FC2ブログ

嫁とボヘミアンラプソディーを観て....

 先日稚内遠征に行った時に、嫁と映画ボヘミアンラプソディーを観に行きました。自分はクイーンの曲はファンと言うほどではないけど大体知っているレベル、嫁は自称、古参のファンで、にわかではないとのことでした。

 映画は噂通り良いものでした。自称クイーンファンの嫁は大喜びでした。あまりにも喜んでいたので、嫁用として、クイーンのブルーレイやDVDを、厳選して計3枚買いました

クイーン

これを見た嫁が一言。

嫁「何これ、何贅沢してんのよ!!!もったいない!!!」

私の心の声「おまえはクイーンのファンじゃなかったのか???」

それぞれの説明書き曲名をチェックして嫁が一言。

嫁「同じ曲ばかりでしょ!!!」

私の心の声「ライブって、いつも同じじゃないでしょ???おまえ本当はにわかだろ!!!」 


 ただまあ、文句たらたらだった嫁も一度見始めたら非常に楽しかったらしく、ほぼノンストップで3枚を見たようです。一応クイーンのファンではあるみたいです。結果的には購入して良かったようです。


※参考までに今回購入した以下3枚を載せておきます。右端の黒いやつは、日本盤のDVD(ジャパンスペシャルエディション)が良いようです。日本の映像特典が結構入っています。
輝ける日々<ジャパン・スペシャル・エディション> [DVD]
ユニバーサルミュージック (2011-12-21)
売り上げランキング: 10

伝説の証 ~ロック・モントリオール1981&ライヴ・エイド1985 [Blu-ray]
ユニバーサル ミュージック (2016-08-31)
売り上げランキング: 6

ライヴ・アット・ウェンブリー・スタジアム<25周年記念スタンダード・エディション> [DVD]
ユニバーサル インターナショナル (2011-10-05)
売り上げランキング: 12

とうとう手塚治虫セット(400冊)を購入してしまいました

 とうとう禁断の手塚治虫セット(400冊)に手を出してしまいました。購入金額の約半額がポイントとなって帰ってくるキャンペーンに乗ってしまいました。

手塚治虫

 この中の半分以上は以前書籍で所有していましたし、3分の2は読んだことがありますが、やはりまたゆっくり読みたくなったので購入しました。これで老後まで楽しめそうです。個人的には、やはり火の鳥がイチオシです。リボンの騎士や、アニメ化されましたが原作はやたらとハードなミクロイドSも特にお気に入りです。マイナーな短編集にも面白いのがたくさん入っていますね。 

 とうとう電子漫画の蔵書が、ebookで約1650冊、キンドルで約200冊の計1850冊まで増えました。まだ無料で使えるポイントが5万円分以上有るので、2000冊も時間の問題でしょう。

 ちなみに漫画はebookで購入、漫画以外をキンドルで購入と分けていますが、キンドル独自のセール時にまとめ買いしたり、キンドルの方が発行が早かったり、キンドルしか発行していない漫画は仕方なくキンドルで購入しています。とにかくキンドルの本棚は本を見つけづらくて全くダメです

 自分のような転勤族には場所を取らない電子書籍は最適なのですが、他人に貸せない・中古で売れないというデメリットは大きいですね。あまり安くないですし....(ちなみに昔は1000冊ほど持って転勤していました。今は、置く場所を気にしなくて良いので気楽に本を買うようになってしまいました。)

漫画の電子書籍が千冊を超えたのでオススメを紹介します(その2)

 先日、嫁の読書用にHuawei Mediapad T2タブレット(写真右)、自分用にiPad4mini4(写真左)を購入しました。比較すれば自分用のiPad4miniの方が、やや軽いですし、全体的に使いやすいのですが、Huawei Mediapad T2はiPad4miniの約半額の2万円ですからね。大変なコストパフォーマンスです。(自分はオーディオ用macminiを制御するためにどうしてもiPadを使わないとダメなんですよね。)

2017-03-19.jpg

Huawei 8インチ タブレット MediaPad T2 8.0 PRO ホワイト ※LTE,Wi-Fiモデル RAM 2GB/ROM 16GB【日本正規代理店品】Huawei 8インチ タブレット MediaPad T2 8.0 PRO ホワイト ※LTE,Wi-Fiモデル RAM 2GB/ROM 16GB【日本正規代理店品】

