FC2ブログ

今までの車遍歴

 フィルム写真がデジタル化できたので、それを用いて車遍歴を振り返ってみます。フィルム写真の時代はセピア色に色あせています。

 最初に購入したのがトヨタのスプリンタートレノ91型(昭和62年車)(92型じゃないのがミソ)FFでリトラクタブルでAT車。91型で既に9万キロオーバーの車両だったため格安購入。自分が使用した後には実家の父が亡くなるH17まで実家で働いていたので、自分の元に来る前も含めると18年間も稼働しており、かなりの長寿車でした。デザインは好きでしたが走りはクソクソでした。

トレノ

 次に購入したのがいすゞピアッツアイルムシャーターボ(昭和60年車)オートマ車。購入当時でもかなり古かったのでそれなりの値段でした。デザインはBTTFのデロリアンを手がけたジウジアーロによるものです。デザインは内装・外装含めて非常に気に入っていたのですが、月一ペースの故障に次ぐ故障で廃車となりました約10年で廃車...壊れすぎ。そういえば一番酷かったのが雨漏りでした。雨の後は、足下に水たまりが出来ていました(もちろん車内)。そのため床の水抜き穴を解放し、水はけを良くするため人工芝を敷いていました。

 オーナーズクラブにも入っていました。2枚目は広島ツーリングだったかな?FRでしたが走りはフロントヘビーで足回りも弱くてイマイチで、ターボ車でしたが車重が重いためパワーも不足でした。ただし、レア車なので、ここ20年以上、1回しか見ていないです。

ピアッツァ

オーナーズクラブ

かめがもり林道

 次がいすゞビッグホーン(H4)。(これは元々デジカメです)初期型の中古でMT車です。MTでディーゼルでしたので燃費が非常に良かったです。林道等の悪路を走るのが楽しみでした。(ただし一度林道でタイヤがバーストして大変な目に遭いました。携帯電話が無いのでJAFは呼べないし、路面が凸凹でジャッキアップが出来なくて、バースとしたまま舗装道路まで走りました。) しかしこれもいすゞ車だからか?やたらと故障が多くなり、手放すことになったのですが、下取り数日前にシャフトが折れてこれまたレッカーされました。10年でボロボロになるというのはこれまた早過ぎ...

ビッグホーン

 次がセカンドカーとして購入したホンダビート(H3)です。北海道なので比較的安価で購入できました。昨年まで長女が乗っており現役でしたが事故で廃車となりました。長女に渡す前に白で全塗装しました。
 平成3年車でしたから、23年間も走ったことになります。(我が家に来てからだと18年ですね)でもこれもよく雨漏りしたな~。雨の日に運転するとびしゃびしゃになった。(でも、ピアッツァよりは遙かにマシ) 

ビート1

ビート2

 ビッグホーンの後を継いだのが、トヨタのツーリングハイエース(H14)。唯一の新車購入品です
 ボディはかなり錆びて、エンジン音も大きいですし、燃費も超悪いですが故障も少なく、13年目で現役です。

ツーリングハイエース

 ホンダビートの後釜が、三菱のパジェ子ちゃん(H7)でしたが事故で廃車となり、現在はターボ車のパジェ郎君(H10)です。パジェ子ちゃんもパジェ郎君も我が家に来た時から非常に古くてボロボロでした。しかしパジェ郎君は釣りメインで大活躍中です。(もう生まれてから17年にもなるんですね。ボロボロのはずです。)

パじぇこ

パジェろう

 トヨタ、ホンダ、三菱、いすゞには乗ったことがあるのですが、日産とスバルは未体験ですね。(いすゞの短命には参った...トヨタはとにかく壊れない。三菱・ホンダはそれなりに故障する。)駆動方式はFF、FR、4WD、MRと色々です。(残すはRRのみですがポルシェくらいですね)MTとATはどちらもOKです。出来ればまたMTに乗りたいですね。(雨漏りが酷い車に2台も乗ったので、多少の雨漏りも平気です。)

 お金があれば遠征用にハイエース、オフロード用にジムニー、ドライブ用にS660あたりが欲しいところです。また、ピアッツアにはもう一度乗ってみたいです。

(おまけ)トヨタカローラ 昭和41年型  
 実家の父が運転していた車。帰省時には自分も運転していた。(写真はWIKIより)これも25年程度動いていた計算になる。トヨタ車は長生きだな~。これは雨漏りもしていなかったし。

