FC2ブログ

大型ロッドケース購入

 最近ロッドが増殖してきたので新しく大型のロッドケースを購入しました。『カーメイトIN-438です。
カーメイトIN-438
 隣にあるのは、プラノの細いタイプのバズーカーPLANO #35102-4です。隣と比べても、かなりの大きさだと言うことが解ります。しかし、遠征にはこれくらいの大きさがないと駄目だと思います。私は太いタイプのPLANO #45102も持っていますが(車内に常設)、断面が丸いので意外と入りません。その点IN-438断面は楕円風なのでたくさん入ります。色は目立って迷子にならないようにもちろんオレンジです。(黒い色の型番は、INー439軽いですし、丈夫で、使い勝手も良いです。ちなみに似た大きさのNature Boysのロッドケースはボロくていただけませんね。

 ここに詳しいインプレがあります。↓このお店では安くで売っていますし、送料も安く(北海道で1500円)オススメです。(以下のインプレではロッドを下から入れていますが、上からでも簡単に入れられます。)
インプレ:http://www.southend.jp/fishing-diary/salt/20020518/01.html
お店のHP:http://www.southend.jp/

 我が家の竿をずらりと並べてみました。車の内部にもプラノの細いタイプと、太いタイプを1本ずつベルトで縛って常設していますが、降ろすのが面倒くさいのでここには写っていません。(一緒に写っているシマノの投げ竿用ロッドケースもなかなか良いです)
カーメイトIN-438
 IN-438はコンパクトな割にたくさんはいるのですが、車の内部に常設するには大きすぎますし目立ちすぎなので遠征の時だけの使用になりそうです。

 プラノの太いタイプを使用中で、持って移動する距離が長い方には↓はオススメです。私も使用しています。「昔から有れば助かったのに....」と思います。(現在品切れ中ですが...) 

苫小牧 アブラコ ソイ 祭り!??

 先日、白老の船流し釣りでご一緒したやっちゃん76さん、先日小幌ですれ違った企画主のサラリーマンZさんをはじめとして、tukatukaさん、SHINCOさん、大麻さん、ROKUさん、ダンディー髭おじさん様、Sさんと、苫小牧沖でのアブラコソイの船流し釣りに挑戦しました。

 日のあるうちはアブラコ祭りで50アップをはじめとして、タモ入れするのも忙しいほどで、日が暮れてからは大型は出ないものの、中小型ソイは半入れ食い....

船

のはずでした。

 しかし、異常な高水温のため、まずアブラコが散々でした。私はなんと第一投目から大バックラッシュしてしまい、それをほどく間に50前後がバンバン上がるのではないかと冷や冷やしていましたが、皆さん全く釣れず....その後、困った時のサンドワームで30センチ前後を3匹あげてアブラコタイムは終了。良型は皆無...ただ、アブラコタイム終了後に、ROKUさんに52センチの丸々と太ったアブラコヒット!!!う~ん、いることはいるらしい....この船での型物のアブラコはこの1本だけでした...
 日が暮れてのソイタイムでは、マイクロサイズ~30弱のサイズは、そこそこ数は出たのですが良型は皆無...と言うわけで、お魚の写真は撮らずじまいで全て即リリースしました。
 釣果は散々でしたが、いつもはネットでお見かけする方々と釣りが出来て大変楽しかったです。ありがとうございました。ベストシーズンに是非リベンジしたいです。

遠征記 ラスト オホーツクタワー近辺で遊びました

 藻別川河口で私が釣りをしている最中、女子供どもはオホーツクタワー側の『とっかりセンター』で遊んでいました。(とっかりとはアザラシのことです)
とっかりセンターHP:http://mombetsu.jp/syoukai/goma/index.html
 入場料は100円くらいだったと思います。アザラシと直接遊べるので私も好きな施設です。家族連れや、デートには特にオススメです。こんな感じにぺたぺた触れます。(多少の時間指定はあったかも知れません)
アザラシ
 寝ているアザラシもいたようです。
寝ているアザラシ
 また、この近辺では冬港内で天然のアザラシが見られます。オジロワシもよく見かけます。キツネがゴミをあさっています、たまに街中を鹿が歩いています、川ではミンクが泳いでいます、ちょっと山には入れば羆が出ます....流氷の季節になればクリオネも採りに行けますよ。この近辺には、野生動物はたくさんいますね。

