FC2ブログ

2011年 釣りの総括 新記録が続々

 もうすぐ2011年が終わりますが、私にとって最も釣果があがった1年だった気がします。(青文字はリンクになっており、該当記事に飛べます。)

 春先の利尻島の釣り大会で自己ベスト53センチのクロソイ。からスタート。

クロソイ53センチ

 今までになくイトウの釣果が好調でした。自己ベスト87センチのイトウ。(全部で18匹ゲット)

イトウ87センチ

 その後は、アザラシに邪魔されたボートロック、このブログはじまってからは初めてのライギョゲット、7年ぶりのつりぼり厚和でのフライフィッシング、利尻島でのブナばかりですが鮭釣りとバラエティにも富んでいました。

アザラシ
ライギョ
厚和5
鮭の群れ

 ラストは礼文島で自己ベスト30センチのハチガラでした。

ハチガラ30センチ

 2012もこれくらい釣れると良いなぁ~。

2011年 総括

 2011年を簡単に振り返ってみます。釣りは別記事です。 

【オーディオ】
 ブログ開設以後、最も大きく変わりました。CDプレーヤーを廃止しmacminiを用いたPCオーディオに変更。アンプのシャープSM-SX100を同じ設計者のNMODE X-10Mに変更。ケーブル類も変更しました。このブログを始めたきっかけはスピーカーのFOCAL JMラボ マイクロユートピアBeでしたが、その当時の機材はラック下のTAOCボード以外全て変わりました。

【 映 画 】
 あまりブログにはアップしていませんが、同僚の雑穀さん(映画マニア・特撮マニア)に楽しい映画をたくさんレンタルしていただきました。人間の業をこれでもかという勢いで見せつけてくれるスリリングで刺激的な作品が多かったです。そういえば、カーズ2のように一般民間人向けの作品も貸してもらいましたね。来年も楽しみにしておきます。

以下貸していただいた映画の感想。 

レオン:あまりメジャーすぎて観ていませんでした。ゲイリー・オールドマン扮するスタンスフィールド刑事の狂人ぶりに痺れました。(3.5点 スタンフィールド刑事だけなら文句なく5.0点)

キックアス:世界で最も美しい顔100人の中で6位に選ばれたクロエモレッツが、素晴らしい動きで悪者達を容赦なくぶっ殺すシーンの数々に痺れました。(4.0点)

マチェーテ:ダニートレホ演じる史上最低のぶ男主人公のマチェーテが復讐鬼と化し狂いまくる様に痺れました。(3.5点)

冷たい熱帯魚:でんでん演じる、自称殺人名人の熱帯魚店店長の狂いっぷりに痺れました。この映画が実在の事件を元にしていることにも痺れました。(モデルとなった犯人は「殺しのオリンピックがあれば俺は金メダル」と言っていたそうです)嫁も一緒に観ました。嫁もかなりの耐性がついているため、観ても大丈夫だったようです。(4.0点)

冷たい熱帯魚 [Blu-ray]冷たい熱帯魚 [Blu-ray]

Happinet(SB)(D) 2011-08-02
売り上げランキング : 2057

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

【 家 族 】
 1月に、福島→東京→韓国の大旅行を敢行。旅行どころか、帰省すらほとんどしないので非常にレアな経験となりました。ブログを開設してから初めての大旅行でした。基本的には道内の近場での車中泊かキャンプレベルですからね。
 嫁の実家は福島県伊達市の農家です。そのため3.11以降セシウムとの戦いが続いています。ちなみに、実家で収穫された新米は基本的に夫婦のみで食べています。はやく子供達が安心して食べられるような状態になると良いなぁと思っています。

今年も年末は 天塩町の温泉施設 夕映 で1泊

 一昨年と同じく、今年も年末は天塩町の温泉施設 夕映 で1泊でした。

 今年も同じく年末年始は価格が上がるとのことなので、価格が上がらない30日に宿泊しました。

 相変わらずツーンと鼻に抜けるアンモニア臭が特徴の温泉です。(ここがダントツ日本一)元々有効成分が濃く、モール泉に近いほど茶色い温泉なのですが、ますます濃くなっている気がしました。お湯が目に入ると少ししみるくらいに濃いです。相変わらず抜群の効き目の温泉です。かなりレアでレベルの高い温泉なのですが、一部の熱狂的温泉マニア以外には認知度は低いようです。(マニアからの支持は絶大の一度は行きたい夢の温泉のようです。)

