博物館の該当部分:http://www.raumen.co.jp/shop/rishiri.html

焙煎醤油

 上の写真は、イチオシの焼き醤油ラーメンの大盛りです。味は、道北の旭川ラーメンというより、麺もスープも札幌系の焙煎醤油ラーメンに近いです。個人的には以前千歳市にあった「味の金ちゃん」の特製醤油の風味を思い出させます。

 焙煎しているので、「おとん食堂」の雰囲気もあるのですが、そこよりは、かなりあっさり味に仕上げてあります。昆布の甘さを活かすためにあっさり系に仕上げているのでしょう。ちなみに、昆布はいくらでも手に入るそうで、贅沢にふんだんに使用しているようです。

味楽

 利尻島に来て、本店で食べるも良し、横浜で食べるも良しです。
[ 2017/04/21 06:41 ] 利尻島・礼文島情報 | トラックバック(-) | Comment(0)

最果てのミシュラン 味楽は今日も満席

 利尻島にはミシュランのビブグルマンに選ばれたラーメン味楽が有ります。まさしく最果てのミシュラン店です。たまに食べには行っているのですが、ブログではまだ紹介していませんでした。

 ただ、いつも混んでいるので足繁くは通っていません。今日はたまたま開店時間の11時30分ちょい過ぎに前を通ったので入りました。しかし、既に満席に近く11時40分には満席になりました。注文したのはいつもの焼き醤油(大盛り)です。

焼き醤油大盛り

 基本は札幌の焙煎ラーメンという感じです。一口目は焙煎した醤油の香りが立っています。「おとん食堂」の雰囲気です。スープを飲み進めていくと昆布の旨みが出てきます。最後まで美味しくスープがいただけます。島に来られたら是非どうぞ。

 ただ、島のラーメンは他にも美味しいところが色々有りますので、他もチャレンジしてみてください。カレーが有名な喫茶店で何故か塩ラーメンも美味しい「グランスポット」さん、味楽の近くで優しい味の「まつや食堂」さんあたりは良く行きます。く~にゃんさんの福寿のとびっきりの塩ラーメンを食べたいのですが、基本的にやっていませんから残念です。

 お店を出る頃には、そこら中車だらけでした。
味楽

 食とは関係ありませんが、虹が綺麗でした。ちなみに、今日の予想最高気温は16℃、明日の朝は10℃を切りそうです。そろそろストーブの季節となってきました。9月上旬の札幌は真夏の暑さだったんですけどね。

虹2

虹3

虹4

虹1

最後の4枚目の写真は部屋から撮った物です。
[ 2016/09/17 12:58 ] 利尻島・礼文島情報 | トラックバック(-) | Comment(0)
ページ最上部へ



FC2 Management