 釣りの終了後、私と子で『流氷科学センター』に行きました。道の駅に指定されています。(子供は無料です)
道の駅 紋別HP:http://www.hokkaido-michinoeki.jp/data/22/each.htm
 ちょこちょこ展示物等はあるのですが、やはり-20℃厳寒体験室がオススメです。冬場は外気温と大して変わらないのですが、夏場はさすがに涼しいと言うより寒いくらいです。(真冬は最低気温が-20℃くらいになります)
 入り口で防寒着を着せてくれますが、もちろん断って、そのまんまの姿で入るのが粋というものです。手ぬぐいをもらえますが、それはもらって凍らせて遊びましょう。ただ、真冬になれば、この辺では普通に手ぬぐいやタオルは凍ります。屋外ではシャボン玉が凍るほどの寒さですからね。(↓-20℃です)
-20℃
 遠くからなら、とっかりセンターも、道の駅も、オホーツクタワーが目印になります。「流氷は見えないし、魚も少ないし、水も濁り気味」と、イマイチの評判のオホーツクタワーですが、魚の多い夜間営業はオススメですね。ソイやアブラコの捕食行動や、小魚の群れ、巨大タコ等が見られます。鮭鱒が見えることもあります。オホーツクタワーHP:http://www.o-tower.co.jp/towerframe.html
オホーツクタワー
 流氷砕氷船のガリンコ号は夏は釣り船でカレイ釣り体験が出来ます。ほどよく釣れて良いと思います。船釣りを本気で1日中やると下手すると何百匹と釣れて処理に困りますからね。真冬の流氷クルーズはもちろん楽しいですよ。(ただし流氷は、刻々と状況が変わるので当たりはずれはあります。)

 もっと寒いのが体験したい方は、上川町の『アイスパビリオン』です。そこでは体感気温-41℃が体験できます。今はスイッチ式になって1回につき10秒間だけみたいです。昔は1日中風が吹き荒れた部屋があって、体感気温-41℃が限界まで体験できました。相当寒かったです。(しかし、室温自体は-20℃くらいです)
http://www.pc-media.co.jp/~icepavilion/index.html
 今はどうだか解りませんが、昔は北海道大学の低温科学研究所で大学祭の時に-60℃(だったと思います)体験ができました。室温で-60℃ですから危険なほどの寒さです。
低温科学研究所HP:http://www.lowtem.hokudai.ac.jp/
 来道の際は是非寒さ体験をしてください。ちなみに、ここ千歳も真冬は-20℃まで下がります。

遠征その他 ウソタンナイ砂金採掘

 ライギョ釣り場に行く途中に、浜頓別町の『ウソタンナイ砂金採掘公園』に立ち寄りました。
該当HP:http://www.town.hamatonbetsu.hokkaido.jp/kankou/gold.htm
 この近辺の道路には車は全く走っていなかったのですが、流石にここには車が集まっていました。(混んでいると言うほどではなかったですが...)
砂金1
 私と娘(大)の2人で砂金取りに挑戦です。(道具レンタル込みで、1人500円)こんな感じに細かい砂や泥だけ残せると見つかります。(これが難しいのですが...)
砂金2
 水も透き通って綺麗でした。水上から撮影しています。
川上
 防水カメラなので、川の様子を撮影しました。(水中撮影)
川底2
 こちらはもう少し寄って撮影しました。綺麗に写っています。(水中撮影)
川底1
 砂金取り場の少し上流の淵に、カラフトマスが数十匹群れていたので、それを撮影したかったのですが撮影しに行ったところ、数人が淵で泳いでおりマスは何処かへ逃げていました。残念。
 ただ、娘がドジョウを捕ったので写しました。調べたのですが種類は解りませんでした。
砂金3
 2時間砂金堀をした結果です。娘は5粒(上手だと誉められていました)。私はボウズでした。キーホルダーを購入して、それに入れてお持ち帰りです。
金

※砂金は川に蒔いてあります。しかし天然物も混ざるそうです。囲いの外で採れる金は天然物だそうです。天然物の方が純度も高いそうです。札幌や近隣地方都市からもとんでもなく遠いのですが楽しいので機会が有れば是非どうぞ。

