FC2ブログ

喜多方ラーメンの坂内食堂のお取り寄せラーメンをいただきました

 今週末の利尻島は大風ビュービューで釣りどころではありませんでした。丁度そんな時、お友達のどいどいから喜多方ラーメン坂内食堂(本家)のお取り寄せラーメンが届きました。どいどいありがとう。(のれん分けされたチェーン店の方じゃ無いです)
どいどいのぽれぽれ通信:https://takepon2019.blog.fc2.com/

 坂内食堂は、喜多方の本店で何度か食べたことがあります。美味しいお店が多い喜多方ラーメンの中でも、あっさり味が素敵でチャーシューもたっぷりで美味しくて特に好みです。
前回訪問の記事:http://okapon2005.com/blog-entry-2052.html

 冷蔵で届きました。(写真は2人前ですが、元々は5人前セットでした)
 特徴は、チャーシューが赤身と脂の2種類つき(写真は片方のみ)、薄めるための水も付いている。(繊細な味なので水道水では味が落ちるからでしょう)ネギだけ用意すれば、お店の味が楽しめます。(添付されたラー油とコショウは入れない方が良い気がします。繊細な風味がマスキングされてしまう気がします。)
坂内

 チャーシューは結構多めに入っており、たっぷり食べられます
坂内 ラーメン

 お味の方ですが、かなりお店の味に近いと思います。値段も1食あたり700円とコスパも良い。(送料は遠いと結構かかりますけどね)お取り寄せラーメンは色々と食べてきましたが、これはかなりオススメです。以下で購入出来ます。
坂内食堂HP:http://shop.bannaisyokudou.jp/shopbrand/ct2/

 喜多方ラーメン好きはもちろんのこと、喜多方ラーメンを食べたことが無い方、坂内食堂に行きたいけど並ぶ時間が厳しい人等、オススメです。


※参考
以下チェーン店の方のHPです。お取り寄せは本店より安めですが、自分は少し高くても上記の本店の方をオススメします。お店で食べ比べても、本店の方が美味しいですしね。姉妹店のお店の味より、本店のお取り寄せの方が美味しいと思います。

https://ban-nai.com/

小樽駅はグルメでは大変有能 

 珍しく、小樽へ出張でした。行くのに1日、帰るのに丸1日かかりましたけどね。

 小樽には何度も行っていますが、今回小樽駅の有能さが解りました。駅構内で、伊勢寿司なると屋が食べられるからです。

 仕事帰りは駅構内の、立ち食い方式の伊勢寿司です(本店はミシュラン1つ星)。以前、本店に行って大変美味しかったので立ち寄らせていただきました。ただ、タイミングが悪く20分ほど待ちましたけどね。

伊勢寿司1

伊勢寿司2

伊勢寿司3

 自分用としては、おまかせ10貫からいくらとウニを抜いた(今は島在住で、よく食べられるので)おまかせ8貫盛りにおこのみをプラスするのが良いような気がしました。(もちろん、ウニもイクラも美味しかったですよ)おこのみでは、名物のシャコやニシンがオススメです。美味しくて大変幸せな気分になれました。オススメです。目の前で握ってもらえるのもメリットですね。

 ちなみに、昼食(持ち込み)は駅構内にあるテイクアウト専門の、なると屋の唐揚げでした。こちらもオススメです。

なると

 本店に食べに行く時間が無いときには、小樽駅構内の伊勢寿司となると屋ですね。


運河

トド

ショー

エイ

※小樽水族館は現在冬期閉鎖中です。次回オープンは3/16(土)です。
小樽水族館HP:https://otaru-aq.jp/

水野 仁輔のファイナルカレーに挑戦 

 カレー研究家の水野 仁輔氏がレシピを考案したファイナルカレーに挑戦しました。スパイスを通販で購入し、かたまり肉を稚内で購入し作りました。スパイスは、以下の4種類+ローリエで十分です。ただ今回は、重要な材料であるセロリが入手出来ませんでしたので、完璧には出来ませんでした。(島ではセロリの入手は難しいです)

スパイス

 何とか、本に載っているインドカレー(上)と、インド+欧風カレーの合わせ技のファイナルカレー(下)が出来ました。自分は料理は全く測らずに勘でやるタイプですが、今回は極力レシピ通りに作りました。レシピ通りに作ったところ美味しく出来ました。(これらのカレーはレシピ通りに作ることがキモだと思います。味とスパイスのバランスが重要で難しいです。)

 家で本格的なスパイスカレーを作りたい方にはオススメです。インドカレーは市販のルウは全く使いませんし、ファイナルカレーでも市販のルウは一かけの半分くらいしか使いません。

インドカレー

ファイナルカレー

 嫁も美味しいって食べていましたが、インドカレーに砂糖を振りかけやがりました。砂糖をかけたら味が壊れるんだけど.....


