FC2ブログ

湯治に行っておりました登別カルルス「鈴木旅館」2泊3日

 年末29~31日まで、家族そろって嫁の腰湯治に行っておりました。場所は登別カルルス「鈴木旅館」です。
鈴木旅館HP:http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Icho/5152/
 100年以上の歴史がある旅館です。ここを選んだ理由は、安いからです。家族4人(夫婦+中1+幼稚園生)で2泊3日5食付き(夕・朝・・夕・朝)で、合計3万7千円。これでも結構安いのですが、職場でもらえるクーポンが使えるので合計2万1千円となり格安です。(4人で1泊食事付きで1万円の計算)いつもは車中泊かテントでの野宿ですが、この値段なら我が家も宿泊することが出来ます
鈴木旅館

 元々湯治宿なので、リッチさは求められません。かなり古いですし、トイレやお風呂、洗面所は今時共同です。しかし、清潔感があり清掃も行き届いた感じです。部屋もまあまあ広いです。部屋のど真ん中に移動中の真っ白いオーブが写っていますが、何処で写してもオーブは写るので全く問題はないでしょう。
部屋オーブ
 到着した日は雪が酷くてTVがろくに写らなかったとか(おそらく衛星放送のため)、冷蔵庫が電源は入るものの全然冷えないとか(冬なので窓の外に置いておけば全然OK)、ドアの鍵がおかしくなって途中からオートロックになったとか、些細なことはありましたが、それは愛嬌と言うことで....

 食事は湯治宿ですから、野菜・山菜・魚介中心で健康に良さそうなものが多かったです。しかし、意外と量もあり、美味しかったです。(他のお客さんにも好評でしたね。)食べ飽きない感じでした。秋は食材がとれるので、もっとリッチな食事になるそうです。
夕食事

 お風呂は小さめで割と地味です。泉質も見た目にも味的にも派手さはなく、ガツンとくる感じではなく地味に効く感じです。(派手すぎないので、湯治には良さそうです)しかし、毎回1人でほとんど貸し切り状態でした。湯量も豊富で、館内の全てのお湯は温泉のようです。(源泉が75℃のため湧水で加水)ペットで飼われていた亀の水も温泉だそうです。(拾われてきた、どでかいミドリガメ)
亀吉
 温泉も良く、食事も良く、サービスも良い(自動販売機等も普通の値段)、とても良い温泉宿でした。基本的なリッチさは皆無ですが、浴場独り占めは、かなりリッチですよ。

 途中、地球岬に寄ったり、帰りにはウトナイ湖に行き白鳥と遊びました。しかし、あくまでも湯治ということで私は上着を持って行っておらず、風びゅーびゅーの屋外でシャツ1枚だったので寒かったです
地球岬

白鳥

「黄金伝説」を5時間も観てしまった

 あまりTVは観ないのですが、「いきなり黄金伝説」を5時間も観てしまった。観た理由は、知床の羅臼が出ていたからです。紋別市に住んでいた頃は良く釣りに行きました。
 今回のOAでも、色々馴染みの場所が出ていました。マス釣りをした天狗岩、ロックフィッシュをした(おそらく)松法漁港、入浴した瀬石温泉等、見慣れた風景でした。 5時間はいくら何でも長かったですが、まあ何とか観ることが出来ました。西表島と、三宅島の映像も良い感じでしたね。裏番組のカジキ釣りも気にはなったんですが、こちらを観てしまいました。

待望の「山下商店」大復活 博多ラーメンの雄

 札幌市北郷にあった「山下商店」が消滅し、千歳市内に屋台として復活しました。しかし、またいつの間にか消滅してしまっていたのですが、また復活しました。今度はちゃんと店舗営業です。
山下商店門構え
 内装は意外とこぎれいな感じです。カウンターで5席ほど。テーブルで4人ほどでしょうか。駐車場は冬場なので数台程度です。
内装

 ラーメンは相変わらず旨かったです。九州人の私も大満足の1杯でした。もちろん麺は細麺のバリ硬です。
ラーメンバリ硬
 なんとライスは無料。トッピング用の辛子高菜で食べられちゃいます。まあ、自分はラーメンは替え玉でお腹一杯にする派ですけどね。なんと、オープン2日目の今日は半額でした。(明日はどうなるのか解りません)九州人の私はこれからガンガン通っちゃいますよ。