遠征グルメ編 紋別市のラーメン『大将』

 藻別河口で釣りを終了し帰る前に、紋別在住時に大変良く通ったラーメン屋『大将』に立ち寄りました。旭川ラーメンの系列だと言えます。 
大将
 私はいつもの、大盛り醤油もやし入り。相変わらず凄いボリュームでした。 
大将2
 嫁は醤油チャーシュー。なんだかメチャクチャたくさん乗っています。(もやしやチャーシューはみんなで分けてたべました。)
大将3
 最近は札幌近郊の有名店を食べ歩いており関東や九州遠征までしており、口が大変肥えているので、食べる前は正直どうかと思ったのですが、やっぱり大変美味いかったです。高級でテクニカルな感じの味ではなく、ちょっとワイルドな感じが良いです。特に、もやし入りは、野菜のエキスがスープによりまろやかさを増して大変美味いです。近所に有れば今でも通います。割と場所も解りやすいので、紋別に来た時はどうぞお立ち寄り下さい。

場所 紋別市落石町5丁目
(国道238号線沿い、オホーツクタワーからだと、大山スキー場を過ぎてしばらく行った山側車線で、ツタヤまで行ったら行き過ぎです。道都大跡地の下辺りになります。)
電話 01582-4-7700
営業時間 11:00~21:00
定休日 火曜日
駐車場も十分に有ります

遠征グルメ編 道の駅恐るべし『マリーンアイランド岡島』 枝幸町

 道北枝幸町の道の駅『マリーンアイランド岡島』でテント泊でした。夜中着でめんどくさかったので、ペグ打ち無しフライシート無しと言ういいかげんな設置です。外から丸見えですが、まあ気にしません。
テント
 では道の駅で朝食です。上からタコ串、ホタテ串、蟹串です。タコ串はまあまあ、蟹串は旨いです。イチオシはホタテ串でデカイホタテ肉が入っていてリッチで大変美味いです。 
串
 これは400円の蟹のほぐし身です。大変美味しいのですが量は多くないので、家族で1皿しか注文しなかったので喧嘩になりそうでした。(ただし、400円としては立派な量だと思います。ケチらなければ喧嘩にならないでしょう。)
蟹
 バフンウニのウニ丼です。2000円です。流石に高い気もしますが、バフンウニはお店で買ってもこのくらいで1000円以上しそうなので、そう考えるとかなり良心的な値付けの気もします。味はもちろん絶品でした。下手なお店で食べるより絶対美味しいです。本物のウニの味がしました。
ウニ丼
 最後はホタテカレーです。ルーは普通の業務用といった感じですが(嫌いじゃないです)、さすがにホタテは美味いです。手軽に食べるには十分だと思いました。
ホタテカレー

『マーリンアイランド岡島』のHP:http://www.hokkaido-michinoeki.jp/data/28/each.htm

遠征グルメ編 日本一旨いジンギスカン?!「花の友」 

 道北地区のグルメ情報というのは皆無に近いのですが、士別市のジンギスカン『花の友』「日本で一番旨いジンギスカンのお店」として評価が高いです。
 店構えは遠くから見た感じは小料理屋です。開店と同時に入店したのですが、座敷席は全て予約で埋まっており、その人気の高さが伺えます。(お店の人のは粋なはからいで、ちょっと遅い時間の座敷予約席で食べさせていただきました。) 
花の友 1
 入り口にある看板は洋食屋風です。(店内はジンギスカンです)メニューはジンギスカンとビールがメインで他はあまりありませんし、無くても全然平気です。 
花の友 2
 普通と違うジン鍋で食べます。中央がくぼんだ、つるんとした鉄の板です。中央にもやしを置いて肉から出てきた油で焼きます。肉は周囲にたくさん置くのがポイントだそうです。薄目の味付け肉に、生姜が山盛りの薄味のタレというこれまた変わり種。 
花の友 3
 味の方ですが、マトンなのに軟らかくて臭くない、マトンだから旨みは強い、もちろんタレも旨いという感じで美味しかったです。(ビールも旨かったです:運転は嫁に交代しました)特徴的なのは食べ進むにつれ、どんどん旨くなっていったことでした。(家族全員の一致した意見:普通は飽きてきますよね)日本一旨いという噂もウソではないという感じの大変美味しいお店でした。士別市に行った時には是非立ち寄ることをオススメします。(予約していった方が良いかも知れませんね)
花の友 4