※以下の本を手本にしました。
いちばんおいしい家カレーをつくる
プレジデント社 (2018-02-28)
売り上げランキング: 71,142

超人気回転寿司 根室 花まる ステラプレイス店で、ほぼ並ばずに食べる方法 

 少し時間に余裕が無いと出来ませんが、超人気回転寿司 根室 花まる 札幌駅店 をほぼ並ばずに食べる方法に気がついたので紹介します。普通に並ぶと1時間以上待ちとかザラだと思います。(今は電話で呼んでくれるのでまだマシですが...)

 すみません、大した方法ではありません。ステラプレイスが10時に開店するので、開店後花まるに行って、番号札をとれば良いだけです。後は11時の開店前に行けば良いだけです。(お店側は「15分前に来て」と書いていますが、5分前で十分な気はします。)

 この方法なら、電話で呼び出されるのと全く同じように感じられますが、こちらは確実に11時に食べ始められるため予定が立てやすいことがメリットです。

はなまる1

はなまる2

観光客向けのオススメネタを少し紹介しておきます。写真左奥がサンマ。イチオシです。手前がホヤ。ここのホヤは臭くないですよ。磯の香りが良いです。右の生サバは美味しいですが、長崎産です。(長崎方面のサバはアニサキスの心配がほぼ無いので生でOKです。)
オススメ

こちらが左から、ニシン、花咲ガニのふんどし、あっ、またホヤだった。
オススメ2

こちらが鮭の血合い(腎臓)で作られたメフン。
めふん

 以上は北海道ならではのネタです。(生サバは違います)他にもありますが、今回はこれくらいしか写真に収めていませんでした。

今回色々食べてみて、自分で釣ったり、もらったりして自分で捌いた魚と比較してみました。握りは出来ないので、上に乗っているネタだけの比較。
捌きのレベル:お店>>自分  かけられる手間:自分>>お店  包丁の切れ味:自分>お店  素材の質:魚による 

ソイ類:熟成させている分、家の方が美味い。皮付きで炙っている分美味い。
イクラ:家の方が美味しい。
ウニ:漁期なら、産直なので家の方が美味い。
イカ:手に入りさえすれば、パリパリの生きているやつを食べられるので家の方が美味い。
ブリ:熟成させている家の方が分味は濃いが、あっさりも好きなので引き分け。
タコ:良いのが手に入っても上手に捌けないので、引き分け。
ニシン:捌きが上手な分、お店の方が良いが、もらったニシンの質によっては家の方が美味しい。
その他の魚は普通には良いものが手に入らないので、お店の勝ち。

それにしても、ほんの一部とはいえ自分の家でかなり美味しい魚を食べられるのは釣り人の特権ですね。

現時点でも、花まるはメチャ美味しいですが、上手に熟成させれば、より高みを目指せるでしょう。(包丁も、もっと研げると思います)ただこれ以上美味しくなると、高級寿司店の存在意義が無くなりますけどね。



 ちなみに今回は、札幌駅裏の、北海道大学は銀杏がまぶしいほどに綺麗でした。これほど観光客であふれかえる大学って全国的にも希だと思います。
銀杏1

銀杏2

銀杏3

汁なし担々麺に挑戦

 先日、秘密のケンミンショーで広島の汁なし担々麺が紹介されました。最近は札幌でも流行っているらしいです。そこで、一度も食べたことは無いのですが、やけくそで挑戦してみました

 麺はマルタイ棒ラーメンしか無かったのでそれを使用し、肉味噌はいつもの担々麺風になんとなく作って、タレはゴマ油から作ったラー油にその辺の調味料を入れて、仕上げに山椒を多量に振りかけて、ネギをのっけてライブ感で作りました