 部屋の外の風景は、南極大陸?シベリア?モンゴル?って感じです。 

アラスカ

 夕食はボリューム満点なので、お膳2人分+しじみラーメン(大)にしました。それでも家族4人でやっと食べきれるくらいでしたね。(ちなみに今回は朝食は抜き。お腹いっぱいのため。)

夕食
しじみラーメン

 夕食の後は、てしおChu Chu プリンを家族で回し食いしました。ドロドロプリンで美味しかったです。カスタードクリームっぽくもありました。料理へのトッピングも良さそうです。

ちゅーちゅープリン

 夜のお酒を窓の外に置いていたら、キツネに襲われてビリビリにされましたが、中身は大丈夫でした。持って行かれなくて良かったです。(昔キャンプでキツネに、魚籠をズタズタにされたことがあります。)

キツネ?

 帰りには、利尻山が綺麗に見えました。

利尻山

 残念だったのが、小さな川の河口にオオワシとオジロワシが群れていたのですが(7~8羽いました)、写真を撮ろうと車を停めたら気づかれてバサバサバッサバサ~と逃げられてしまいました。どれもかなり大きかったです。(羽を広げると2mくらいです)これだけたくさん一カ所に集まっているのを地上で見るのは初めてでした。(海上からなら、紋別市のガリンコ号に乗って当たりが良ければ沖防波堤付近でうじゃうじゃ見られます。)

 絶賛アザラシ祭り中抜海港にも立ち寄りました。現在1000頭以上いるようです。携帯の写真なので小さいですが、右側はアザラシの塊です。(何百頭?かの群れ)左の黒いのはお散歩中のアザラシの頭です。

アザラシ

 冬の宗谷には野生動物がたくさんいます。遊びに来てね。

今年もスモークチキンのガラを利用して、塩ラーメンを自作

 クリスマスの日から数日に分けて食べた、カヤニファームのスモークチキンの鶏ガラを利用して塩ラーメンを作りました。

 鶏ガラとキャベツの芯利尻昆布を圧力鍋で30分加熱して放置して作りました。塩味の調整にはヒマラヤ赤岩塩と、宮古島の雪塩を使用しました。チャーシューはスモークチキンの残りが少なかったので自家製のチャーシューを足しました。

スモークの風味も足された黄色いスープのラーメンが出来上がりました。女子供共にも好評な上品高級な味に仕上がりました。味は、札幌市西区の名店「きちりん」風です。
 
塩ラーメン

 出汁を取った鶏ガラは、まだ肉が残っていたので皆でゾンビのようにむしって食べました。多めに作ってしまい、残ったスープは嫁がおじやにしてくれました。(しかし塩味を失敗しやがって、やや塩辛くなってしまいました。)

 また来年までこの味はお預けですね。

我が家もクリスマス

 さて、クリスマスですね。我が家も一応クリスマスをやりました。ケーキは女子供共の自作です。写真は下の娘。何かしていますね。

ケーキ造り

 出来上がりです。ケーキは自家製。今回は嫁がちょっと失敗したらしく、少し硬かったです。山崎パンならこうなっても化学の力で柔らかくできるのかな?
 左手前のグリルチキンは今回は奮発して国産の生鶏を使用(いつもは安い外国産)したため、いつもより美味しかったです。
 左奥のスモークチキンはカヤニファームの高級品です。雪が降る前にカヤニファーム内で下の娘が目にしていた鶏のどれかでしょうか。飲み物は、小樽ワインと子供はシャンメリーでした。

クリスマス

 今年のBGVは、嫁の母校が出ていた「1万人の第九」(前日に録画)と、「たけしの超常現象スペシャル」でした。下の娘のクリスマスプレゼントはゼルダの伝説だったようです。

