FC2ブログ

イトウ夏の陣 このポイントで大物が来たら取り込めないかも?

 ニューウェポンを導入し実釣です。イトウ釣り初夏の陣開幕です。ピーカンの真っ昼間にスタートです。

 数投キャスト練習をして、ポイントへの第一投。
50センチ級

 イキナリ釣れました50センチクラス?のかわいいイトウです。

 写真を見て下さい。ロッドのリアグリップが異常に短いでしょ。最初は長すぎてルアーに使えなかったので、ここで改造してもらったのですが、私の指定が短すぎました。写真の葉っぱのところで竿は終わりです。(この改造やさんは腕は良いのですが、対応が超テキトーなのがたまにきず。)

 この後また確変か???と思いましたが、鳴かず飛ばずで時間だけが過ぎていきます。(そういえば、60センチ級の追いは一度だけありました。)

 しばらくいくと、イトウがいるなら1発で出そうなポイントを発見。そして、第一投。
50センチ前後

 先ほどより小さい50センチ弱のかわいいイトウがヒットしました。
 やはり、初夏になるとサイズが小さくなり70センチ以上は出なくなりますね。子供イトウの季節ですね。

 そうこうしていると、良いポイントを発見。倒木やら流木やらゴミやら満載のポイントがありました。3畳くらいの広さの障害物の山です。障害物の縁に50センチほどのポケットが開いていました。

経験上70センチクラスまでなら、ポケットの脇から強引に引きずり出せそうですが、
万が一、大物が来たら取り込めないかも?

さて、第一投というより、そのままポチャンと上から振り込みます。(足下からポイントまでの距離1m)

ルアーがフォールしていくもなにも...イキナリ竿が水面に突き刺さりました

なんとヒットです!!!

相当デカイです。
 
 首振りのストロークが大きいのでかなりデカイです。引きもメチャクチャです。締め込んでいるドラグも一気にズルズル出されます。この障害物の山ですから、ラインは出せません。ドラグは指でロックして、両手で竿を支えて鮭釣りの要領で後退します。
グラスソリッド船竿ですから折れる心配は無用。ニューウェポンが本領発揮です。

 メチャクチャ首振りし、何度も障害物の奥に突っ込もうとします。障害物の真下で1分ほど綱引き状態で持ちこたえましたが....
一気に走られた瞬間にラインブレイク

あああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ痛恨痛恨痛恨痛恨痛恨痛恨痛恨痛恨痛恨痛恨痛恨痛恨痛恨痛恨痛恨痛恨痛恨痛恨痛恨痛恨痛恨痛恨痛恨痛恨痛恨痛恨痛恨痛恨痛恨痛恨痛恨痛恨痛恨痛恨痛恨痛恨痛恨痛恨痛恨痛恨痛恨痛恨痛恨痛恨痛恨痛恨痛恨痛恨痛恨痛恨痛恨痛恨痛恨痛恨痛恨痛恨痛恨痛恨痛恨痛恨痛恨痛恨痛恨痛恨痛恨痛恨痛恨痛恨痛恨痛恨

痛恨痛恨痛恨痛恨マジ痛恨

 釣り人生40年弱で、最高の痛恨の日となりました。あまりに痛恨過ぎたので、時間はまだまだあったのですが、釣りはやめて帰りました。

※体重を掛けて一気に引き抜こうかとも思いましたが、それではフックが絶対に持ちそうにありませんでした。ばれるとすればフックが伸ばされるはずなのに、ラインブレイクした原因は根ズレだったようです。

 魚は巨大ではなく例のごとく80センチくらいだったのかも知れません(あの引きは絶対70センチ級以下ではないと思います)。しかし、川幅はた5mもなく、射程距離は約1m(最初に出ていたラインの長さは1.5m)、水深は1m以下のポイントで、1.4m以下の船用グラスロッドを使用し、大型イトウを釣るチャンスなんて、ほとんど無いと思われます。
 今回のケースは、オープンスペースでメーターオーバーをキャッチするより難しいだろうと思われました。