 タレがどろどろ過ぎて、見た感じも美味しそうでは無く、なんだか本物とは違う感じに仕上がりました

汁無し担々麺

 「これが汁なし担々麺だよ~」と嫁に出したところ、
「今時期は寒いし、汁有りの普通の担々麺が食べたかった」と言いやがった。

 ただし味は、こんなインチキでもそれなりの出来で、おそらく本物はかなりの美味しさであろうことは予測が出来ますね。

 嫁も「コレは食べ進めていくと慣れてきて美味しい」 と言ってくれたがその後すぐに、
「でもやっぱり、汁有りの普通の担々麺が食べたかった」と言いやがった。
 
 嫁は珍健民が日本人向けに作った汁有り担々麺の方が好きなようだ。ちなみに今まで食べた担々麺のベストは、大昔愛媛県新居浜市の土居町に抜ける峠コースの入り口付近にあった、家族向けの変な中華屋さんです。下品で化学調味料のパンチの効いた担々麺でした。

奥芝商店のレトルトスープカレーを食した

 昨年9月に札幌に行った時、札幌駅下にあるスープカリーの名店、奥芝商店 実家に行きました。何とこれが、奥芝初体験でした。

 2010年に旭川支店を訪ねたのですが、臨時休業に当たって以来、7年振りのリベンジとなりました。
7年前の記事:http://okapon2005.com/blog-entry-1352.html

 平日の開店前に並んだのですぐに入れました。お味は、噂通り海老出汁がきいており濃厚で美味しいものでした。具だくさんなのも良いですね。(食べたのは5ヶ月前なので細かいところは忘れました)

奥芝商店2

奥芝商店1

 さて今回のメインはお土産のレトルトカレーについてです。(価格は確か800円くらいです)嫁に作ってもらいました。作ってくれるまで5ヶ月近く待ちました。

奥芝レトルト

 まず、鍋に出してみると、巨大な肉とジャガイモとにんじんが目につきます

奥芝具

 流石にこれだけでは寂しいので、低温調理を行ってから焼いた鶏肉、脂で揚げた野菜キノコ類(キャベツ、ナス、にんじん、マイタケ)をトッピングしました。(定番のピーマンは連日のフェリー欠航で入手できず

奥芝レトルト完成

 さて、お味ですが、お店の味に近く海老出汁がきいています。ただし、レトルトの宿命でスパイスのパンチが無くなっています。辛さも控えめなのでチリペッパーを入れたところさわやかな辛さとなりました。

 スパイシーさを増すために、ピカンティのスパイスを追加しました。う~ん、スパイス追加は一長一短の感じですね。スパイシーにはなりますが、奥芝らしさが後退しました。(このスパイスは自宅でスープカレーを作る時にお役立ちです)

ピカンティスパイス

 また、自分で具を追加すると豪華にはなるのですが、これも奥芝らしさが後退するのが難点ですね。ただ、スープは薄くはなりません。元々がかなり濃厚に作られているからです。

(まとめ)
・奥芝らしさ(海老っぽさ)を楽しむには、何も入れずそのまま食べるのが良い。ただ、辛み、やスパイシーさが弱く具も寂しい。
・具を入れると豪華になるし薄くもならないが、やや奥芝らしさ(海老っぽさ)が後退する。
・お高いが、スープカリー初心者でも美味しく奥芝の味を楽しめる。
・ある程度スープカリーを造り慣れているなら、ベルのスープカリーの作り方等を用いた方がコスパは良い。

 
奥芝商店 スープカレー えびスープチキンカリー
札幌蟹販株式会社
売り上げランキング: 91,680

ベル食品 スープカレーの作り方 180g×3個
ベル食品
売り上げランキング: 10,264

ハウス スープカリーの匠 芳醇辛口 89g×4個
ハウス食品
売り上げランキング: 11,666

沖縄物産品の店 わしたショップでお買い物 + その他

 大通りの地下街にある沖縄の物産品点わしたショップにてお買い物をしました。小3の終わり~中1の終わりまで4年間、那覇市の寄宮に住んでいたので沖縄の食品はポークをはじめとして好きなのです。
わしたショップHP:http://www.washita.co.jp/

