FC2ブログ

ヲタキッシュ(利尻島で釣りを楽しむブログ)

釣り(ロックフィッシング)、利尻島情報、ピュアオーディオ、ビリケン商会のガレージキット等がメインです。リンクフリーです。
2018 11123456789101112131415161718192021222324252627282930312019 01

いわゆる観光地にも行っています (関西旅行8  ラスト)

 もちろんいわゆる観光地にも行きました。

 まずは大阪城。とてつもなく敷地が広くて、天守閣の外観も立派でした。天気も良くて最高でした。それにしても外人さんが多かった。
大阪城1

大阪城2

大阪城4

大阪城5
 
 天守閣からの眺めは、金網が少し興ざめ。しかし「ハッハッ、見ろ!人がゴミのようだ!」気分が味わえました。内部は博物館になっており、時間が無いのに嫁はなかなか動こうとしませんでした。ただ、金の茶室は超~おしゃれでしたね。
大阪城3

お堀の曲線群も極めて美しい。
堀
 
 この一枚岩の蛸石は巨大ですごかったですね~。
大阪城6

 ただ、公園中央の屋外トイレは汚すぎて地獄だったとのこと。ドアにう○こがべたべた付いていたそうです。それ以外も凄まじかったそうです。あまりの客入りで、清掃が追いついていないのかな?


 続いて、すぐそばの、大阪市立博物館にてルーヴル美術館展にも行きました。残念ながら館内は撮影禁止なので写真はありませんが、教科書で見たような絵や彫刻を多数見ることが出来ました。ご近所の方、これはオススメです。

博物館

おしゃれな顔ハメ看板もありました↓
ルーブル




 お次は、なんばグランド花月こちらも撮影禁止なので写真はありません。

 ちゃんと早めに予約していったので、座席はどこかと思ったら、一番後ろの一番端っこでした。満員御礼でびっくりでした。会場もでかいので、新喜劇ではMr.オクレくらいしか顔を判別できませんでした

グランド花月

花月

 やはり生は違いますね。TVでやれないようなネタもあり、めちゃくちゃ面白かったです。特に西川師匠と文珍さんのしゃべりは素晴らしかったです。参考にしようにも、レベルが高すぎて無理ですね。それにしても、もっと前で見てみたかったです。これだけ面白ければ、高い金出しても見に来る人はいますよね。



 ラストはあべのハルカスです。日本で一番高いビルです。

はるかす1

 16階からと専用エレベーターに乗り換えて最上階に向かいます。(写真は、実は下りの時のもの)
エレベーター1

エレベーター2

眺めは最高です。
意外と目立たない通天閣。
はるかす3

はるかす4

はるかす5

やたらと敷地面積が巨大な墓地
はるかす6

 最も衝撃的だったのが、ビアガーデンで、地上300mで昼から飲み放題とは....嘘...だろ。2機しか無いエレベーターで吐かれたら大惨事だろうに...勇気のある企画だな~。まさしく大阪。景色は最高だし、時間と余裕があればやってみたい気はしました。
ビアガーデン

 太陽の塔にも行って塔内に入りたかったのですが、予約が満杯で無理でした。しかし、丁度ハルカスの博物館で、太陽の塔展をやっていました。もうね、太陽の塔好きの私には最高でしたよ。巨大な本物の顔もありましたしね。
太郎1

太郎2

太郎3

太郎4

太郎5

本物の顔です。(現在の顔は2代目)人と比べると、その置き差が解ります。
太郎6

今回は、ルーブルと太陽の塔で大当たりでした。


これにて、正味2日間の関西旅行レポートを終了します。
次はいつになるやら....また25年後だと、もう死んでそう。死んで無くても足腰がヤバそう。それよりは早いうちにリベンジしたいですね。USJにも行ってみたいですし。
[ 2018/11/03 11:18 ] 関東・東北・関西旅行 | トラックバック(-) | Comment(0)

その他のグルメ 関西旅行(その7)

 最後は、串カツ、たこ焼き以外で食べたものです。
 グルメ編ラストは、その他のグルメです。訪問順に並んでいます。


1 神戸三宮「大関」
 神戸空港到着後に利用。三宮駅から徒歩5分くらいで着くようですが、夜の雨降りで全く方向が解らず、到着まで30分ほどかかりました。雨粒がスマホの画面に当たり、目的地がいつの間にか別の場所に変わっていたのも時間がかかった原因です。