Huawei 2016-12-09
売り上げランキング : 235

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 さてそれでは、前回のオススメ漫画(その1)に続いて今回はオススメ漫画の(その2)です。今回はヘビーな内容を持つ作品からのオススメです。ただし、耐性が無い方、精神的に極度に疲弊している方にはあまりオススメできません。TV等では日常あまり目にすることが無いようなヘビーな内容の漫画が多いです。(ただし「ぼくらの」「悪の華」はアニメ化されています)


1 「四丁目の夕日」山野一(全1巻)
 「三丁目の夕日」と間違えて読むと大変な目に遭います。時代は同じですし、主人公達は善良で「三丁目」とほぼ同じなのですが、「三丁目」で描かれないダークサイドのみを抽出してガンガンに濃縮した感じのお話です。全1巻と短いですが、善良な主人公達に次々と降りかかる不幸を読み終えるには相当な精神力が必要です。ちなみに故ねこぢるさんの旦那さんで、他の作品も相当ヤバいです。読むだけで(ガチで)吐きそうになれます。読むメリットを考えられない漫画です。

四丁目の夕日 (扶桑社文庫)四丁目の夕日 (扶桑社文庫)
山野 一

扶桑社 1999-12
売り上げランキング : 14340

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



2 「おやすみプンプン」浅野にいお(全13巻)
 主人公の外見が先日紹介したハトよめと似ています。小学生の少年が大人になるまでのストーリーです。(こちらは主人公の姿がヒヨコです)主人公の母はハトよめと性格まで少し似ています。ただ、内容は全く違います。ハトよめもプンプンも主人公が狂っていますが、狂っている方向性が違っているので、ハトよめはギャグ、おやすみプンプンは読むのが苦しくなるほどの終始陰鬱なお話です。これは読む人によって評価は分かれそうです。

おやすみプンプン 1 (ヤングサンデーコミックス)おやすみプンプン 1 (ヤングサンデーコミックス)
浅野 いにお

小学館 2007-08-03
売り上げランキング : 24667

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



3 「さくらの唄」安達哲(全2巻)
 高校の青春ものです。日常が平和過ぎて嫌な気持ちになりたくなったら読んでも良いかもしれません。以前紹介した「ブラッドハーレーの馬車」のように読んだことを後悔する人も多い漫画かと思います。悪人が酷すぎて、人間の弱さ恐ろしくて読むと嫌気がさしてきます。
 また、入手しづらいのでここで詳しく紹介はしませんが、この手の漫画なら山崎さやかの「マイナス」も酷すぎるほど酷いです。読んでいて作者の精神状態が心配になるほどです。(最近の作品は落ち着いているようですが...)

さくらの唄(上) (ヤングマガジンコミックス)さくらの唄(上) (ヤングマガジンコミックス)
安達哲

講談社 2006-11-01
売り上げランキング : 17825

Amazonで詳しく見る
by G-Tools




4 「空が灰色だから」安部共実(全5巻)
 見た目は軽い感じですが、“心がざわつく”思春期コミックと言われています。内容的には、ギャグ、ハートフル、SFホラーチック、何でもありの短編集です。ただし、たまに精神を破壊されるトラウマ回があるので要注意です。(個人的には野球回と最終回は超きつかったです

空が灰色だから 1 (少年チャンピオン・コミックス)空が灰色だから 1 (少年チャンピオン・コミックス)
阿部共実

秋田書店 2012-03-01
売り上げランキング : 7598

Amazonで詳しく見る
by G-Tools




5 「ぼくらの」鬼頭莫宏(全11巻)
 子供達15人が巨大ロボットに乗り組み戦うお話。ジョージ秋山の傑作SF「ザ・ムーン」(月)に影響されており、ここで出てくるロボットの名前は「ジアース」(地球)です。子供に全責任を負わせるには厳しすぎる戦闘が繰り広げられます。ストーリーが進むにれて,謎が解けて先が読めるようになるのですが、それに伴い読むのが精神的にきつくなってきます。(面白くなくなるのでは無く、子供達を待ち受ける運命が次々と実現化していくことが恐ろしくなります。)同じ作者の「なるたる」も明るく楽しげな表紙にだまされて読むとえらい目に遭います