 今回の戦利品です。沖縄出身者以外にもオススメは、右上のすっぱいまんふりかけ(我が家では鯖の水煮にかけて食べる専用です)、右下の八重山そば(これは美味しいです)、ふりかけの左隣のサーターアンダギーミックス、その左の袋に入った白いパッケージのジーマーミー豆腐(ピーナッツの豆腐)あたりです。

 沖縄出身者にオススメなのは、懐かしの復刻版オキコラーメン、その上の赤い小さい入れ物の豆腐ようです。左の沖縄そばはまだ食べていないので不明ですが有名なメーカなので美味しい気がします。左下のコーンビーフハッシュは基本の食品ですが沖縄県外で買うと高すぎるかも?(ポークも県外で買うとバカ高いので、毎回那覇市から買っています。金額差は税金の関係だったかな?)

わした

 以下の豆腐ようはチビチビ食べてください。自分は初めて食べた時に1個そのまま食べてしまいヤバかったです。豆腐ようは麹と泡盛から出来ている発酵食品で、なかなかパンチが効いた味なので、酒の肴としてつまようじでちびりちびり食べるものです。(味はチーズの泡盛漬けという感じかな?)ちなみに、この10年古酒はあっさり角が無い感じで飲みやすいものでした。

とうふよう



 今回は沖縄物産以外にもおつまみを購入しました。札幌駅地下街にあるガトーフェスタハラダさんの、元同僚オススメのおつまみ用ラスクグーテ・デ・ロワ・ソムリエです。(2枚目の写真の右)高級食材のポルチーニとトリュフ入りで甘くなく、少しだけしょっぱい旨みの多いラスクです。
商品の該当ページ:http://www.gateaufesta-harada.com/products/gdr_s

ラスク屋

ラスク

 ちなみに元同僚とは塚田農場で久しぶりに飲み会をしました。(5人集まれました)私は宮崎県出身なのでお約束で塚田農場にしました。

塚田農場

発寒かねしげ鮮魚店 2回目

 今回も、札幌市の発寒かねしげ鮮魚店に行きました。ここはお魚屋さんなのですが、広めのイートインコーナーが充実しておりそこで食べられます。今回も私はご飯抜きの刺身のみでいただきました。
前回の記事:http://okapon2005.com/blog-entry-2062.html

 非常に悩みましたが、真さば、本マグロ中トロ、トロニシン×2、生イワシ、生サンマ、真アジ、サワラ、(写真にはありませんが追加でスルメイカ)を注文しました。どれも美味しかったのですが、2セット購入したトロニシンは史上最高であった前回ほどではありませんでした。マグロの中トロも見た目通り前回の方が良かったです。サンマは今回の方が見た目は綺麗でしたが、前回の方が脂ののりが良く美味でした。北海道では真アジはなかなか美味しいのに巡り会えませんが、今回のこの真アジが北海道で食べた中ではベストでした。真サバ生ルイベ、イワシもかなりの美味でした。足の速いサワラも美味でした。サワラは産地の九州で食べてもダメな時はダメです。(ただ、サワラは皮付きのタタキ方が美味しいと思います)

かねしげ鮮魚店4

 以下の写真が今回置いてあったお刺身です。 

かねしげ鮮魚店2

かねしげ鮮魚店3

 2回行ってみて思ったのですが、その時々の素材の差がはっきり現れるお店で、それが面白いところですね。自分で魚を釣って調理する人なら、今日はどれが美味しいのかある程度見た目で解る気がしますので、自分の目利きを試してみるのも面白いと思います。(基本的には、美味しいか、凄く美味しいかです) このお店のFBを見にいったところ、この日のオススメは真アジとサワラと書いてありました。お店のオススメに従うのも良いと思います。

かねしげ鮮魚店1


 地下鉄駅までの帰り道では、ラーメンの爐(いろり)に立ち寄りました。前回はイマイチでしたが、今回は味が濃すぎず美味でした。味が濃い時は少し薄めてもらえば良いですね。(店内にもそう書いてあります)
爐の記事:http://okapon2005.com/blog-entry-2061.html

久しぶり いろりのスペシャルラーメン 真っ黒なラーメン

 私の好きなラーメンやさんにいろりと言うお店があります。大昔に一度紹介しています。(新横浜ラーメン博物館にも出店したことがあります)

その時の記事:http://okapon2005.blog27.fc2.com/blog-entry-458.html

 札幌に行った時はできる限り立ち寄っていたのですが、札幌駅前からどこかに移転して場所が解らなくなっていました。しかし、今回たまたま発見したので行ってみました。(発寒東駅の近くにあります)

 もちろんいただくのは真っ黒なスペシャルラーメンです。(スペシャル以外も美味しいと思いますが...)

