ヲタキッシュ(利尻島で釣りを楽しむブログ)

釣り(ロックフィッシング)、利尻島情報、ピュアオーディオ、ビリケン商会のガレージキット等がメインです。リンクフリーです。
2018 01123456789101112131415161718192021222324252627282018 03

北の桜守 先行上映会に行きました 

 先日利尻町で行われた、吉永小百合主演の北の桜守の先行上映会に行きました。北の零年、北のカナリア達に続く北の三部作の完結編です。

北の桜守

 前作、北のカナリアたちでは利尻島もロケ地の1つだったという縁もあり、利尻島で先行上映会が行われました。今回の桜守も稚内ロケは結構行われており、見たことのある風景が結構出てきました

北のカナリアたち鑑賞記:http://okapon2005.com/blog-entry-1628.html

 さて、感想です(ネタバレ無し)....前作の北のカナリアたちは、風景や映像は素晴らしかったものの、突っ込み処が多すぎてストーリーも今ひとつでしたが、北の桜守は(突っ込み処は多少あるものの)役者さん達の演技も良くキャラが立っており、ストーリー的にも(若干無理も感じましたが)良かったと思います。

 映画ではサハリンからの引き揚げのシーンもありましたが、私の祖父も平壌?満州?あたりから、命からがら引き揚げてきたらしいです。生きて戻ってこられたおかげで今の自分があります。

 特に、自分自身で老いを感じている世代~老いた人を抱えている世代にとっては色々と思うところがある映画かと思います。



 ケラリーノ・サンドロビッチさん演出による劇中演劇も、挑戦的ながらも悪くなかったと思います。全く期待せずに、ロケ地目当て観に行きましたが、充分楽しめました。賛否両論有りそうな映画ですが、個人的にはアリの映画かと思います。やはり、吉永小百合さんは相変わらず可愛かったです。これが映画出演120作目ということですが、今回の役柄的にも良い区切りになったと思います。

 ちなみに、次女のお友達がエキストラで映っていました。自分も稚内にいたらエキストラで出てみたかったです。

ケラリーノ・サンドロビッチさんが監督した1980。80年代のノスタルジー満載の映画です。
1980 [DVD]
1980 [DVD]
posted with amazlet at 18.02.11
東北新社 (2004-07-07)
売り上げランキング: 113,646


ちなみにケラリーノ・サンドロビッチ=有頂天のケラさんです
ピース
ピース
posted with amazlet at 18.02.11
有頂天
ポニーキャニオン (2016-09-21)
売り上げランキング: 47,840
[ 2018/02/11 16:34 ] 利尻島・礼文島情報 | トラックバック(-) | Comment(0)

岡田菓子店(通称岡パン)がマツコ会議で紹介されました

 先日のマツコ会議で、利尻島のラウンジピアスが紹介されました。そこでラーメン味楽と、岡田菓子店(通称おかパン)が紹介されました。おかパンの奥様も番組に出演されていました。なんと、岡パンは、このブログで紹介していませんでしたので、今回記事を書きました。(紹介していたつもりでした...)

岡パン

 おかパンは、鴛泊フェリーターミナルから町中心部への坂を登った辺りにあります。営業時間は10時~19時とのことですが、人気のため昼過ぎには結構売り切れています

 この写真を撮った時は、営業時間前でしたがパンが並んでいたので、気がつかず入店してしまいそのまま購入させていただきました。(写真にCLOSEDとありますね....)

岡パン
 
 こんな写真しかありません。昨日も買って食べたのですが、写真に撮っていませんでした。

 味ですが、吉永小百合さんにも喜んで食べてもらっただけあり、マジウマです。何を食べても美味しいので逆にオススメがしづらいのですが、私は塩パン+メロンパン+菓子パン系のコンボが基本です。フランスパンや豆パンを付けることもあります。(島独自のパンメニューがあればオススメしやすいのですが...)