 ここは、炉端焼きの元祖のお店のようです。

大関1

 北海度ではあまり食べられない食材を注文しました。奥が鯛のお造りです。
大関2

 左は超久しぶりのカマスです。右はモツ串です。
大関3

 25年ぶりに食べる太刀魚です。(太くて、場所的にも一番良いやつです)
太刀魚

 大関酒造の大吟醸、美味しくいただけました。
大関4

 雰囲気の良い中、美味しく食事を出来ました。お土産にワンカップをいただけました。(淡麗辛口で飲みやすいお酒でした)
大関5



2 京都駅「イノダコーヒー」
 人口が多いだけあって、京都駅は朝から混んでいました。開店直後でしたので、ここは並ばずには入れました。おしゃれなお店に入ることなんて滅多に無いのでどきどきでした。コーヒーも食事も美味しかったです。(食い倒れツアーに向けて軽食としました)我が家で淹れるコーヒーの方が美味しいお店が多いのですが、ここのコーヒーは美味しかったです。(自分で淹れたのと味が近い気がしました)
イノダコーヒー



3 チェーン店「とんかつKYK」
 大阪観光をして散々歩いて疲れ切ったときに、目についたのがここKYK。チェーン店ではあるものの美味しいトンカツを出すお店として有名とのことで入りました。

KYK1

 奮発して黒豚ロースと、エビフライにしました。美味しかったです。ただ、帰宅して確認したところ、エビフライではなくエビかつがオススメとのことでした。これはリベンジですね。もちろんエビフライも美味しかったですよ。
KYK2



4 東梅田「縄寿司」
 東梅田駅から近いのですが、その東梅田駅が解らず、駅に着いてからも解らず、30分以上彷徨って到着出来ました。
 回らない回転寿司と思ってもらえば良い感じです。

縄寿司3

 光り物中心にオーダーしましたが、一番食べたかったコハダが売り切れなのが残念でした。北海道ではあまりコハダは出てきません。
縄寿司1

 一番美味しかったのは、写真の中トロと、北海道では見かけないトリ貝でした。文句なしでした。
縄寿司2

 回転寿司のお皿の代わりに、木の札が置かれていきます。安価で明朗会計、雰囲気の良いお店でした。
縄寿司4

 


5 鶴橋生野コリアンタウン
 前日の夜に訪れた際は、ほぼ全て閉店中でしたが、普通の時間帯に行ったら、あまりの混雑ぶりに驚きました。鶴橋駅からコリアンタウンまで徒歩10分程度と近くもないのですが、若い女の子の列が駅からコリアンタウンまで続いていました

コリアン1

 あまりの激混みで、食べ歩きできる状態ではありませんでした。下の写真が一番混んでいたお店です。
コリアン4

コリアン3

 なんとか、空いていたお店でチヂミ等をかって食べることが出来ました。
コリアン6

コリアン5

 この、麦の家の海苔巻きも食べてみたかったな~。
コリアン

 お土産は山田商店のキムチです。においが漏れないように、においが漏れない特殊ビニール2重にして持ち帰りました
キムチ

 写真の上がオーソドックスな白菜とさっぱりとして他とキムチと合わせやすいセロリ、下が、王道のチャンジャ、タコ、沢ガニです。(セロリ+沢ガニの組み合わせはオススメ。タコ+セロリも。)
キムチ2

 山田商店は通販もしていますが、島に届くまでに時間がかかりすぎそう。
https://www.yamada-syouten.com/shop/

 飛行機等で持ち帰るなら、こういう袋が必須。↓かなり効果があります。これがないとマジやばいですよ。生ゴミを捨てるまで日数がかかる時もオススメ。何かと使えますよ。




(大阪食い倒れのまとめ)
安くて旨くて雰囲気が良い 朝から酒が飲める

 大阪では昼間っからやたらと酔っている人を見かけますが、朝からこれほど飲める環境があるからなんですね。これはこれで良い環境だと思います。他の都市では見られない特徴ですね。ただ、禁煙の店が少ないですね。吸わない人には厳しいですね。かなり驚きました。

ちなみに、他都市で食べ歩いた中での個人的な印象は....
札幌は、ご当地グルメが豊富で、色々と美味しいけど何でも高い。(外れもあり)
仙台は美味しいけど牛タンと牡蠣以外のご当地グルメがない。
東京は何でもあるけど混みすぎているし、当たり外れも大きすぎる。
福岡はご当地グルメが多く、安くて美味くて雰囲気が良い。(外れても安いのであきらめられる)
宮崎はマイナーだけど、意外と安くて美味しいものが多い。ご当地グルメも意外と多い。
沖縄は、う~ん、好き嫌いが分かれそう。自分は好きだけど....珍しい食べ物はい~っぱい。
他の土地はよくわかりません。
[ 2018/11/03 09:56 ] 関東・東北・関西旅行 | トラックバック(-) | Comment(0)

