FC2ブログ

サケマス岸より遅れ気味 気分を変えて鰯釣り

 稚内も毎日暑いです。雨も降っていません。イトウは自分には無理、サケマスは全く釣れていないわけではないですがイマイチ。雷魚は強風で駄目っぽい....と言うわけで、稚内港で鰯釣り。釣り男さんからお誘いがあり、4:30PM過ぎにスタート。

 もうね、鰯が異常なほどいるの。

 何万匹?何十万匹?足下から、沖合数十メートル先まで鰯でびっちりでも、食わないの。 なかなか釣れない。足下も鰯で埋め尽くされているのに、肝心のサビキにはかからない。仕方がないので、投げサビキに変更すると、かかるようになりました。少し沈めて少し速めのスピードでにリフトすると良くヒットしました。鰯は青物だけあって、流石に良い引きしています。サンマより引きますね。

 30分ほどすると少し食いも立ってきて釣りやすくなりました。ただ、気をつけないと30~40センチのアカハラに仕掛けをぐちゃぐちゃにされます。

 しばらくすると嫁も合流。(写真左端)10分程度で、5匹は釣りましたね。
鰯1
 写真の通り、意外と釣り人は少なめ。これ、石狩だったら場所取りが厳しいでしょう。

 何だかんだいって、中くらいの鰯が1時間で55匹釣れました。最初は苦戦しましたが、結局はまあまあの釣果でした。
鰯2

 魚の右の入れ物は、ニューウェポン、C.C.Baitsのアジングポーチです。元々は、テトラ上でのアジのルアー釣り用の製品です。釣った魚を入れるのに便利です。3780円でした。道内では販売していないと思います。私はナチュラムで購入しました。オススメです。
該当HP:http://ccbaits.com/ccbaits-p-ajingu-po-ti-2.html

 詳しくはリンク先を見ていただければ解りますが、要はコンビニ袋の替わりです。私は、小物釣りでキープする場合はコンビニ袋を使用していました。コンビニ袋はクーラーやバケツのようにかさばらないのは良いのですが、破れたり、服が汚れたり、使いにくかったです。これは丈夫で使いやすいですね。

 このポーチは、あまりかさばらず、コンビニ袋を中に固定して使用出来ますから汚れにくく、手入れも楽です。このくらいの大きさなら、キープし過ぎも防げます
 ちなみに、イカのように活かして持ち帰りたい場合は、網の蓋付き、ロープ付きの折りたたみバケツを使用しています。随時海水を入れ替えながら使用します。

 釣った鰯はマリネにして食べました。(まだ山ほど残っていますので、毎日マリネ。)

紋別市オホーツクタワー 夜間営業  カラフトマスもいたよ

 少しネタが古いですが、お盆に紋別市オホーツクタワーに行ってきましたので書いておきます。今回は期間限定の夜間営業に初めて行きました。(いつも見慣れていたので外観の写真を撮り忘れました。)

オホーツクタワーHP:http://www.o-tower.co.jp/towerframe.html

 紋別在住時には、この防波堤や近くの藻別川河口のカニのツメポイントで、サケマスを釣っていました。オホーツクタワーも何度か行ったことがありました。

 このタワーは本来、下から流氷を見るために作られた施設ですが、元々あまり流氷が漂着するポイントではないことと、近年は流氷も激減しあまり本来の活躍は出来ていません。

 お昼に見ても、南国の海中公園のように魚が多いわけでもありません。しかし、クリオネやお魚が展示してありますし、タッチプールもありそれなりに楽しめます。

クリオネ
クリオネ1
海老
タッチプール
魚
バカ サメ
(最後の写真のラクガキには少し笑いました。バカ↓のところにオオカミ魚、サメと書かれたところに丁度サメが来ました。)

 今回は、夜間営業です。これ結構オススメです。(しかし、今年の夜間営業は終了しています。)

 ソイやガヤの捕食シーンは普通に見られますし、今回はカラフトマスの回遊も見られましたよ。ソイやガヤは素早いですよ~。マスはこちらに気づくと一目散に逃げていきます。

ガヤ
鱒オス
鱒2匹
鱒メス

 行きは、ガソリン車で防波堤の先端まで送ってもらいました。(本来は電気自動車ですが今回は故障していました)帰りは、綺麗な照明の下歩いて帰りました。(運転手さん、どこかで見たことがあります。ガリンコの昔の船長???)