営業時間は、夕方5~9時(売り切れ有り)
定休日不明
電話:01652-3-2565
住所:北海道士別市大通東6丁目


※士別出身者で転勤により『花の友』のジンギスカンが食べられなくなり悲しんでいる人も多いと思います。あくまで自分が食べた範囲ですが、お店で売っている(お取り寄せ)「あづまジンギスカン」は雰囲気が近いと感じました。

カラフトマス遠征 ひまわり園見学 

 名寄市の智恵文にあるひまわり園に、ライギョ釣りついでに寄りました。なんか背の高い物が見えます。
ひまわり3
 台座がぐぃーんと伸びてひまわり畑が見渡せます。大人200円、子ども100円です。
ひまわり 1
 操作しているおっちゃんの後頭部とひまわりです。なかなか揺れて面白かったです。
ひまわり2
 指は写っているは、ひまわりはあっち向いているはでさんざんの写真です。
ひまわり4

名寄市ひまわりHP:http://www.nayoro-kankou.com/himawari.htm

カラフトマス遠征 カラフトマス編

 紋別在住時には、得意で良く釣りに行っていたカラフトマスにいよいよ挑戦です。
 初日は枝幸町問牧で、この時期にしては人が少ないので心配したとおり、生体反応無しでボウズ。見える範囲では全員ボウズ。(問牧はいつもボウズです)南下しながら少し釣り場を覗いててみましたが、どこも低調のようでした。

 2日目は紋別市の藻別川河口で再挑戦。紋別在住時には私のホームグラウンドの一つでした。
かにつめ
しかし予想通り、あまりにも人が多くてまともな場所に入れず、釣りにならずに...もちろんボウズ
藻別
全体的に低調で(釣れる人(場所)は釣れるという感じ)、7時前には撤収。
 釣り人がほとんどいなくなった昼10時過ぎから再挑戦。(お盆の時期は真っ昼間に釣れることもあります)やや沖目を泳いでいる群れをねらい撃ちして会心の4匹(4ヒットバラシ無し全て口かかり)。非常に渋い状況下にしては非常に満足いく結果でした。(河口部分の砂浜ではボチボチ釣れていましたが、よく見たらスレばかりでした。お昼の時間帯は、スレ以外ではほとんど釣れていませんでした。)
カラフトマス
 今シーズンはこれにてカラフトマスは終了です。♂1匹、♀3匹で、大きさは55cm前後、で2kg前後でした。私の場合、いつもは大型の♂が中心的に釣れるのですが今回は珍しい結果になりました。
カラフトマス 釣果
※珍しいといえば、1匹の腹の中から未消化の小魚が数匹出てきました。この時期はほとんど腹は空っぽですからね。

カラフトマス遠征 イブニング狙い編

 ライギョが駄目でしたので、フライでイブニング狙いをしました。まずは何度か行ったことがある道北のF川。ただし、到着したのが夜の7時半。もちろん真っ暗です。何も見えないまま釣りを始め、ドライを流していたところ小型のニジマスが釣れました。というか、知らないうちに釣れていました。 
イブニング ニジマス
 次に20センチ程度のアメマスも釣れました。少し慣れてきて流したり引いたりしているうちに、ラインにかすかな変化があったので合わせたら30センチ級のニジマスでした。この川の魚は非常にコンディションが良く良い引きをしました。
イブニング ニジマス
 お風呂にも行かないといけないので8時に釣りは終了です。30分間でしたが良い釣りが出来ました。
 
 次の日のイブニングは天塩川です。ただ、とにかくでかい川でポイントはさっぱり解らず、濁りも強かったため、中~小型のアカハラ君達多数が遊んでくれただけでした。しかし、アカハラも好きなのでこれでも十分です。
イブニング アカハラ

カラフトマス遠征 ライギョ編

 まず、釣りの方を時間を追って書いていきます。最初はライギョです。私は九州に長く住んでいたこともあり、ライギョ釣りは得意です。
ライギョ
 タックルはリールは定番シマノカルカッタコンクエスト300、ロッドはホッツのシャドウライズSR-75Laserです。このロッドは中小型が多い北海道のライギョには適しています。北海道では手に入りにくいですが、なかなか使いやすくオススメです。
ホッツのHP:http://www.hots.co.jp/shadowrise.htm
 
 さて道北の池、次の日の最北の雷魚池ですが、全く生体反応無しで、お話になりませんでした。2日間とも、もちろんボウズでした。非常に場荒れして、釣り人も少なくなり、以前のようにはもう釣れないかも知れません。

 収納場所の関係で、川ライギョのタックルは持っていかなかったのですが、川ライギョの方が釣れたかも知れません....