大阪たこ焼きを食す 関西旅行(その6)

 今回はたこ焼きです。嫁がやたらとたこ焼きを食べたがったので合計3件行きました。今回は、どこも美味しかったです。しかし、お店でたこ焼きを食べることは少ないので、まともなインプレは書けません。(家では、たこ焼き用のプレートでたま~に作ります。)


(その1)わなか なんばグランド花月の隣
 ここが一番美味しかった気がします。狭いながらも、イートインスペースも有って食べやすかったです。
わなか2

わなか

わなか1


(その2)はなだこ 新梅田食堂街
 ネギ沢山で華やかでデラックスな感じのたこ焼きです。もちろんここも美味しかったのですが、自分には少~しだけ味が濃いめだったかな?自分はすぐにお店の場所が分かったのですが、嫁は途中ではぐれて行方不明になってしまいました。この食堂街は非常に狭いのですが、大変迷いやすいですね。

はなだこ店

はなだこ3

この食堂街には超人気居酒屋の「大阪屋」、串カツの「松葉」をはじめとして美味しそうなお店が多く、大変良い場所ですね。
大阪や

 北海道では食べられないので、〆に一幸舎の黒を食べました。う~ん、普通に白の方が好みです。失敗した....
一幸舎



(その3)たこ昌 関西空港
 ここでは出発前に明石焼きを食べました。明石焼きは25年ぶりでした。あっさり味で美味しく、自分でも作ってみたいです。ただ、この店より、25年前に行った商店街のお店の方が美味しかったですね。(場所は完全に失念)
 実はこの時、空港内でラーメンも食べたのですが、それは完全にアウトでした。他のを食べるべきでした。時間とお金が無駄になり大変悔しいです。(おそらく、不味い水で作られた塩ラーメンなのではないかな?水の不味さで出汁が死んだ感じでした。)

たこまさ1

たこまさ2



(番外)鶴橋風月 札幌大丸店
 今回は、串カツやたこ焼きが優先でしたので、お好み焼きを食べる機会はありませんでした。
 そこで札幌に戻ってからですが、大丸に入っている鶴橋風月に行きました。北海道に札幌の風月は15店舗ほど有るのですが、鶴橋風月は東北・北海道地区ではここ1件のみです。おそらく、ふたつの風月は直接は関係はないものだと思われます

鶴橋1

おこのみ

 札幌風月も美味しいのですが、もちろんこちらも美味しいです。鶴橋は雑多な感じの町なので、お好み焼きもそのような感じかと思いきや、かなり上品な感じのお好み焼きが出て来ました。見た目以上に食べ応えがありました。札幌風月と鶴橋風月食べ比べしてみると面白そうです。
 

(おまけ)
 昨夜、兵庫出身のどいどい宅にてタコパを行いました。ただ、どいどいは地元民のくせに広島のオタフクソースを使おうとしたので、私の持ち込んだ兵庫のオリバーのどろソースを使わせました

たこぱ1

 今日のお昼食は、昨日食べ残したたこ焼きでした。
たこぱ2
[ 2018/11/02 17:34 ] 関東・東北・関西旅行 | トラックバック(-) | Comment(0)

大好きな串カツ 関西旅行(その5)

 意外と現地の人は食べないという噂もありますが、自分は串カツが大好きです。最近は札幌でも食べられますが、お店の雰囲気まで入れれば本場大阪の圧勝です。

 まずは、新世界にある元祖串カツのお店であるだるまです。早い時間帯に行ったのでギリギリ並ばずに入れました。
だるま1

だるま2

だるま3
 薄めで軽く、さくっと揚がった串カツが特徴的です。どちらかというと上品な感じです。お店の中も清潔で上品です。しかし、お値段は庶民的で人気があるのも頷けます。串カツ、キス、モツ煮込み等の定番はもちろんですが、イイダコ、紅ショウガといった少しかわったネタも美味でした。