 メロンパンが好きな下の娘は、有名なパン屋も含め色々食べた結果、メロンパンは、おかパンが最強と言っています。

 観光で来られて、コンビニで軽くパンでも買おうと思った時、ちょっとここを覗いてみてください。(売り切れていなければ)ここで絶品のパンが食べられますよ。コンビニのパンとは雲泥の差です。

ちなみにミシュランに掲載されたラーメン味楽こちらで紹介済みです。
[ 2018/02/04 21:20 ] 利尻島・礼文島情報 | トラックバック(-) | Comment(0)

マツコ会議で利尻島のキャバクラ?ピアスが紹介されました

 昨夜23:00~23:30にオンエアされたマツコ会議で、利尻島のラウンジピアスが紹介されました。
該当HP:https://www.ntv.co.jp/matsukokaigi/articles/6yilpo9glc0fmn1w0.html
今ならここで再放送中ですhttps://cu.ntv.co.jp/matsukokaigi_20180203/
今なら追加の掘り下げVTRが見られます:https://www.ntv.co.jp/matsukokaigi/
以前、日本テレビの幸せ!ボンビーガールでも紹介されたのでご存じの方もいると思います。

スクショ
(写真は番組HPのスクリーンショット)

 実は、家から遠いので行ったことはないんですよ。(車で行く距離なので)噂は良く聞いていますし、みっちゃんの家の近くなのでお店の前も結構通ります。
 
 以下に利尻島移住について、特にリゾキャバ視点で良い点を書いてみます。

1 リゾート面は夏場なら、海へ山へと申し分無し。
  ただし、冬場もバックカントリースキーをする人には、この上も無い天国。
  高級な魚介類は漁師さんからもらえる。
2 田舎とはいえ、よそ者や観光客が多いこともあり排他性はとても低めでお気楽。
  よそはこの点のハードルが高いと思われます。だから、島に嫁ぐ人が多い気がします。
3 普通に言葉が通じる。多少の浜言葉はあるが九州南部・沖縄や東北等と比較して楽勝。
4 基本的に治安は良く、皆顔見知りで安全。お店のすぐそばには派出所も有り。


その他、利尻島移住のメリットデメリットはこちら:http://okapon2005.com/blog-entry-1785.html

 島への移住は、寮を完備しているピアスを除くと、住居面で普通の賃貸住宅が無いと言う問題があり、少しハードルが高いのですが、是非挑戦して欲しいと思います。特に、よそ者でも住みやすい雰囲気が他の地域とは違うと思います。

空撮
(写真はWIKIペディアより)
[ 2018/02/04 10:37 ] 利尻島・礼文島情報 | トラックバック(-) | Comment(0)

今日は快晴 利尻島はバックカントリースキー日和

 冬場は悪天候が多く、滅多に利尻山全体を拝むことは出来ませんが今日は珍しく快晴でした。絶好のスキー日和なのですが、自分の足で登って降りてくるタイプのバックカントリースキーなので自分には敷居が高く実現できていません。バックカントリースキーで来島されている方々は最高に楽しんでいると思います

我が家の窓から見える利尻山。(トイレやお風呂、キッチンの窓からも見えます。)
利尻山4

利尻山5

山頂付近のアップ。
利尻山2

木々が草のように見えます。
利尻山1

下の方には何本ものシュプールが見えます。見るたびに増えているのでやっている最中ですね。
上の方は強風が吹いているらしく、雪煙が舞っています。(ピンぼけじゃ有りません)
利尻山6

 利尻山は世界有数のバックカントリーの聖地だと思われます。(海外からガンガン滑りに来ているようです)自然が凄くて、人も少なくてバージンスノーを食いまくれますし、1周360℃滑れるので、多様天候が悪くてもどこかでは滑れる可能性が高いのです。今日なんて、おしっこチビルほど素晴らしかったはずです

 以下にペンション レラモシリのオーナー渡辺敏哉さんのFBページを載せておきます。コレ見たらバックカントリー好きの人は来るしか無いって思いますよ。
https://www.facebook.com/toshiya.watanabe.752
[ 2018/02/03 14:52 ] 利尻島・礼文島情報 | トラックバック(-) | Comment(0)