スペシャルラーメン

 マー油ではなく、魚介類を強火のラードで炒めて脂を黒くしています。そのため、魚介類の風味がスープに移り、なんとも説明し難いオンリーワンの味になります。ただ、以前と比較すると魚介類の風味が少なくなって普通の味に近い印象を受けました。オンリーワン度が下がった気がします。チャーシューや挽肉を減らして、魚介を増やして欲しい気がしました。(チャーシューは大変美味しいんですよ)まあ、もう一度行って確かめてみたい気はします。

(追記)
 後日再挑戦しました。スープが少し薄くなりバランスが良くなったため今回は美味しくいただけました。スープが濃すぎるようなら、少し薄めてもらった方が本来の味わいが得られると思います。店内にも「濃い薄いは言ってくれ」と書いてあるので、魚介の風味が薄いと感じたらスープ自体を少し薄めると良いと思います。遠いですが極力通いたいと思います。


いろり

食べログ:https://tabelog.com/hokkaido/A0101/A010204/1041868/

※近所に大学生時代にたまに通っていた、B級でジャンクなラーメン大将があってこれまたびっくり。いつのまにかチェーン展開していたんですね。
大将

発寒かねしげ鮮魚店でお食事

 ちょっと遅くなりましたが、先週札幌に行き長女と会ったり、ライオンキングを見てきたりしました。その時の食事の記録をアップしておきます。

 まずは、発寒かねしげ鮮魚店です。ここはお魚屋さんなのですが、広めのイートインコーナーが充実しておりそこで食べられます。基本的には海鮮丼を食べるお店ですが、私は刺身のみでいかしていただきました。

 非常に悩みましたが、しめさば、鯛、本マグロ中トロ、鯖ルイベ、トロニシン、八角、生サンマ、海水ウニを注文しました。どれも美味しかったのですがトロニシンは今まで食べたニシンの刺身で最高でした。生サンマとマグロの中トロも安定・納得の旨さでした。余市産海水ウニも本物のウニの味がしました。やはり基本的には道産品が良い感じです。(写真では少なく見えますが、実はかなりの量です)

盛り合わせ
ウニ

 ここから選んで、皿に盛ってもらって食べました。日によって魚は変わります。食べたいものがいっぱい有り、かなり迷いました。アブラカレイも食べておけばよかったです。
刺身1

刺身2

 選ぶのが面倒くさい人は、メニューから選べば簡単です。
メニュー

 是非また行きたいのですが、ちょっとだけ駅から遠いのが難点ですね。
お店
食べログの情報:https://tabelog.com/hokkaido/A0101/A010204/1041724/
最新の記事

先月釣ったクロソイがJGFAボート記録に認定されました 念願の12ポンドクラス Jun 16, 2019
渓流の宝石オショロコマ釣りに挑戦  Jun 15, 2019
ウニの季節となりました Jun 12, 2019
超貧果 ボート釣り 一応記録ということで... Jun 10, 2019
今年度初利尻山登山 ただし途中まで.... Jun 08, 2019

FC2カウンター

プロフィール

かにぬーと申します。 1967年生まれの80年代を愛するヲタクです。 利尻島の釣り情報をメインに発信していきます。

ブログランキング関係

一応参加しています。

にほんブログ村 釣りブログ ロックフィッシングへ 釣りの世界

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

プライバシーポリシー

当ブログでは、第三者配信による広告サービスを利用し、 ユーザー様が閲覧する他のサイト、興味のある広告を配信しています。

そのため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。

当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 を使用されないようにする方法については、 こちらを参考し設定変更をお願いします。
詳しくは、Adsense広告の、公式プライバシーポリシーをご覧ください。