 次は約10年ぶりとなるてんぐです。(出張時に立ち寄りました)10年前は、たまたま空いており並ばずには入れたので、これほどの有名店だとは思いませんでした。
てんぐ

てんぐの2

てんぐ3

 こちらはだるまと比べると、少しざくっとした感触で、形もややワイルドです。大きな球体は卵丸ごと1個です。

 そして壁にはキン肉マンⅡ世と老サンシャインが!
二世

サンシャイン2

サンシャイン

 キン肉マンⅡ世のこのシーンは覚えています。ここてんぐで、この会話が交わされていたとは....もちろんサンシャインの手形もありました。身長は3mなので手も大きいですね

 こちらは、目の前で揚げており、店員さんとおしゃべりが出来るのが、だるまと違う点です。たまたま目の前の店員さん(東京03の角田晃広似)がメチャ面白くて最高でした。これこそ大阪という感じでした。(写真手前の背中の人)
店内




 新世界近辺は、かなり変わってしまったようですが、昔ながらの景色も残っていました。
将棋場

スマートボール

怪しいお店

ガチャ

 通天閣はあまりに混んでいて登ることは出来ませんでした。次回リベンジしたいです。昭和なデザインが大好きです。たまたま開催されていた地下の猿回しは最高でした。

通天閣2

通天閣

猿回し


※残念だったのが、串カツの松葉に行けなかったことです。(閉店後に場所確認にだけ行きました)25年以上前の就職活動中にたまたま入ったお店が、松葉地下店(閉店)さんでした。空いていたのでふらりと入っただけですが、その値段の安さと、その味に「大阪ではこんな値段でこれほどのものを食べることが出来るのか~」と衝撃を受けたものです。
[ 2018/11/01 18:22 ] 関東・東北・関西旅行 | トラックバック(-) | Comment(0)

西成にある超綺麗でハイCPの宿 関西旅行(その4)

 私の場合、宿泊は車があれば車中泊、札幌は男の楽園(エデン)ニコーリフレであり、あまりホテル泊はしません。そのためたまに停まると変なホテルの場合が多いんです。

まさしく地獄の新橋のカプセルホテル:http://okapon2005.com/blog-entry-1928.html
フロントが閉まりっぱなしのホテルと、つっこみどころ満載のホテル:http://okapon2005.com/blog-entry-1746.html

 今回は珍しく、新築で広くて綺麗で駅から1分の格安のホテルでした。(朝食付きツイン1泊で1万ちょい)名前はバンデホテル。
バンデホテル

 このホテルで唯一変わっている点はその立地です。

自販機

 自動販売機の値段が100円です。ということは、ここは西成区ですが治安は安定しており、あいりん地区とは別物だそうです。(あいりん地区は50円です)

 これだけ文句なしにCPが高いホテルなのに、日本人宿泊者はほとんどいません。朝食バイキングでは40~50人集まったのですが日本人は私たち2人だけでした。(最近は観光地として大阪が人気なようでこういう所も多いそうです。)

 ホテルのスタッフからも「OK OK」と、外人と間違われました。(2人とも外人顔では無いんですが....)


 最寄りのお店はセブンイレブンですが、宿泊者はみんなスーパー玉出2号店に買い出しに行っていました
玉出

玉出3

玉出2

 ホテルの側はシャッター商店街なのですが、スーパー玉出は離れていてもギラギラしているので余裕で見つけられます。お客さんももちろん外人さん主体です。お店の中も気が狂ったようにネオンがギラギラしていてとっても雰囲気が良いです。

 お総菜は激安なのですが、お総菜だけは絶対に食べちゃダメとの噂もあったので、今回は危険度の少ないと思われるお茶と氷とアイスを購入しました。(実際には、お総菜は食べても平気だそうです)ここのレジのおっちゃんも、やる気ゼロの感じで魅力的でした。

 ホテルに戻りレシートを見るとアイスが4割引になっていました。少し悪い予感がしたのですが、2個のアイスのうち1個は味が違う気が.....まあ気のせいだろうということで完食しました。次は総菜やお弁当にも挑戦してみます。



ついでに、最寄りの岸里玉出駅の作りも変すぎます。
岸里駅と玉出駅を無理矢理くっつけた駅だそうで、全く意味の分からない構造と利用法をしています。

行きは最寄りのホームで降りられるのですが、帰りは何百メートルも離れた一番遠いホームで降ろされます。理由は不明です。これが極めて不便です。快速が止まらないことも地味に不便。