※場所は千歳市の青葉1丁目あたり、川南通り添いで日の出歯科向かい。隣が赤ちょうちん。定休日はまだ決めておらず、営業時間は11時くらい~夜10時くらい。年内は無休だとのことです。

(追加情報)昨日今日(日曜と月曜)また行ったのですが、昼2時でスープが切れたそうです。食べられなくて残念です。もともと沢山はスープ作れないそうです。

タモリ倶楽部「ダイナミックオーディオ5555」訪問記

 北海道でも先日1週遅れながらも、タモリ倶楽部のダイナミックショッピングが放送されました。内容は、ゲストのコブクロとともに、秋葉原にある日本最大のオーディオショップであるダイナミックオーディオ5555に行くというネタです。

 5555には私も今まで何度か行っております。好きなお店です。主に7階(最高級品のフロア)の川又さんにお世話になっています。もちろん、一番安いアクセサリー(付属品で数万円クラス)くらいしか買えません。ほとんどの商品の本体価格が数百万~千万円の単位です。全開の訪問時には、そのフロアの高級ソファでうちの次女は爆睡していました。
 クロさんのオーディオはベーダブ802+ムンドという非常にベーシックな組み合わせだったのに対し、コブさんはアンプにダールジールを持ってきたりと超マニアックだったのが驚きでしたね。
 オーディオマニアには大満足の内容でした。しかし、普通の人が見ても結構面白かったと思います。1800万円のLPレコードプレーヤーとか、250万円のスピーカーケーブルとか、マイ電柱の話とか色々ありましたからね。普通の感覚より3~5桁くらい値段が高かったですからね。まあ、未知の世界という感じでしょうか.....

※本編の中で、フォノイコライザーを聴き比べるという企画があったのですが、TVでも僅かながら差が解りましたね。私もPASSが一番良いと思いました。(実は音源は全く同じだったりして.....)

 なお、映像の続きは、リンク先の YOU TUBE の最終画面から飛べます。

凍死か大物か? 今シーズン ラストボート!!!

 金曜日の夜遅く仕事から帰り天気予報を見ると土曜日は凪っぽい。しかし、いいかげん疲弊しているので釣りは無理か???翌朝起きて、やはり行ってみることにしました。しかし、イキナリの出船のため、同船クルーは、寒がりで今日は体調不良の嫁、幼稚園年長組の次女となりました。

 気温は一応プラス、コンビニに寄ったところ、空から白い物が降ってきました。その時嫁は「雪虫だぁ~」いえ、それは普通に雪でした
 さて出船ですが、既に2時半過ぎ、風も出てきていいかげん寒いです。でも無理矢理出船。ポイントに着くとすぐさま当たり、40センチくらいまでの中~小型のアブラコがポコポコ釣れました。
嫁アブラコ
 ただし、あまりにも寒くクルー2人は1時間もしないうちに下船。写真でも見て解るとおり、次女は開始10分で寒さのため不機嫌。

 クルー2人を降ろし、何と今回初めて1人で海に出ました。初めての1人釣りです。ボート広いです。
一人旅

 そして、中~小型ばかりでしたが久しぶりに大型が来ましたよ。45UPは格実。頭の大きさは50UP。正確には船が揺れて計れず。
久しぶりの大物


 暗くなってきて、風波も強まったため内湾に移動し、ノーアンカーで釣っていたところ30センチくらいのソイゲット。風で船がどんどん流されたため写真は無し。
 その後、あまりにも寒かったため私もギブアップ。船を出す関係で、ゴアテックスウェーダーを履いているのですが、結構水が浸みてくるので激烈に寒いんですよね。(阿寒湖でも動けなくなるほど冷えたことがあります)今回はフェルト部分が凍りついていました。

 ボートを仕舞うときもあまりの寒さでゴムが硬化して、なかなかたためませんでした。流石に今日が釣りラストかな?帰りには苫小牧の「極」で極味噌を食べて帰りました。寒い冬にはぴったりですね。

