FC2ブログ

ゴムボート到着!!!

 インフレータブルボート簡単に言うと、ゴムボートを購入しました。

 アキレスは高級素材のハイパロンが有名なのですが、これは最廉価素材のPVCのバージョンです。AF300という全長3メートルサイズです。エンジンはホンダの2馬力です。免許は不要です。 まずはお部屋でふくらませました。部屋でふくらませるには異常な大きさです。部屋の対角線に置いてあります。(これでも海では小さく見えるはずです。見えないくらいかも???)高圧自動電動エアポンプの使い方がイマイチ解らず、ぐにゃりとしています。(追記:変な音になってからが本番です。機械を止めてはダメ)

新品

 以前ゴムボートを所有していたのですが、かなり違いますね。とにかく説明書はどれも不親切極まりなく、さっぱり解りませんでした

 まず、運搬用のタイヤ(ドーリー)の組み立ては、どのネジが何処にどう付くのかさっぱり解りません。勘で組み立てましたが大丈夫かと...

 ボートの組み立て順番もわけ解らないまま、何とか完了。電動ポンプが不調???なのか使い方が変なのか、空気がパンパンまで入らない。実際使うときに同じ症状なら、足踏みポンプですね。それらと比較すれば、エンジンのマウントは非常に楽でした。

 組み立てて思ったこと。
1 どえらい重い 以前のゴムボは1人で岸辺まで運べたのですが、これは無理。
  ギリギリ1人でセットできる重さと大きさだと思う。(1人では無理かも?)
2 組み立て等、かなり複雑で煩雑。しかし、慣れたら大丈夫かも???
  今日は組み立てに1時間以上かかりました。
3 1人では広い船内、釣りをしないなら家族4人でも可能かな。
  ただし、釣りなら2人では少し狭いかも?
  しかし、この上のサイズだと30センチ全長が増えて異常に大きくなりすぎて、
  絶対一人でのセットは無理っぽい。
4 とりあえず、倉庫にも置く場所がない....
5 淡水なら全くの余裕だと思いますが、海で大丈夫なのかは???
6 昔使用していたゴムボートとは面倒くささが全然違う。(昔は楽ちん)


 明日の午後にでも休みを取って、海での進水式をやろうと思いましたが、凪の日に丸1日ゆっくり時間をかけて進水準備をしないと危険そうです。(淡水なら半日もあれば十分ですけどね。支笏湖はいまエンジンボートは駄目なんですよ。)
 海でのボートは、陸っぱりのロックで、テトラ渡りや磯渡りをしたり、トラウトで真っ暗の中重い流れの中で立ち込んで釣るのと、どちらが危険かな???滑る丸テトラでのテトラ渡りやテトラ撃ちよりは安全な気はしますけどね。

今年も陸上自衛隊第7師団(東千歳駐屯地)へ

 昨年に引き続き、陸上自衛隊第7師団(東千歳駐屯地)へ行ってきました。
昨年の記事はこの辺:http://okapon2005.blog27.fc2.com/blog-date-200605.html
 なんと今年は、戦車・装甲車400両のパレードを時間を間違えて見落としてしまいました。昨年の航空祭に続いて大間違いをしてしまいました。(今日は雨が降ったら行かない予定だったのであまり確認していませんでした)
 しかし、模擬演習は見ることが出来ました。空砲ではありますが、戦車や爆薬の重低音にしびれました

 以下の写真は、演習で用いた敵のアジトです。ダサイです。
ダサイ味と
 こちらは演習のラストの白煙です。途中のロケットだかミサイルがとっても素敵だったのですが、写す間はありませんでした。
白煙
 道ばたで、穴だらけの鉄板が置いてありました。
貫通
 これだけの厚さの鉄板を余裕で貫通しています。(厚さ5センチくらいかな?)さすがに、これくらったら死にますね。戦車でも蜂の巣では???

