FC2ブログ

第29回全国犬ぞり稚内大会

下の娘の習字とピアノの空き時間を利用して、第29回全国犬ぞり稚内大会に行ってきました。毎年開催されている大会のようで、今年は2月24,25日の2日間にわたり、一般の人は全く知ることのない色々な犬ソリ種目で競技が行われます。 場所は稚内空港より少し陸側にいった場所で比較的解りやすい場所です。

 お昼休み寸前に到着したため、午前の部はほとんど見ることが出来ませんでしたが、2頭の犬で1人の人をひく競技を見ることが出来ました。想像以上の凄いスピードでした

2頭ソリ

 あっという間に昼休みになり、競技は中断されました。昼食は済んでいましたのでおやつを食べました。会場には地元のお店が臨時店舗を出しておりリーズナブルで美味しいものが食べられます。(写真では丁度空いていますが、かなり混雑していました。)一番人気はラーメン伽拉屋(からや)さんでしたね。一時えらい行列になっていました。

お店

 私たちは、ぐるぐるさんのお好み焼き豚玉(350円安い。ここも激混み)や、北海道の一部限定の砂糖がけのアメリカンドッグ(よその人はびっくりですよね。フレンチドッグとも呼ばれています。)、氷点下-6℃の屋外でのソフトクリームを堪能しました。

砂糖がけ

 テーブルとイスがあるこの休憩所は、日陰で風が通り抜けるので寒かったです。(ソフトクリームは会場で売られています。子供達は結構購入していました。北海道は冬にアイスを食べる習慣があります。ただし、普通は家の中。)

ソフト

 散歩して回ると、犬車がたくさんありました。この車では、後方の木製の箱が犬を入れるケージになっています。

犬車

 立派なセントバーナード君と記念撮影。

バーナード

 午後の部もほんの少しだけ見ました。(時間の関係)オモリをひく競技でした。先ほどのセントバーナードはオモリ180キロだったかな?

オモリ引き
オモリ引き大
オモリ

 短時間でしたが、賢く可愛い犬たちが見られたので良かったです。気温は-6℃でしたが、久しぶりの快晴で日なたにいる分には寒さを感じませんでした。ただ、2日目の今日はまたしても午後からはブリザードでした。今日の競技はやる方も見る方も大変だったと思います。また、ビートが吹き溜まりのため埋まりかけています。

ラスト 氷上穴釣り

 犬ぞりレースの前に、ちょっと氷上穴釣りに行きました。今年はメチャクチャ寒く、最高気温が-5℃以下の日も多いため、今シーズンは長~く氷上穴釣りが楽しめそうです。3月中旬まで釣りができるかも?釣り客もいっぱいです。

釣り場

 今回は新兵器のピーコックの白金カイロも導入です。やや風もあり気温-6℃なので、カイロ自体は思ったほど暖かくはないですが使い捨てよりは、かなり暖かいです。(今日は気温こそ-6℃ですが、風も弱く快晴なのでお昼寝できるほど暖かかったです。珍しくテントなしの釣り人も多かったです。)本格的に寒い時にどの程度効くかは謎です。

はくきんカイロ

しかし.....

釣れん釣れん釣れん釣れん釣れん釣れん釣れん釣れん釣れん釣れん釣れん釣れん釣れん釣れん釣れん釣れん

1時間やって、たった1匹


1匹


今年はもうやめたやめた!!!
穴釣り道具はもうしまい込んだ!!!

緊急提言 ニコーリフレで年金問題解消 (ただし独身男性に限る)

 今日は珍しく社会問題について語ります

 現在は定年してから年金が支給するまで数年のブランクがあります。しかし、独身男性限定ではありますがニコーリフレを利用すればこの問題をすっきり解決できます。

 定年退職後、年金が支給されるまでの数年間はニコーリフレに住めば良いのです。では、以下で実際にどのような生活になるかシミュレーションしてみます。条件は、定年退職後の無職。持ち家無し。家族無し。貯蓄は退職金のみ。(両者共通の保健等の金額は抜いてあります)

1 通常の生活(最低限のレベル)
食費2万円+光熱費・通信費3万円+住居費2万円=7万円
 侘びしい食事で、ボロい住居、街からは遠く、孤独・節約との戦い。自分の身の回りのことは全て自分でやるしかない。家の中もみるみるうちに荒れ果て、心も荒んでいく...今年のような大雪では雪かきも心配。下手すれば孤独死....