カラフトマス遠征 13~15日 (序章)

 共働きの嫁と休みが重なったのが13~15日の3日間でしたので、2泊3日で強行軍オホーツク遠征に行きました。目的はカラフトマスです。

1日目
多少の渋滞の中、延々と250kmほど移動して
名寄市のひまわり畑を見学
道北の野池でライギョ釣り
士別 日本一旨いと言われる「花の友」でジンギスカン
道北F川でイブニング狙い
枝幸町道の駅「岡島」にテント宿泊(夜11時就寝)
2日目
3時起床で枝幸町問牧でカラフトマス釣り
道の駅「岡島」にて超リッチな朝食
ウソタンナイにて、砂金取り体験
150kmほど全く渋滞しらずで移動して最北の雷魚池に移動して釣り
天塩川にてイブニング狙い
美深町の夏祭りに参加(ミニミニ打ち上げ花火有り)
西興部にて、あまりの疲れでテントも張れず、行き倒れて車内泊(夜11時就寝)
3日目
3時起床で紋別市藻別河口でカラフトマス釣り
昼前から、藻別川でカラフトマス釣り第2ラウンド
紋別市「大将」でラーメン
300km移動し、夜7時半自宅着
(2人とも明日から仕事)

 移動距離も約1000kmかなりハードでした.....
(詳細は後日 つづく)

疑似アース ACOUSTICREVIVE RGC-24 

 きんたこさんの疑似アース装置Ge3 要石購入と時を同じくして、我が家にはACOUSTICREVIVE RGC-24の視聴機が、アコースティックリバイブから直接やってきました。(使い方は両者ともアースの代わりに機器につなぐだけです)
要石のインプレ
http://www.geocities.jp/golden_octopus/kanameishi.html
アコリバ製品貸し出しはここです
http://www.acoustic-revive.com/index.html RGC-24 
 きんたこさん宅で、要石の効果には驚きました。(ぱっと聴きで、クリアになり、解像度が上がることを感じました)その経験もあり期待感満々で、RGC-24をつなぎました。確かに、明らかにクリアになり分解能も上がりました。ただ、多少腰高でハイ上がり気味で、細く薄くぎすぎすした感じもしました。これじゃあ効果もあるものの導入は出来ないと思いました。 そこでネットを色々調べたところ、このHPに載ってることに気が付きました。
『Let's Enjoy Audio!』のHP:http://matock.com/audio/
の2006年7月7日に『アダプターをfoQでダンプすると良い』との記述が有りました。
 我が家にもfoQの切れ端があるので試したところ、これは効果がありました。弱点が大分収まりました。欠点は調整で何とかなるであろうと、導入を決定し発注しました。(写真左はRCAキャップです。線の付いた銀色端子の上に付いている四角く黒い物質がfoQ。右端の白いのはピュアシルクアブソーバーです。)
RGC-24 
 要石の方がかなり安価なのですが、我が家では試していませんしここは無難にRGC-24にしておきました。機器にアース端子がないのも理由の一つです。(要石はYラグ仕様)

絶品の桃が来ました

 本日、嫁の実家から桃が2箱届きました。
桃
 嫁の実家は福島県伊達市(旧梁川町)で、非常に果物が美味しい地方です。数年前までは桃農家でした。(今も数本は残っています)早速頂きましたが、大変美味しかったです。単に甘いだけでなく酸味もあり、軟らかすぎず最高に美味しかったです。
モモ
 福島県の中通り地方に行く事が有れば是非お試し下さい。お米(減農薬、自然乾燥のコシヒカリ)も送ってもいただいているのですが、大変美味しいです。
 