ぼくらの(1) (IKKI COMIX)ぼくらの(1) (IKKI COMIX)
鬼頭莫宏

小学館 2004-06-30
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools




6 「悪の華」押見修造(全11巻)
 中二病を炸裂させた男の子が主人公の中学から高校にかけての恋愛?青春ものです。最初は変態ギャグ漫画???とも思えるような展開ですが、徐々に異常なまでの閉塞感の中、むせかえるほど、気持ちが悪くなるほどの青臭い青春が展開されます。純文学的ですし、アニメ化もされておりこの中ではライトです。

惡の華(1) (週刊少年マガジンコミックス)惡の華(1) (週刊少年マガジンコミックス)
押見修造

講談社 2010-03-17
売り上げランキング : 6317

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



  他に有名どころでは、山本直樹「ありがとう」、古谷実「ヒミズ」、押切蓮介「ミスミソウ」あたりはかなりヘビーですね。

 ただ、新井英樹「ザ・ワールド・イズ・マイン」は話が大きくなりすぎてあまり好きになれませんでした。同じ作者の「キーチ」「キーチVS」は好きですし、フィリピーナとの国際結婚を描いた「愛しのアイリーン」(全2巻)は相当にハードな内容でオススメですけどね。たった2巻ですが読んだらメチャ疲れますけどね。

愛しのアイリーン[新装版] 上愛しのアイリーン[新装版] 上
新井 英樹

太田出版 2013-10-16
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

漫画の電子書籍が千冊を超えたのでオススメを紹介します(その1)

 私は転勤族で部屋も狭く実家も極めて遠いため、千冊を超える漫画を維持・管理することが非常に困難でした。そこで、ここ数年は紙の漫画を売って電子書籍に変更してきました。書棚が見やすいので主にebookJapanで購入しています。このたびebookの電子蔵書が千冊を超えたのでオススメを少し紹介してみます。(一般書籍や安売り漫画に関してはkindleで購入しています。そちらにも100冊以上はあります)

 以下に、ebookの私の書棚の写真を載せます。必ずしも全てが、欲しかった・好きな漫画ではありません。(安売りで購入したり、雰囲気で購入したり...)ちなみに、手塚治虫の本は1冊もありません。いつか格安で全集が出たら買おうかと思っています。好きな漫画でも長編だと高いので、楳図かずおの超名作「私は真悟」、相原コージの実験作「ムジナ」、緊張感抜群の小山ゆうの「あずみ」、しりあがり寿の読むドラッグ「弥次喜多 in DEEP」等未購入品も多々あります。ニコーリフレや漫喫等で最近読んだやつも抜けています。週刊ジャンプ系もリアルタイムで読んでいたのでここには少ないです。

(クリックで拡大します↓)タイトルを見て気になる漫画が有れば紹介します。(ここでは表示されない漫画もいくつかあります。この表示方法の仕様のようで、いくつかまとめて表示されてしまいます。)長編も多いので、タイトル数は意外と少ないですね。
本棚1
本棚2

 最近私のブログを読んでいる方は一般的な方が多いと思うので、超メジャー作、超マイナー作以外で、聞いたことはあるけど読んだことは無さそうな作品を紹介していきます。

 まずは軽めの作品から。

1 「ハトのおよめさん」ハグキ(ハグキは作者名)
 次女が大好きでよく読んでいたギャグ漫画。粗暴でビームを放つハトのヨメを主人公とした、無理すれば可愛いといえなくもない狂った動物キャラ達が、延々全11巻に渡って腐ったギャグを炸裂させる漫画。一気読みするとちょっと頭が変になるかも?(読む人を選ぶ漫画だと思います)

ハトのおよめさん(1) (アフタヌーンコミックス)ハトのおよめさん(1) (アフタヌーンコミックス)
ハグキ

講談社 2000-06-22
売り上げランキング : 71572

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


2 「昭和の中坊」末田雄一郎
 1970年代後半に中学校生活を送ったおっさんにはジャストミート。ぱっとしない中学生3人組のぱっとしない恥ずかしい限りの中学校生活が描かれています。読んでいてイタくなること請け合い。大学生バージョンもありますが、そちらもかなりイタい。(女性が読んだら、ちょっと気持ち悪く思うかも???)