玉出駅

玉出駅2
説明書きはありますが、よそ者にはさっぱり解りません。


また、利用客がいなさすぎです。物音がしたらびくっとします。こんなところを帰りは何百メートルも歩かされます。
玉出駅3

玉出駅4

 岸里玉出駅には快速が止まりませんし、駅が構造的に極めて使いにくいですが、ホテル自体は格安で綺麗ですし、近くにスーパー玉出もあって良いホテルだと思います。今回いけませんでいたが、たこ焼き発祥の店といわれる会津屋も近くにあるようです。日本人でも全然平気なホテルですよ。
[ 2018/10/31 21:37 ] 関東・東北・関西旅行 | トラックバック(-) | Comment(0)

少しだけ 別の世界のあいりん地区に侵入 関西旅行(その3)

 ほんの少しだけ、別の世界のあいりん地区に侵入してきました。一昔前は、リアルマッドマックス状態と言われた街です。職場には関西地区出身者が4人いるのですが、行ったことがない人が3人、自動車で通過したことある人が1人というレアな地域です。

 10年くらい前に一度挑戦した時には、動物園からあいりん地区へ向かうガード下周辺のホームレスさん達にギブアップ寸前になり、あいりん地区に足を踏み入れる寸前、道路を渡りきった時点で、その暗黒のオーラと独特の臭気でギブアップし、退散しました

 今回は、かなり治安が回復しているとのことでしたので嫁も連れて再挑戦しました。(写真撮影は危険とのことなので写真は少なめ)

 まず、こちらの世界の最終地点である動物園のガード下にはホームレスもいませんし、特に臭いもしません。(クリア)

 次に、横断歩道を渡っていよいよあいりん地区に到達。少し臭いますが、暗黒のオーラは無くなっており大丈夫。(クリア)

 こちらの世界と、あちらの世界の境界線上を歩いて行くと色々目に付きます。


(その1)超安い宿(通称ドヤ) 
宿
奥深い場所には500円の宿もあるようです。1200円出せば写真のような完璧設備の宿に泊まれるようです。 


(その2)激安自動販売機
自販機
基本は50円。

自販機2
温かいお茶を、冷やして販売して30円 


(その3)昔は薬中御用達であったコンビニのトイレ
以下は有名な写真です。
写真はオモコロさんの西成探検レポートよりhttps://omocoro.jp/kiji/45037/
薬中

今回この写真は見つけることは出来ませんでした。今コンビニのトイレは常に施錠されており定員さんにお願いしないと使えません。注射器を捨てる人が後を絶たなかったんでしょうね。


(その4)色々なおっちゃん
詳しくは前回の記事に書いています。
http://okapon2005.com/blog-entry-2196.html

ランドマークであるあいりん労働福祉センター付近には、大声でケンカしているおっちゃん、それを揶揄する唄を歌うおっちゃん、炊き出し待ち?の100人以上のおっちゃん、ふらふら歩くおっちゃん、楽しいおっちゃんが沢山いました。
もちろん、この辺一帯と~っても臭います。(アンモニア臭というか獣臭というかゴミの臭いというか....)
あいりん

看板

 今回は縁に沿って歩くだけに止めました。あいりんセンター前の横断歩道を渡り、元の世界(新今宮駅前)へと戻ってきました。

 次は内部にも足を踏み入れてみたい気もします。そのためには、ひげを伸ばして、よれよれの服を着て、身元の分かるもの.貴重品は持たずに、出来るだけ目立たないようにして行くべきかな?

聖地三角公園、20回以上に及ぶ暴動のため要塞化された西成署、西成署前の美味しいカレー屋「薬味堂」、その辺の立ち飲み屋等に行き、1000円のドヤに宿泊してみたいです。
薬御堂の食べログ:https://tabelog.com/osaka/A2701/A270406/27079325/

やはり、よそ者にとっては怖いことは怖いのですが、
良い意味で自由で、ある種の心地よさも感じる不思議な世界でした。思ったほど危険でも、悪くもなかったです。

※あいりん地区は、リンゼイ.アン.ホーカーさん殺しの市橋容疑者がいたことでも有名です。その後、市橋容疑者は沖縄の離島のジャングルで生活していました。
今から25年前に友人のMさんはそれを予見したかのように、「西成と、沖縄の離島のジャングルには逃亡犯が多数隠れている」といっていましたが、まさしく事実であった。今も多数潜伏中かも???
[ 2018/10/31 20:35 ] 関東・東北・関西旅行 | トラックバック(-) | Comment(0)

嫁が大阪で一番思い出に残ったもの それはおっちゃん 関西旅行(その2) 

 25年前の関西旅行で行ったのは、おしゃれな神戸の異人館と、道頓堀、海遊館だけでした。今回は、宿泊先も西成区内という、ややディープな旅でしたので、嫁が一番印象に残ったのは大阪のおっちゃんとのことでした。