 嫁の説では、サンタクロースは幽霊。幽霊だから何でも解るし、何でもできるんだってよ。意味解らん。

 わたしへのクリスマスプレゼントは、脂ギトギトとんこつ臭爆発の宮崎市「ラーメンマン」の冷凍ラーメンを冷凍庫に満杯でした。
ラーメンマン

大雪のため、今年は既に排雪が入りました

 いやぁ、毎日雪雪雪白い悪魔が毎日来てくれます。おかげさまで道路の雪壁もどんどん高くなり、場所によっては2m位になりました。

 そこでとうとう排泄...いや、排雪が行われました。12月中に行われるなんて異例ですが、道幅が狭くなりそろそろ限界ではありました。

 緑の機械は、車道にはみ出している部分の雪を削って集めてトラックに雪を飛ばして投入する役目です。
大型

 このショベルカーは、ショベル部分が器用に動いて雪壁を崩し、歩道上の雪を車道に落とす役割です。
中型

 細かい作業は、小さなショベルカーで行います。おかげで、あまり雪は残りません。
小型

 上記以外の重機も使われています。

 さて、明日からは暴風雪の予報。気温も高く雪が重く少し心配です。

 ところで今夜はクリスマスイブイブということで、嫁と戦メリを観ました。
戦場のメリークリスマス [DVD]戦場のメリークリスマス [DVD]

ポニーキャニオン 2004-01-21
売り上げランキング : 83946

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 リアルタイムでも観ましたし、これで3回目くらいです。しかし、今回は大分内容がわかるようになっておりより楽しめました。しかし、坂本龍一の滑舌の悪さ、トムコンティの日本語の聞き取りにくさが厳しかったです。

 今観てもびっくりな内容ですから、当時リアルタイムで観た時は「な、なんじゃこりゃぁ~」という感じでしたね。当時は同性愛ネタなんて少なかったですからね。
 この映画、嫁はイマイチだったようですが、自分はまあまあ好きです。

NMODE X-PM10 導入 (その3)

 さて、今回は NMODE X-PM10 導入 (その3) 最終回で、外観や使いこなしです。(その1) (その2)はクリック。

【外観】
前面
斜め横

 本体は、奥行きが浅くてとても軽いです。天板に配線図があるので配線しやすいです。我が家は耳がないタイプにしました。耳がある方がマークレビンソンそっくりでかっこいいのですが、引っ越しが多く耳があると傷をつけてしまいそうなので耳無しとしました。

 ただ、質感が高いですし、耳無しタイプもシンプルで悪くないです。ボリューム等のつまみも高級感があり良いです。USB DAC32と並んで薄型白黒機が並んでいます。

 続いて電源部です。
電源部
 やや重いです。こちらも目立ちません。

 全体としてお値段以上の外観・質感はあると思えます。

【使いこなし】
 最初は写真下の大変軽いジュラルミンの足が付いていました。使い勝手も良くデザインも良かったのですが、基本のスパイクに変更しました。

ジュラルミン足

 スパイクにはスパイク受けが必要です。最初の50台なら豪華オリジナルスパイクセットがついていたらしいのですが、わたしのは60番台のようでついていませんでした。しかし、さすが痒いところに手が届く吉田苑、hinaのスパイク受けが付いていました。ステンレスかな?良く解りませんが質感が良く高級な感じです。

スパイク受け

 さて、スパイクとジュラルミンですが、理由はわかりませんがスパイクの方が低音が出ます。よってスパイクに決定。ビギンズのカーボンインシュが1組だけ有ったので、電源部と本体に敷いてみましたが電源部に敷いた方がより効果がある気がしましたのでそちらで使用しています。

 ケーブル類は今までと同じです。
配線

バランスが XLOのLE。極めて精緻でハイエンドな音がします。
SPケーブルが、ドルフインのamati。優しい音です。
電源部との接続はNMODE純正品です。
RCAにはカルダスと同等品の金属キャップをつけています。より静かになります。

写真にはありませんが電源部の電源ケーブルはドルフィンのamatiリファレンスです。
(これは音が太くどっしりしているのでこの機と相性がよいです。純正品では低音が少なく感じます。
ケーブルを替えてのバランスの変化・音色の変化も小さいので使用しています。若干中域付近の帯域バランスは変わったかも?)