2 ニコーリフレで生活
2700円(宿泊費)+650円(朝食代早割)=3350円(1日)
3350×30日=約10万円 1割引で9万円(もっと安くなるかも?)
 朝食バイキングは食べ放題なので、1日1食で必要なカロリーを摂取可能なので、一日一膳で我慢。差額は月2万円の負担増ですが、以下にメリットをみていきましょう。

 マンガ2万冊と最新の雑誌、日々の新聞も読み放題。ワイファイ完備なのでiPadがあればネットもやり放題。1日1食ながらも、上げ膳据え膳の食べ放題。お風呂入り放題。洗濯もほとんど不要。(外出しなければ服も不要。囚人服の下に下着なんか無粋。)清掃は全く不要。

 具体的にはこんなタイムスケジュールで如何でしょう。
 朝6時起床。朝食バイキングを限界まで胃袋に押し込む。軽く朝風呂に入り11時まではもう一度優雅に朝寝。11時からのベッドメイクの時間は天気が良ければ、散歩やウインドウショッピング、知性派の方は図書館へ。帰宅後には風呂でサウナを満喫。(毎日ロウリュあり)マンガを読んだりiPadでネットをやって夜10時くらいまでごろごろ。最後にまたお風呂に入り浴槽の大画面でTVで11時のニュースを見て就寝。これを365日×数年間

 たまには奮発してお酒を飲むのも良いでしょう。万が一、館内で酔っぱらいすぎてお尻丸出しで通路に寝込んでしまっても(良くあることなので)、聖母達が笑顔でそっと毛布を掛けてくれるはずです。自宅でゲロを吐くと、むなしい気分で自分で処理しないといけませんし跡も残りますがが、ここなら天使達が魔法を使って跡も残さず綺麗にしてくれます

 少し贅沢をしても年間100万+αで王様のような生活が出来ます。ニコーリフレでは全ての人が王様になれます。(ただし、神に歯向かうと楽園から追放され先日のお客のようにJAIL行きとなります。神の使いである聖母や天使達に手を出すことも御法度です。やって良いのは聖母や天使達の人気投票に1票入れることだけです。)

 唯一のデメリットは、完全な駄目人間になってしまい社会復帰が出来なくなりそうなことです。

 しかし、そうなったら死ぬまでニコーリフレで生活すれば良いんですよ。簡単なことです。

これぞ男祭り ニコーリフレ初体験

 私は雪の季節以外は車中泊が基本で、1週間くらいなら平気です。雪の季節は車で遠出をすることがないので、どこかに泊まることになります。時間に余裕がある時にはノアールさん宅にお邪魔して、多くの動物たちと一緒に寝るのですが、時間がない場合は専らネットカフェです。自由空間のアーバン店を利用することが多く、徹夜でマンガを読んで帰りの汽車で熟睡するパターンが多かったです。

 さて、今回は同僚の薦めで、カプセルホテルのニコーリフレ(女人禁制)に宿泊しました。(狸小路2丁目辺り)
ニコーリフレHP:http://www.nikoh.info/

 昔はカプセルホテルもよく利用しましたが、「最近のカプセルホテルは進化しているよ。社会勉強だと思って行ってみたらどう?」とのアドバイスでした。

 なかなか立派な外観です。
ニコーリフレ

 さて、受付は4階です。靴を脱いで上がるタイプで館内も清潔で綺麗です。綺麗どころのお姉さんが受付しており、少し得した気分になれます。ここはフリーチェックインアウトできっかり24時間滞在できます。何だか得した気分です。さて、結婚式もあるのでまずは荷物を預けてすぐに外出しました。

 結婚式から戻ってきたのは夜中の2時半過ぎでした。話によると、ニコーリフレの神髄に触れるには休日前の夜中3時以降とのことでしたので期待が高まります。

※大変残念ながら、館内撮影禁止のため写真がありません。文章で雰囲気をつかんで、是非ご自分で体験してみて下さい。ちなみに、女性スタッフに連絡先を聞くのも禁止事項としてありました。

 入館したら、まずは必ず囚人服に着替えなくてはいけません。武器等を隠せないように小さなミニミニポケットしか付いていません。何かあった場合はすてごろで戦えということですね。囚人服は2種類有りましたが、泊まりの人と日帰りの人の違いかな?