昭和の中坊 : 1 (アクションコミックス)昭和の中坊 : 1 (アクションコミックス)
末田雄一郎 吉本浩二

双葉社 2006-04-28
売り上げランキング : 12442

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


(その2)に続く予定。

(MURAMASAさん限定で)お薦めの漫画「ブラッドハーレーの馬車」

 先日、釣り仲間のMURAMASAさんから「また面白い映画情報書いてくださいよ~」とリクエストがあったのですが、映画はちょっと思いつかなかったので、最近読んだ漫画を紹介します。

「ブラッドハーレーの馬車」(沙村 広明 )です。(トラウマ漫画として有名です) 
 
 ストーリーコンセプトは赤毛のアンだそうです。

 【あらすじ】
 孤児院から毎年1人ずつ、貴族のブラッドハーレーの養女としてもらわれ、彼が運営する聖公女歌劇団の劇団員になれる。それを夢見て、期待に胸を膨らませる少女達のお話。


 ただし、善良な人は読んじゃダメ、絶対。ネットで調べたところ、途中でやめた、もう2度と読まない、吐いた、失神した、という意見もチラホラ....読んで後悔した人も多数。この漫画が好きだという人でも、お勧めしている人は皆無です。

 私も、刺激を求めているMURAMASAさん限定でオススメしておきます。エログロ度は低めですが、精神力をザリザリと削り取ってくれます。キンドルなら500円です。500円でこれだけ胸糞悪くなれる漫画は少ないです。そういう意味で、コストパフォーマンスは抜群です。

 個人的にはトラウマ漫画と言うより、胸糞漫画という感じです。映画で言うと「ファニーゲーム」の不快感に近いかな?
ファニーゲームの記事:http://okapon2005.blog27.fc2.com/blog-entry-235.html

ブラッドハーレーの馬車 (Fx COMICS)ブラッドハーレーの馬車 (Fx COMICS)
沙村 広明

太田出版 2007-12-18
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 気分直しに、今日の夕焼けです。う~ん、でもこれを読んだ後だと血の色に思える....
夕日

 こういうヤバイ系漫画情報の需要があれば、また書きます。

伊藤潤二 「うずまき」読みました ヒーローが最高

 恐怖漫画の「富江」シリーズで有名な伊藤潤二氏の漫画は昔から大好きです。(富江シリーズ:殺されても殺されても生き返ってくる美少女富江のお話。映画化もされています。)

 この中編「うずまき」も知ってはいたのですが、怖くなさそうでしたので未読でした。(内容は、最初から最後まで呆れてしまうほど渦巻きに関するネタ、ネタ、ネタのオンパレード。)

 先日「シグルイ」中古全巻を購入する際、「うずまき」中古全巻も購入すれば送料が無料になるのでついでに購入してみました。「シグルイ」が大当たりなのは注文前から確定でしたが、この「うずまき」もなかなかのものでした。

 確かに、あまり怖くなく、ギャグっぽいホラー漫画?なのですが、とにかく主人公の美少女(ヒロイン)を守る、同級生の彼氏(ヒーロー)が凄いんです。

 ヒロインは普通の美少女なのですが、ヒーローが凄いです。どう見てもすぐに殺されるモブキャラです。

1 完全な引きこもりです
ヒーロー1
2 お皿にびびっています
ヒーロー2

ひきこもりで、陰鬱な性格で、目の下にはいつもクマ、
何にでも過剰反応し、すぐに半狂乱になり、、
口癖は「ひどく 禍々しいものを感じる」
おまけに、体力もコミュニケーション能力も不足。


普通の漫画なら変態ストーカーのキャラ。
だけど、このマンガではヒーローというびっくりな設定。

3 台風がヒロインに恋をしました
ヒーロー3

 何故、常識的な美少女と半狂乱の変態男が恋人同士なのかがよく解らないのもポイント。この作品には娘達2人も引き込まれたらしく、異常な表情で目を輝かせて真剣に読んでいました。読後の感想は2人とも「この作者は絶対にキ○ガイ」とのこと。