 お食事は、格安の自衛隊販売テントと、普通の値段の地元特産品コーナーの2種類有りました。とりあえず、食べたことのない室蘭やきとりの『一平』の出張販売を食べました。(塩とタレ両方)美味しかったですし、流石の人気で長蛇の列が出来ていました。綿菓子は、自衛隊品で200円でした。下のシートは敷かれていた自衛隊シートです。
昼飯
 お店では自衛隊限定御菓子が売れていました。拡大していただけると解りますが、激辛弾頭が搭載されている物が多かったです。
自衛隊オリジナル
 我が家は、限定ベビースターを購入。
自衛隊ベビースター
 ピリ辛で美味しいのですが、写真の小袋が4つで750円は高いよ...せいぜい400円でしょ。

 個人的に最も気に入ったのが、自衛隊オリジナルの100円の綿菓子。
自衛隊綿菓子
 オリジナルキャラの、ピクルス王子と、パセリちゃんです。
解説HP:http://www.mod.go.jp/j/kids/access/profile.html
 どうみても、袋1枚1枚手描きなんですが....ずいぶん売れていたのですが、やっぱり全部手で描いたのかな...

 行けたら、また来年も行くと思います。それにしても大雨で人がいなかった昨年と比べると人だらけでしたね。今年はホントにお祭りの雰囲気でした。

チョコファク帰りに、今度こそ『山嵐』

 GW中に『山嵐』に行ったのですが、GW中なのに普通に定休日でお休みでした....満を持して今回は再訪しました。
山嵐休み
 なんと臨時休業....

 仕方がないので、未食の『やしち』に行ってきました。『彩未』さんの近くです。
やしち
 評判の良い醤油を注文しました。お店に入ってから何となく気が付いてはいたのですが....
椰子池沼湯
 博多ラーメン???(替え玉もあるし)博多ラーメンの北海道風アレンジですね。チャーシューもスープも美味しかったのですが(替え玉もしました)九州人の私はモロに博多ラーメンといった感じの方が好きです。私にはここでは塩の方が口にあったかも知れません。九州人以外は、こちらのラーメンの方が食べやすいかも知れませんね。

平日に太平洋 ランガン 食事は『一騎』

 土日釣りを休んだので、仕事を早引きして、太平洋にランガンに行きました。
 最初はアブラコ狙いです       全然駄目目の前でサクラらしき魚がボイルしたのでワームを投げるものの反応無し。
 暗くなってソイ狙い        これまた全然駄目
仕方がないので、苫小牧で最近好評なラーメン『極』へ、白老方面に苫小牧の市街地を抜けた場所にあるのですが、予想より道が混んでいて閉店時間の8時を少し過ぎていてアウト。   
 ここまで来たので、白老でソイ狙い。   またまた全然駄目

 いいかげん疲れたし、腹も減ったので、いつもの『山下商店』で替え玉3~4回してうっぷんをはらそうとしたものの、何故かお休みでまたしてもアウト

 いいかげん遅くなって開いていると言えば、サーモンパーク側に最近出来た『一騎』です。夜11時までやっています。姉妹店の『泰我』(たいが)には行ったことがあるのですが、こちらは初めてです。
一騎
 多くのメニューのどれも、そつなく美味しいのですが、私はいつも変わり種の『梅塩』です。(女性に人気です)
一騎 梅塩
 梅のさっぱり感と、炒め野菜のざっくり感が微妙なバランスで私は好きです。酷い1日でしたが、最後にやっと落ち着くことが出来ました。

