FC2ブログ

北風ぴゅーぴゅー 釣りはOFF

 今日はmnさんと出撃予定でしたが、北風が強く断念しました。ゴムボートは風に弱いし、ましてや苫小牧は北風に弱いので全く駄目ですね。

 というわけで、久しぶりの釣り無しのOFF。ここしばらくは土日はボート、それに加えて平日の夜間にも必ず1回は釣行(ブログにはアップしていません)、それに加えて、ここしばらくは週1ペースで飲み会と、週7日のうち、3日は釣り、1回は飲み会で、週4日はハードに遊んでいましたので、ヘロヘロでした。(ついでに仕事も忙しめで...)

 今日は久しぶりに釣りから離れて、2馬力エンジンのメンテナンスを行い、札幌まで出向き、『ポテンシャル』で1時間半ほどかけて、1万円あまりの買い物をしただけでした。

6回目のマイボート出船 昼ソイを狙え!!!

 タイトルの、昼ソイを狙え!!!の理由ですが、マイボートではお昼しか釣りが出来ないからです
 お昼にソイを釣るには、早朝か夕方遅くです。しかし、夕方遅くは後片づけが大変、早朝は十分有りなのですが、本日は朝方北風の予報、泣く泣くmnさんと(2度目の出船)9時前に出船しました。(しかし、実際は予報が外れて早朝はべた凪だったようです。ギガ悔しす!!!)

 既に9時過ぎではあるものの曇天で低気温、思い切ってソイポイントに行きました。案の定無反応です。しかしその中、さすが切り込み隊長Jことmnさん、垂らし釣りでマゾイをゲットです。
 これならば釣れるかもというわけで粘りました。1時間ほど過ぎた10時過ぎでしょうか...すると押さえ込むようなアタリからぐっと重量がのりました。35UPのクロソイです。
 続いて、ぱくっと食いついた感触から一気に重量がのりました。ゴリ巻きすると、今季最高の40センチが釣れました。狙いの昼ソイが釣れましたよ!!!(写真は2枚とも40センチのやつです)
昼ソイ
昼添い

 その後しばらく続けるも反応が無くなったので、その近くの知らない場所で釣り。私もmnさんもカジカはポツポツ釣れるのですが、アブラコが釣れません。大きく場所を移動していつものポイントに行きました。ここで何とか50センチほどのアブをゲットです。
いつものアブ

 それからは、2人とも中型のアブだけでした。お昼になり日が出てきた頃テトラ帯で、テトラの隙間に上手く落とし込むとフォール中に良いアタリが出始め、私が45センチのアブをあげ、いよいよ調子が出てきましたが逆にエンジンが不調になったため切り上げて帰港しました。(船上でチェックしたところ、プラグがススだらけでした)
 ただ、ゴムボートではテトラ撃ちは、相当やりにくいです。まず、テトラに接触すると穴が開くので距離を取らないといけない。根掛かりすると、テトラに引っ張られて危険。視線が低いので、沈みテトラのポイントがつかみづらいですし、垂直フォールが難しい。アンカーを打つので、多数のポイントは攻めづらい。(今日のようにエンジンが不調だと無理)おそらく普通の遊漁船で今日の状況なら、かなり釣れたと思います。

 昨日今日と結構渋かったのですが、毎日毎日多くの船に撃たれて、大量にキープされていては、もちろんスレますし魚も減りますね。

テラバックラッシュ

 今日はmnさんのベイト初体験。タックルは先日購入したばかりのハイコストパフォーマンスなプロックスのブチヌキセットです。

 砂浜で、まず第一投。これぞテラバックラッシュ。久しぶりに見事なものを見せていただきました。
バックら1

 普通この有様ならスピニングに持ち替えて出船するところですが、そのままベイトのみで出船しました。これぞ漢ですね。そのため前半戦はキャスト練習と垂らし釣りでした
 途中からブレーキをMAXにしめ込んで投げたところ意外にいけると言うことで後半戦は短距離キャストして臨みました。しかし、帰港時には中距離キャストは出来るようになっていました。
 私はマスターするまで、もっと時間がかかった気がします。ただ、ベイトを購入したのは確か小学6年くらいの頃でしたが...(シマノバンタム100EX)

 ベイト初体験のお約束です。戦い終わった後のラインです。もちろんかなり減っています。
バックら2

幼稚園最後の運動会そして...