最後に現システムの全体像。
現システム

NMODE X-PM10 導入 (その2)

 (その1)からの続きです。

X-PM10 システム

 今回は音質面に関してです。比較はSM-SX100です。まずは通電直後のファーストインプレです。全く暖まっていない状態です。ただし、この時点ではSX100と切り替えてすぐに比較ができました。(SX100はその後すぐに売却)

良かった点。
1 情報量は明らかにX-PM10の方が多い。(音が多い)
2 背景は明らかにX-PM10の方が静か。(背景が真っ暗)
3 密度感がありより生々しい気がする。(フレッシュ)


気になった点
1 低音が出ない
2 スケール感・パワー感がない
3 音が少し薄いかも?


その他の特徴
1 SX100同様、癖らしい癖は特に感じない。ただの増幅器。

 ただ、上記の印象は導入直後の印象ですから、その後の印象の方が大切ですよね。
1週間ほどエージングしてからの印象ですが、良かった点はそのままの印象です。

 問題は気になった点ですよね。エージングで徐々に音が変化しますし、耳も徐々に慣れていきますので、本当はどうなのか結構怪しいのですが、一応書いてみます。

 低音は出るようになりました。ただのエージング不足だったようです。ただ、やはりSX100の方がよりバランスが良かった気がします。PM10はややバランス的にやや上よりの気がします。

 スケール感・パワー感も出てきましたが、SX100に一歩及ばない感じです。SX100は見かけによらず、暴力的なまでにブリンブリン鳴らしますがそこまでは鳴らしきれません。特にボリューム最大付近では制動しきれないためか、PM10では音が割れます。(同じくらいの音量ではSX100は余裕でドライブして破綻しません。この点は全く違います。)

 音の薄さは、問題ないですね。良く聴くと、音像が小さく絞られて密度感があり、決して薄くはないです。

 総合すると、
1 デジタル技術の進歩はかなり凄い。色々な面で旧型を凌駕。
2 スケール感・パワー感はやはり物量に依るのかな?
3 ドライブ力や大音量が必要なら、やはり高価な3桁シリーズの方が良さそう。
  やはりそこはSX300なのか?
4 大音量が不要ならPM10で十分の気がする。
5 大出力のNMODEのフラッグシップは凄そう。(販売されればですが...)
6 我が家は小音量なのでPM10で十分。一応音質的にもトータルでグレードアップになった...気がする。
7 この音質でこの値段なら相当安く、お買い得な気がする。


(その3)に続く

NMODE X-PM10 導入 (その1)

 PCオーディオを本格的に導入したついでにアンプも替えてみました。

 今まではシャープのSM SX-100(DーClock + SE化)でした。豊富な情報量と抜群の駆動力と癖の少なさが特徴のアンプでした。以前使用していたクレルのKAV500iや、国産セパレート(LUX C-08 + サンスイ B-2105V)とも大きく差をつけていました。

 特に音に不満があったわけではないですが、買い換えの理由はいくつかあります。

1 転勤族なので軽い器機の方が良い。これでシステム全体が相当軽量になります。
2 現有のラックは軽い器機の方が都合が良い。薄めのカーボンラックのため耐荷重が小さい。
3 消費電力が小さい方が良い。SX100も十分小さいですけどね。(ブレーカーが落ちやすいので)
4 21世紀の製品も試してみたい。(SX100は1999年の製品)


 SX100に負けない音が出せて、筐体が小さくて、消費電力が少なく、価格も安めとなると、もうNMODE のX-PM10ぐらいしか思いつきません。

 全体で10キロを切りますし、消費電力は24W、昨年販売開始の製品なので条件的には良いです。価格もSX100と比べるとかなり安いです。電源が別筐体なのは少し邪魔ですが我慢します。音はSX100を作った人と同じなので問題はないであろうとの判断です。(システムはシンプルにしたいのでプリメインしか考えていません)