ゴムボート試乗会の前は『北山龍』でお食事

 ガトキンに行く途中に家族で食事です。いつもの『北山龍』です。今回私は、ジンジャーソルト大盛り(写真)→おじやの、いつものコンボです。
ジンジャーソルト
 食べ比べるために、嫁は塩、長女は醤油でした。ジンジャーソルトはジンジャーの香りが立っていてスカッとした口当たりです。
 3種食べ比べたのですが、やはり甘くて味の深いノーマルな塩が一番かな。地味な味なので、食べ続けることで旨さが解るタイプかな?ジンジャーだと味の深みがマスクされる感じになります。次が醤油かな。嫁は醤油が1番だと言っていました。次女も、最初は食べないと言っていたのですが、塩を食べたら美味しかったらしくパクついていました。
 しかし、次女は店を出た後で、「やっぱり『はな丸』が良い」と言っていました。幼稚園生なのにあんな油ぎっしゅで濃い~良い味が好きだとは....(『はな丸』は家族全員お気に入りなのですが、パンチが有りすぎて苦手な人も多いみたいですね)

日曜日は大風で釣り中止にして、ゴムボート試乗会

 日曜日は良い天気、しかしメチャクチャな強風。仕方がないので釣りは諦めて、フィツシュランド主催の、ゴムボート試乗会に行ってきました。(知っていれば昨日のうちに行っていたのに.....
 場所はガトーキングダム横の茨戸川です。あまりの強風にゴムボは引き上げられていました。(中止か???) 

試乗会2

 しかし、尋ねてみたところOKとのこと。私は写真下左の2馬力タイプ(私が操縦)、女子供どもは右の8馬力タイプ(係の人が操縦)に試乗です。(15分間くらいだったでしょうか)女子供どもも大喜びでした。 

試乗1

 まあこんな感じに乗りました↓。(これは次に試乗した人です)

試乗会3

 高校時代にはマイゴムボで、ダム湖(宮崎県の野尻湖)でバス釣りをしていました。オモチャのエレキも使用していました。(免許不要の本物のオモチャ。ただし無いよりはマシという代物)その時と比較したりして感じたこと。

1 免許不要の2馬力でも結構速い。(8馬力は激速!!!)
2 エンジンで進む分には、風には負けない。
  (今日のような強風でもOK。手こぎは今日の風では絶対無理。)
3 海の流れに勝てるかは、う~ん???
4 エンジンを止めると、凄~く風に流される。
5 波には弱いかも。
6 凪なら、苫小牧や白老の沖堤まわりでも狙えそう。噴火湾は結構OKでしょ。
7 遠征にかかる高速代、ガス代、船代を考えると、そう高くもない。
8 試乗艇が処分価格で出ていたらしいが、良いのが有れば買っていたかも?
  (実際には全て売り切れていました)


 近場(苫小牧)で、自分のペースで安定釣果が得られるなら、是非欲しい気はします。(資金は、陸っぱりタックルを全部売却して...)一番の問題は、強い潮流ですね。アンカーはほとんど効かないでしょうし、流し釣りでは流されすぎる気がします。バスボートのようにエレキも併用すれば良いのでしょうが高いですね。根掛かりすると船が引っ張られますし、最悪の場合潮流に負けて、帰れなくなるかも???う~ん、悩みます。 

ポテンシャルでの今回のお買い物

 今回の買い物は、バカ高いシンカーと、フックが主でした。フックは、スイミングマレットや、ガルプシュリンプをテキサスするためにゲイプが広いタイプもいくつか購入しました。たったこれだけでも八千円超えました。
ポテの買い物
 ロストするとお金がかかりますよね~。ジグヘッドだとロストしてお金がかかるので、ジグヘッド用のワームもテキサスにしちゃおうという姑息な作戦です。

※帰ろうと思ったところ、まだ多少はガソリンがあったはずなのに何故かガス欠。おそらくポテの駐車場が急坂なのでタンクの液面が大きく傾いて、ポンプで吸えなくなったんでしょう。仕方ないのですぐ側のスタンドでガソリンを購入して給油しました。生まれて初めてガス欠させました。 
ガス欠