 今日は、下の娘の幼稚園最後の運動会でした。その後、マイボートで出撃してきました。私と嫁と下の子の3人です。

 夕方5時に出船となりました。ちょっと風が強いのが難点です。いつもお世話になっているシーホーク、シーホースや、ようていが近くにいました。
 夕方なのでソイを期待しました。中アブを2匹ほど釣った後に、一応釣れました。マイボート初ソイです。小さいです。 
ゴムボ初ソイ
 その後かなり良い引きがありましたが、バラしてしまいました。それからまたしばらくして、丁度50センチくらいのアブをゲット。
初ネット
 船用に購入したラバーネット(魚を傷つけない、仕掛けが絡まないという利点があります)ただ、底が浅くて飛び出してしまいそうでした。日が陰ると、ビックリするほどアブラコのアタリが止みましたが、その後頑張って45センチを1匹追加しました。

 ソイポイントにも移動しようと思ったのですが、風が強く断念しました。近場でソイを狙いましたが全くの不発。暗くなって片付けが面倒くさいだけでした。やはり帰港は早めの方が楽ですね。

やっちゃんと村雅さんにアブラ神降臨....私には...

 昨日出航できなかった鬱憤を晴らしに、急遽メンバーを募って苫小牧沖流しリベンジ!!メンバーは私と、昨夜は一本防波堤にいたやっちゃん、昨夜は岩内沖防で夜明かしした村雅さんで、他2名と乗り合いです。船は昨日の予定通りの、シーホースの兄弟船のエアフォース。
 
 まずは2週間寝かせていた離岸堤へ!!!予定通り、村雅さんが1投目から45アップをヒット。しかし、なかなか渋いです。それから続きません。この写真は1匹しか釣れなかったときのために最初の1匹を撮ったものです。(45UP)
網のアブ
 同サイズを1本追加して終了となりました。その後東港へ移動となりました。そこでは中型~45センチ前後を数本揚げましたが今ひとつ爆発しませんでした。
 その後、私のリクエストで場所替えしたのですが、これが当たりました。

 アブラ神降臨です。まずは村雅さんに降臨しました。45UPを立て続けにあげていきます。最後の〆は54センチのランカーサイズでした。次にアブラ神が降臨したのが、やっちゃんです。40~50センチのアブラコを十数連発です。まるで白老のようでした。

 そして私にはアブラ神降臨せず...今回はデカワームにこだわったのが良くなかったのか...釣れれば45UPなのですが、数は普通....しかし、一応51センチは釣れました。下の写真は船長のお土産用にキープしたアブラコです。1番大きくて黄色いのが私の釣った51センチです。(何故かいつも黄色くて大きいアブラコが良く釣れます)あまりにやっちゃんが釣ってはブッコ抜くので、私もついブッコ抜いてしまいました。51センチもあったなんて...礁楽タソ、無理をさせてすまなかった...やっちゃんのは後で聞いたところ、超ヘビー級ロッドだったそうだ...
金アブ

 さてそうこうしているうちに、夜のソイタイム...のはずですが、天気は良いし、もうすぐ夏至だし、全然暗くなりません。ソイも活動を開始しません。撤収寸前で小型がポチポチ釣れてきます。私には1匹も釣れませんでしたが、最後に来ましたよ。38センチ。刺身で食べるには一番美味しいサイズですね。
ソイ38センチ
 ソイはいよいよこれからという感じの時に終了。私にはアブラ神は降臨しませんでしたが、やっちゃんは史上最高のアブ爆釣、村雅さんもアブラコの自己記録更新となり良かったです。

苫小牧沖流し!!!爆釣!!!  のはずが....

 今日は、私、しんこさん、やっちゃん、カイジさん、しげさん、mnさんの6人で苫小牧沖流し。

でしたが、強風で中止...


 仕方がないので、マイボートで出撃してきました
写真海

 出撃しました。私と嫁と、次女の3人で...でも写真有りません。写真を撮る間にみるみるうちに沖に流されていきます。アンカーをうっても流されます。エンジンはプラグの整備をしたので快調だったのが救いでした。
 それでも沖のポイントに行こうと思いましたが、防波堤の切れ目まで来たところ、ますます風が強まり波も強くなりました。諦めてUターンしました。
 帰りが向かい風で、女子供どもはびしょぬれになりました

 一応釣りもしましたが、底が取れず、すぐに諦めました。今回の釣行でひとつ気が付きました

釣り船が出航しない日は、ゴムボートでは無理!!!