基本的にはノーマル仕様なので注文して1週間で到着しました。(耳だけカットしてもらいました。)
意外と大きな外箱にはきちんとメーカー名が印刷されていました。(ただの箱で来ると思っていました)
上半分は、多量の梱包材と電源部、下半分が本体でした。

外箱
中箱
本体

 長くなったので(その2)に続きます。

※お金にもう少し余裕があり、重さと消費電力にこだわらなければ、楠薫さんオススメのOVER model PM1 も興味がありました。薄型・軽量なら DEVIALETのD-Premier も良さそうですが、あまりにも高過ぎですね。条件を無視すればダールジールのCTH-8550がいいかも? 

今冬はヤバイ 大雪MAX

 今冬はヤバイです。大雪MAXです。歩道と車道の間の雪は1.5m位になっていますし、 朝には車も雪に埋まっています。我が家の裏山もソリシーズンになりました。

 しかし、木が雪の上から飛び出しており、ソリに引っかかり危険なので、鉈を持って切りにいきました。自分の手前にある枝は既に切ったものです。

雪山1
雪山2

 子供は軽いので沈みませんが、体重の重い私は胸まで沈みます。1枚目の写真は完全に立っている状態です。2枚目の写真は雪穴からの脱出風景です。

 気温は氷点下でしたが晴れて風も弱かったので、空気はあまり冷たくありませんでした。しかし、 着替えるのが面倒くさかったため、写真で解るとおり下着+プーマのジャージのみで雪中行軍したら、雪があちこちから入ってきて結構冷たかったです。

 これからまだまだ雪との戦いは続きます。

ランガン用ニューウェポン導入 お魚をキープするために

 私は、自分で調理するのも大変なのでリリースすることが多いです。(鮭・カラフト鱒等はキープします)キープする時もせいぜい1~2食分です。そのためクーラーを持ち歩くことはあまりありません。(かなり高性能なクラーボックスを、持ってはいます。道外ではクーラーボックスは必須ですからね。)

 荷物が増えるのは嫌なので、スーパーのビニール製のお買い物袋を使用してきましたが、先日アジングポーチを購入し小物釣りに使用してきました。(えさ入れにも重宝していました)
http://okapon2005.blog27.fc2.com/blog-entry-1485.html

 鮭の数釣り用の、大きいサイズとしてフィッシュキャリーバッグを導入して使用してきました。
http://okapon2005.blog27.fc2.com/blog-entry-1492.html

 どちらも素材はターポリンです。シマノのXEFOのバッグにも使用されています。ターポリンは防水性が高く、何といっても丈夫です。ソイなんかを袋に入れるとすぐに穴が開いてしまいます。しかし、これなら大丈夫です。

 しかし、アジングポーチは小さいため小物専用で、先日の礼文遠征では氷+30センチのハチガラ1匹で結構埋まりました。(もう少しは入ります)逆に、フイッキャリーーバッグは子供が入るほど大きいです。

 そこで、離島遠征用に30~40センチクラスのソイが5匹くらい入るものを探していたところ見つかりました。
 ストリームトレイルのクリールMです。(STREAM TRAIL CREEL M)
http://www.streamtrail.jp/

(写真の右です。左は比較用のアジングポーチ)

新ビク1

アジングポーチより二回りほど大きいです。

開口部

フタはマジックテープなので、逆さにすると中身が出ます。
ただ、両端がヒモで縛れるので飛び出しにくくはなります。

綴じ紐

この写真は背面です。腰に固定するベルトも付属していますので、上下逆さにはならない設計です。
しかし、このベルトは常人向けなので、私のお腹には巻けませんでした。
95%以上の人は巻けると思います。

背面

 これなら離島遠征時に、保冷剤と魚を持って帰れます。離島ではモンスターサイズの可能性もありますが、モンスターサイズはモンスターのDNAを残すためにリリースする予定です。食べ頃のやつを数匹キープする予定です。まあ、実際に使用するのは早くても半年後ですけどね。

 ただ、この手の商品は(通販ですら)取り扱っているお店が極めて少なく、一度在庫を切らせると数ヶ月待ちもあり得るので購入しちゃいました。一つ小さいサイズも良さそうです。普通の人なら一つ下のサイズが丁度良いかもしれません。(カラーも豊富ですし、取扱店や在庫も多いようです。)

雪かき用に新兵器購入

 今回のネタは、北海道民にとっては当たり前すぎるネタですが道外の方もよく見てくれているようなので...