土曜は雨だったので、釣りはやめて『空海展』

 土曜日はあいにくの雨...釣りはお休みにして道立近代美術館で行われている『空海マンダラ ― 弘法大師と高野山』に行ってきました。
 ありがたい展示を見に行く前には、『はな丸』でラーメンを美味しく頂いていきました。

 さて、展示ですが、撮影禁止なので写真はありません。
空海1
 内容は、素晴らしかったです。特に、夜中には歩き回っているとしか思えないハードコアな仏像達激しく萌え~でした。
 巨大な曼荼羅には、バルゴのシャカから『天舞宝輪』を食らった気持ちにさせられました。巨大な曼荼羅の復元が後10年くらいで出来るようです。是非見てみたいですね。
 ちなみに今回は、前職場の方と再開しました。この前のスターウォーズ展では出入り業者の方とお会いしました。次のダリ展では誰と会うのでしょうか???
 
 お土産ですが、マンダラポスターが欲しかったのですが、写真上方大1万、中でも5千円というあまりにもありがた値段でしたので諦めて、1枚500円の小さな紙にしました。 
ポスター空海
天舞宝輪

 実は我が家は真言宗でも何でもないのですが(嫁の先祖は真言宗のお寺さんだったらしい)、四国に住んでいた時に『八十八ヶ所巡り』を自動車でやっています。(別格20ヶ所を含め百八ヶ所+α)その時は、私と嫁と、腹の中にいた長女の三人でした。以下の写真がその時の納経帳と、御身影です。(写真下が開いたところです)
納経帳
納経帳2

 その後、ポテンシャルによって、しんこさんところに顔を出して、夕食はもちろん『ヴォイジュ』で、『続・新曼荼羅』辛さ三番カリカリポークトッピングを頂きました。
 続新マンダラ
 夜食と朝食用ににボストンベイクを購入し帰宅しました。(これで千円くらい)
ボスベーのパン


※八十八ヶ所巡りで印象的だったことは、すれ違いのご老人に『若いのに信心やねぇ~』と言われて手を合わせられて拝まれたことと、何故か解りませんが、どうしてもカメラのシャッターが降りない場所があったことです。

ゴムボ試乗会の後は『チョコレートファクトリー』

 今まで1度も行ったたことがなかったので、利尻富士がパッケージの「白い恋人」で有名な石井製菓の、『チョコレートファクトリー』に行きました。

 お金を払って、色々な物を見学できます。以下の写真は不良品を廃棄したり(写真にはありませんが、足下のゴミ箱)、チョコとクッキーの貼り合わせ失敗品を人力で貼り合わせている場面です。(まな板の上が、人力再生品)
不良品は図示
 このようなスィーツも食べられます。ジュースや名物のホットチョコレート有料なので、飲み物は水です。スィーツも4人で3個で我慢です。手前のが甘酸っぱくて美味しかったです。右後ろのチョコミルフィーユは、昔食べたチューブ入りチョコの味が良かったです。イチゴのミルフィーユは普通。 
スィー津

 その他に500万円のお宝もある、ブリキのおもちゃ館もありました。裏手に普通のフィギュアもありましたが、展示の仕方等、愛情や気合いが入っていませんでした。石屋製菓には志のあるヲタクは居ないのか??? 
ブリキ展示
 裏手で、キャンディキャンディ発見!!!!!
キャンディキャンデイ
 昭和のセットもありました。
昭和

 外に出ると丁度からくり時計の時間で、機械が泡を吹いていました。
泡
 全然期待していなかったのですが、意外と遊べました。入場料がいらない部分でも小さい子なら十分楽しめます。家族連れや、恋人同士でいかがでしょうか。

超絶特選素材 食べたよ!!!