 私は何故か中毒症状が出て、何度も何度も読み返してしまいました。明らかに読む人を選ぶ作品ですが、気になった方は一読されることをオススメします。私は大傑作だと思います。映画も作られており、そちらも観てみたいと思っています。ただ、映画の方は絶対に糞だと思いますけどね。

うずまき (ビッグコミックススペシャル)うずまき (ビッグコミックススペシャル)
伊藤 潤二

小学館 2010-08-30
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

うずまき [DVD]うずまき [DVD]
伊藤潤二

東映ビデオ 2001-01-21
売り上げランキング : 83849

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
 

たまたま、以下のページで伊藤潤二氏の作品が読めます。短編「いじめっ娘」。
http://blog.livedoor.jp/chihhylove/archives/7816519.html

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q これを観れば丸わかり?動画を紹介

(Qのネタバレは無し)ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Qを観てきました。私はTVシリーズから全て観ています。新劇場版序・破も楽しめました。今回のQは、ヤフーの映画批評では賛否両論ですが私は十分に楽しめました。
 変といえば変ですが十分良い作品だと思います。90分間見終わった後、多くの謎が解けないままのもやもや感もあり、見応えもあり、ぐったり疲れました。是非、もう一度観に行きたいですね。

 さて、エヴァは難解とよく言われますが、この動画エヴァンゲリオンがさらにわかる動画:旧 が非常に楽しく、上手に説明してくれています。天才的です。全エヴァファン必見でしょう。(ただし、一見さんには理解不能だと思います)おかげ様で、もやもやが大分晴れました。



 この動画の他に、エヴァンゲリオンを1.5倍ぐらい楽しくする動画シリーズもお薦めです。(クリックするとリンクで飛べます)

 上記の全ての動画を見て、今回の新劇場版のラストもストーリーや表現は全く違えど、結局は同じことになるのかな?と思いました。数年中に公開される予定の最終作、シン・エヴァンゲリオン劇場版:||が楽しみです。

 同時上映の巨神兵東京に現わるは庵野監督のウルトラマンへの愛を感じさせる良い短編作品でした。CGを使用しない昭和の特撮技法で作られた歴史上最後の傑作となることでしょう。

※私の映画通の同僚が、エヴァの知識完全0の状態で新劇場版Qを観た感想。「シンジ君はえらい怒られようだね。今まで何があったのか知らないけど、最初から最後まで怒られっぱなしであれはないよね。」とのこと。全くその通りです。

 ちなみに私は、Qを見に行く前にちゃんと予習しました。今週のナディアの再放送→序→破を観てそのままレイトショーになだれ込みましたよ。

今のキン肉マンの魅力

 現在連載中のキン肉マンは面白い。どこが面白いか今週の悪魔超人ブラックホール対犬超人ダルメシマン戦を例にとって解説したい。

1 ダルメシマンがブラックホールへ吸い込まれる姿勢
  素晴らしくダサイM字開脚で、お尻から吸い込まれそうになる。見ただけで笑える。

2 実際に吸い込まれるシーン
  M字開脚で吸い込まれれば、お尻から吸い込まれたはずなのに、ページをめくる何故かと頭が刺さっている。それも動きを感じないシュールな絵。なぜかお尻が頭と入れ替わる不思議。

3 想像もつかない名セリフ
  「俺の魂に“ウォンウォン”囁く」犬だからウォンウォンはまだ許せるとして、魂に勢いよくささやいてどうする。この日本語の不自由さがたまらない。外人ですか?