ノアールさん宅にてヒラメパーティー

 先日、ノアールさん宅にて、ちょうちんアンコウパーティーに続き、ヒラメパーティーが行われました。
 利尻から直送された、65センチの大型ヒラメ、生きたウニやホタテ、ツブ、激ウマの匠の作ったホッケ開き、生きの良い大蛸、相変わらずの超豪華特選素材てんこ盛りでした
 ヒラメと大格闘を演じてさばいてくれたのは、村雅さんでした。この日のために、ノアールさんは直前に宮文金物店で鋼の高級な出刃包丁と、柳刃包丁を購入してきたそうです。(本当は研いで数日後に使う方が良いそうです)
ノアール宅ヒラメ
ヒラメ 皿

 これは秘密なんですが、解体中エンガワをだいぶ食べちゃいました。また一方、ヒラメをさばいている最中、これも秘密なんですがウニを沢山食べちゃいました。大きいウニですね。(私は煙草は吸わないです。大きさ比較用です。)ホタテも刺身でメチャクチャ食べてしまいました。
ウニ 利尻
 これまた秘密なんですが、我が家からは、やきとりを持ち込んで炉端で焼いたのですが、みんながそれにつられて食べている最中に色々食べさせていただきました。

 お土産にタコを頂きました。我が家でちゃんとタコシャブ、タコ炒め、たこ焼きの具として冷凍となりました。保冷剤の代わりとしていただいた冷凍真カスベは煮物で美味しく頂きました。 
カスベ

 ノアールさん、おかげさまで北海道の海の幸をこれでもかと言うほど味わうことが出来ました。ありがとうございました。

釣りキチのやっちゃんと出航!!!

 昨日のmnさんに続き、今回はやっちゃんと出船です。やっちゃんは、釣りキチです。釣りキチのキチはキチガイのキチです。何故か放送禁止ではありません。放送禁止になると、「釣りキチ三平」を「釣りマニア三平」、「釣りヲタ三平」、「釣り熱中者三平」にするのでしょうか。キチガイという言葉が生きている希有な例ですね。
 やっちゃんはまさしく、釣りキチガイです。土曜日の夕方から室蘭の沖防波堤に渡り徹夜で朝まで釣り、仮眠の後私と苫小牧から出船となりました。でも、元気でしたよ。
 さて、いつもの出船場所はジェットスキーやらプレジャーボートで一杯のため出船できず。一本防波堤の基部から出船しました。(出るのは楽ですが、帰ってからの後始末が、砂だらけのため大変...)

 何だか風が強くて、やっちゃんはしぶきを被っています。ただ、昨日と違い、船底のキール部分に空気が入っているので、安定はしています。いつものポイントに着くと、流れが違いアンカリングに苦戦。またしても渋い。困ったときのガルプ頼りで中型1匹ゲット。その後、風波を避けられる場所に移動すると、当たりがあります。アンカーを降ろして、チマチマやっていると45アップの良いアブがヒット。良い感じになってきたと思いきや、その直後に急に潮が流れ出して食いが止まったため、移動しました。その後どこかで45アップを追加したらしい。(何処でかけたのか覚えがありませんが、写真には残っていました)移動の際は、エンジンをかけ直すのですが、今日も上手くかかりませんでした。
 その後大きく移動してあちこちをせめて、45アップを2本追加して終了しました。顔は保毛尾田保毛男風にイフェクトをかけてみました。  
ぼかしアブラコ
 今回は途中で大航海に出ました(といっても湾内ですが...)。エンジンの始動が不調で気になりつつ、日が暮れてきて時間もなかったので、軽~くですが色々なポイントを探ることが出来ました。これからの可能性を感じることが出来た1日でした。やっちゃん、色々ご協力ありがとうございました。

 それにしても、45アップまでは結構出るのですが、50アップはなかなか出ないですね。50アップが複数本釣れたのは、初めての白老沖流しの時と、小幌遠征だけですね。

6月9日はロックの日...だから、もちろん釣り 

 本日は6月9日。その語呂合わせから今日はロックの日です。国民全員がロックフィツシングをしないといけない日なので、もちろん出撃してきました。
 もちろんマイボートです。今回はmnさんと一緒です。この前の沖流しでは、mnさんは数はそこそこ釣れたものの、45センチクラスの苫小牧レギュラーサイズにはお目にかかっていないので、それを釣ってもらおうと思いました。(出来ればいきなり50アップを釣って、しんこさんを抜くという裏の目標もありました)