 さてどうやって食べようかと言うことになりましたが、無難に鍋!!!無難にみそ味。

 そうこうしているうちに、出来上がりました。(ついでにいばらガニも入っています。)
ちょうちんアンコウ鍋
ちょうちんアンコウ鍋2
 白いのが身、透明が骨に付いたゼラチン質です。お味の方なのですが、非常に繊細な味で美味でした。やはりごっこに似た感じはします。さかなクンを呼べば良かったと思いました。ここまで飛んできてくれたかな???(半分は揚げてもメチャクチャ美味しかったと思います。)

 皮は棘が有るので食べませんでした。皮膚の一部と、ちょうちん部分は、標本用にすぐにきちんとホルマリン漬けにしました。
ちょうちん付け

 ノアールさん、今回は貴重な体験ありがとうございました。今回集合された皆様、仲良くしていただきましてありがとうございました。
 特選素材は、マンボウ(私は未食)→クリオネ→ちょうちんアンコウと来たので次は、リュウグウノツカイでしょうか???

さかなクンHP:http://www.sakanakun.com/

超絶特選素材発表!!! そ・れ・は....

超絶特選素材発表!!! そ・れ・は....
ちょうちんあんこう
 チョウチンアンコウ!!!先日の写真はちょうちんの部分です。

 チョウチンアンコウは、マンガとかではよく見かけますが、現物にはまずお目にかかれません。相当な深海に生息しており、水圧が足らないため、水族館でも飼育できません。私がよく利用している、超マニアックな魚HP『市場魚貝類図鑑』にすら出ていません。
市場魚貝類図鑑HP:http://www.zukan-bouz.com/mokuji.html

 ノアールさんが、えりもに遠征した際にたまたまお店で見かけたそうです。入手先は謎だそうです。お店の人も初めて見たそうです。
 最初は30万だといわれたそうですが、1万8千円に値切って???購入したそうです。
 この珍しい食材を食べに、我々家族や、村雅さんような一般民間人に混じり、超ビッグな方まで来訪されたのですが、ちょっとそれは秘密にさせて頂きます。 

 各部位の写真です。まずはちょうちん部分。棒の部分は骨?軟骨?でしょうか。ルアーの部分は非常にしなやかでリアルです。2枚目の写真のちょうちんの根もと部分には、極小の目も見えますが解りますか?(お腹は開いてあります)
ちょうちん部分
ちょうちん部分2
 尾ひれは飾り程度の能力しかなさそうです。
ちょうちん尾ひれ

 村雅さんが慣れた手つきでドンドン解体していきます。皮の感じや、コラーゲンたっぷりの感じが、ごっこを思わせます。皮には所々に棘がありました。何のため??? 
ちょうちん解体
 皮をひんむいたら真っ白く柔らかい身が出てきました。
ちょうちん解体後
 とりあえず、解体完了です。次は調理です。

札幌に行ったのでスープカレー『プルプル』

 『すみれ』で不完全燃焼であったため、お口直しに冷凍カレーでお世話になっている『プルプル』に行きました。
 今回は、ナット挽肉ベジタブルの50番です。80番くらいにしたかったのですが、仕事まで時間が迫っていたのでライトに50番にしました。
ナット
 さすが冷凍とは違って、納豆の切り口がシャープで芯があります。粘りけもオクラパワーも加わって恐ろしいほどです。スープカレーといえないほどの粘土です。普通のルーカレーより粘度が高いです。納得パワー全開のカレーでした。納豆好きには良いですね。納豆嫌いには良い罰ゲームになりそうです。

 サービスクーポンに関しての対応が非常に悪かったこと残念でした。お店に置いてあったサービスクーポンが使えるかどうかを尋ねたのですが、内容を店員が誰も把握しておらず、しばらく話し合いをした後、『サービス内容はこちらです』と一度私に差し出してから、後ろの(偉いと思われる)店員さんが急に気が変わったらしく、横柄な態度で横から入り込んできて『クーポンは、次の来店からお願いします』と言って、急に引っ込めてしまいました。もう2度と、お店には行きません!!!!仕方ないので冷凍カレーは使用すると思いますが...

札幌に行ったので、クリオネに次ぐ超特選素材!!!