「きんたこさん」オフ会 3

 その他気が付いたことを書きます。
 きんたこさんはHPからは、うかがい知れないほどの重度の電線病ですね。私も電線病ですが、全然可愛いもんですね。きんたこさんは購入したケーブルはとっておいて色々組み合わせて相性を確認しているようです。私は面倒くさいのですし、お金もないので、購入してその時のシステムで合わなければすぐに売却しています。バイワイヤで違うケーブルを使用しながらも違和感を感じさせないあたりは流石だと思いました。WADIAがWADIA臭くないと思ったら、ケーブルで調整されているそうです。
 その他あやしいアクセサリーが満載で、押入にはもっとたくさんのあやしいアクセサリーが眠っているそうです。1つ1つ確認して使用されているそうです。私は、ぱっと聴いて大きな違いが解らないアクセサリーはすぐに売却しています。
 非常に緻密に作り込まれ、まとまりのあるシステムだと思いました。思ったよりは、お家は非常~に遠かったのですが(家は同じ地区の端と端でした...)、またおじゃまします。我が家にも是非どうぞ。

きんたこさんのHPhttp://www.geocities.jp/golden_octopus/index.html
あやしいアクセサリーのインプレが満載です↑。

「きんたこさん」オフ会 2

 まず音量が違いすぎます。我が家は上下左右を囲まれており隣には赤ちゃんもいるのでかなりの小音量、きんたこさんちは、郊外の一軒家なのでもちろん大音量。
 音調も、我が家は情報量や解像度重視でタイトで芯のある音で(やむをえず)低音は量感控えめ、きんたこさんちは、ご自分で「丸い音」と言われる通り、空気感重量感厚み重視で低音をややブースト。

 聴き慣れたCDでも同じ曲???と思うほど違いました。第一印象はホットで厚みのあるソナスみたいな音。ただ、きんたこさんはオーヲタらしからず、常時通電ではないため機器達はまだ目が覚めていない感じもありました。(我が家はもちろん常時通電です)

 しばらくCDを聴かせていただいた後、次はアナログです。アナログに変えても、解像度は落ちないで一皮剥けた感じになり、鮮度感、実態感、空気感が増し、ほぼ全ての点でアナログの方が上でした。(ただWADIAは灯が入ったばかりだったので、多少苦戦してもしょうがないかも?WADIAだけでも常時通電した方が良いかも知れません。)

 途中当たりからは、機器も暖まってきたのか、音のまとまりも欲なりJBLらしい音でした。特に低域が大型ウーファーらしく無理なく軽々と出ていたのが我が家との違いでした。    
(つづく)

「きんたこさん」宅でオフ会

「きんたこさん」のHPhttp://www.geocities.jp/golden_octopus/index.html
 オーディオアクセサリー関係が充実しています。(通常はレビューがないような、あやしい物まで紹介されております)必見!!! 

 きんたこさん宅は、リッチな感じの一軒家です。可愛くて人なつっこいゴールデンレトリバーのナナちゃんがお出迎えしてくれました。ベロリンベロリンに舐めまわされて、ベットベトとになりました。
 さて、お部屋ですがこの写真ではボロボロ(携帯で撮影)ですが大変かっこいい、いかにもオーディオルームといった感じでした。HPの写真より本当の部屋の方がずっとかっこよかったです。ブラックフェイスの機器達がかっこいいです。あまりヲタクっぽく見えないのも良いですね。でもよく見ると結構アレですね....
部屋
 詳細はHPで確認していただきたいのですがきんたこさんの主な使用機器です。
SP:JBL4428 AMP:マッキンMA6900 CDP:WADIA830
LP:ClearAudio Champion Basic 

電源装置、その他多数の(あやしい)アクセサリーやケーブルです。
(とても紹介し切れません)

 さて、音ですがあまりにも我が家と方向性が違いすぎてすぐには判断出来ませんでした。(つづく) 

「きんたこさん」への道....木多郎へ寄りました

 札幌での出張の帰りにこのブログと相互リンクして頂いている「きんたこ」さん宅におじゃますることにしました。
 ここ数日札幌にしては異常な暑さが続いているためにのどを潤しに大通りに寄りました。
(写真が汚いのは携帯だからです。これ以降しばらく携帯の写真です)
 
 サントリーのビアガーデンです。まだ時間が早いので空いていました。 
ビアガーデン
 とりあえず、プレミアムモルツを注文しました。あっさりさっぱりで、すいすい飲めました。味わいは少し薄い気がしました。(注ぎ方がちょっとあやしいしい気もしました)私はキリンかサッポロがやはり口に合いそうです。
ビール