4 犬超人だからといって、骨の形に惹かれて負けてしまう。
  まあ所詮犬超人だからね。散々シリアスな展開をした後、最後の最後は唐突にギャグで〆る。それを大まじめにやっているところが昭和っぽくて素敵。その大切な骨の形(大文字のIアイ)だけど、先週はX(エックス)のマークだった。たった1週で何があった?単行本になる時はかきかえられているかも?(ゆでは単行本化に伴い描きかえが多い。例:マンモスマンの「ウメーウメー」は伝説になった)

5 とどめを刺される直前への犬超人へのセリフが無駄にかっこいい。
  「おまえは確かに名乗るとおり完璧だ。しかし超人としてじゃねぇ完璧な犬なのだ-っ!」これは上手い。座布団10枚。

6 犬超人の泣き声がイカス
 ウォンウォン ギャゴーン ワブーッ ギャウーンはいはい、わんちゃんの鳴き声ですね。 

7 負けた犬超人に語った諺が誤用で意味が通じない 
  「狡兎死して走狗煮らる」と言っていたが、明らかに変な使い方で意味がわからない。2chでも、真の意味について議論になっていた。しかし、まあ真相はただ単に使い方を間違っただけだと思う。

8 掟に従い自害しようとする犬超人を助けに入り....
 と見せかけて、次のページでイキナリ自害させずに斬首でとどめを刺してしまう。仲間思いで友情に厚い超人と見せかけてイキナリの斬首で死刑執行。まさしく、何でもありの昭和風味。まさしく、読者の予想は裏切り、期待は裏切らない良い見本です。

 これほどまでに濃密な漫画が描けるなんて神憑っています。キン肉マン2世を描いていた頃は怒る気力すらなくすほどのグダグダ糞漫画だったのに(惰性で読んでしまった...)この復活ぶりは凄いです。元日本チャンピオンがおごり高ぶり、少年団にボロ負けを続けた後、突然一念発起してオリンピックで金メダルを獲っちゃったくらいのレベルですね。

 面白い漫画を描ける人はいますが、21世紀平成の現代に、こんなに天然な昭和テイストで、つっこみどころ満載で、ゆで理論炸裂の漫画が描ける人はいませんね。(ゆで理論:科学の理論は全く無視した(調べることすらしていないはず)、作者ゆでたまごが勢いで適当に考えたインチキ理論で民明書房よりインチキ度が高い。) 

以下でこのお話が読めます。
http://wpb.shueisha.co.jp/category/comic/
ちなみにこっちの方が早くアップされます。(月曜日の0時丁度にアップ)
http://bookstore.yahoo.co.jp/%E9%80%B1%E5%88%8A%E3%83%97%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%82%A4+web+comic-shueisha/free_magazine-136077/?category_id=3 

amazonのレビューの凄まじい高評価びっくりした↓。評価している18人全員が5点満点。
ちなみに酷評された2世の24刊は僅か1.5点でした。

キン肉マン 38 (ジャンプコミックス)キン肉マン 38 (ジャンプコミックス)
ゆでたまご

集英社 2012-04-04
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
 

久しぶりに当たりの漫画「五大湖フルバースト」

久しぶりに、感心し感動した漫画に出会いました。

タイトルは五大湖フルバースト大相撲SF超伝奇 (西野マルタ作)

相撲漫画です。それも、普通の相撲じゃありません。
(ちなみに私は相撲はほとんど観ません)

舞台は相撲が国技になっている未来のアメリカのデトロイト。
(既にここで終わってます。出落ち感MAX。)

物語で戦う2人は、
キリストのように十字架にかけられた石像から蘇った伝説の横綱。(日本人)
技の横綱と言われた五大湖が改造されたロボット。(アメリカ人)

(対戦者同士が既に人間ですらない)

 人間時代の五大湖の必殺技は、相手を土俵にめり込ませ犬神家の一族状態にするデトロイトスペシャル。(この技は意外とかっこいい)ロボット五大湖は、空を飛べるし、太陽拳も使えるし、ミサイルも出せるし、おまけにある程度の自己修復能力まである。(ほとんど戦争兵器のレベル)

とまあ、ここまで読んで頂ければ解るとおり出落ち感満載の作品です。普通はここまでレビューしてしまえば、読む価値もない他愛もないギャグマンガです。しかし、アマゾン等の一部レビューでは何故か絶賛されているので騙されたつもりで購入.....

