FC2ブログ

ハチガラ天国 天売島を目指せ たっつーもいるよ (その2)

 さて、たっつーと合流です。なんと、たっつーは同僚の方から車を借りてきてくれていました。これは楽です。ただ、たっつーは3年間完全なるペーパードライバーで広い空き地でないとUターン出来ないとのことで、私を拾った後、フェリーの駐車場まで戻ってUターンしていました。もうすぐ車を購入するとのことなので、次来た時にはジャンジャン運転できているでしょう。

 前浜漁港に移動し、2人で釣りを開始....のはずでした。

 しかし、たっつーは、私がこの日のためにプレゼントした釣り具を実家に置き忘れたとのこと。仕方がないので、今回は私メインでの釣りとなりました。

プレゼントしたタックル:http://okapon2005.blog27.fc2.com/blog-entry-1261.html 

 釣り再開です。投げてもダメなのでまたしても穴釣りです。
 そうすると、なんと1投目から激しいアタリと凄い重量感。とても竿では抜けません。ラインを手でたぐり寄せると、50センチはなさそうですが異常に太ったカジカが釣れました。(リールと比較すると太さが解ります)

デカカジカ

 ただ、続きません。非常に苦戦しました。そうこうしているうちに、やっとチビハチガラゲット。

たっつーとハチガラ

 あまりに渋いので帰宅することにしました。

 その時、足元を見てみると水温が高いためかフグが群れていました。サイトフィッシングの練習としてフグ釣りに興じてしまいました。

 そうこうしていると、衝撃の外道がヒット

 それは

猫
(写真はイメージ)

 釣って陸にあげたフグに猫がヒットエンドラン。左右に走りぐんぐん引きます。ただし、大きさの割にはそれほど引きは強くありませんでした。ドラグは締め気味でロッドは礁楽ですからパワー負けはしませんでした。最後はフグをとられてしまいバラしてしまいました。(バレて良かったです。フッキングしたら大変でした。)

ちなみに、引きの強さは カモメ>猫 です。カモメは相当引きます。(今まで2回ヒットしました)

 猫をバラした後、帰宅して食事です。食べ過ぎて苦しくなりましたが頑張って夜釣りです。

 釣り初心者のたっつーもいますし、周りに誰もいないので安全第一で、港の内側かつ、足場も低い場所での釣りとしました。

 風が無く浅いので5gのジグヘッド挑戦です。30前後のクロソイはポツポツ釣れます。ただ、少し渋く底ぎりぎりをゆっくり巻かないと釣れません。

 そうこうしているうちに強い引き。あがってきたのは自己最高タイのシマゾイ35センチでした。

シマゾイ 35センチ

 そしてついに来ましたよ。ロッドはフィネスバスロッド、ネットは持ってきておらず...仕方がないのでラインを持ってぶち抜きました。自己記録更新のシマゾイ43センチ

シマゾイ43センチ

 この後マシンガンのようにはいきませんでしたが、クロソイ30前後、良型ガヤが釣れました。たっつーも釣りました。釣りは3回目にしてはかなり上手ですね。(ステラと柳龍使用)

たっつー ソイ

 最後は、40UPのカジカ3連発でした。なんとにんじんを食べていました。見えますか?

にんじん

 ちなみに、43センチのシマゾイからはホッケの頭(捨てられたホッケの頭)が出てきました。相当大きいですよ。

ホッケの頭

ラストの穴釣りは(その3)で。

※今回は安全第一でしたが、試しにちょっとやってみた防波堤の外海側はかなり食いが良かったですし、磯ロックも相当良さそうです。(地元民情報)

ハチガラ天国 天売島を目指せ たっつーもいるよ (その1)

 金曜日の夜に、いきなり思い立って天売島遠征を決定。土日を利用して天売島に行ってまいりました。

 天売島といえば、10数年前に南こうせつコンサートに行った時以来です。その時は、屈辱の完全ボウズで当たりすら皆無。(魚がいなかったです。ウトウの雛も餌不足で相当死んだそうです。)今回はリベンジ戦です。

 つりしんでも今週ちょうど、天売島特集が組んでありました。ハチガラが釣れているようです。
つりしん

 天売島といえば、元同僚のたっつー今年度から移住しています。私は彼が稚内を離れる際、「絶対に天売島に遊びに行く」と約束しました。しかし、春は大雨と天候不順、夏は夏枯れ、秋は鮭釣りで忙しいというわけで、延び延びになっていました。その約束を果たすためにも行かなければなりません。

 天売島はこれからの季節時化模様で欠航が増えます。また、船が出たとしても凄まじい揺れで船酔いは避けられません。船酔いは非常に苦手ですから、海が荒れていない(と思われる)今週末が最後のチャンスだと思われました。

 さて、いざ出航です。女子供共まで島に渡るとお金が掛かりすぎて贅沢なので、羽幌においていきました。今回は、羽幌港でのお見送りのみです。
見送り

 港を一歩出ると、メチャ時化ていました。大揺れの中なんとか1枚撮影しました。凄い波しぶきです。

時化

 もう、ゲロ酔いでした。1時間半の拷問です。ゲロ袋の場所が気になりましたが、動くとリバースしそうでしたのでじっと我慢していました。

 何とか天売島に到着です。巨大オロロン鳥がお出迎えです。(本物も見たことありますよ)
天売到着

 たっつーはお仕事中なので、まずはその辺でホールフィッシング(穴釣り)です。餌はサンドワームを筆頭にガルプ系です。つりしんでは、「ハッチ-入れ食い」みたいな感じで書かれていましたが、イマイチ釣れません。

 ナイスホールを探し、色々打ち込みます。テトラの隙間に竿をっこんでタイトに攻めていくとやっとガツンと大きな当たりがあり、かなりの抵抗をし、ラインをザリザリにしあがってきました。
タイトに攻める

 頭が大きくて痩せているクロソイで、35センチ弱?
クロソイ

 その後も、30前後のクロソイ数匹とや、ガヤ数匹を追加しました。しかし狙いのハチガラが釣れません。当たりは多いのですが、つつくだけで食い込みません。

クロソイ

 2時間ほど粘りましたが、ハチガラはゼロ

 このままではハチガラはボウズ...

生餌を持ってきておくべきだった...
穴釣りの仕掛けを工夫しておくべきだった...
ハチガラ名人hojoさんのブログを読み返しておくべきだった...

と後悔しきり。 

たっつーと合流しての1日目後半戦は、(その2)で。
最新の記事

SSD載せ替え5回目 もちろん今回も成功? Nov 23, 2019
フェリー欠航祭り 1週間で1勝5敗1分 Nov 23, 2019

FC2カウンター

プロフィール

1967年生まれの80年代を愛するヲタクです。 利尻島の釣り情報をメインに発信していきます。

ブログランキング関係

一応参加しています。

にほんブログ村 釣りブログ ロックフィッシングへ 釣りの世界

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

プライバシーポリシー

当ブログでは、第三者配信による広告サービスを利用し、 ユーザー様が閲覧する他のサイト、興味のある広告を配信しています。

そのため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。

当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 を使用されないようにする方法については、 こちらを参考し設定変更をお願いします。
詳しくは、Adsense広告の、公式プライバシーポリシーをご覧ください。