 その後、きんたこさんのお家に最寄りの駅で待ち合わせ。きんたこさんのHPに本人の似顔絵が描いてあったので、車が目の前をすっと通過した時に横顔が見えて、ピンと来ました。近づいてみたところビンゴでした。(意外と似顔絵でわかるものですね。)
 合流後、スープカレーのお店で夕食。トマトスープの雄『木多郎』です。
木多郎HP:http://www.kitarou.ws/
木多郎
 メニューは非常に迷いつつ、チキンにオススメの舞茸をトッピング。辛さはあまり辛くない方がバランスが良いとのことで5番。自分には丁度食べやすい辛さでした。(普通の人には辛いと思います)菜の花がとても美味しくて驚きました。
 トマトスープ系は初体験でしたが大変おいしくいただけました。次はベーコン卵に挑戦したいです。ここは店主が魂を込めて作っている様も好印象でした。(携帯の写真なので美味しそうに見えません。スミマセン。)
木多郎 カレー

 さていよいよお宅訪問です。

暑い日にはマジスパ『虚空』に限る

 ここ北海道でも珍しく暑い日が続いております。こういう時はカレーが良いと言うことで、良くスープカレーを食べております。(もう少ししたらアップします)
 今日はいつもの『マジックスパイス』に行き、いつもの『虚空』(チキンでスープ、ライス大盛り)(虚空の辛さはレギュラーでは一番上)を注文しました。(携帯なので写真が汚いです)
虚空
 いやぁ~やはり暑い日には辛~い虚空が最高です。クーラーが効いた店内で脳天から汗をダラダラ流しながら食べるのは最高です。食べた後にスポーツをした後のような爽快な気分になります。汗とともに毒素が流れだしている感じです。
 多量に汗をかいて(それも、岩盤浴のようなすっきり系の汗)、体温が下がりすっきりさっぱりになります。このような作用が最も顕著なのがマジスパの虚空です。
 健康増進法で、『国民は暑い日にはマジスパ虚空を食べなければならない』と制定すると良いでしょう。

マジックスパイスHP:http://www.magicspice.net/
 
マジスパ
※店内はいつもながら妖しい雰囲気で店員さんも良い感じ。しかし、開店時間が少し遅れたのは残念でした(今回で2回目)。開店時に列んでいるお客は大分前に着いている場合が多いですし、今日みたいに熱い日や吹雪の時はつらいものです。やはり開店時間きっかりに開けて欲しいですね。

激しくやらかしました OTL

 日曜日は、千歳基地航空祭だと思って準備をしてきました。千歳市に引っ越してきて3年目やっと見る機会が回ってきました。

しかし....今日でした OTL...

 朝から何だかたくさん飛行機が飛んでいると思いました....娘も「飛行機が宙返りしていたよ」とのこと。明日に向けての練習かと思っていました。

 最終確認のためにHP:http://www.dii.jda.go.jp/asdf/2wg/kanrengyouji/koukuusai.htmをクリックしたところガーン、終了していました....う~ん、見に行く機会がこれからあるのか謎です...がっくしOTZ
最新の記事

先月釣ったクロソイがJGFAボート記録に認定されました 念願の12ポンドクラス Jun 16, 2019
渓流の宝石オショロコマ釣りに挑戦  Jun 15, 2019
ウニの季節となりました Jun 12, 2019
超貧果 ボート釣り 一応記録ということで... Jun 10, 2019
今年度初利尻山登山 ただし途中まで.... Jun 08, 2019

FC2カウンター

プロフィール

かにぬーと申します。 1967年生まれの80年代を愛するヲタクです。 利尻島の釣り情報をメインに発信していきます。

ブログランキング関係

一応参加しています。

にほんブログ村 釣りブログ ロックフィッシングへ 釣りの世界

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

プライバシーポリシー

当ブログでは、第三者配信による広告サービスを利用し、 ユーザー様が閲覧する他のサイト、興味のある広告を配信しています。

そのため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。

当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 を使用されないようにする方法については、 こちらを参考し設定変更をお願いします。
詳しくは、Adsense広告の、公式プライバシーポリシーをご覧ください。