FC2ブログ

ヲタキッシュ(利尻島で釣りを楽しむブログ)

釣り(ロックフィッシング)、利尻島情報、ピュアオーディオ、ビリケン商会のガレージキット等がメインです。リンクフリーです。
2018 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312018 09

貧果が続いたので、テトラの穴撃ちでリベンジ

 ジギングの調査が散々の結果に終わりました。丸2日かけて、20キロ以上ボートを走らせ、ジグを何個も殉職させ、まともな釣果は中くらいのマゾイ1匹のみ。もちろん、一緒に来ていた嫁は釣りにならず。これはストレスがMAXとなります。そこで夏でもボウズの可能性が低めのテトラの穴撃ちでリベンジしました。

 とにかくテトラの穴撃ちはゴムボートのパンクとの勝負となります。テトラ帯なのでアンカーはうてない、ボートがテトラに当たるとパンクする危険性がある、下手をすると隠れテトラで座礁する、魚がかかるとテトラに引っ張られる、それなのに大きな魚は真上に抜かないと根ズレでラインブレイクするから難しい、という風に元々難易度高めの上ゴムボートには非常に条件が厳しい釣りです。常に操船し続けなければいけないので、エレキが欲しいところです。

 というわけで、四六時中せわしなくオールとボートフックで操船しながら釣りをしました

 今回は前回釣行時より食いはよく、ちゃんと穴の奥に入れられれば当たることが多かったです。今回は嫁が大きいのをあげることが多かったです。今回最大となるはずだった50センチ級のクロソイが嫁のワームを船縁まで追ってきて、ワームを口にしたのですが瞬間的に吐き出したのか、ヒットしませんでした。(その他根ズレによるラインブレイクが2回)
前回のテトラ撃ち:http://okapon2005.com/blog-entry-2168.html

いろいろ釣れましたが大きかったのは30センチくらいのハチガラ
ハチガラと嫁

シマゾイ37センチ
シマゾイと嫁

一番大きかったのはクロソイ45センチでした。
クロソイと嫁

 いつものガヤはたくさん釣れましたし、良型のアブラコ、小型ながらマゾイも釣れたので、6目釣りが出来ました。大変せわしなく、リスクも高めの釣りですが、夏場の昼間に手堅く釣るにはこれしかないかも?
[ 2018/08/08 15:11 ] 釣り | トラックバック(-) | Comment(0)

ボートジギング用ポイント開拓 今回も全然だめ  

 比較的凪でしたので、2日間かけてボートジギング用のポイント開拓を行いました。

(その1 南側ポイント)
 今回初めて釣行したポイント。魚探HONDEX PS-611CNに掲載されている魚礁に向かいましたが、全くの無反応。本当に魚礁はあるのだろうか?雰囲気的に釣れそうなポイントを何カ所か回るも無反応....
 唯一、魚礁だと教えてもらった場所で中型マゾイが1匹釣れただけで終了。数時間かけて10キロ以上走り回ってこの有様

釣りにならないので嫁はボートの上でお昼寝。
ふて寝

2日間の激闘で、唯一のまともな釣果....中型のマゾイ
マゾイ

(その2 北側ポイント)
 前回風波が荒くちゃんと調べきれなかった北側ポイントにもいきました。しかし....なんと今回も荒れていました。前回小ガヤが釣れたポイントにもう一度入り確認しましたが、今回も小ガヤだけでした。その他のポイントはやめて早々に引き返しました。あまりに釣れなさすぎて写真無し。

 釣れなさすぎて2日でジグを何個もロストしてしまいました。

 8月は沖根のソイの食いも落ちるのでそれが理由で釣れないのか、それとも魚礁の位置が違っているためにで釣れないのか理由がはっきりしません。これが6~7月初旬までくらいなら、魚礁に当たれば瞬間的に大型ソイが食って来るんですけどね。