通り
看板

 タワーの側に、ガリンコ号(2世)の大きくて立派な山車が置いてありました。(スミマセン、フラッシュで汚く映っています)数年前閉校になった地元の高校生(3D)が学校祭で製作した物だそうです。

ガリンコ2

 途中には、波の力で風を起こし、アザラシの鳴き声のような音を出す装置もありますよ。(昔は本物のアザラシもいたのですが、今はいなくなっていました。すぐ側のとっかりセンターに集約したのかな?)

音

 今回はタワーで懐かしい人にも、驚きの再会ができてよかったです。

※カニのツメポイントで釣りたかったのですが、時間もありませんでしたし、お盆なので全く場所がとれなくて諦めました....魚は居ましたが、私が行った時には釣果は今ひとつでした。釣れる時は爆発的に釣れます。私も嫁と2人で持てないほど、釣ったことがあります。(釣りをしたのは自分だけ)ノアールさんもここで爆釣しましたよね。

ニューウェーダー購入 ダイワ AQW-4500N

 1回目の雷魚釣りで、今まで使用してきたベリピタソールのウェーダーのソールが両方外れてしまいました。外れたまま歩いたため、ソールの接着面が駄目になりました。ベリピタソールはこの症状が多く見られたため、多くが廃止されました。(非常に便利なんですけどね~。)

ベリピタ死亡

 10年ほど使用し、股は大きく裂け(自分で修理はしました)、修理をしてもあちこちから浸水し、ベリピタソールも3回ほど張り替えたので、もう限界です。

 そこでダイワのAQW-4500N アクオリアウェーダーを購入しました。 以前のウェーダーはトラウト用5mm厚ネオプレン、今回はシーバス干潟ウェーディング用4mmネオプレンです。サラリーマンZさんとおそろいのはず。

AQW-4500N

このウェーダーに決めた理由はただ一つ。
このウェーダーの3Lならギリギリ履ける。
これ以外の製品で、私が履ける物を知りません......
しかし、これ以上太るとこれも履けなくなる.....
転倒してもピチピチなので浸水ないのはメリットですけどね。

 先日の雷魚釣りでデビューしました。(汚い沼がデビューなんて.....)
 感想ですが、自分には少しキツイ、水漏れしないことはなんて良いことだろう、チェストハイにしては脱ぎ履きはし易い、胸のファスナー付きポケットは非常に便利、お尻や膝のパッドは良い、今までの物より少し薄いが寒さは平気だろう、肩ベルトも着けやすい、結構良い感じです。

 ベリピタじゃないので、ソール交換がメーカー送りで、非常に面倒くさくお金がかかりそうですが、諦めます。イトウ釣りメインでバリバリ使用する予定です。

今シーズン ラスト雷魚?

 マスがやってきたとの情報を受け、お昼前に出撃。やはり、真っ昼間にはマスはいませんでした。(居ることもあります)少しだけ様子を見ましたが、すぐに諦めました。今日は天気が良く、気温も高かったので雷魚釣りに変更しました。時期的にこれがラストチャレンジかな?もう少しは釣りになりそうですが、そろそろ鮭がはじまりますからね。鮭釣りに移行です。

 さて、気温は25℃、ピーカンです。雰囲気は良いのですが、気配がほとんどしません。ボウズの予感...ここ数年、活性が高い時には一度も遭遇していません。昔は、凄かったんですけどね~。

 ニューウエポンのフロッグをつけてキャストを繰り返します。反応が完全にゼロではありませんが、ほとんど駄目です。無反応な水草の上に散々投げ倒していると、2回アタックがありました。しかし、10センチほどズレています。魚が小さい上に、水草が厚いため、ルアーの場所も特定できず、上手く食べられないようです。

 もうボウズ確定か?と思った矢先に、目の前でバフォと捕食音。捕食で出来たポケットの奥5m程にフロッグを落とし、ポケットまで誘導、そこでピックンピックンさせていると、バフォ、出ました。ポケットなので上手く食べられたようです。

 見た感じは小さい魚でしたが、重さは異常です......重さの正体は、いつもの絡みついた水草でしたけどね。水草がとれてからは、スイスイ寄ってきました。

 前回に引き続き、最小サイズの雷魚でした。最小サイズのフロッグをやっと噛める程度です。(40センチ級かな?)今回は珍しく上下逆にフッキングしています。綺麗で可愛い魚でした。
 家で飼いたい感じですね。(高校生時代には家で雷魚も飼っていました。他にはブラックバス、ナマズ、鯉、鮒、ウナギ、テラピア等、全て釣った魚)