 嫁はおっちゃん観察をして気がついたことがあるそうです。それは...
歩いているおっちゃんは左右に揺れており、静止しているおっちゃんは前後に揺れているということです。言われてみれば、そんな気もします。

 大阪はとっても自由な街なので、朝からガンガンお酒を飲んでいるし(朝からお酒が飲める場所がメチャクチャ多くて驚いた)、歌っているおっちゃんが沢山いました。今回は路上で寝ているおっちゃんは見かけませんでした。(昔は多かったですけどね)


 というわけで、今回大阪で見つけた素敵なおっちゃんベスト2の発表

(2位)あいりん労働福祉センターにいたチャリ乗りのおっちゃんシンガー

あいりん
(写真は道路の反対側から撮影したもの 近くで撮影するのはヤバそう)

 知る人ぞ知る、あいりん労働福祉センターの近くを歩いていたところ、怒号が聞こえてきました。誰かが路上でケンカをしており、周囲の人たちは、それをぼ~っと見ていました。
 私たちの近くにいたチャリのおっちゃんがそれを見ながら、「マジキチおっちゃん~ケンカしよる~らららら~ 」(歌詞失念 こんな感じの歌)目の前を走り去って行きました。状況を見てすぐに歌に出来る素晴らしい感性を持ったおっちゃんが第2位。
 

(1位)信心深いおっちゃん
 ホテル側の岸里玉手駅のガード下には、写真の観音様?が祭られています。花も飾られて綺麗にされています。地元民から大切にされているようです。

観音様?
 
 朝方、観音様にお参りしているおっちゃんがいました。巣鴨のとげぬき地蔵尊さんのように、そのおっちゃんは、観音様の頭をさすっては自分の頭をさすり、肩をさすっては自分の肩をさすり、とても信心深い感じでした。朝の日課なのでしょう

 しかし、次の瞬間ズボンをいきなり下ろして(パンツまで下ろしていたかは不明)、はっきりとは見えませんでしたが、恐らく観音様のおまたをさすって、自分のおまたをさすっていたようです。肩をさする時は、上着を脱いでいなかったのですが、おまたの時は何故かズボンを下ろしていました。そこが謎です。ダイレクトな御利益が欲しかったのでしょうか??? 

 この信心深いおっちゃんが堂々の第一位です。
[ 2018/10/30 23:01 ] 関東・東北・関西旅行 | トラックバック(-) | Comment(0)

関西旅行に行ってきました 仕事以外では25年振り?(その1)

 プライベートでは25年振りに関西に行きました。(嫁は仕事でも関西に行っていないので25年振り)長女の吹奏楽全国大会(社会人の部)に行くというのが一応の目的でした。忘れないうちに、行程をメモしておきます。4泊5日でしたが、3日間は移動日で潰れるので、関西滞在は正味2日間です。

 この旅程表を職場の関西人に見てもらいましたが、悪くないとのこと。旅行に行かれる方は参考にしてもらえばと思います。

新世界

1日目完全に移動のみ
利尻空港→札幌丘珠空港
夕方に札幌到着 「キリンビール園」で食事
ニコーリフレにて就寝

2日目主に移動日
札幌であれこれ買い出し 昼食は最強回転寿司の「根室 花まる」
北大の銀杏並木が素晴らしく散策した結果、時間が無くなり飛行機ギリギリ
遅い便で神戸空港着 三宮にある炉端焼きの元祖「大関」にて食事 
神戸カプセルホテル泊

3日目関西観光
早朝、神戸から京都まで移動し、旧友と京都駅「イノダーコーヒ」にてモーニング
大阪に移動し嫁と合流(嫁は仙台から大阪入り)
新世界に移動し、串カツ「だるま」で食事
通天閣は混雑中で登るのは諦めたが、地下で猿回しを見ることが出来た
茶臼山にも登った
「なんばグランド花月」観覧。ついでに、たこやき「わなか」で食事
夕食のために、鶴橋・コリアンタウンに移動。到着時間が遅く、絶賛閉店中
仕方なく天王寺に戻り、「KYK」にてとんかつを食べた
西成の怪しい場所にある綺麗なホテルで就寝(スーパー玉手2号店で買い物)