 ブリは魚礁の上ではなくても、回遊に当たれば釣れますが、今年の利尻島のブリは薄いのか気配もありませんし、あまり釣れた話も聞きません。今年のボートジギングはまともな釣果なしに終わるかもしれません。
[ 2018/08/08 14:59 ] 釣り | トラックバック(-) | Comment(0)

漁火光柱も見えたよ ゲストさん達と釣りをしました(岸とボート) 

 珍しく、家族以外のゲストさん達と釣りをしましたので記録しておきます。

(その1 岸の夜釣り)
 同僚のドイドイのお友達(島外)を連れて、夜の漁港へ釣りに行きました。(本当はボートが良かったのですが、波が高く出せませんでした。)ゲストさんはリールを使うのもほとんど初めてのようでしたが、結構ちゃんと飛ばしていました。根掛かりも無く、勘が良いんだと思います。
  
 開始時間が少し遅かったため、やや食いが落ち気味でしたが、そこそこ釣れました。小ガヤを避けつつ、最大30センチ強までのクロソイがゲストさんで10匹以上釣れました。ちなみに最大はドイドイのクロソイ34センチでした。

ソイ岸

ソイ

ソイ土井

 空には、漁火光柱も見えました。これは上空の気温が下がり、水蒸気が結晶化して地上の光が反射(今回は漁火)するためにできるものです。コンパクトカメラの手持ちなので写りはイマイチでした。本物はオーロラっぽいです。また未確認飛行物体がいくつか見えましたが、何なのか解りませんでした。不規則な動きの光球がうろうろしていたかと思ったら、離れた位置からまた現れて謎でした。鳥?ドローン?飛行機?ガチのUFO?

光柱


(その2 ボート)
 鍋ちゃん仲間のYさんが、今月末で島を離れるとのことで、その前にボート釣りに挑戦しました。ただ、時間もあまりなく、あまり条件も良くない中での厳しいスタートとなりました。

 最初はとにかく釣れん釣れん釣れん釣れん ガヤのアタリすら無いという最悪の状態。色々場所替えしても無反応。

 どうしようも無いので伝家の宝刀、テトラの穴釣りに挑戦.....それでも釣れん釣れん釣れん釣れん たまにガヤのアタリがある程度かなり丁寧に、全力で穴を撃っていっても釣れない....(穴釣りはボートがテトラに当たらないように常に操船し続けないといけないので大変、釣り方自体も難しい かかってからの取り込みも難しい)

 ボウズの可能性も大きくなっていたのですが、時間が経ち暗くなってきたところ、急に穴から釣れ始めました。(通常は穴釣りは夕方になると釣れなくなってくる)Yさんは釣り経験者だったので上級者向けのテトラの穴釣りも出来ました。

 小型ですが色々釣れ出しました。(種類は色々釣れました。私はアブラコも2匹)

一番数が釣れたガヤ。食べるには小さすぎ。
ガヤ

大きければ食べたかったシマゾイ。
シマゾイ

もう少し大きいのが欲しかったクロソイ。この写真は35センチくらいかな?(私の今回の最大は40センチ)
クロソイ

何故かやたらと釣れたハチガラ。何とこの写真は私の最大記録と同じ34センチのハチガラ。(私の今回の最大は32センチ)
ハチガラ

 本当は50センチ級のクロソイや、食べ頃サイズのシマゾイやマゾイが釣れたらもっと良かったのですが、レアなハチガラのビッグサイズで我慢してもらいました。(前回は50センチ級がお手軽に釣れたんですけど....)

船2

船1

 う~ん、今度はジギングでブリでも釣れると良いんですけどね~。
[ 2018/08/04 10:59 ] 釣り | トラックバック(-) | Comment(0)

マイボートジギングは不発 テトラ穴撃ちは成功

 午後からは半年ぶりに島を出なければいけなかったので、午前だけの短時間のマイボート勝負となりました。


(前半戦 ボートジギング)
 魚探のHONDEX PS-611CNに掲載されている魚礁に向かいましたが.....全く何の反応も無し....本当に魚礁はあるのか???