 ただし、ポケットは小さくても何も問題は有りません。腕に囚人番号の入ったベルト(ロッカーの鍵)を付けていますので、食事・マッサージ・あかすり・酸素カプセル等のサービスはその場ではノーマネーで、外出時に後払いできます。

 私が着替えたロッカールームでは、既にぶっ倒れて通路に寝込んでいる人がいます。酔っぱらいながらここまでたどり着いたものの、力尽きたのでしょう。彼を横目で見ながら、とりあえずは、文字通りの立派で綺麗な大浴場に入りました。ひげそりやシェービングフォーム、歯ブラシ、挙げ句の果ては超音波メガネ洗浄機まで置いてあり、痒いところに手が届くサービスが素晴らしいですね。(超音波メガネ洗浄機は需要です。毎日使用しています。全然違います。)風呂をあがった時には、既に夜中の3時でした。

 さて、マンガを読むために3階のリラックスルームに行きました。ここには数多くのリクライニングチェアーが置いてあるのですが、既に満杯です。皆さんデロンデロンの感じで力尽きています。お座敷もあるのですが、足の踏み場もないほど、書棚のマンガが取れないほど、力尽きた人であふれかえっていました。一部の通路も、力尽きた人でふさがっています。

 歩きながら大放屁している人までいて驚きました。大放屁した彼のあまりの自然な立ち居振る舞いと、あまりの音の大きさに我が目と耳を疑いました。見ず知らずの人の大放屁を目の前でくらったのは生涯初めての経験です。

 数少ないチェアが空くのを待とうかとも思いましたが、ここではそれは邪道ですね。ここは自分もデロンデロンになって地べたで読むべきですね。(マンガはその部屋から持ち出し禁止なので自分のベッドでは読めません。)
 
 ただ、普通の通路ですとゾンビや落ち武者(酔っぱらい)に踏まれないとも限らないので、安全な場所を探します。階段の下のスペースは足音がうるさいのですが安全です。しかし、既に5人ほどが力尽きており満杯です。私は3時に閉店したばかりのマッサージルーム前の床に陣取り、「暁!!男塾 青年よ、大死を抱け」を読みました。(いわずと知れた「魁!!男塾」の続編)しばらくすると、人が集まってきて私の周りも力尽きた人だらけになりました。

 5時半過ぎまで「男塾」を読んだ後、もう一度風呂に入り寝る前に、5階の仮眠室(大宴会場)も覗いてみました。皆さん思い思いの場所で、思い思いの角度で力尽きていました。

 仮眠室の外では、酔っぱらいが「警察呼んでこい 警察呼んでこんかい ゴルアー」と、わめいていました。従業員の方も対応が大変そうでした。ご苦労様です。(あの有様では、本当に警察呼ばれたかも知れません。)騒いでいるすぐ横では全く何事もないように、新聞や雑誌を読んでいる人が数人いました。なかなか肝が据わっている人たちですね。流石、強者の集まる男の楽園ニコーリフレ。

 結局明るくなってきた朝6時過ぎに就寝しました。私にとってはかなり高い室温で寝苦しかったので、カーテンは全開で寝ました。起床はベッドメイクが入るので午前11時前としました。

 最後にもう一風呂あびて、11時半から館内で昼食を食べてしめました。私はこういった場所では食事をしないタイプですが、初回利用特典の500円の食事券があったので食べてみました。小鉢のお膳と、キャベツ盛りです。どちらも安く結構美味しかったです。このレベルなら十分利用価値がありますね。他の方の食事も美味しそうでした。

 それにしても、酔っぱらい客が多いのに綺麗に清潔に保ってあって感心しました。一歩間違えばゲロ地獄になりそうなんですけどね。まあ、この綺麗な施設とデロンデロンの酔っぱらいのコントラストが素晴らしい施設といえます。
 館内には先日行われたという、女性従業員のお客からの人気ランキング調査の結果が貼ってあって面白かったです。在りし日の、まんだらけの従業員コスプレ人気投票を思い出しました。(今でもやっているのかな???)