 さてお昼頃に出航となりました。今回は準備もスムーズでしたが、船底キール部分の気室バルブの調子が悪く、その部分の空気がほとんどはいらない状態で出船しました。何かグニャグニャして上手く走りません。しかし、沈みそうにはないので、あまり気にしないで沖にGOです。

 さてアンカーを降ろして。釣り開始です。当たりがありません。しばらくして当たるものの、コツンで終了です。渋いです
 しかし、そうこうしているうちに、mnさんのピックアップ中に45センチのアブヒット。早速目標達成です。続いて、カジカ40センチ(1.5キロ)をあげました。写真の魚の左側をよく見ると吐きだしたクリ蟹が見えます。
カジゴンmn
 その後も同じサイズのカジゴンを追加していました。こちらも同じくお口の中には蟹が...
口にカニ
 それからも中小型のアブをヒットさせていました。
 こちらは帰港してからの写真です。結構大きいでしょ。しかし残念ながら、打倒しんこさんならず...
mnさんの初釣果

 私の方は、最初全然釣れず、困ったときのガルプ頼みで、アブラコ45センチ×2匹、中小型数匹。そして最後におそらく50アップの1匹をヒットさせました。(船の上では、正確に測定が出来ません)
50アップだと思われるアブ

 空気不足でしたし、途中でエンジンがかからなくなったり(チョークで解決)、トラブルもありましたが、まあまあの釣果だったと思います。
そうそう、大きい魚がかかると、船が引っ張られて回ります

ボート釣りに持って行く物一覧

 このブログは基本的には備忘録です。そこで今回はあくまでも個人的なメモとして書きます。ボートに持って行く物一覧です。ただし、これからボートをはじめる方には役に立つかも???

①本体
ボートの大袋+座板とオールのセット+エンジン+床保護用キャンプシート+防舷材(発注済み)
②組み立ての時使用
ドーリー+金具セット+電動エアポンプ+ブルーシート
③積み込み品
装備1
竿は1本のみ(多いと邪魔) 我が家のエースの礁楽+アンタレスセット
ネット:絡むと大変(船に穴が開く)なのでラバーネットを注文済み(魚は大きいので必需品)
タックル:いつものポーチ型よりハードケースの方が使い良さそうだ
装備2
予備のガソリンタンク:5リットルは大きすぎた。
(ただし予備がないと駄目。タンクの1リットルは完全に使い切った。)
足踏みポンプ:かなり邪魔だけど、いざというとき必要らしい
バケツ:火災消火用と、シーアンカー、その他
説明書各種:ぬらしたらどうしよう...
収納ケース:ヘラブナ用であるが背が高すぎて邪魔。小さいのに替えたい
装備3
ボガグリップもどき:ケムシカジカが釣れるので必要
アンカーロープのバケツ+アンカー
④御片付け用
洗車ブラシ
仕上げ用の15リットル分の真水

⑤買わなくちゃいけない物
アンカー:今回も漬け物石かな
ナスカン:大きめのエンジン固定用、タックルBOX固定用
尻手:竿の流され止め(コイルコードは購入済み)
ハードで小型のタックルBOX
発煙筒
標識用の旗

船本体+エンジン+その他諸々2万円くらいは見ておかないといけませんね。
ちなみに、クーラーボックスもスカリも無し。(置く場所がないので、オールリリース。まあ大抵はリリースなんですが)

車の中の感じ
車の中

進水式!!!   そして、いきなり釣り!!!