 次に、スマホのGPSを用いてみっちゃんから教えてもらった魚礁の座標へと行きました。地形的には特に変化はありませんが、ちゃんとお魚の反応は有りました

 ミニミニサイズのガヤが3匹と、中型のアブラコが1匹釣れました。ただ、大型のマゾイがワームを海面まで追ってきましたがヒットしませんでした。みっちゃんの情報は正しいことが判明しました。


(後半戦 テトラの穴撃ち)
 そこで気分を変えて、テトラの穴撃ちに挑戦しました。ゴムボートなのでテトラで穴を開けないようにしないといけないのが難点です。中途半端なタックルでしたが、これが意外と大当たり

 嫁はクロソイ50センチを2匹釣りました。嫁は、直接テトラは撃てないので足下に垂らしての釣果。

ママソイ1

ママソイ2

私もクロソイ50センチ弱3匹、40センチ1匹と短時間に大型ばかり揃いました。(真夏のクロソイ釣果としては最高かも?)私の釣った4匹のうち3匹はテトラの穴撃ち。

ソイ泳ぎ

ソイ泳ぎ

夏クロソイ

 夏枯れのはずが、非常に意外な好釣果となりました。
[ 2018/07/30 20:49 ] 釣り | トラックバック(-) | Comment(0)

利尻島も夏枯れ...じゃない???

 ここしばらく夏枯れ気味で、ブログでもアップしたとおりボートも最近は不発でした。ただ、せっかくの凪だったので嫁と港に夜釣りに行きました。夏枯れでしたので、小物狙いで竿はスピニング柳龍にしており、ランディングネットも持たないで行きました。(万が一のことを考え、落とし玉は軽いので持参)

 予定では、小ガヤの猛攻に遭うはずでした。もちろん、予定通りとなりました

 しかし、ガヤの食べきれないような大きくて硬めのワームを用いたところ、30UPのクロソイがかなり釣れました。(真夏の岸釣りとしては、今までで1番くらい釣れたかも?)

 嫁の最大は38センチのクロソイでした。30UPのクロソイを10匹ほど釣りました。

嫁の38センチ

 自分も最大は38センチのクロソイでした。30UPを20匹以上釣った気がします。竿は硬めのポセイドンにしておくべきでした。柳龍ではちょっと抜けない魚が多かったです。(リーダーを手で持って抜き挙げました)

自分の38センチ

 まあ今回も、利尻島あるあるの、ボートより、港で岸釣りした方が釣れるでした。
[ 2018/07/27 22:58 ] 釣り | トラックバック(-) | Comment(0)

夏枯れ釣行その2 マイボート 魚群探知機 PS-611CN導入

 夏枯れの日々が続いております。風がかなり強く条件は良くありませんでしたが、GPS付き魚群探知機 HONDEX PS-611CNを購入したので、そのテストもかねて嫁と色々な釣りをしてみました。(この日もC級ポイントにしか入れていません。)
製品HP:https://www.honda-el.co.jp/marine/PS-611CN.html

魚探

(その1 カレイ釣り)
 まずは、前回ギスカジカの釣れたポイントでカレイ狙い。全くの無反応で、仕掛けも根掛かりでロストしてしまいボウズ

(その2 ジギング)
 気分を変えてジギングもしましたが、魚探には何も写らずボウズか?と思ったところ、底が見える浅場(水深10m)でホッケが1匹だけ釣れてボウズは回避
 このポイント以外は、風波が強く、ジギングに適したようなポイントにはいけませんでした。(岸沿いだけ波が無かった。沖はビュービュー)

(その3 ワーム)
 一度戻り、ワームタックルに持ち替えて再挑戦したところ、ホッケ1匹を追加。しかし、ホッケはそれで終了。

 水深10m程度の岩場で撃ち続けていると、良型のクロソイや中型のアブラコは何とか数匹だけ釣れました。ただ、少し暗くなってからは、魚探にも小ガヤの反応が現れてきて、ガヤ以外がかからなくなりました。(海を覗くとガヤの群れがワームにまとわりついているのが見えました。)

ママ

クロソイ良型

 下の写真をよく見ると、海底が写っています。水深10m程ですが、凄い透明度です。
シマゾイ

 岸から釣るのとあまり変わらない釣果となりました....