4日目関西観光
「大阪城」観光。 その後大阪市立美術館にて「ルーブル美術館展」
昼食は新世界の串カツ「てんぐ」
あいりん地区も少しだけ覗いた
あべのハルカスに登った。「太陽の塔展」も見た
鶴橋・コリアンタウンリベンジ。激混みで何とかキムチをゲットし、少しだけ食べ歩き
ギリギリで尼崎のホールに移動し、長女達の演奏を聴いた。(吹奏楽の全国大会 社会人の部)
梅田に戻り、東梅田の「縄寿司」で食事
新梅田食堂街の「大阪屋」は激混みで諦めて、たこやき「はなだこ」で食事
西成の怪しい場所にある綺麗なホテルで就寝

5日目完全に移動のみ
5時台の電車で関西空港へ向かい、10時に千歳空港着
一度札幌に戻り、「鶴橋風月」にてお好み焼きを食べ、丘珠空港へ移動し、台風並みの暴風の中15時帰島
最大風速20m、最大瞬間風速28m、波高6mという荒れ具合。
(利尻島には頑張れば1日で到着できる。利尻から出る場合は2日必要となる場所が多い。)

詳しくはこれから書いていきます。
[ 2018/10/30 22:09 ] 関東・東北・関西旅行 | トラックバック(-) | Comment(0)

今回の福島帰省のメモ

(以下メモ)今回のスケジュール
1日目 次女と2人で利尻島からフェリーで稚内へ、稚内空港から羽田空港へ。
     夕方から新橋で福島物産展を見学後、池袋サンシャイン60等を散策。
2日目 午前中は東京駅を堪能し、午後新幹線にて福島へ移動。嫁と合流。実家で挨拶の後、高子沼で釣り。
3日目 午前中に親戚周りをした後、(次女は仙台在住の長女と合流)浜通地方の被災地訪問。その後近所の池で釣り。
4日目 嫁と喜多方観光後、仙台に移動し娘達と合流。久しぶりに家族全員集合し仙台七夕祭りをクソ暑い中堪能。
5日目 仙台水族館、かき小屋、パン屋の後1人で新幹線にて移動。渋谷に行った後、アクアパーク品川へ。
6日目 午前中ヨドバシ秋葉原を堪能した後、羽田に移動、稚内に到着。フェリーの最終便にて利尻島に帰宅。
 なかなかのハードスケジュールでした。ニッカの宮城工場に行けなかったことと、喜多方の朝ラーメンの時間帯に間に合わなかったこと、新橋の怪獣酒場に行けなかったことが心残りです。

この写真は帰りの飛行機から見たオトンルイ風車群(天塩町)です。(中央の右から左にある白い物体が風車群です)
オトンルイ

こちらは雲海から顔を出した利尻山です。
利尻山

 ちなみに今回の戦利品。島では手に入らないカップラーメン群。
カップラーメン
※メモ
広島とこころの油そば、ちゃんぷるーはまあまあ。UFOは食えないレベルのゴミ。ペヤングのWは流石に辛く、もういいかな。(常人には無理な辛さのレベル)ペヤングの納豆は有り。なみえ焼きそばは美味しく出来た。


(その1)ラーメン編はこちらhttp://okapon2005.blog27.fc2.com/blog-entry-2052.html 
(その2)グルメ編はこちらhttp://okapon2005.blog27.fc2.com/blog-entry-2053.html
(その3)お酒編はこちらhttp://okapon2005.blog27.fc2.com/blog-entry-2055.html
(その4)水族館編はこちらhttp://okapon2005.blog27.fc2.com/blog-entry-2054.html
(その5)色々編はこちらhttp://okapon2005.blog27.fc2.com/blog-entry-2056.html
(その6)被災地訪問編:http://okapon2005.blog27.fc2.com/blog-entry-2057.html
[ 2017/08/12 11:20 ] 関東・東北・関西旅行 | トラックバック(-) | Comment(0)

6年ぶりに嫁の実家福島県へ (その6)被災地訪問編

 あの3.11から6年以上が経過しました。その中でも福島県は津波だけで無く放射能の被害も受けています。現在どうなっているのかを見に行きました。ただ私は、浜通地方に行くのは初めてなので、元がどのようなものであったのかは解りません。


(その1)まずは、飯舘村を通りました。ここはふくいちの風下に当たり、放射線量が多かった地域です。今年の3月31日にほとんどのの地区が避難解除になりました。まだ解除されて5ヶ月も経っていません。

 まだ作物は作ることが出来ないのでしょう。ほとんどの畑にはひまわりが植えられていました。(ひまわりはセシウムを土壌から吸収すると言われています。真偽は不明のようです。)
ひまわり