※次女は帰りに、「今日はパパに付き合わされて台無しになった。ボート大っ嫌い。もう絶対乗らない。早くお家に帰りたい。まほろばに連れて行って変面見せろ。」って騒いでいました。

そろそろラスト 心霊ネタ 恵庭市御神木

 もう1年以上前になりますが、恵庭市の御神木に行ってきました。その時は記事にしませんでした。噂では聞いていたのですが、たまたま見つけました。恵み野の川に並行して走る結構大きな道路で見つけました。その場所で、道路が曲がっていますし、立派なのですぐにピンときました。

 この御神木は有名で、切ろうとすると祟られる。道路拡張や、土地区画整理の時も切り倒される事も無く逆に道路が「御神木」を避けるように造られています。』と一般的には説明されております。確かに木を避けるように道路が造られていますし、沢山の切り傷がありました。

御神木アップ

 御神木のすぐ隣りに民家があったので、真相を確かめるべく突撃訪問をしました。大変親切な方で、この木に関するお話をたくさんしてくれました。結論としては「祟られない。植え替えが大変だからそのままにしているだけ。心霊騒ぎは困る。何十年も住んでいるけど何にもない。地元新聞には私の解説記事も載っているよ。」とのことでした。自分も何も感じず(いつものことですが...)、何も起こりませんでした。そのため、当時は記事にしませんでした。しかし、今回心霊つながりで掲載してみました。
 木の切り傷は、ただのイタズラのようです。結構痛々しくて酷い状態なので、絶対にやらないようにしましょう。

遠景
 訪問させて頂いたお宅の庭から撮影した木です。大きくて立派な楡の木です。雰囲気的に精霊が宿っても良さそうな雰囲気はあります。ちなみに、恵庭市保護樹林です。この先も切り倒されず、大切にされると思います。

例の(霊の?)写真を鑑定して頂きました

セミプロ級?の写真ヲタの方に、例の(霊の?)写真の鑑定を依頼しました。

EOS KISSの方(フィルムカメラ)
「えっ、心霊写真???」(笑い)
「全~然、普通~。ただのシャッター不調。良くあることだよ。珍しくない。」
「たまたま調子悪かっただけじゃない?」
(シャッターの原理から、そう写る理由の詳しい説明が続いた。)
結論「そのカメラは、そろそろ買い換えかな。」

デジカメの方
「オーブは普通に写る。何も変じゃない。」
「倉庫内の白い部分も普通にこう写るときはある。」
「我路校舎内の白い靄は、う~ん、俺には解らん」
結論「白い靄は、解らない」 

今度は霊能者に鑑定してもらいたいですね。

いつの間にか15万ヒット ありがとうございます

 2005年の10月下旬からスタートし、2007年4月16日に10万ヒット、そして昨日2007年12月3日で15万ヒットを記録しました。(ユニークビジター数)皆様、ご愛読ありがとうございました
 そろそろ釣りブログから、スキーブログに移行する季節ですが、現在は忙しいこともあり、更新は滞りガチで、ネタ的にも何故か心霊ブログになっています。このネタももう終わると思り、スキーやインドア趣味の話題に移ると思います。これからもよろしくお願いします。

産業遺産アタックは止めようかな....1眼レフの写真が出来ました

 この前に行った奔別炭鉱立坑と、我路地区の写真が出来ました。(面倒くさくて、単に出していなかっただけです。普通に写っているだろうと思っていましたし。)銀塩タイプの、EOS KISSで写しました。感度400のフィルムを使用して、屋外でフラッシュ無しで撮影たものです。(24枚撮り)

 嫁が出来た写真を取りに行って帰るなり、「写真が...」と言っているので、ギャグだろうと思ったのですが、写っていたのは24枚中6枚。完全に普通に写っていたのは、4枚。あやしいのが2枚。他は全て真っ黒だったそうです。(ネガを見ると真っ白)それも、きちんと写っている写真は不規則にポツポツありました。
 全て屋外での撮影ですし、全般的には曇りでしたが、晴れ間ものぞき、そういう時を選んでシャッターを切りました。感度は400ですし全く写らないとは思えません。(写真屋さんは、「室内でフラッシュ無しで写したらこうなりますよ。普通はこうなりませんし、私は初めてです。」と言うことだったらしい。)

 あやしい写りの2枚はこんな感じでした↓大したこと無いと言えば大したこと無いのですが...