全島吹雪で通行止め 自宅待機 パジェロミニは雪道でも余裕  

 本日は、お仕事では今シーズン初の自宅待機となりました。吹雪のため全島通行止めだからです。(通行止めは2回目ですが前回は休業日でした)

 フェリーも飛行機ももちろんダメです。(飛行機は昨日は頑張って飛びました)フェリーは明日もダメでしょう。セイコーマートは商品の入荷が火曜の朝以来途絶えいるので、もう空っぽだと思います。

 通行止めの自宅待機なので運転はしませんが、我が家のパジェロミニはいつでも出動可能です。通路は重機で除雪が入りましたので、周囲に残ったこの程度の雪なら蹴散らして出られます。パジェロミニは雪道の強い味方です。

パジェロミニ

 ちなみに写真左後ろがゴミステーション(ゴミ捨て場)です。カラスや暴風雪にやられないようにFRPの頑丈なボックスです。明日のために、これは雪から掘り出しておきました。

 強風のため吹き溜まっており、風上は0cm、風下では膝上くらいの積雪でした。我が家には重機で除雪が入ってくれるので助かっています。自力で除雪だったら凍死レベルです。

 明日には通行止めは解除でしょう。(おそらくフェリーは無理)島の荒天時に無理をして大けがをしたら、島から出られず大きな病院に行けないので命に関わります。無理せず大人しくしておくのが基本ですね。
[ 2018/01/25 17:32 ] 利尻島・礼文島情報 | トラックバック(-) | Comment(0)

飛行機でブロッケン現象の撮影に成功

 先日の札幌遠征は往復飛行機を利用しましたが、ブロッケン現象を見ることが出来、撮影にも一応成功しました。
ブロッケン現象とは:https://matome.naver.jp/odai/2141905191816994801

 今まで数回見たことはあるのですが、撮影できたのは初めてです。飛行機の影が雲に映り、2重の虹が見られました。

ブロッケン1

ブロッケン2


 それにしても、今回の帰りの飛行機には参りました....札幌丘珠空港の除雪遅れのため出発が1時間遅れたのですが、JALからの連絡がギリギリで遅かったため丘珠空港で2時間近く待つはめなりました。新千歳空港と違い、丘珠空港にはほとんど何も無いので時間をつぶすのがかなりの苦痛でした。

 また、着陸時に強い横風を受けたためメチャ揺れました。今までも大揺れして怖い思いをしたこともあるのですが、小型機のプロペラ機のため揺れの感じ方が違います。
 普通の飛行機は揺れても、どうーん どうーんという感じですが、小型機だとガツンガツンという感じで鋭く揺れます。頭を壁に打ち付けてしまいました。メチャクチャ怖かったです。

 ちなみに外観と、機内の様子は以下の通りです。横3列です。バスより余裕で狭いです。(36人乗り)

利尻空港

飛行機内

 昨年くらいから、利尻-丘珠便等の扱いがHACからJALに変わりました。HACの時は、悪天候に強いのは明らかに飛行機>フェリーでしたが、今は微妙かもしれません。JALに変更されてから、天候調査で出発するかどうかはっきりしないことが増えました。(ただし、実際の就航率は不明です)
 以前、あまりにもHACが悪天候に強いため島では怪しい噂が流れていました

(噂その1)HACの機長は、元戦闘機乗りばかりなので悪天候は関係無く飛べる。
(噂その2)空港に降りられず引き返した場合はその分の給料が出ないから、飛んだら意地でも目的地に降りる。


 まあ、こういう噂が出るほどHACの就航率が高かったと言うことです。
[ 2018/01/19 22:08 ] 利尻島・礼文島情報 | トラックバック(-) | Comment(2)