小雷魚2
小雷魚1

 今回は夕方まで狙えば、活性が上がるかと思い粘りましたが、どんどん活性は落ちていきました。北国の雷魚は、やはり真昼ですね。
 4mm厚のネオプレンチェストハイウェーダーを履いたまま、飲み物なしで粘りすぎて、脱水症状気味・熱中症状気味になりました。最寄りの自動販売機まで10キロ以上あるので厳しかったです。 やはり飲み水は大切ですね。

7年ぶり?に、留辺蘂 「つりぼり厚和」 を堪能

 久しぶりの更新です。今年の夏は意外と忙しく釣りに行っていません。宗谷のサケマスも、最近やっと岸よりしたくらいです。
 お盆の時の話になりますが、紋別時代によく行ったつりぼり厚和に、7年ぶりくらいに行ってきました。北見市(旧留辺蘂町)の温根湯温泉より旭川に向かって行き、国道から少し入ったところにあります。

つりぼり厚和のHP:http://www.ff-kouwa.com/

 近年、マイクロスプーンによるエリアフィッシングが人気のためか、以前よりルアーマンが増えた気がします。ただ、厚和でルアーでは厳しいので、いつも通りフライで挑戦です。(ニジマスがメインで、やたらと虫が多いのでフライが有利です。)朝一で活性が高く、ドライフライで挑戦です。

 数投でヒット。ドライフライで釣るのは7年ぶりかな?(紋別在住時は渚滑川の素人フライマンでした。)
厚和1
厚和2

 40センチ級のニジマスでした。つりぼりとはいえ、ここのレインボーは元気で激しいダッシュを繰り返してくれました。

 何とか頑張って、ドライフライのみで2時間で10匹ほど釣り上げました。ライズが減ってからはかなり苦戦しました...厚和での基本スタイルはフライのルースニング(毛針を用いた浮き釣り)なのですが、自分はそれではさっぱり釣れません。ドライで釣れる日で良かったです。(私は元々沈ませるフライは苦手....沈ませるなら、ルアーや餌を使いますね。)

 最後は、条件のあった時だけ釣れる秘密のメソッドで立て続けに10匹ほど釣って終了しました。(今回は、たまたま条件が揃いました。)

 久しぶりにフライで大釣りが出来て良かったです。近ければまた通いたいんですが、今は往復600キロ以上です...

 下の娘は、貸していただいた虫取り網で昆虫採集を満喫していました。おばちゃん、ありがとうございました。相変わらずお元気そうでなによりでした。

厚和3
厚和4

※つりぼり厚和 超オススメです※
 メチャクチャ安いです。1日中遊んで1575円です。(それに10回行けば1回無料。日本一安いかも?)
 形態は池なのですが、魚のコンディションは意外と良いです。渓流の水を引いていますし、天然の虫がそこら中ブンブン飛んでいて、そのためか魚もワイルドです。(良い時期のイブニングライズは凄いです)写真の池は魚も大きく、平均40センチクラスです。
 唯一の問題点は、釣るのが意外と難しいことです。魚たちが賢いので難しいです。今回は3時間で40センチクラスが20匹くらいですが、相当釣れた方です。(他の池で小さいサイズならもっと釣れることもあります。)20回ほど通っていますが、季節・天気・飛んでいる虫等でかなり釣れるフライが変わるので判断が難しく、その分面白いです。フライ素人の私は、何度もボウズをくらいそうになっていますが、イブニングライズでなんとかボウズは回避しています。
 ただ、他のつりぼりやエリア(10POUNDBigFight松本)も釣るのは難しいですよね。キャッチアンドリリースでフライ・ルアー専門のつりぼりは大抵難しめです。

フロッグルアーを簡易チューニング

 数年ぶりに雷魚が釣れたので、以前購入していたフロッグをチューニングしました。普通のルアーは購入してすぐに使えますが、フロッグはチューニングしないと使えません。(そのままでは穴から浸水して、水没してしまいます)

【チューニング前】
前

【チューニング後】
後

 違いがわかりますか?私は以下の簡易チューニングしかしませんが紹介します。

1 内蔵オモリの重量や位置の調整と固定(糸で固定し接着剤でガード)
2 ブレードやしっぽをつける(クリップを使用したりします)
3 針穴埋め(専用のシーラー)
4 先端部分を入水禁止のため糸で縛る
5 お尻に空気穴開け(これを忘れると、フロッグが変形せずフッキングしません)


 前から見るとこんな感じです。1番右は現在の1軍ルアーというか....これしか使用していません。(10個以上使いましたがこれが一番です。)
フロッグ

(左から) 
ロデオクラフト ボンバージュニア(新規)
ウイップスプラッシュ COR(新規)
ロデオクラフト Croak R Type-1(新規)  
ロデオクラフト Croak.Jr(現在使用中)
です。