 マンガは2万冊有りますし、食事も異常なまでにメニューが多く安くて美味しいですし、風呂には入り放題ですし、サービスも充実していますので、ここでしばらく生活しても面白そうです。仕事があるので1週間は無理だとしても、連続3日間(72時間)くらいは完全缶詰状態で、ここニコーサウナで過ごしてみたいですね。

 札幌在住の人も、宿泊目的ではなくレジャー目的や怖いもの見たさで泊まってみるのも良いでしょう。

6時間で積雪2m 吹き溜まりの恐怖 

 昨日の猛吹雪の時つりおさんから、「玄関が2mの積雪で埋まった」との連絡が有りましたが、その写真を入手できました。

 まず最初に、雪かきをした後の写真です。(人力では足りず、除雪機も入った後の様子です。)

(雪かき後)
つりお後

 さてそれでは、続いて問題の雪かき前の写真です。良く比較して下さい。ひさしの位置と、雪の高さがポイントです。2m以上有ります。

(雪かき前)
つりお前

はい、何だか良く解らないレベルですね。人間の絵を加えてみました。
これでどうでしょう。

雪の深さ

雪かき後の写真に、雪の高さを描き入れてみました。これなら如何でしょうか?

雪の位置

 仕事から(早めに)帰ってきたらこの惨状だったそうです。玄関に入るまで2人で2時間かかったそうです。雪の厚みも1m以上有ったそうです。雪も20m/s以上の強風で押さえつけられてガチガチに固まっていたそうです。いやぁ、吹き溜まりは恐ろしいですね。

真冬の台風 こりゃあ地獄だ~

 今日は真冬の台風といった感じでした。

 これこれ、ヤフーの天気予報。予想風速がなんと24m/s。風速17m/S以上が台風なので、まさしく台風レベル。

天気予報

 日本の今日の最高風速も、6位までのうち宗谷が5カ所。瞬間最大風速は32.4m/S

最大風速

 市内バスが止まり、JRも止まり(行き倒れの模様)、タクシーも止まり、市内あちこちの道路、最後は国道40号線までもが封鎖されました。稚内は、まさしく陸の孤島となりました。

 おかげさまで、職場に停めてあったビートは昼過ぎにはこの有様

ビート埋まった

 掘り起こしても、道路で行き倒れそうでしたので、ビートは放置して職場の方に相乗りさせていただき帰宅しました。あまりのブリザードのため、ほとんど車が通っていなかったのが幸いでした。ホワイトアウトして視界はほぼゼロでしたからね。

 女子供共は、2時間雪かきしたらしいですが、それでもまだ積もっていました。続きは明日の朝ですね。

(追記)
今日、ビートを掘り出しました。(除雪機で周りの雪を取り除いてもらいました)
予想通り、車の中まで雪が入っていました。写真の右上は樹氷のようになっています。また、予想通り帰宅途中でエンストしましたが、何とか家までたどり着けました。今日は動くかな?


車の中まで雪

試験的にツイッターのリンクをブログに貼り付けてみました

 記事にするまでもない話題ではあるものの、一応メモとして残しておきたいネタは試験的にツイッターに書き込み、ブログに表示する事にしてみました。気軽に書き込めて、意外と悪くない気がしますが、このブログが重くなるのが気がかりです。あまりに重くなりそうならリンクを外す予定です。

 ツイッターは右のバーの、カテゴリーの下に配置しております。お暇な方は見てみて下さい。ただ、大したことは書いていません。

1ヶ月ぶりに気温が0℃超え 暖か~い

 今年は何だか寒いし、雪はメチャクチャ多いです(例年比積雪深2倍の80センチ)