 確かに設定はトンデモですが、話の造りが非常に緻密で丁寧なため、ぐいぐい物語に引き込まれてしまいます。これほどトンデモな設定なのに、これほど手に汗握る熱い漫画はなかなか有りません。読んでいくうちに、最新鋭の兵器で身を固めた元アメリカ人のロボット横綱も、十字架からキリストのように蘇った日本人の横綱も全く気にならなくなります。それほどに読ませる力があります。週刊少年誌でダラダラ惰性で連載を続けている(続けさせられている)漫画家に見習って欲しい完成度です。

 キワモノ好きの方は必見ですし、まともな漫画を読みたい方でもOKだと思います。(珍品であることは確かです)

 珍しくこのブログで紹介した理由ですが、この作者の続編が読みたいからです。この作品は「心技体」の横綱3部作の1つ「技」の章です。「体」の章(短編)はこの単行本に収められています。最後の「心」の章はまだ描かれていません。作者は描く気満々のようですが、今のところ描かせてくれる出版社はないようです。ここで紹介し少しでも多くの方に読んでもらい、是非最後の「心」の章を完成させてて欲しいと思います。才能を埋もれさせてはいけません。

この作品、上手に映画化したら歴史的な傑作になる気がします。ハリウッドのCGなら最高でしょうし、日本なら三池監督かな?アニメでも普通よりは遙かに面白い作品になるはずです。どこかに奇特な人いないかな?

五大湖フルバースト

五大湖フルバースト 大相撲SF超伝奇 上 (シリウスKC)五大湖フルバースト 大相撲SF超伝奇 上 (シリウスKC)
西野 マルタ

講談社 2012-02-09
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

五大湖フルバースト 大相撲SF超伝奇 下 (シリウスKC)五大湖フルバースト 大相撲SF超伝奇 下 (シリウスKC)
西野 マルタ

講談社 2012-02-09
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

「サヴァイヴ 殺戮の森」これってコメディ?

 観た人の評価が色々あって何だか変なので、確認するためにサヴァイヴ 殺戮の森を観てみました。

【評価】★★★(3.0点)

【ジャンル】ホラーコメディ?

【ストーリー】
 社員研修で森の中の1件屋に宿泊することになった武器会社のサラリーマンご一行。お約束で、何者かに次々殺されていきます。物語的には超~ありきたりです。

サヴァイヴ

【感想】
 これはコメディですよね?上の写真は海外版ですが、こちらにはコメディの雰囲気が出ていますね。日本版は正統派ホラー風のジャケットなんですよ。(ちなみにこの作品はTUTAYAのレンタルのみの扱いです)

 評価が割れるのは、これをコメディとして観るかどうか、この手のコメディが好きかどうかでしょうね。基本的には全編シリアスムードの正統派なのですが、ところどころ小学生レベルのゆる~いギャグが挿入されます。シリアスな中にドリフのようなギャグが突然割り込んでくるので、どう対応すれば良いのか不安になり頭が混乱しました。ず~っと違和感を感じながら観続けて、終盤のランチャーのシーンで、やっとコメディだと確信しました。

 本格的なゴアやホラーを求めてる方には合いませんが、B級ホラーマニアには受け入れられると思います。良くできていると思いますし、私は結構楽しめました。今回は小3の娘は観ていませんが、小学生でも理解できるドリフのようなギャグなので観ていたら結構笑ったと思います。モロに「志村後ろ、後ろ~」って場面もあります
最新の記事

先月釣ったクロソイがJGFAボート記録に認定されました 念願の12ポンドクラス Jun 16, 2019
渓流の宝石オショロコマ釣りに挑戦  Jun 15, 2019
ウニの季節となりました Jun 12, 2019
超貧果 ボート釣り 一応記録ということで... Jun 10, 2019
今年度初利尻山登山 ただし途中まで.... Jun 08, 2019

FC2カウンター

プロフィール

かにぬーと申します。 1967年生まれの80年代を愛するヲタクです。 利尻島の釣り情報をメインに発信していきます。

ブログランキング関係

一応参加しています。

にほんブログ村 釣りブログ ロックフィッシングへ 釣りの世界

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

プライバシーポリシー

当ブログでは、第三者配信による広告サービスを利用し、 ユーザー様が閲覧する他のサイト、興味のある広告を配信しています。

そのため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。

当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 を使用されないようにする方法については、 こちらを参考し設定変更をお願いします。
詳しくは、Adsense広告の、公式プライバシーポリシーをご覧ください。