カローラ

さらば HONDA BEAT 17年間ご苦労様

 我が家のHONDA BEATは、平成8年に5年落ちで購入して、かれこれ17年間家族とともに走ってきました。(新車時から数えると平成3年車なので22年落ち)とうとう我が家から去る時が来ました。

 ラストランは、宗谷岬近くの宗谷丘陵です。モンゴルのような風景が続いた何も無いことが特徴のポイントです。

宗谷丘陵2
宗谷丘陵1
宗谷丘陵3

 今年の冬にくすんだ赤から純白に化粧直しをしたビートの記念撮影をしました。

ビート1
ビート2
ビート3
ビート4

 カメラでは宗谷丘陵広さが解らないので、動画を撮ってみました。御覧ください。何も無いですけどね。



 帰りには宗谷岬に行きました。さすがに観光客だらけで異常に混み合っていました。間宮堂でラーメンを食べるつもりでしたが混んでいて入れませんでした。

 晴れており気温は20℃近くあり、結構暑かったので、無料の流氷館(-8℃の部屋)でしばらく涼んで帰りました。真冬にはやっていないかも知れませんが、真冬ならこの部屋の方が遙かに暖かいですね。年越しキャンプもこの部屋なら楽勝でしょう。(雪の季節の宗谷岬は、毎日地獄のブリザードです。)

宗谷岬
流氷館1
流氷館2

 ところで、このビート君は上の娘の元へ行って第2の人生(車生?)を送る予定になっています。外装は塗り直したので非常に綺麗なのですが、オイル上がりが酷くていつまで乗れるかは謎です。まあ、練習用の車としては十分でしょう。(メンテナンスが厳しいですけどね。)

 10年以上前、上の娘がまだ小さかった頃、「大きくなったらビートをもらう」といっていたことがもうすぐ現実となります。(免許はまだ取っていません。間違ってオートマ限定免許をとったら乗れませんね。)

釣り人の車(軽)はジムニーで決まりだ パジェ子ちゃんの後釜がキター

 先月、愛車パジェ子ちゃんはブリザード・ホワイトアウトの中、追突され廃車となりました
記事:http://okapon2005.blog27.fc2.com/blog-entry-1659.html

 以前から何度も主張しているとおり、釣り車(軽)はジムニーで決まりであってそれ以外は認められない。しかし、安さには逆らえず、ご縁もあってパジェ子ちゃんを購入した。廃車になるにあたり補償金が出るので、それを元手に新しく車を購入しました。

 それがこれだ。

パジェ郎君

 はい、今回もパジェロミニです。性別は男で、名前はパジェ郎君です。(下の娘が命名しました。)

 ジムニーにしなかった理由ですが、もちろん価格です。パジェロミニとジムニーでは圧倒的にジムニーが高価です。このパジェ郎君は走行も少なく、機関良好、外観もそこそこ綺麗な個体なのですが、同じ価格でジムニーの場合は、錆び錆びか走行10万㎞オーバー車位しか買えません。また、パジェ子ちゃんのパーツをそのまま流せるのもまたパジェロミニにした理由です。

 ちなみに、このパジェ郎君はカーセンサーで、走行少なめ・4WD・ターボ・4速ATでは最も価格の安い個体でした。嫁が、上の娘の引っ越しに行く途中、乗り換え時間の僅かな隙間時間を利用して現物を見て決めた車です。(お店が見つからず、実際に車を見たのは1分間だけだったとのこと。車を取りに行って、札幌から300km以上運転して帰ってきたのも嫁です。)

パジェ郎後ろ

 パジェ郎君のスペックは、平成10年車、走行5万キロ、4WD、ターボ、4速ATです。

 パジェ子ちゃんより少し大きく、ターボなので凄くパワフルで、4速ATなので静かで燃費も良いです。(リッター12キロ)乗り心地は道路の凹凸を良く吸収するためかなりマイルドで荷物がぴょんぴょん跳ねたりしません。トータルでちょっとびっくりするくらいよく走ります。さすが新型車です。

 特に便利なのが、集中ドアロックですね。パジェ子ちゃんは全てのドアの鍵を1つ1つ閉めていかないといけなかったのですが、パジェ郎君は運転席のドアで鍵を開閉すれば全てのドアを同時に開閉できます。(普通の車には必ず付いている装備ですけどね)