 ラーメン、スープカレーと食べて、タクシーで仕事会場に向かい、ひと仕事を終えて、我が家のお姫様達と合流し(←女子供どもと書いていたのですが、聞き直しを命じられました)、ノアールさん宅へ向かいました。

 前回のクリオネに次ぐ超特選素材が入荷したとのことでした。その一部の写真を公開します。(もう寝ますので今夜はここまでです)クリオネよりも激レアです。ノアールさんが1匹30万円のところ、1万8千円で入手してきたモノです。
謎の物体

札幌に行ったのでラーメン 『すみれ』南3条店

 札幌出張で時間があったので、『すみれ』南3条店に行ってきました。このブログを書き始めてからは、初めての『すみれ』です。
 私にとっての味噌ラーメンナンバーワンは、旧店舗時代の『純連(じゅんれん)』なのですが、現在なら『すみれ』本店です。本店は遠いですし、込んでいますし、滅多には行けません。
 今回は、新しい支店である南3条店に行ってきました。『てつや』と同じ千歳鶴ミュージアム・アネックスに入っています。(この写真の向かいのビルです↓写真ははミュージアムの方です。)
すみれの向かい
 既にサインはたくさんありました。 
すみれサイン

 味噌チャーシュー大盛りでいきました。
すみれ 味噌 大盛り
 ぱっと見た感じ、色と雰囲気が違います。一口目も、現在の『純連(じゅんれん)』のスパイス使いに近いモノを感じました。
 『すみれ』といえば『すみれ』なのですが、う~ん、これなら『すみれ』出身者のお店の方が間違いなく美味しいと思いました。『すみれ』は新横浜店、小樽店も食べていますが、それらと比較しても明らかに劣る感じでした。ちょっと残念でした.....今度は本店でリベンジしたいです。

すみれHP:https://www.sumireya.com/
※『すみれ』『純連(じゅんれん)』は賛否が大きく分かれるお店ですね。(油が多く、味が濃くて、香辛料や化調?も多い)私は大好きです。ラーメンのお店をネットで探すときに、『すみれ』が好きかどうかで判断が出来ます。『すみれ』嫌いの人とはどうしても好みが合わないですね。『すみれ』が好きな方なら、私のブログのお店はそこそこ合うと思います。(好みに全く合わないお店は紹介していないです)

今日の釣りしんより...20~30匹???

 今朝の釣りしん、tukatukaさんの勇姿が素晴らしかったのが印象的でした。もう一つ気になったのがこれ。
20~230記事
 実は、5月6日夜中2時に帰宅して、その日の夜にへろへろながら一本防波堤に行ったんですよ。途中から大雨になってびしょぬれになりながら釣りしました。しかし、結果はこれです。
GWソイラスト
 25センチくらいのを2匹キープです。小さ~いのまで入れれば10匹くらいは釣れたかもしれませんが、貧果でした。まわりも釣れていなさそうでした。釣れる人は釣れるのかな~???う~ん....
それに、この時期は相変わらずガルプのシュリンプにしか反応がないですね。

函館といえば『ハセスト』のやきとり弁当

 函館のコンビニといえば、『ハセガワストア』通称ハセスト。
『一文字』で食事した後『湯ノ川観光ホテル』http://www.yunokawa-kanko.com/で日帰り入浴した後(大人1500円は高かったなぁ)、上磯のハセストに立ち寄りました。
ハセスト
 お目当てはもちろん『やきとり弁当』鶏肉じゃなくて豚肉だけど、やきとりでいいんです
 何だかやたらと多量にやきとりを焼いていました。作り置きしているのかな???と思ったら、待っていたお客さんに全部お買いあげされました。急いで私も注文しました。(他にも注文を受けたらしくまた多量に焼いていました。凄い人気!!!
やきとり弁当1
やきとり弁当2
 チープなんですが美味い!!!です。一部のセイコーマート(ホットシェフ)でもやきとりだけは食べられます。是非お試し下さい。