 今の釣り場には、ボンバージュニアでは大きすぎるので2軍ですね。新規の1軍入りはロデオクラフト Croak R Type-1になると思います。

 色がピンク系なのは目立つからです。ルアーがどこにあるのかが解らないと釣りになりませんし、アタックがあった時に、くわえられたかどうかの判断も必要だからです。今くらい水草が濃いと魚からは色は見えないでしょう。シルエットが部分的に見えるくらいでしょう。

ちゃんとしたチューニングは以下のHPで
http://k1sh.s12.xrea.com/tune-top.htm

道北も夏本番 炎天下の雷魚釣り

 道北も真夏です。真夏と言っても最高気温は26℃くらいです。ただ、体が慣れていないので25℃を超えると死ぬほど暑く感じます。先日なんて、嫁は25℃で熱中症気味だとかぬかしていました。(最高気温35℃オーバーの場所で生まれ育ったくせに....)

 さて、朝一はイトウ釣りです。もう無理、マジ無理。水温が20℃超えています。あまりの高水温と渇水で、通常は石の川底までも泥っぽいです。イトウも絶対に動かないはずです....と思っていたら、足下から80センチ級が、「自分(イトウ)はいるけど、あんたなんかには釣られないよ~」とバカにしたような感じで、大きく紫に輝く背中を水面から出して悠然と挨拶をしていきました。数時間は頑張りましたが無反応。悔しいです。

 日が完全に昇ってからは、場所を変えていよいよ雷魚です。

雷魚池

 渇水気味で立ち込みやすく、水温も高く良い状態です。水草も十分育っています。

 しかし、魚っ気が非常に少ない

 捕食音も呼吸音もほとんど聞こえません。ただ、ゼロではないので粘りました。

 目の前で水草が揺れています。少し後ろにキャストしフロッグを引いてくると、バフォ。小さい雷魚がヒットしました。しかし、10秒程度でジャンプ1発痛恨のフックアウト

 しばらく続けていると、目の前でまた動きがあります。少し後ろにキャストし、ラインにアタックしないことを祈りながら引いてくると、バフォ。バカたれなのか?お約束通り、ラインにアタックしてきました。もちろん釣れません。(雷魚釣りではよくあります)

 フロッグは回収せずにそのままの位置で、フロッグが出来るだけ移動しないようにピクピク動かし続けると、同じ魚がもう一度、バフォ。しかし、今回は食べ損なってフロッグが宙を舞っています。(水草が厚い季節はよくあります。ルアーが跳ね上げられます。)

 今のバフォで水草に穴が開いたので、その場を動かないようにピクピクやっていると、バフォ。今回は口の中の歯も、丸呑みするシーンもバッチリ見えました。ヒットです。ばらさないように寄せてきました。

 フロッグで釣れる雷魚では最小サイズの50センチ級ですが、このブログを始めてからは初の雷魚ゲットです。歯は凄いですが、お目々くりくりで、とってもかわいいですよ。

数年ぶりの獲物

 やはり、雷魚釣りは非常にスリリングで面白いですね。しかし、とにかく魚っ気が少なかったです。昔は雷魚がうじゃうじゃいて、ボウズなんてほとんど無かった場所なのですが、感覚的には1/10以下になったかな???たまたま最近は食い気がない時に釣りに来ているだけかな?いや、ウェーディング時に逃げ惑う雷魚の数が圧倒的に少ない。このレベルでは、基本的にはボウズ覚悟でやるしかないですね。
         
最新の記事

先月釣ったクロソイがJGFAボート記録に認定されました 念願の12ポンドクラス Jun 16, 2019
渓流の宝石オショロコマ釣りに挑戦  Jun 15, 2019
ウニの季節となりました Jun 12, 2019
超貧果 ボート釣り 一応記録ということで... Jun 10, 2019
今年度初利尻山登山 ただし途中まで.... Jun 08, 2019

FC2カウンター

プロフィール

かにぬーと申します。 1967年生まれの80年代を愛するヲタクです。 利尻島の釣り情報をメインに発信していきます。

ブログランキング関係

一応参加しています。

にほんブログ村 釣りブログ ロックフィッシングへ 釣りの世界

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

プライバシーポリシー

当ブログでは、第三者配信による広告サービスを利用し、 ユーザー様が閲覧する他のサイト、興味のある広告を配信しています。

そのため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。

当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 を使用されないようにする方法については、 こちらを参考し設定変更をお願いします。
詳しくは、Adsense広告の、公式プライバシーポリシーをご覧ください。