※以下魚群探知機 HONDEX PS-611CNのファーストインプレ
・GPSは非常に便利。自分の居場所がよ~く解る。(景色だけではイマイチ場所を特定出来ない)
・魚がいるのは、よ~く解る。(ただ、海をのぞき込んだだけでも、魚は十分見える)
・底の状態はイマイチ解らない。(慣れたら解るかも?)
・魚の大きさも良く解らない。(慣れたら解るかも?)
・魚がいない場所はホントにいない。寂しいくらいに無反応。
・ポイントを知らないと、思ったほど役に立たない。
・広大な海で、ポイントを探すのは極めて難しい。
・使い方は簡単。
・組み立ては簡単だが、説明書が不親切すぎて間違えて組み立てた。(一応動いた)
・今のところ、思ったほど役に立っていないが、それなりに楽しい。今後は役に立ってくれるだろう....
  

[ 2018/07/20 20:22 ] 釣り | トラックバック(-) | Comment(0)

夏枯れ釣行その1 夜の岸づり

夏枯れ気味の日々が続いております。

 10日以上前の古い記録です。やはりソイ類は、明らかに食いが落ちています。その代わり小ガヤは元気いっぱいです。小ガヤがつつくため、柔らかいワームはすぐ駄目になりますし、真っ先にガヤが釣れてしまいます。これを防止するには堅めの大型ワームが必要になりますが、この時は持ってきていませんでした。

 小ガヤの猛攻の中から、写真のクロソイ30センチ(リリース)、持ち帰りのシマゾイ33センチ、良型ガヤ27センチ2匹をゲットしました。シマゾイは3日ほど熟成させ、皮を付けたたまま炙り刺身にしました。

クロソイ30センチ

食べたシマゾイ

 ただ、一度かなり強い引きを感じましたが、海藻に潜られバラしてしまいました。(針が外れました)夏枯れとはいえ、島なので突然の大物にいつ遭遇してもおかしくはないですね。
[ 2018/07/20 19:48 ] 釣り | トラックバック(-) | Comment(0)

利尻島といえど、ポイントで釣らねば釣れぬ...

久しぶりにマイボートで出撃しました。今回は北風が強く、いつものポイントには入れませんでしたので、風裏でポイント開拓を行いました。(釣果は期待できませんでしたので、単独釣行です)

 結果から申しますと、いくら利尻とはいえ、適当に船を流しても釣れないということです。透明度が高いため、数百メートル沖まで底が見えているのですが、そのくらいではガヤしか釣れません。(もっと早い時期や、夜なら釣れそうですが、岸から釣るのと変わらないかも?)やはり、魚群探知機がないと、ポイントがさっぱりわかりません。あっても解らないかもしれませんが....

 さて、釣果ですが、適当に流してすぐに、40UPの良型クロソイがあがりましたが、後が全く続きません

良型ソイ

 当たりはあるのですが乗らないんですよ。理由は簡単で、ガヤの群れがつつきまくっているからです。海の透明度が高いのでよく見えます。(さすがに写真で写るほどではないですが、肉眼でははっきり見えました)

 た~まに中~小型のアブラコもかかるのですが、数・サイズ共にイマイチ。アブラコも捕食シーンが見えたのですが、アブラコはガヤと違ってかなりルアーを警戒していました。ルアーにまとわりついて狙ってはいても、なかなか口を使いませんでした。(最終的には釣れましたが)

 沖に出るも、ギスカジカ祭りでした。アンタレス DC MDでギスカジカを多数釣っちゃいましたよ。小さい針を使えばカレイも釣れたかも?ワームフックしか持っていなかったのでカレイはゼロでした。村田基さんに「そんな魚を釣るために、DC MDを設計したんじゃ無い」って怒られそうです。MDってモンスタードライブと言う意味なんですよ。モンスター用のリールですからね...