やきとりワイン
やきとり用ワインも飲みましたが、合うのか合わないのか微妙でした。竹田食品がよく売られていましたね。

ハセガワストアHP:http://www.hasesuto.co.jp/

函館といえば『ラッキーピエロ』

 函館で絶対に外せないのは、『ラッキーピエロ』ですね。
 今回はサクラが咲き乱れる並木道側の人見店に行きました。(『一文字』に行く前に食べました)
らっぴ

 すぐ側が満開の桜並木のためか、激混みでした。30分待ちましたよ。しかし、待った甲斐があった旨さでした。チャイニーズチキンバーガー(上)、トンカツバーガー(下)、それ以外にも酢豚、テリヤキどれもワイルドかつ美味でした。特に写真の2つはサクサクしてホント美味かったですね
らっぴ1
らっぴ2
 これが函館にしかないというのがもったいないですね。まさに函館のソウルフード。函館はあまりにもラッピの人気が高いために、マックやモスが少ない気がします。あまり見かけません。

ラッピのHP:http://www.luckypierrot.jp/

函館のラーメン『一文字』

 函館のラーメンといえば『あじさい』。新千歳空港にも入っていますが、味が芳しくなかったのでもう行っていません。GW中とはいえ、お昼3時、何とか食べられるだろうと思ったら....
あじさい混み
大行列。お向かいのラッキーピエロも混雑していたので諦めて、川湯温泉に移動しました。

 次に向かったラーメン店は、川湯湯ノ川温泉地区にある、お気に入りの『一文字』です。
一文字

 エビワンタン塩(上)と、醤油ラーメン(下)を注文しました。
一文字塩
いちもんじしょうゆ
 前回食べたときには、醤油が好印象でしたが、今回はかなり油も多く、醤油味きつめで少しくどく感じました。塩の方が美味しかったです。しかし、塩も前回より深みが足りない気がしました。今回はハズレだったのかな???

GW釣り ホッケ編 

 沖防アタックの後、激混みの大沼近辺を何とか通り抜け、函館観光をした後、松前に移動。松前港にて第4ラウンド 港ロックをするもボウズ。その場で宿泊。写真は次の朝撮った物です。
松前泊
実は面倒くさくて、最初は雨よけのフライシート無しで宿泊していました。ところが夜中に雨が降ってきて雨漏り発生!!!風雨の中、夜中にフライシートを張りました。
起床後、松前城にて花見をして、北上。第4ラウンド あちこちの港でロックをするもボウズ。仕方がないので、思い切って瀬棚まで北上。無難に久遠漁港を目指しました。久遠漁港に行く途中で、メチャクチャ小さな船揚場で釣り2人を発見(竿は2人で1本)、それも見た瞬間にホッケらしき物を釣り上げました。すぐさま車を降りて偵察したところ、もの凄い量のホッケ(1人で150匹程度)を釣り上げていました。群れがいなくなるといけないので、すぐさま準備して釣り開始。第5ラウンド ホッケ ワームで2匹上げたものの、食いも渋く、群れも小さく(20匹くらいの群れ)なっており時既に遅く、激渋!!!ほとんど釣りきられていました。しかし、宇和海でのグレ釣りのノウハウを活かしなんとか5匹ゲット。(合計7匹)一応食べる量が確保できました。それから久遠漁港へ移動。
 
 第6ラウンド ホッケリベンジ
 さて久遠漁港を見渡すと、ホッケ釣りの人がいました。丁度1匹上げたところでした。話を聞くと渋いとのこと。確かに足下で20匹ほど回遊しているものの付け餌は食べない。
 今回は最初から本気でいきました。宇和海でのグレ釣りを思い出して、フィネスシステムで撒き餌と付け餌を完全に同調させ、サイトフィッシングで臨みました。(竿はロック用)何とかポツポツあげることが出来ました。合計15匹。その間、他の人はほとんど釣れていませんでした。隣の置き竿の人は完全に0匹でした。渋い中、満足いく結果でした。(釣りきったので、最後は5匹くらいまで群れが減っていました)
久遠ホッケ