 空間線量はいまだに1マイクロと高めの場所もありました。年間線量にすると9ミリシーベルトくらいです。年間20ミリシーベルトが避難困難区域の数値なのでまだ高めですね。
1マイクロシーベルト 

 除染で出された土があちこちに積み上げられています。
貯蔵施設


(その2)続いては、南相馬市付近の海岸線です。(小高地区かな)

 あちこちに、ここまで津波が来たという看板が立っています。見えている建物は、除染した土を置くための重機の等の基地だと思われます。
看板

 津波看板より低い土地には何もありません。見渡す限り家は全く1軒もありません。かなり遠くまで何も無い場所が、何十キロも続いています。人が住んでいた形跡はゼロです。どのくらいの人が住んでいたのか全く想像は出来ません。
荒れ地

 海岸線はどこも堤防の建設で忙しそうです。
堤防

 以下の動画はこの近くで撮影されたものと思われます。16秒から37秒くらいが特に津波のすさまじさを表しています。



(その3)続いて浪江町です。(DASH村があったことで有名です)ここも今年の3月31日に避難区域が解除されたばかりです。状況を知らない私はお昼は浪江焼きそばを食べるつもりでした。しかし、全くそんな状態ではありませんでした。

 まだゴーストタウンという感じでした。人も多少住んでいるとは思いますが誰も見かけませんでした。
浪江1

浪江2

浪江4
 
 ここももちろんやっていません。
浪江5
 
 嫁のお友達が結婚式を挙げた旧百足屋ホテルはなみえホテルになっていました。営業しているかは謎です。
むかでや

 信金だけは営業しているようでした。(他に営業しているのはローソンだけかも?)
浪江3

 完全に避難困難区域の双葉町の手前にあったのが、このローソンです。ここから数十キロ?は無人地帯の高放射線量区域で駐車・停車することもままならないため、ここだけ異様に人がいます。浪江町の台所を支えるためか、セイコーマートのように野菜も比較的扱っていました。
ローソン

 東相馬の道の駅になみえ焼きそばが売っていたので購入して帰りました。
焼きそば


(その4)さて続いて、いまだに町民が一切帰還できない双葉町です。隣接する大熊町も通っていると思うのですが途中でUターンしたのでよく解りません。

 入り口には、作業員の放射線量を測定するスクリーニング施設がありました。また、写真を拡大してもらえば読めますが、ここから先は歩行者やバイクは高放射線のため進入禁止です。
入り口

 もちろん線量は高いです。
線量
 
 ファミマもこの有様です。
ファミマ

 双葉町の市街地に抜ける道は沢山あるのですが、全てふさがれています。家は沢山見えますが誰も住んでいません。入ることすら出来ません。
検問

 写真で見えるのは事故を起こした原子炉では無いのですが、ふくいちなんてすぐそこです。少し遠いですが、歩いて行ける距離です。 
ふくいち

ふくいち2

 警備員以外で唯一姿を見たのは、道路沿いの花壇に水をやるお姉さんでした。かつて自分の家だったのかもしれません。国道沿いの家なら水まきだけは出来そうです。(おそらく家に入るのは禁止だと思います)


(その5)最後は相馬市です。この付近は海抜が低いのに建物が綺麗に残っていました。なぜだかは解りません。ただ、この橋に行く途中にはサロベツ原野のように何も無い平原が続いていました。

平原

 この建物は復元できたようです。下の5年前の写真と比較してください。後方に見える松川浦大橋も通れるようになりました。(その先は通行止めですが。)

建物

5年前

 以下の映像にも、この橋とこの建物が映っています。実際にこの場所まで行ってから映像を見ると恐ろしさが何倍にもなりました。実際に体験された方はどれほど恐ろしかったのかと思います。


 3.11から6年以上経った今でもこれほど酷い状況だとは思いもしませんでした。特に双葉町や大熊町では現時点でも自分の家に入ることすら、近づくことすら出来ません。帰還が可能になった浪江町や飯舘村はまだ修理されていない家や空き家が多くゴーストタウンのようです。津波の被害を受けた海岸地域は全く人が住んでいません。除染土は幹線道路付近では目立たないように壁を作って見えにくくしてありますがおそらく膨大な量があると思われます。実家のある中通り地方は農作物の出荷が再開できていますが、海はまだ完全に漁が再開しているようではありません。東北地方が3.11の被害から1日も早く復興できることを願います。
[ 2017/08/11 20:53 ] 関東・東北・関西旅行 | トラックバック(-) | Comment(0)
ページ最上部へ