イトウ初夏の陣 ニューウェポン投入

 昨日から宗谷地方は快晴。最高気温も17℃程度。水温もベストでしょう。しかし、快晴過ぎて基本的にイトウは厳しそう。昨日までは春、今日から初夏という感じです。

 快晴の初夏でベスト水温となれば、ジャングル系のポイントがベストでしょう。

 今日のために、ニューウェポンを導入しました。
ニューウエポン

Deeo2(ディーオ2)TR 20-160TR オモリ負荷10~40号。
マコガレイ・メバル・アイナメ・食わせフグ・イシモチ用。

 そう、船竿です。そう、自分としては穴釣り用の竿です。

 何故、船竿であり、穴釣りロッドをイトウ釣りに使うのか?

1 何といっても短いから
  元々160センチの竿ですが、グリップを切断して140センチ弱にしています。
  (正直、グリップは短くし過ぎました...扱いづらい)
  竿自体はこのくらいの長さじゃないと、この場所では振りづらいです。
2 万が一、大物がきて綱引きになった時でも折れないから。
  グラスソリッドなので非常に折れにくいです。上品なカーボンバスロッドでは無理すると折れてしまいます。

 さて、使い勝手ですが....
1 重い
  グラスソリッドのため、短いくせに異常に重い。アンタレスも重い。オーバーヘッドキャストがキツイほど重い。
  グリップが短すぎてバランスが悪く余計持ち重りする。(これは自分の失敗)
2 ルアーアクションがつけられない
  グラスの船竿なのでベナンベナン。ルアーがキビキビ動かない。(これはイタイ)
3 感度悪いし、飛ばない
  所詮船竿だからね。仕方ないよね。飛距離はせいぜい15mかな。
  飛距離0のポイントもあるし、ほとんど10m以内だから十分といえば十分。
  
 実釣結果は次に....

※短さではフローターロッドが最適なのですが華奢で折られそうなので却下。パワーと短さの両立では、シイラロッドやジギングロッドが適しており、かなり候補を考えましたが、短いタイプは全てワンピースですし、それでもやや長すぎ・硬すぎ、軽いルアーが投げにくいので却下しました。

イトウ春の陣 最後チャンス

 しばらく出張に行っておりました。土曜は午前中寒くて、お昼くらいから暖かくなったとのこと。帰宅してすぐに釣りに出発。(午後2時)ここしばらく寒い日が続いたとのことなので、お昼ぐらいがベストタイム。3~4時までならかろうじて食いが立っているイトウがいるかも???

 食い気のあるやつがいました。サイズの割に、とてもかわいい顔をした70センチ前後と、60センチ前後でした。(今回から、自己最大級と思われる以外のイトウの体長測定はやめました。魚を傷めないよう、即リリースです。)

70センチ前後
60センチ前後

 日が陰ってきて、冷たい風が吹いてきたのでストップしました。
最新の記事

新スタッドレスタイヤ やっぱりブリジストン Dec 07, 2019
SSD載せ替え5回目 もちろん今回も成功? Nov 23, 2019
フェリー欠航祭り 1週間で1勝5敗1分 Nov 23, 2019

FC2カウンター

プロフィール

1967年生まれの80年代を愛するヲタクです。 利尻島の釣り情報をメインに発信していきます。

ブログランキング関係

一応参加しています。

にほんブログ村 釣りブログ ロックフィッシングへ 釣りの世界

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

プライバシーポリシー

当ブログでは、第三者配信による広告サービスを利用し、 ユーザー様が閲覧する他のサイト、興味のある広告を配信しています。

そのため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。

当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 を使用されないようにする方法については、 こちらを参考し設定変更をお願いします。
詳しくは、Adsense広告の、公式プライバシーポリシーをご覧ください。