ギスカジカ


 今回大きめのシンカーでアンタレスDC MD を使用しましたが、簡単に無駄なほどよく飛びました。やはり、最新のリールは優秀ですね。


 夕方遅くなり、風が弱まったのでいつものポイントに入りましたが、アブラコが数匹釣れたのみです。写真は今回アブラコでは最大の40センチくらいの個体です。(小さく見えますが、ナナマル用の大型ネットです)アブラコのサイズや濃さに関しては、室蘭>苫小牧>>礼文>利尻の感じですね。

良型アブラコ

6時には豪華客船のパシフィックビーナスが礼文島に向けて出港していきました。引き波を避けるために遠くからの撮影です。

パシフィックビーナス

パシフィックビーナス2
[ 2018/06/17 17:18 ] 釣り | トラックバック(-) | Comment(0)

今話題の利尻ヒグマと、寒さにも耐えて夜釣り

 利尻島のヒグマさんは用心深いため、主に山の中で、誰とも出会わずに生活をしています。そのため、当面は駆除を行わず、共存していくこととなりました。そのため、かなり用心をして釣りや生活をしなくてはいけません。

 熊鈴と、熊スプレーを持っての釣りとなります。写真左が、ライフジャケットに取り付けた熊スプレー。熊スプレーを持って海釣りをするなんて....(川釣りでは必ず持参していましたけどね)海から来た個体なので、海沿いを歩いていても全くおかしくはありません。

熊スプレー

 自分の羆対策をメモしておきます。
1 熊鈴、熊スプレーを持参(川釣りでは戦闘用に鉈も持っていくが、出会い頭は少ないと思うのでスプレーのみ)
  (人を避ける個体なので、熊鈴は効果があるはず。)
2 出来るだけポイントの近くに車を置く。
3 車から離れて釣りをしない。近くの移動も車で。
4 釣り場に着いたらイキナリ降りずに、車の窓を開けて匂いを確認。熊がいたらかなり獣臭いはず。
  (ただし、風下にヒグマがいると解らない)
5 車から降りたら、しばらく音や気配に気を遣いヒグマがいないことを確かめる。
  (夜の利尻島は基本的に何の気配も無い。何らかの気配がしたら危険。)
6 港の釣りなので、防波堤の根元からヒグマに近づかれたら、海しか逃げ場が無いので飛び降りる場所を決めておく。
  (適当に飛び降りると、テトラ等で死ぬ。飛び降りたら、逃げずに大人しくしていた方がヒグマは去るかも?)
7 くまさんがいたら、見つめて「うん、怖くないよ 怖くないよ お山に戻ってね」と心のメッセージを送る。
  (イキナリ背を向けて走って逃げると、反射的に襲われる。)
8 釣り具はくまさんにあげる。(それに気をとられてもらう。ただし、防波堤だといずれにせよ逃げ場は無い。)
  (取り返すと、ヒグマにしつこく追われるので、釣り具は諦める。)
9 車に戻る時も、臭いを中心に細心の注意をする。


 ヒグマは怖い息が真っ白になるほど寒い(気温は7℃で強風)という厳しい状況で釣りをしましたが、小ガヤが沢山、小型クロソイポツポツ、シマゾイ30センチ1匹のみでした。流石にママのピークは完全終了のようです。

 先週釣れた、以下のクロソイ38センチがラストの良型となりました。(実はこれを釣った時、気のせいだとは思うが....車に戻る時、少し獣臭い気がした...)