1枚目:デジカメの内部撮影でオーブの写った建物外観の全体像なのですが、地面部分の雪は普通に白いのですが、建物部分+(空)は真っ黒。
2枚目:同じ建物の外観を下から仰ぎ見る写真。上部3分の1が黒


 2枚の写真自体は、たまには有るパターンかも知れませんが、これほどまでに写っていないというのは驚きでした。(同時に出したもう1本のフィルムは、普通に全てが写っていました。いつも普通に全部写ります。)

 ちなみに写っていなかったのは、奔別炭鉱立坑の正面写真(何枚も写しました)その他。我路地区の廃橋と映画館の映写室。

う~ん、産業遺産アタック止めようかな..... 少なくても写真は撮らない方が良さそうだ......


(12月4日追記)
 デジカメの写真を知人に見せるため、印刷しようとしたところ、いざ印刷用の画面にすると他の日付の写真に飛んでしまい、なかなか印刷出来ませんでした。他の日付だと普通に設定出来ます。何度か普通の日付を繰り返した後、何とか印刷できました。今は普通に印刷出来ています。不思議です。

オススメの日本ホラー映画 『輪廻』 優香が凄い 

ここしばらくお仕事が忙しいため、更新が滞っております。釣りもお休みです。年末まではこの調子となります。それでも毎日結構な数の訪問者がいらっしゃいますので、小ネタは出していきたいと思います。
 今日は先日家族で観た日本のホラー映画『輪廻』の紹介です。

 ストーリーは、あまり知らないで見る方がおもしろいので簡単に→「惨殺事件を題材として映画を作ることになったのであるが、不思議な現象が次々と起こり....」という感じです。
 ちょっと気になる点が有りはしますが、日本のホラーとしては別格の出来だと思います。ホラー好きには安心してオススメできる良作です。 
 日本のホラーは色々観ていますが、気に入ったのは、この「輪廻」と「リング」ぐらいですね。他は、見終わった後にがっかりして「時間を浪費してしまった....」と思う事が多いですね。
 残酷描写は、かなり控えめで、それ以外の部分で怖がらせてくれます。ストーリーもしっかりしておりお見事です。何といっても主演の優香が抜群でした。可愛いは、演技は凄いは、でホント見直しました。激烈に萌えました。(私は優香のファンでも何でもないんですよ)

 ついでにもう1本紹介しておきます。『心霊写真』。なんと、タイの映画です。

 タイの映画なんですが、最近日本でも作られないほどの、ベタな展開の幽霊物です。タイトル通りの、ひねりも何もないストレートなお話ですが、結構怖いです。何だか日本製のホラーを見ている気分になります。

 タイ製ホラーでは『the EYE(アイ)』も、これまたベタですが、切なくて怖くていいですね。ヒロインが素敵で激烈に萌えます。 トムクルーズがハリウッドでリメイクするかも知れません。(権利を購入したそうです)こちらもオススメです。
         
最新の記事

先月釣ったクロソイがJGFAボート記録に認定されました 念願の12ポンドクラス Jun 16, 2019
渓流の宝石オショロコマ釣りに挑戦  Jun 15, 2019
ウニの季節となりました Jun 12, 2019
超貧果 ボート釣り 一応記録ということで... Jun 10, 2019
今年度初利尻山登山 ただし途中まで.... Jun 08, 2019

FC2カウンター

プロフィール

かにぬーと申します。 1967年生まれの80年代を愛するヲタクです。 利尻島の釣り情報をメインに発信していきます。

ブログランキング関係

一応参加しています。

にほんブログ村 釣りブログ ロックフィッシングへ 釣りの世界

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

プライバシーポリシー

当ブログでは、第三者配信による広告サービスを利用し、 ユーザー様が閲覧する他のサイト、興味のある広告を配信しています。

そのため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。

当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 を使用されないようにする方法については、 こちらを参考し設定変更をお願いします。
詳しくは、Adsense広告の、公式プライバシーポリシーをご覧ください。