でも顔はパジェ子ちゃんの方が良いですね。

さようならパジェ子 ホワイトアウトと吹き溜まりで突然の別れ 

 嫁は毎日パジェ子で通勤です。毎日のようにホワイトアウトです。今朝も一時猛吹雪になり、完全にホワイトアウトしたそうです。ホワイトアウトだけなら、ほぼ毎日のことなので、心の目で何とかなるようですが、今朝は大きな吹き溜まりもできていたそうです。(除雪しても、強い吹雪なら1時間もあれば吹き溜まりはできます。)

 道路脇の吹き溜まりにはまりそうになったので(真っ白な視界の中、急にハンドルがとられたそうです。)停車して数秒後、後続車から追突されたそうです。斜め衝突のため車体が吹っ飛んで180°回転したそうです。(相手はミニバンでかなり破損したそうです。)

 ホワイトアウトでしたので後続車は全く見えなかったそうですが、追突されても良いように体を固めていたら、やはり追突されたそうです。後続車からパジェ子も、ホワイトアウトで全く見えなかったようです。

パジェ子1
パジェ子2

 ホワイトアウトはやはり危険で怖いですね。吹き溜まりトラップも加わればまさに最強。

 追突を想定して身構えていたので、大事には至らなかったようですが、むちうち気味のようです。明日以降にならないと怪我の具合は解りませんね。

 パジェ子ちゃんを修理やさんにみてもらったところ、「修理となると、何十万もかかるから全損扱いにするしかないでしょうね。」とのこと。古~い車なので、修理代のほうが車両価格を大きく上回るようです。かなり手を入れたのにトホホな結果となりました。

 まあ、大怪我しなかったのが幸いですね。まだ1ヶ月は吹雪の日はあると思うので注意ですね。

※通りすがりの後続車のおじさんにサポートしてもらったとのことです。ホワイトアウトの中、これ以上の玉突きにならないように、交通整理や瓦礫撤去もしてくれたそうです。そのままどこかに行ったそうです。大変ありがたいことです。

雪道でパジェロミニを運転した感想

 毎日毎日雪が降り続いております。例年の倍くらい降っているようです。排雪も入りましたが既に雪山は大きく育っています。今日の予想最高気温は-10℃です。さすがに寒いです。

雪の中のパジェロミニ

 さて、雪道でパジェロミニを運転してみての感想です。一言でいえば、パジェロミニは雪道最強。(我が家では)

 我が家には、ミッドシップのホンダビート、4WDのトヨタツーリングハイエースもありますが、圧倒的ですね。それぞれ特徴を書いてみます。

1 ビート
きちんと除雪されている平地なら思ったより快適。深雪や坂道では最悪。
・滑りやすいが、挙動がつかみやすく意外と運転しやすい。軽いためブレーキも効く。
・ドリフト走行も楽々。(失敗すると、コマのようにスピンする。)
・坂道を上がれない。坂の途中で止まると動けなくなる。車高が低いため雪が深いとすぐにスタックし動けなくなる。
・暖まりにくい車なので、かなり長時間暖機しないと、ガラスの外側も内側も氷がとれない。(特に内側がとれない)寒い時には、吐息でフロントガラス内部が瞬間的に凍って見えなくなる。(-10℃以下の時は20分くらいは暖気が必要。)

2 ツーリングハイエース
4WDなので一応使えるが、とにかく重くて操作性に難有り。止まらない。
・4WDなので坂を上れる。車高もあるので多少の雪ならスタックしない。
・重い、重すぎ、とにかく止まらない。コントロールできない。以前落ちた経験有り。(←クリック)
・重いので、深雪に埋まってスタックし、スタックすると人力で出せない。(車の力でも無理そうだったので、重機で出してもらった)(←クリック)

3 パジェ子ちゃん
我が家では最強。圧倒的。

・4WDなので坂もOK。軽いので止まるし埋まらない。車高があるのでスタックしにくい。
・万能ではないが、しっかりと接地しており運転しやすい。
・超鈍足だが、雪道なら気にならない。
・パジェ子が無理なら車を運転すること自体が無理という感じ。

 稚内市内には、びっくりするほど多くのパジェロミニが走っています。新型~初期型まで揃っていますし、老いも若きも運転しています。やはり、雪道でこれだけ運転しやすければ雪国で売れるのは当たり前ですね。ジムニーも多いですが、中古価格の安いパジェロミニの方が多い気がします。
 雪道での運動性能だけならパジェロミニを凌ぐ車はいくらでもあると思いますが(レガシーとか...)、車高の高さと軽さからもたらされる深雪に対する強さは普通の車ではなかなか得られない気がします。