 しかし、今日の最高気温は1℃。1ヶ月ぶりの0℃越えです。この1ヶ月間完全に氷に閉ざされる1日中氷点下の真冬日続きでしたから、今日はメチャクチャ暖かく感じました

 車はヒーターを入れなくても平気ですし、部屋も暖房が良く効きます。ジャージ姿で氷割りを少しやりましたが、すぐに汗が出てきました。(普通は寒いので、ジャージで雪かきをしてもあまり汗をかきません。)風もありませんでしたので、頑張れば、Tシャツ短パンでもOKでしょう。盤渓スキー場に勤めていた時にはこのくらいの陽気なら、Tシャツでスキーをする人もいました。

 完全に春の陽気でした。しかし残念ながら暖かいのは明日までで、明後日はまた暴風雪の予報です。

 今日はたまたま宗谷岬近辺に出張でした。気温は高かったのですが海は真冬の景色でした。

 浅く波の弱い部分は海が凍っていました

氷の海

 稚内にはまだ流氷は来ていません。よその人は流氷と海が凍っている判断ができないかも知れませんね。流氷は遙か北のロシアのアムール川から流れて来るもので、この写真は海が寒さのために岸側から凍っていったものです。見た目は似ていますが、全く違うものです。

 ただ、オホーツクの枝幸~知床の港の氷は、凍ったものか流氷が入ってきたものか区別が付きにくいことがあります。さて、今年も昨年のように稚内にも流氷が到達するのでしょうか?

※移動時に、氷上穴釣り場の前も通りましたが、平日にもかかわらずメチャクチャ車が止まっていました。みんな穴釣り好きですね。

氷上穴釣り with 下の娘

 下の娘も氷上穴釣りがしたいとのことで、下の娘の予防接種と歯医者の合間を縫って釣りに行きました。

 もちろんテントは無しです。今日はメチャクチャ人が多かったです。釣り場がないほどの混みようです。

 娘も穴開けに挑戦しましたが、力が足りないというより背が足りなくて開けられませんでした。ドリルをまっすぐに持つことができません。

穴開け

 人も多く、期待が高まりますが.....見る限り全然釣れていません。小学生の団体さんが、釣り大会?をしていますが、ほとんど釣れていません。良いポイントに穴を10個ほど開けていますが、反応無しです。しかし、そろそろ釣れだしても良さそうな潮時なので頑張ってみます。

 はじめの1時間は痛恨のゼロ匹。娘は雪を集めて体の下にひいてクッション代わりにしていました。

釣れない

 小学生の釣り大会が終了した辺りから当たりが出てきました。(小学生はあまり釣れなくてかわいそうでしたが、まあ賑やかで楽しそうでした。)

釣れた

 歯医者に行かなければいけなかったので、釣れていたのですが残念ながらタイムアップ。最初の1時間はゼロ、次の1時間で大きめのチカを33匹でした。

釣果

 今回は珍しく、ニシン?が1匹混ざっていました。写真下。
ニシン?

 今回も寒かったですね。頼みの白金カイロは、帰宅してから到着しやがりました。今回は1ミリも役に立ちやがりませんでした。

白金カイロ

 日本製よりかなり熱くなる韓国製のカイロを持っていきましたが、少しはマシな程度で流石にダメでした。次こそ白金カイロですね。

韓国カイロ

 お魚はマリネになる予定です。

マリネ
         
最新の記事

先月釣ったクロソイがJGFAボート記録に認定されました 念願の12ポンドクラス Jun 16, 2019
渓流の宝石オショロコマ釣りに挑戦  Jun 15, 2019
ウニの季節となりました Jun 12, 2019
超貧果 ボート釣り 一応記録ということで... Jun 10, 2019
今年度初利尻山登山 ただし途中まで.... Jun 08, 2019

FC2カウンター

プロフィール

かにぬーと申します。 1967年生まれの80年代を愛するヲタクです。 利尻島の釣り情報をメインに発信していきます。

ブログランキング関係

一応参加しています。

にほんブログ村 釣りブログ ロックフィッシングへ 釣りの世界

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

プライバシーポリシー

当ブログでは、第三者配信による広告サービスを利用し、 ユーザー様が閲覧する他のサイト、興味のある広告を配信しています。

そのため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。

当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 を使用されないようにする方法については、 こちらを参考し設定変更をお願いします。
詳しくは、Adsense広告の、公式プライバシーポリシーをご覧ください。