 第7~8ラウンド ロック
 暗くなってから、久遠漁港でロックしましたが私には来ませんでした。ブラー軍団は良型のソイやカレイを上げていました。その後、寿都港でロックするものの、これまた不発。今回の釣り遠征はこれにて終了となりました。千歳には夜中2時に到着。ホッケはフライや、干し物になりました。

※以前、長女がまだ生後4ヶ月の頃、礼文島でキャンプをしました。その当時はワカサギテントで寝泊まりしていたのですが、夜中に大雨になりずぶ濡れになったことがあります。ちなみに、ワカサギテントは、床もないですし、天井は防水にもなっていません。離島ですし夜中ですから、逃げ場もなくて大変でした。仕方ないので、そのまま寝ました。

GW釣り 瀬棚編 (その2) 沖防へ

第3ラウンド 沖防ロック
 サラリーマンZさんたちが、なんと瀬棚港に来て沖防に渡るとのこと!!!ご一緒させていただきました。詳しくはZさんのブログにもありますhttp://ch08590.kitaguni.tv/d2007-05-05.html
 瀬棚港での夜釣りの後仮眠を取って、夜中3時に出航!!!懸島側の沖防に渡りました。ただ、メチャ足場が高かったです。高いところは苦手です。
 さて、キャストをするものの激渋!!!でした。ちびっ子ソイがたまに釣れる程度でした。せこく足下を探っていたら、35センチくらいのアブラコがヒットしました。
瀬棚沖防アブ1
 血を吐きまくったので、キープして食べました。夜アブをあと2匹追加したあたりで、夜が明けました。
 ますます激渋!!!こうなったら仕方がないので、長めのお昼寝を交えつつセコ釣りに興じました。ヘチ釣り、穴釣り、テトラの際攻め、ワームはガルプ、針は小型でも吸い込めるゲイプが激狭のフックタフタイムスペシャルを使用しました。延々とセコ釣りを繰り返して、中~小アブは結構数釣れました。(船以外では小幌に次ぐ数釣り。アブラコ自体ワームではあまり釣ったことがありませんでした)
 やっと最後に、約40センチのアブが釣れました。(あまりに暴れたので正確ではないです)ただし、でっぷり太って引きは抜群でした。45センチくらいかと思いました。ロックスィーパーだったので余裕でぶち抜けました。
瀬棚沖防アブ2
 瀬棚らしい大型は釣れませんでしたが、アブラコの数釣りが出来たので良かったです。あのゴンゴン当たりを堪能できました。今回ご一緒していただいた皆様ありがとうございました。
水上風車
最新の記事

先月釣ったクロソイがJGFAボート記録に認定されました 念願の12ポンドクラス Jun 16, 2019
渓流の宝石オショロコマ釣りに挑戦  Jun 15, 2019
ウニの季節となりました Jun 12, 2019
超貧果 ボート釣り 一応記録ということで... Jun 10, 2019
今年度初利尻山登山 ただし途中まで.... Jun 08, 2019

FC2カウンター

プロフィール

かにぬーと申します。 1967年生まれの80年代を愛するヲタクです。 利尻島の釣り情報をメインに発信していきます。

ブログランキング関係

一応参加しています。

にほんブログ村 釣りブログ ロックフィッシングへ 釣りの世界

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

プライバシーポリシー

当ブログでは、第三者配信による広告サービスを利用し、 ユーザー様が閲覧する他のサイト、興味のある広告を配信しています。

そのため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。

当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 を使用されないようにする方法については、 こちらを参考し設定変更をお願いします。
詳しくは、Adsense広告の、公式プライバシーポリシーをご覧ください。