パジェロつながりで面白い動画見つけた。エガちゃんは神。

パジェ子のカーステをアップグレード

 稚内は良い感じで吹雪いていました。この勢いで一晩中ですと朝には恐ろしいことが起きるのですがラッキーなことに降り止みました。



 本日オートバックスでパジェ子のカーステを交換したのですが、この状態でもタイヤ交換の人が結構いて非常に混んでいました。タイヤ交換って...この凍結路面の中、夏タイヤでお店まで来たのかな??そうとしか考えられないけど、まともに歩けないほど道路つるんつるんでしたよ。

 話を戻しまして...カーステの交換を指示したのは嫁でした。私は、スマホでデーターを飛ばしてブルートゥースで受けて、次にFMラジオに飛ばす方法で一応音は聞けましたが、嫁はちゃんとipodで聞きたいとのことで思い切って交換しました。

 最初のカーステは純正です。今時カセットテープしか聴けませんでした。FMの入りも異常に悪かったです。

旧

 新しい方は、ケンウッドのU565SDです。型落ちの展示品を半額程度で購入。

新

 あまり使用していないので何ともいえませんが、ipodもSDカードもCDも鳴らせる。音は残念なことに、ipodとSDカードはイマイチ、CDだけは音が良い。FMは以前より入りが良い。「まあいいや」って感じですね。

 一番良い点は時計が見られることと、イルミネーションが綺麗なところですね。

【追記】
 嫁は朝は真っ白な雪原を30分ノンストップで通勤し(夏場は20分だけど)、帰りは全く街灯のない真っ暗な道路を30分ノンストップでの帰宅です。
 朝は真っ白、夜は真っ暗の往復1時間を無音で過ごしてきましたが、やはり音楽があると良いとのことで喜んでいました。ただ、音質はイマイチ不満らしいが、まあ仕方がない。(通勤路はラジオが入らないですし、携帯はdocomoでも大部分が圏外)

3台の車の行方について

 車が3台になってしまいました。これからその3台の行方です。

【 トヨタ ツーリングハイエース 】
通勤、日常使い用。

【 三菱 パジェロミニ 】
通勤、日頃の釣り用。
釣り用に行く時に、ハイエースほど燃費を気にしなくても良くなった。
(燃費 ハイエースでリッター7㎞くらい、パジェロミニでリッター12㎞くらい)
ボートを使用する時はハイエースじゃないと無理。遠征釣りもパジェロミニではきつそう。

【 ホンダ ビート 】
上の娘に渡す。来年春には家を出る予定なのでビートを渡す。
(ただし、素人にメンテが出来るか???500キロで1リットルのオイルを消費。)

 問題は、これから冬の季節嫁の通勤にハイエースと、パジェロミニのどちらを使用するかです。

 今朝も霜が降りて車は真っ白になっていました。嫁がフロントガラスの霜取りをしている写真です。ビートのボンネットも霜で真っ白です。
 
3台

1 嫁の通勤は往復40㎞のノンストップ運転なので燃費が良い方。(パジェロミニ)
2 長距離走るので雪上での運動性能は高い方。(パジェロミニ)
3 吹き溜まりが出来まくる地帯なので突破できる方。(パジェロミニ)
4 雪に埋まった時の脱出のしやすさ。(パジェロミニ)
5 鹿や車とぶつかった時の被害の大きさが小さい方。(ハイエース)
6 雪に埋まってでられなくなった時や、救助を待つ時間が長くなった時の安全性。(ハイエース)


 事故を起こす確率が低いのは圧倒的にパジェロミニ、起こった時に何とかなりそうなのはハイエース。う~ん、お天気次第で乗り分けるしかないかな?

 嫁の通勤路は晴れていたら日本離れしていて、それはそれは最高なのですが、吹雪いたら猛烈な地吹雪でホワイトアウトするし、道路に突然巨大な雪山が出現したりと、地獄なんですよね。(昨年、その道路で雪山に突っ込んで動けなくなった車は、職場関係だけでも数台はいます。本格クロカンでも脱出不能だったそうです。携帯はdocomoでも一部は圏外。交通量も極小のためなかなか助けが来ない。)
 
 本当にやばい時は泊まってくればいいんですが、天候は急変しますし、ピンポイントで酷いこともあるので油断が出来ないんですよね。

パジェ子ちゃん若返り作戦

 パジェ子ちゃん入手時の金さん銀さんレベルから、せめて菅井きんさんのレベルまで若返らせたいということで、色々やってみました。(廃車になる寸前の状態でしたので、そこから頑張ってリカバリーさせてみました。)ただし、17年落ちとはいえ走行距離数は6万3千キロ弱と少なめです。