 ママダンプがとうとう壊れました。パイプの溶接部分が2箇所とも折れてしまいました

折れたママダンプ

 また、プッシャーの方は、先日嫁が車で踏んづけて粉々に破壊しました

 雪かきで最もよく利用するママダンプとプッシャーがないと雪かきが厳しいので購入してきました。下の写真が我が家の雪かきの一軍選手達です。

我が家の雪かき道具の一軍選手

1番右がママダンプ
 最も大きなジャンボタイプを使用しています。(大きいのはパパダンプと呼ばれたりします) 
2番目がスノープッシャー
 平面を出すにはこれが必要です。あまり硬い雪には刃が立ちません。雪を跳ね上げることもできます。
3番目が剣先スコップ
 車道から家の前に盛り上げられた雪は硬くて重いのでこれで破壊します。
4番目が(園芸用)鍬
 硬い凹凸ができた時はこれで削ります。あまり利用している人はいませんが、盤渓スキー場で働いていた時にリフトの乗降場を平らにするのに使用するのを覚えてからは家でもたまに使用しています。
写真以外にも2軍が3種類有ります。北海道の家は数種類か持っているところがほとんどだと思います。

 スプレー缶はいつものプレクサス。(クリックで飛べます)車にも釣り具にも何でも使えるプレクサス。ママダンプやプッシャーにスプレーしておくと雪離れがとても良いです。

 私は九州出身ですが、雪かきは上手な方だと思います。盤渓スキー場での日々の最初の仕事がリフト小屋の周辺の雪かきでしたからね。

 それにしても、いよいよ本格的に白い悪魔の季節がはじまります。 

イトウ釣り ラストチャレンジ

 今年の春先はイトウが良く釣れました。しかし秋のシーズンは全く行っていませんでした。理由は...

1 元々、中上流域では落ち葉の季節は釣りにならない。
2 今年の秋は天候不順で増水していることが多かった。
  (増水しても釣れますが、明らかに危険。)
3 今年はやたらと羆が出没し、単独釣行は危険。
4 メインは鮭釣りをしていたから。


 しかし、現在は水位が安定していますのでイトウ釣りに挑戦しました。おそらく時期的に、これが最後になると思います。

雪景色

 気温は-2℃あっという間にガイドが凍り付きます。
 水温は1℃

水温計

 川も凍りはじめています。

流れ
氷石

 結果はもちろんボウズ。生体反応なしです。この近辺にイトウがいるのかどうかすら解りません。(みんな下流に降りているのかな?)

 帰宅後は「釣れもしないのに、このガソリンが高い時期に遠くに釣りなんか行って」って罵られました。これからは、近所の港でコマイ釣りかな?(今年はまだ全く釣れていないようです。)
         
最新の記事

先月釣ったクロソイがJGFAボート記録に認定されました 念願の12ポンドクラス Jun 16, 2019
渓流の宝石オショロコマ釣りに挑戦  Jun 15, 2019
ウニの季節となりました Jun 12, 2019
超貧果 ボート釣り 一応記録ということで... Jun 10, 2019
今年度初利尻山登山 ただし途中まで.... Jun 08, 2019

FC2カウンター

プロフィール

かにぬーと申します。 1967年生まれの80年代を愛するヲタクです。 利尻島の釣り情報をメインに発信していきます。

ブログランキング関係

一応参加しています。

にほんブログ村 釣りブログ ロックフィッシングへ 釣りの世界

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

プライバシーポリシー

当ブログでは、第三者配信による広告サービスを利用し、 ユーザー様が閲覧する他のサイト、興味のある広告を配信しています。

そのため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。

当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 を使用されないようにする方法については、 こちらを参考し設定変更をお願いします。
詳しくは、Adsense広告の、公式プライバシーポリシーをご覧ください。