次女もいるので少し贅沢に「笑う門」で中華

 冬休みで次女も島に帰ってきているので、贅沢に鴛泊地区の笑う門で中華を堪能してきました。

 海鮮焼きそばは、この餡の下に、大きな海鮮がゴロゴロ入っており、大変リッチな仕上がりです。
海鮮焼きそば

 回鍋肉は山椒?がきいてパンチのある味ですいます。ご飯物と食べたいですね。 
回鍋肉

 ゴマ嫌いの娘が、嫌々食べた後に大喜びしたゴマ団子です。
ゴマ団子

 上の写真以外にも、餃子2人前(大きいのが10個)、唐揚げ、チャーハン、杏仁豆腐3人前と豪勢に食べたら流石に腹一杯になりました。また、お隣の席に丁度、一緒に島からNHK歌合戦に出た方が座られたので懐かしい話に花が咲きました。(出場者では、高校生1人とバスガイドさん1人には、たまたまお会いしたことがあります。)

お店

以前の記事:http://okapon2005.com/blog-entry-2027.html
[ 2018/01/11 14:03 ] 利尻島・礼文島情報 | トラックバック(-) | Comment(0)

利尻町の福引きに行ってきました

 毎年恒例の利尻町の福引きに行ってきました。町内で発行されるハマナススタンプ500円分でガラガラを5回廻せます。今年も30回廻してきました。

景品

 今回は3等の3000円分の商品券をはじめ、当たりが良く合計8800円分ゲットできました。元手が3000円分なので、5800円分のもうけとなりました.年始からなかなかの当たりの良さでした。(去年と一昨年はイマイチでした)

3年前の7400円の当たり記事:http://okapon2005.com/blog-entry-1835.html


 年末には、福島県で応募した飲み歩き企画で、ビール(6本)が当たって嫁が大喜びしていました。福島なのでビールはアサヒですね。基本的にはキリンやサッポロが好きなんですけど、できたてのビールでしたので(嫁が)美味しくいただきました。
ビール
[ 2018/01/08 11:07 ] 利尻島・礼文島情報 | トラックバック(-) | Comment(0)

礼文島グルメ その他

(その1)双葉食堂
 今回は20数年ぶりに船泊地区にある双葉食堂にお邪魔しました。なんと、ミシュランにも載っているお店です。

 下の写真の通り、暖簾は出ていませんが営業しています。お客さんが多すぎると対応しきれないため、お客さんが多そうな日(旅行シーズンや土日祝)は暖簾を出さなかったり(出す暇が無い?)、看板をCLOSEにしているとの噂もあります。私も何度か前を通ったのですが、いつも暖簾が出ていなかったのはそのせいの気がします。(それもあって20数年ぶりの訪問)

 観光シーズンが完全に終わっているにもかかわらず、大盛況でラーメンが出るまで30分ほど待ちました。こりゃ、観光シーズンは捌ききれないのもわかります。

双葉食堂

 塩ラーメンと、地元で人気という味噌ラーメンを注文しました。塩ラーメンはあっさりの中にも旨みが有り美味しかったです。自分は村中系以外の味噌ラーメンはあまり好きで無いのですが、こちらの味噌は美味しくいただけました。ただ、ラーメン以外を注文する人も多かったです。(カツ丼が多かった気がします)

ラーメン

味噌ラーメン


(その2)礼文まんじゅう うのず製菓
 礼文まんじゅうのお店は今回開いていました。人気の礼文まんじゅうは売り切れでした。(売り切れ多し)仕方が無かったので残っているものを適当に買いましたが、どれも美味しいです。でもやはり私のイチオシは礼文まんじゅうです。

礼文まんじゅう

礼文まんじゅう2
 

(その3)スコトン岬の島の人
 スコトン岬の先端に島の人というオシャレなお店があります。(数年前に改装されて綺麗になりました)基本的にはお土産物屋さん。

島の人

 夕方5時に入店しましたが対応してもらえました。(おそらく5時閉店と思われます。この日のお客はほとんどいなかったかも?)スコトン岬を見ながら飲食が出来ます。(岬は毎日超強風なので助かります)嫁は昆布ビールを飲んで「あっさり味で飲みやすい」とのことでした。私もお土産昆布ビールを購入し家で飲みました。「クラフトビールっぽい味」に感じました。嫁は「島と家では味が違う気がする」とのことでした。