購入直後

1 まずは、お約束のエンジンフラッシング、オイル交換、添加剤投入
  これは明らかに良くなった。音が静かになり、パワーも上がった。

2 バッテリー交換
  ボッシュの高級品と交換したが、変化はない。ただ、死にかけてはいたらしい。

バッテリー

3 エアフィルターの交換。
  TRUSTエアクリーナーMT-3と交換。少し静かに少しパワーが上がった気がした

エアクリーナー

4 エアコンガスの追加充填。
  ちゃんと冷えるようになったが、まだ漏れがあるかも知れないとのこと。ただ、クーラーを使用する季節がすぐに終わってしまったので確認のしようがなかった

5 性能が上がるという触れ込みのアイテム。(中身はコンデンサー)
  う~ん、よくわからない

色々

6 燃費が良くなるという触れ込みのビロビロの金属。
  う~ん、よくわからない

7 プラチナプラグとハイテンションコードの交換。
  シリコンブルーパワーコード使用。車検時にやったのでタイムがありラグがあり、差がよくわからなかったが、パワーには変化がないものの、静かになった気がする

コード

8 ワイパーゴム交換。
  雨の日でも視界ばっちり。(最初は裂けた状態でベロベロ)

9 洗車と、エンジンルーム洗浄、フロアマット交換。
  何だか意外と綺麗になった。近くから見ると錆だらけだが遠目では見えないレベル。少なくとも、21年落ちのビートよりは圧倒的に塗装の状態は良い。内装は傷だらけであったが、フロアマットを変えたら足下を見ている時だけは新車気分になった。

錆
エンジンルーム
フロアマット

10トランクルームカバー
  釣り道具や魚のぬめり、魚の返り血、エサ汁の漏れでベロベロべとべとぷぅ~んとなるのを防止。安くて使える。オートバックスのLLサイズでぴったり。

マット

11スペアタイヤカバー購入。
  新型パジェロミニ用のタイヤカバーを購入したので、後ろから見たら少し新車の気分。「熊出没注意」のデザインにしようかとも思ったが、しゃれにならないのでやめた。

タイヤカバー

12スマホグッズ追加
  スマホの充電器、スマホをナビとして使用するときのホルダー、スマホの音をブルートゥースで飛ばしてFM電波で飛ばして、FMラジオで聞くトランスミッター。

カーナビ

 アンテナの性能か?チューナーの性能か?トランスミッターの電波が弱いのか?音が割れるので、スマホのイコライザーでいじって何とかごまかしている状態。本当はちゃんとipodをつなぎたいところ。ただ、現在でもなんちゃってナビ、なんちゃってカーステとしては一応使用できている。機会の進化は素晴らしい。

(車検時の修理)
・折れかけのロアアーム交換。(何度も落としているうちに傷めたのか?)
・ATオイルが腐っていたが、交換しなさ過ぎだったので今回半分だけ交換。
・ドアを開けると、エンジンをかけていようがかかっていまいが、キーがついていようがついていまいが関係無しにピーピー言っていたのを黙らせた。


 エンジンの傷みが少なかったこともあり、菅井きんさん(86歳)よりもっと若返った感じです。桃井かおりさん(61歳)くらいかな?これから5年くらいは何とか乗りたいですね。車両価格よりお金をかけて若返りさせましたからね。長く乗るための一番の障害は鹿ですね。とにかく鹿との衝突に注意が必要、1発で廃車になってしまう。

 仕様上どうしようもないけど残念な点は、集中ドアロックがないこと。3ドア全ていちいちキーを使って手で開けないといけない。ビートもそうなんだけど、今時そんな車走ってないよね。

礼文

 まあ、次こそジムニー(ターボ、5MT,新車)ですね。もしくは、ツーリングハイエースも処分してノアールさんも乗っているFJクルーザーあたりが欲しいですね。(本当は、ノアールさんが今乗っているFJクルーザーが欲しいところですが、左ハンドルの逆輸入車なので自分には運転は無理です。)

釣り人はジムニーのターボ、それも5MTの新車を買うしか選択肢はない 

 スズキジムニーのターボ、それも5MTの新車以外に選択肢はない。その事実に揺らぎはない。

 そしてこれが、我が家に新しく来たニューウェポンだ。

パジェ子
リア

 は~い、パジェ子ちゃんで~す。性別は女。平成7年式で満身創痍の17年落ち三菱パジェロミニで、女の子と言うより金さん銀さんレベル。性別に関しては前オーナー(女性)が「この車は女の子である」と念を押していたので間違いはないはずだ。

 3速オートマなので、70キロくらいからは回転数が上がりまくって爆音&燃費劣化、運転席側のドアにはターボ車の型番が書いてあるけど助手席側はノンターボの型番、本当はノンターボ。坂を登ればすぐ解る。速度はパワーアシストの自転車並み。

 左右のドアが違う理由は....まあ、ぶつけたようだ。それに加え、冬場は何度も落としたそうだ....