38センチ

 一番の心配事は、利尻島には有事の際にヒグマを屠れる人がいない・その手段が無いことです。警察のピストル程度では効かないし、職場にいる剣道の達人も300キロオーバー相手では真剣を用いたとしても良くて相打ち、礼文と違い自衛隊もいない、トド撃ちの方はいますがヒグマは免許外らしいですし海と山では勝手が違うことでしょう。本土から猟友会が来ても、島の地形やヒグマの動きが解らないし、猟友会が来るまでに大きく移動しているはずです。(ヒグマなら余裕で1日で島1周出来る)

 一番良いのは、くまたんがメスを求めて島から出ることですね。そこまでいかなくても、このままひっそりと山で生活してくれればいいのですが....
[ 2018/06/08 22:45 ] 釣り | トラックバック(-) | Comment(0)

世界最高峰 18アンタレスDC MD 買ってしまった(ただし傷有り中古品)

 今まで、小学校時代に購入したバンタム100EXをスタートとして、アンタレスだけでも98アンタレスVER.2、03アンタレスAR、07アンタレスDC7LVと使用してきました。(アンタレスの前の数字は発売年

 そしてついに、新発売ほやほやの18アンタレスDC MD傷有り中古品を購入しました。間違いなく現在世界最高のリールで、表面処理も凝っているので傷入りなんて言語道断なのですが、いつかは傷が付くので傷入り中古品を安くで購入しました。(釣りをしない人のために書いておきますが、コンピューター入りのリールです)
シマノ該当ページ:http://fishing.shimano.co.jp/product/reel/5317

左がDC MD、右がDC7LV(ハンドル交換済み)
モンスタードライブ

 しかしまあ、傷有りとのことでしたが、ガチで傷だらけでした。日本で一番傷のあるアンタレスDC MDのはずです。発売直後でここまで傷だらけにするなんて...フェラーリを購入して1ヶ月で、ぶつけまくってボコボコにしているのと同じですね。自分なら、ここまで傷を入れるには10年はかかりそうです。

傷だらけ

 早速、ワールドシャウラ青1652R2の組み合わせで夜ソイに挑みました。

 以下DC7との比較
1 見た目だけは 傷がないのでDC7の勝ち
2 ハンドルはDC MDは純正でも使いやすい長さ(DC7は純正では短すぎたので付け替え済み)
3 DC MDの巻き取りスピード激速 夜で見えないので何度も巻きすぎそうになった(速すぎ???)
4 リーリングの滑らかさ DC MDの方が滑らかだが、DC7でも十分滑らか

5 ブレーキはDC MDが調整もしやすく効きも良い

 DC MDはメカニカルブレーキがかなり強めに調整されているのに、DC MDの方がすぅ~っと伸びる。もちろん距離も伸びる。(DC MDはナイロン、DC7はフロロという違いもあるのか???太さは同じ12ポンド。)
 
 DC7では夜のソイ釣りをする気になんてならないですが、DC MDならストレスは大分感じますが、ギリギリ出来ますね。(真っ暗の中ベイトで、硬めの竿で、太い糸を用いて5gの軽量ジグヘッドを遠投するのは非常に厳しいですね。本当は3gが使いたいところですが、この条件では3gは実用的には無理。柔い竿で細い糸なら3gでも大丈夫そう。)今日もDCとはいえ、多少バックラッシュはしました。風もありましたし、着水がよく解らないんですよね。それでもDC7よりはしにくいですね。

 今夜は食いが非常に渋かったのですが、以下に結果を載せます。ファーストヒットはシマゾイの30センチ。その後、中型のクロソイやガヤが数匹、珍しくカジカも釣れました。(利尻島はカジカが少ない)

シマゾイ

カジカ

 粘ったところ、何とか43センチのクロソイも釣れました。

43センチ

 DC MDはソイの夜釣りに使うにはイマイチですが、ボートロックやベンダバール8.9Mを用いた遠投釣りではかなり良い仕事をしてくれそうです。どちらも20g前後がメインですからDC MD向きです。(ボートで使うのは、オーバースペックでもったいない感じですけどね)

 やはり、11年間の技術の進歩は素晴らしい。DC MDは非常に気に入りましたし、長く使えそうなので新品が欲しくなりました。


※とうとうビッグママの季節も終了のようです。以下の写真は先週最大の獲物です。48センチ2キロのパンパンに太ったママでした。
48センチ 2キロ
[ 2018/05/29 23:31 ] 釣り | トラックバック(-) | Comment(0)
ページ最上部へ