 一昨日は、第一回目の苫小牧沖流し。昨日は業務→飲み会。そして本日、疲れが取れないまま、嫁と2人でマイゴムボの進水式。べた凪でゴムボには最高の条件でした。
 進水の場所は苫小牧東の砂浜。準備はオイルを入れたり、ガソリン入れたり、コーティング材を塗ったりしてたっぷり90分。(次回からは30分くらで出来るかな)。大変だったのがタイヤも付いているのですが、重すぎて砂浜までの移動がゲロ辛ス。
進水式
 エンジンは新品で十分な慣らしが必要とのことでしたので、しつこいほどアイドリングをしてエンジン半開以下でボチボチ出船。近場から攻めていきました。
 何カ所目のポイントで当たり頻発。これが第1号の獲物です。40センチ弱のアブラコでした。
第1号アブ
 お次は45センチくらいのグッドサイズ。
2匹目アブ
 3匹目はグッドサイズ、何故かナイスファイトのケムシカジカ。
ケムシカジカ
 その後も45センチクラスが4本ほどヒット。(合計7本)そのうち最高は50センチ弱だと思いました。(船が狭いことと、アブラコが暴れると船に穴が開くので、ネットで針を外して即リリースです。ネットは大活躍でした。)

 その後喰いが止まったので、場所替えをして臨みました。風が吹いてきたこともあり、やたら流されます。当たりはあるのですが乗せられません。なんと、漬け物石のアンカーが外れてロストしていました。 
 その後もアンカー無しで臨みましたが、激しく流されて当たりはあっても乗せ切れませんでした。というわけで諦めて終了。
 実釣2時間で、ほぼ一昨日並みの釣果。これはなかなか幸先良いスタートとなりました。

 船を降りて、また砂浜を引っ張ります。この距離がきついんですよ。(最終的にはこの4倍くらいの距離)前輪を着ければ少し楽かも?
ひきずり
 お片づけは50分弱でした。これは毎回このくらいはかかりそうです。
 毎回このくらい釣れるのなら、十分有りだと思いました。しかし、毎週沖流しに行ける人には不要だと思います。めんどくさいですし重いです。どちらかといえば、スローフィッシングですね。

苫小牧沖流し 今季1回目

 激しく低水温が続いていた太平洋もいよいよ開幕。しんこさんのお休みに合わせて、苫小牧沖流しに行っていきました。
 メンバーは、私、しんこさん、mnさん、しげさん、やっちゃん、かいじさん、村雅さんです。
 本格的なロックは初めてのmnさんは行く前に私の撃ちに寄っていただいてタックル等のチェックをしました。
 
 さて、浜厚真漁港の真栄丸さんで3時出船でした。さて、第一投目からアブラコラッシュと思いきや.....反応無し
 昨年の悪夢が思い出されます。(昨年はROKUさんが52センチを釣ったのみ)
 ところが、mnさんが、ケムシカジカ、30センチ級のアブラコと、釣り上げました。魚が居ないわけではないということが解りました。そうこうしているうちに、45センチくらいのが来ました。写真を撮る瞬間に暴れました。
元気が良いアブ
 それからはしげさん情報のスイミングパターンでパタパタ釣れだし、45センチ前後のサイズが合計6匹くらい釣れました。(ワームは色々)これが最大の49センチです。
49センチアブ
 
 魚の写真はこれにておしまい。理由はこれ以降まともなサイズが1匹も釣れなかったからです。50センチオーバーが釣れたら写真を撮るつもりでしたが、その後終了まで釣れず終いでした。なんと、ソイは0でした....あまりといえばあまりの食いの悪さ....

 というわけで、ヘロヘロになり帰船。
お帰り
 釣果はイマイチで、特記事項も少ないのでとっととアップしておきました。次こそ爆釣したいです。
         
最新の記事

先月釣ったクロソイがJGFAボート記録に認定されました 念願の12ポンドクラス Jun 16, 2019
渓流の宝石オショロコマ釣りに挑戦  Jun 15, 2019
ウニの季節となりました Jun 12, 2019
超貧果 ボート釣り 一応記録ということで... Jun 10, 2019
今年度初利尻山登山 ただし途中まで.... Jun 08, 2019

FC2カウンター

プロフィール

かにぬーと申します。 1967年生まれの80年代を愛するヲタクです。 利尻島の釣り情報をメインに発信していきます。

ブログランキング関係

一応参加しています。

にほんブログ村 釣りブログ ロックフィッシングへ 釣りの世界

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

プライバシーポリシー

当ブログでは、第三者配信による広告サービスを利用し、 ユーザー様が閲覧する他のサイト、興味のある広告を配信しています。

そのため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。

当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 を使用されないようにする方法については、 こちらを参考し設定変更をお願いします。
詳しくは、Adsense広告の、公式プライバシーポリシーをご覧ください。