ターボの型番
ノンターボの型番

 フロントのカンガルーバーにも激しく当てた後が...これ以上壊れても困るので鹿よけの笛は早速取り付けた。

鹿笛
 
スズキジムニーのはずが、三菱パジェロミニに
ターボのはずが、ノンターボ
5MTのはずが、3AT
新車のはずが17年落ちの中古車


 言っていることとやっていることが違うが、それが人生というものだ。理想と現実は違う。スズキジムニーの新車1台でこのパジェ子ちゃんは何十台でも買えちゃうんだ。(今使っているリールの買値より安かった。竿よりは少し高い。リール>パジェ子>竿)

 ちなみに前オーナーは、このパジェ子を売ってスズキジムニーに買い換えた。

※一時的に車が3台になったので、このパジェ子を島に1ヶ月ほど置きっぱなしにして釣り専用に使っていました。そのため今シーズンは島に行きまくることが出来たのです。島から戻ってきて、車検に入り、色々見てもらって、やっと戻ってきました。

釣り人が買うべき車、それはジムニー 他は認めない

 現在我が家には2台車があります。トヨタツーリングハイエースの平成14年車走行15万キロオーバー)と、ホンダビートの平成3年車オイルの消費が500キロの走行で1リットル)の満身創痍コンビです。

 ホンダビートはご存じの通り、釣りには全く使えません。ツーリングハイエースは荷物はたくさん載り、車中泊もお手のものなのですが、燃費が激悪(6~8km/L)で荒れ地も苦手です。

 そこで釣り人が乗るにふさわしい車を選びました。それは言わずと知れたスズキジムニーです。

1 荒れ地もガンガン走れる(なんちゃってのパジェロミニとは違う)
2 買うならもちろん5MT。ATなんてクソ食らえ。ビートで慣れているし。
  特に3速ATなんてマジあり得ない。お買い物にしか使えない。
3 買うならもちろんターボ車。北海道は長距離が多いし、峠もある。ターボじゃないと無理。
4 買うならもちろん新車。ぶつけられているかも知れないし、落ちているかも知れない。
  そんな車には乗れない。ドアやバンパーが交換されていたりもするらしい。
5 ライバルのパジェロミニには市販のロッドホルダーが構造上つけられない。
  ジムニーはパーツだらけで何でも出来る。ライバル視することすらおこがましい。

結論:ジムニーは漢の乗る車。パジェロミニは女子供の乗る車。


 ボートを積んだり、長い竿を積むこと、車中泊の困難さはありますが、それ以外に関してはジムニーに死角は見あたらない。

 大切で間違いのないことなので、もう一度言う。

スズキジムニーのターボ、MTの新車以外に選択肢はない。


 おおおっ、な、何だ、この車は.... 

車

(つづく) 
最新の記事

先月釣ったクロソイがJGFAボート記録に認定されました 念願の12ポンドクラス Jun 16, 2019
渓流の宝石オショロコマ釣りに挑戦  Jun 15, 2019
ウニの季節となりました Jun 12, 2019
超貧果 ボート釣り 一応記録ということで... Jun 10, 2019
今年度初利尻山登山 ただし途中まで.... Jun 08, 2019

FC2カウンター

プロフィール

かにぬーと申します。 1967年生まれの80年代を愛するヲタクです。 利尻島の釣り情報をメインに発信していきます。

ブログランキング関係

一応参加しています。

にほんブログ村 釣りブログ ロックフィッシングへ 釣りの世界

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

プライバシーポリシー

当ブログでは、第三者配信による広告サービスを利用し、 ユーザー様が閲覧する他のサイト、興味のある広告を配信しています。

そのため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。

当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 を使用されないようにする方法については、 こちらを参考し設定変更をお願いします。
詳しくは、Adsense広告の、公式プライバシーポリシーをご覧ください。