ビール

 基本はお土産屋さんなのでお土産は多数有ります。お店のオススメのニシンの昆布重ね巻きを買ってみました。昆布巻きは好きなのですが、ここの製品が味が濃すぎず素材の風味が生きていて1番美味しいかも?オススメです。

お土産

 スコトン岬のパノラマ写真を載せておきます。(クリックで拡大)

スコトン岬

 こちらはトイレです。お店から出たら既に閉まっていました。ただ、隣の多機能トイレが開いていたので大丈夫でした。島はトイレとガソリンとクレジットカードに注意です。

トイレ


(その4)
 いつものちどりさんで今回はちゃんちゃん焼きを食べてみました。大変良いホッケでした。裏返さなくても、炭火なので丁度良いくらいに焼き上がり、早く焼けるしっぽの方から食べていきます。観光の方には特にオススメです。(我が家の場合、ちゃんちゃん焼きは自分で作るので...)

ちゃんちゃん焼

 いつもの海鮮処かふかでは、いつものフライ定食1100円を食べました。コスパは礼文島最強かな。

フライ定食

 鮭が釣れていれば、眼下に鮭釣りの風景が見られます。(ちなみに雲の上に利尻山が見えています)

釣り場



(その他 1)島の人民宿スコトン岬
 スコトン岬の真下にある島の人民宿スコトン岬です。この看板が無かったら気がつかずに石を投げる人がいてもおかしくない場所にあります。

看板

 思いっきり崖の下にあります。一度泊まってみたいです。大昔はもっとボロ屋で人が住んでいない感じだった気もします....

建物

 荷物の上げ下ろしはこの機械で行っているのかな?

滑り2

滑り


(その他 2)新桃岩トンネル
 いつの間にか新桃岩トンネルが開通していました。写真は元地側で元地漁港前に出ます。

トンネル

 香深から元地まで、かなりの距離の山道を走行する必要があり、車以外で元地地区まで行くのは困難でしたが、今なら2キロ程度で元地漁港まで行けます。余裕で歩ける距離となりました。

 旧道は遠いだけで無く、落石が多く危険でしたが、絶景ドライブポイントでもありました。香深側からトンネルを抜けると最高なんですよね。(そこからが落石が危険なのですが...)旧道は閉鎖になっちゃうのかな?(今回は時間が無く旧道まで足を伸ばせませんでした)閉鎖になったらもったいない気もします。


※おまけで澄海岬のパノラマ写真を載せておきます。
すかい
[ 2017/10/12 22:05 ] 利尻島・礼文島情報 | トラックバック(-) | Comment(0)

礼文岳登山(2回目)

 先月嫁と2人で礼文岳登山したばかりですが、今回は次女も含めて登りました。今回自分は3時間20分で往復しました。
前回の記事:http://okapon2005.blog27.fc2.com/blog-entry-2066.html

 下の写真は、頂上の手前のニセ頂上から利尻山を臨んだところです。この場所以降は、気温が低い上に風も非常に強くメチャ寒かったです。自分は真夏用のアイスクールシャツ1枚だけでしたのでかなり寒かったです。頂上では長居できませんでした。

礼文岳1

 今回もやや霞んでいたのですが、360℃の大パノラマが見られました。

礼文岳2

rebunndake

礼文岳3

 以下の3枚はパノラマ写真なので是非クリックして拡大してみてください。

礼文パノラマ1

礼文パノラマ2

礼文パノラマ3

 利尻礼文は元々あまり木々が無いのであまり紅葉らしい紅葉は無いのですが、ウルシが綺麗に紅葉していました。

礼文岳紅葉

 今回は、オフシーズンのため自分たち以外の登山者は1組だけでした。おかげで麓のトイレは冬期閉鎖されていました。気をつけましょう。

トイレ1

 次女は「利尻山なんて絶対に登らない」と言っていたのですが、利尻山に登る気になったようです。(もちろん来年。既に雪山状態ですから。)
[ 2017/10/12 20:23 ] 利尻島・礼文島情報 | トラックバック(-) | Comment(0)
ページ最上部へ