FC2ブログ

つりおさんライギョ釣りデビュー

 つりおさんは、この夏は色々と忙しいようです。なかなか釣り行く暇がありません。今日なら確実に行けるということで、雷魚釣りデビューとなりました。ただあいにく、風がないのは良いのですが、最高気温は(現地で)21℃でイマイチ、天気は曇りでイマイチという条件でした。(それでも、低気温で爆風続きでしたのでここしばらくではベスト)

 さて、ポイントに到着するとライギョの捕食音、ライズ音、呼吸音はポツポツ聞こえているので何とかなりそうです。しかし、実際はルアーにはまるっきりの無反応でした。

 ところが、1時間ほど我慢していると突然つりさんのフロッグにゴパァっと出てきました。ちゃんと咥えました。しかし....合わせが効かずバラしてしまいました。

 私はすぐ側で、小さいライギョ(同じ個体)が何度もアタックしてきて何とかフッキングしましたが、水草の上に引っ張り出した時点でフックアウト。それからも、ポツポツ反応はあるのですが葉の厚い部分でのアタックばかりでまともに咥えきれません。(フッキングさせやすい葉の薄い部分ではほとんど無反応)

 少し涼しくなってきてもう駄目かと思った矢先に、いきなりつりおさんにヒット

 ただし、つりおさんは今回、鮭の浮きルアー釣り用のタックルで代用していたため、水草の絡んだライギョを出すことが出来ません。仕方がないので私がラインをつかんで無理矢理引きずり出しました。(水草の中に埋もれたライギョが、この写真から解りますか?)

水草ライギョ

 水草を外すと、このポイントでは良型となる60センチ弱のライギョでした。

ライギョとつりおさん

 私は帰り間際に、フロッグを咥えきれずに何度もアタックしてきたチビライギョを1匹釣って終了となりました。

 ややタフコンディションでしたが、お互い1匹ずつ釣れて良かったです。

※やはりライギョにはライギョタックルですね。浮きルアー用の相当硬い竿でしたが水草をまとったライギョを強引に寄せるのは厳しかったですね。(無理すれば寄せられたでしょうが、今日が初使用のロッドでしたからね。無理して折れたら...)また、合わせの際にも、専用品と比べ曲がりが大きい分水草に潜られましたしね。

宗谷観光覚え書き モデルコース (その2)

(その1)からの続き。

4日目は丸1日有りました。

まず朝一は、青少年科学館とノシャップ寒流水族館です。
9時から開いていますが、9時半過ぎに到着しました。(意外と見るのに時間がかかったので9時開始で良かったですね)

アザラシ
子マゾイ

釣り場でアザラシを見かけると、やっつけたくなりますが近くで見ると超~可愛いです。
是非、アザラシの餌やりを体験してください。ダイナミックでワイルドなので下手をすると生臭いプールの水をぶっかけられますよ

お昼は、たからやでラーメン。駅が新しくなる時に、昔あった場所から少しだけ移動しています。(私が知る限り、宗谷唯一禁煙の店)

たからや

元々地元民にも人気のお店でしたが、ミシュランのビブグルマンにも選ばれ、新稚内駅開業効果、道の駅稚内開業効果、観光シーズンが重なり、異常な混み具合でした。びびりました。

新しくなった稚内駅に行きました。私も完全開業してから行くのは初めてでした。
線路の一番端が、駅の中に変わっていました。たまたま特急が入ってくるところに遭遇しました。(1日3回しかない、レアなチャンスです)

線路の最後

腹ごしらえが終わったところで、防波堤ドームを少し見てから、サロベツ原野に移動です。

オロロンラインが素晴らしいのでオロロンラインを南下します。(写真では、この良さが解らないので割愛)
途中オトンルイの風車群を見ます。

オトンルイ

一度天塩まで出ましたので、ここで天塩アンモニア温泉に入るのも有りです。超オススメ。

今回は迷いましたがその後、油温泉の豊富温泉に行きました。ジンギスカンもうまいので3時のおやつとしました。

そしてメインの何も無いサロベツ原野へ。

サロベツ1
サロベツ2

草ボーボーでいつも通り何も無い。車もほとんど通らない。
ただ、ビジターセンターの遊歩道でモウセンゴケは見つけました。
シマリスもいたのですが、シャッターが遅れてほんの僅かしか写りませんでした。(下の写真)

モウセンゴケ
リス

サロベツ原野を少し高台からも見てみました。いつも誰もいない宮ノ台展望台です。

宮ノ台1
宮ノ台2

メチャクチャ景色が良かったのですが、写真が糞でした.....是非ご自分の目でお確かめください。

その後はゆ~っくりと、サロベツ原野沿いを走りました。夕方には利尻島を横目に礼文島に沈む夕日が綺麗でしたよ。

夕日1
礼文に沈む夕日

戻ったついでに、スーパーユアーズに寄って品揃えを見てもらいました。残念ながら時間が遅くほとんど売り切れでしたが、内地では見かけないだろうたことんびの生(タコのくちばし)、たこのささめ(タコのエラ)、蟹の外子(蟹の卵)は残っていました。(本当は、真鱈の頭だけゴロゴロ山盛りとか、ごっこの山盛り等を見せたかったです。)

その日の夕食は、回転寿司の花いちもんめにしました。他のお店も考えたのですが、基本的にどこも禁煙ではないのでここにしました。(ここも完全禁煙ではないです)
地元のお魚がリーズナブルな値段で食べられるのが魅力です。

とまあ、こんな感じでしたね。最後に(宗谷地方の観光について)に続く。
最新の記事

SSD載せ替え5回目 もちろん今回も成功? Nov 23, 2019
フェリー欠航祭り 1週間で1勝5敗1分 Nov 23, 2019

FC2カウンター

プロフィール

1967年生まれの80年代を愛するヲタクです。 利尻島の釣り情報をメインに発信していきます。

ブログランキング関係

一応参加しています。

にほんブログ村 釣りブログ ロックフィッシングへ 釣りの世界

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

プライバシーポリシー

当ブログでは、第三者配信による広告サービスを利用し、 ユーザー様が閲覧する他のサイト、興味のある広告を配信しています。

そのため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。

当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 を使用されないようにする方法については、 こちらを参考し設定変更をお願いします。
詳しくは、Adsense広告の、公式プライバシーポリシーをご覧ください。