FC2ブログ

さらば古洗濯機 日立 BWーD8KV 導入

 2年連続故障した洗濯機(日立 白い約束 NW-D8CX)が、新年早々3年連続3回目の故障。(全て乾燥機の不良)遠く旭川市から(往復500キロ)修理に来てもらいましたが、今回は治らず.....。(乾燥機の故障なので、その場ですぐ治ったかの確認が出来ないですし、たまには乾燥出来るんですよ。)

旧洗濯機

 もう散々使い倒していますし、仕方がないので、新しい洗濯機を購入しました。日立ビートウオッシュBWーD8KVです。通販と比較すると、かなり割高でしたが、設置と廃棄が大変なので、市内の電気店で購入しました。
メーカーHP:http://kadenfan.hitachi.co.jp/wash/lineup/bwd8kv/index.html

新洗濯機

 何度も故障したのに、また日立にした理由は、(往復500キロなのに)すぐに修理に来てくれたからです。修理代金も安かったですしね。(出張料込みで、1万円前後)

 使ってみた感じですが、同じ日立なのであんまり変わらないですね。終了のチャイムが、同じメロディではあるものの、よりかわいらしくなった。ことが一番先に気づいた差です。
 運転音は静かです。明らかに振動は少なくなっています。水の使用量も少ない気がします。乾燥もしっかり出来ます。ただ、決定的な差はない気がします。修理がちゃんと出来れば、無理に買い換えなくてもよさそうです。

※前洗濯機は、日立第一号の縦型洗濯乾燥機(白い約束 NW-D8AX)でした。(さすが1号機、完成度の低~い機種でした、リコールになっていました。)
 購入してすぐに2度ほど故障しました。2度目の故障の時、治らないとのことで、新型に丸ごと替えてくれました。その後は比較的安定して使用してきましたが、とうとう終了してしまいました。
 これで、ほぼ全ての家電が買い換えられたので、最低5年は何も買い換えたくないですね。「壊れませんよ~に」、お祈りします。

無料で 『2012』 観てきました 稚内シネマ復活祭

 稚内シネマ復活祭にて、2012を無料で観てきました。今年5月には稚内に映画館(シネコン)が復活するので、そのプレ企画です。先着で無料鑑賞できました。

 音響も、映像もデジタルで、きちんと調整もされており、大変素晴らしいものでした。映画館復活の気合いを感じられるものでした。これほどのハイクオリティなら、きちんと場所取りして、もっと前で観れば良かったです。(大したことないと思っていました。) 

 さて、ここからは2012のレビューです。

【評価】★★★★(4点)

【ジャンル】 SFスペクタクル

【ストーリー】
2012年世界滅亡、さてどうなる?

【感想】
 2時間38分に及ぶ、史上最高レベルの大スペクタクル映像。あの破壊部分だけを抜き出して、3D化してスターツアーズのようなアトラクションにして欲しい。も~う、最高のはず。

 ストーリーは、まじめに観れば観るほど酷くて腹立たしい、普通の日本人には絶対無理、受け入れられない。アメリカ人は、あれでも受け入れられるのかな???

TVで観たら絶対負け。観るなら絶対に映画館な作品。

 ストーリーの流れを追わずに、そのシーンそのシーンを楽しむのがこの映画の見方。ストーリーをしっかり理解し、考えながら追っていくと、イライラしすぎて楽しめなくなります。

 映像は超A級、ストーリーはZ級、まさしくトンデモB級映画。頭を空っぽにして、記憶をとばしながら、難しいことを考えないで映画館で観る分にはオススメです。

 映画館ならではの作品で、今回の復活企画にはぴったりの1本だったと思います。久しぶりに映画館の醍醐味を味わえて、満足度は高かったです。(出来ればアバターも観たかった....今度、吹き替え3Dでやってくれないかな?映像がメインの映画は是非吹き替えで観たい。)

「幻の湖」日本屈指のトンデモ映画 (レンタル有り) 

 さて、記念すべきレビュー1回目は日本映画史の黒歴史「幻の湖」です。
 
【評価】私は★★★★★(満点) 嫁は(1点)観る気にもならない 

【ジャンル】
スポ根・恋愛・サスペンス・動物・微エロ・スプラッター・SF・ファンタジー・時代劇


【ストーリー】
滋賀県雄琴温泉のトルコ嬢が、男に復讐するために、走る走る走る走る走る走る走る。



【感想】
 監督・脚本は、黒澤明作品の名脚本家であり、日本が誇る橋本忍(羅生門・生きる・七人の侍等の黒澤作品+白い巨塔、砂の器、八甲田山...)。キャストも超豪華で、長谷川初範、かたせ梨乃、北大路欣也、村田日出男、星野知子、関根恵子....。東宝50周年記念作品でなおかつ、「砂の器」「八甲田山」に続く第3弾として、名作となるはずでした。(1982年作品)

 しかしながら、ジャンルを観ていただいても全く想像できないほどの怪作・迷作となっております。

 あまりの内容のすごさによる客足の少なさから、上映は2週で打ち切られ、日本屈指の名脚本家の橋本忍氏はその後実質の引退状態にさせられました。その後もTV放映無し、ソフト化もされませんでしたが、約20年後の2003年に奇跡的に封印が解かれDVDが発売されました。

 実は私、当時この映画を観たことがある非常にレアな人間です。何故これを観ようと思ったのかは定かではありません。
 しかし、その時の印象が非常に強く、今回レンタルして再見したところあまりのインパクトのため、いつでも観たい時に観られるようにDVDを購入してしまいました。

 興味を持たれた方は、まずはレンタルしてみてはいかがでしょうか?人によっては2時間44分の苦行になります。時間の無駄・お金の無駄にもなるかもしれませんが、責任は持てません。

 自分は絶対に観ないという人は、以下のリンクに素晴らしいネタバレがあります。是非御覧ください。ただし、観る予定の人は見ない方が良いですよ。
ネタバレリンク:(その1)(その2)(その3)


やはり一言だけ書きたい....
ファントムではなく、イーグルだ
    イーグルはすでに実戦配備についている


最新の記事

新スタッドレスタイヤ やっぱりブリジストン Dec 07, 2019
SSD載せ替え5回目 もちろん今回も成功? Nov 23, 2019
フェリー欠航祭り 1週間で1勝5敗1分 Nov 23, 2019

FC2カウンター

プロフィール

1967年生まれの80年代を愛するヲタクです。 利尻島の釣り情報をメインに発信していきます。

ブログランキング関係

一応参加しています。

にほんブログ村 釣りブログ ロックフィッシングへ 釣りの世界

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

プライバシーポリシー

当ブログでは、第三者配信による広告サービスを利用し、 ユーザー様が閲覧する他のサイト、興味のある広告を配信しています。

そのため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。

当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 を使用されないようにする方法については、 こちらを参考し設定変更をお願いします。
詳しくは、Adsense広告の、公式プライバシーポリシーをご覧ください。