ヲタキッシュ(利尻島で釣りを楽しむブログ)

釣り(ロックフィッシング)、利尻島情報、ピュアオーディオ、ビリケン商会のガレージキット等がメインです。リンクフリーです。
2012 101234567891011121314151617181920212223242526272829302012 12

稚内の路面はつるつるです

 稚内の路面は完全につるつるです。車もABSが効きまくり(効いてはいるが止まらない。)そんなつるつるの状態を下の娘の動画でアップしました。(スマホなので画像が荒いです。)



 これまではメレルのビブラムソールにホーマックで売っている滑り止めピンを片方5本くらいずつねじ込んで使用していましたが、今シーズンは、つるつる路面用に新しい靴を追加しました。

  ICEBUGというスウェーデンのメーカーです。(タイプはメンズメトロバグリップ)以下の写真です。

靴1
裏

 氷上用のランニングシューズを作っているメーカーで、写真の通り裏はスパイクです。日本製よりピンが細く硬いようです。
 
 今まで使用した冬靴の中では最も滑りにくい物です。確かにこれなら氷上でも走れそうです。防寒も-20℃まで大丈夫だそうで、結構暖かいです。難点は氷以外の場所(屋内等)では床を痛めそうですし、ピンが立って歩きにくいことです。氷上専用靴ですね。(サイズは27.5)
[ 2012/11/28 22:30 ] パソコン・スマホ・ガジェット | トラックバック(-) | Comment(2)

パジェ子のカーステをアップグレード

 稚内は良い感じで吹雪いていました。この勢いで一晩中ですと朝には恐ろしいことが起きるのですがラッキーなことに降り止みました。



 本日オートバックスでパジェ子のカーステを交換したのですが、この状態でもタイヤ交換の人が結構いて非常に混んでいました。タイヤ交換って...この凍結路面の中、夏タイヤでお店まで来たのかな??そうとしか考えられないけど、まともに歩けないほど道路つるんつるんでしたよ。

 話を戻しまして...カーステの交換を指示したのは嫁でした。私は、スマホでデーターを飛ばしてブルートゥースで受けて、次にFMラジオに飛ばす方法で一応音は聞けましたが、嫁はちゃんとipodで聞きたいとのことで思い切って交換しました。

 最初のカーステは純正です。今時カセットテープしか聴けませんでした。FMの入りも異常に悪かったです。

旧

 新しい方は、ケンウッドのU565SDです。型落ちの展示品を半額程度で購入。

新

 あまり使用していないので何ともいえませんが、ipodもSDカードもCDも鳴らせる。音は残念なことに、ipodとSDカードはイマイチ、CDだけは音が良い。FMは以前より入りが良い。「まあいいや」って感じですね。

 一番良い点は時計が見られることと、イルミネーションが綺麗なところですね。

【追記】
 嫁は朝は真っ白な雪原を30分ノンストップで通勤し(夏場は20分だけど)、帰りは全く街灯のない真っ暗な道路を30分ノンストップでの帰宅です。
 朝は真っ白、夜は真っ暗の往復1時間を無音で過ごしてきましたが、やはり音楽があると良いとのことで喜んでいました。ただ、音質はイマイチ不満らしいが、まあ仕方がない。(通勤路はラジオが入らないですし、携帯はdocomoでも大部分が圏外)
[ 2012/11/25 23:38 ] 車 HONDA BEAT | トラックバック(-) | Comment(0)

狸小路「糸末」 懐かしのお店が十数年ぶりに復活 

 この前札幌に出張があったので、狸小路に復活した糸末に行ってきました。「先代の糸末」の時代は、好きなお店で良く通っていました。(場所は昔と同じ狸小路ですが、少し移動しています。)

味噌

 九州から越してきた自分にとって初めて美味しいと思えた味噌ラーメンがこのお店でした。

 ただ、時間があまりにも経ちすぎて味の記憶は薄れていました。以前、「糸末」の流れを汲む「喜来登」さんにも行きましたが「先代の糸末」とは少し違う感じでした。

 さて、復活店舗にて10数年ぶりの味噌ラーメンです。一口食べて「ああ、こんな味だったな。」って思い出しました。

糸末

 あの当時そのままではないのですが、やや濃い味でにんにくや生姜が利いている、今風の複雑な感じでは無く素朴な感じ、古き良き時代の札幌味噌ラーメンが蘇りました。(チャーシューは洗練されて、今の方が美味しい気がします。)

 個人的な感じでは、昔の糸末=(今の糸末+喜来登)/2ですね。(ただ、今の糸末の方が近いと思います)現代の札幌味噌とは違いますが、美味しい味噌ラーメンだと思います。

 昔の「糸末」の流れを汲む、今の「糸末」「喜来登」「冨幸」の流れを汲む「一徹」、今も昔も狸小路の名店ですね。大切なお店です。

「喜来登」の記事:http://okapon2005.blog27.fc2.com/blog-entry-1396.html
(追加)
「一徹」の記事:http://okapon2005.blog27.fc2.com/blog-entry-728.html
          http://okapon2005.blog27.fc2.com/blog-entry-451.html
[ 2012/11/23 17:02 ] ラーメン | トラックバック(-) | Comment(6)

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q これを観れば丸わかり?動画を紹介

(Qのネタバレは無し)ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Qを観てきました。私はTVシリーズから全て観ています。新劇場版序・破も楽しめました。今回のQは、ヤフーの映画批評では賛否両論ですが私は十分に楽しめました。
 変といえば変ですが十分良い作品だと思います。90分間見終わった後、多くの謎が解けないままのもやもや感もあり、見応えもあり、ぐったり疲れました。是非、もう一度観に行きたいですね。

 さて、エヴァは難解とよく言われますが、この動画エヴァンゲリオンがさらにわかる動画:旧 が非常に楽しく、上手に説明してくれています。天才的です。全エヴァファン必見でしょう。(ただし、一見さんには理解不能だと思います)おかげ様で、もやもやが大分晴れました。



 この動画の他に、エヴァンゲリオンを1.5倍ぐらい楽しくする動画シリーズもお薦めです。(クリックするとリンクで飛べます)

 上記の全ての動画を見て、今回の新劇場版のラストもストーリーや表現は全く違えど、結局は同じことになるのかな?と思いました。数年中に公開される予定の最終作、シン・エヴァンゲリオン劇場版:||が楽しみです。

 同時上映の巨神兵東京に現わるは庵野監督のウルトラマンへの愛を感じさせる良い短編作品でした。CGを使用しない昭和の特撮技法で作られた歴史上最後の傑作となることでしょう。

※私の映画通の同僚が、エヴァの知識完全0の状態で新劇場版Qを観た感想。「シンジ君はえらい怒られようだね。今まで何があったのか知らないけど、最初から最後まで怒られっぱなしであれはないよね。」とのこと。全くその通りです。

 ちなみに私は、Qを見に行く前にちゃんと予習しました。今週のナディアの再放送→序→破を観てそのままレイトショーになだれ込みましたよ。
[ 2012/11/23 16:15 ] 映画や漫画 | トラックバック(-) | Comment(0)

「北のカナリアたち」を観に行きました

 「北のカナリアたち」を下の娘と観に行きました。公開されて1週間経ちますが地元では相変わらず人気で、1日10回ほど上映されていますし、お客さんもたくさん入っています。

 映画館もカナリア推しで、吉永小百合が大分身していました。

分身

 さて、「北のカナリアたち」ですが、まず内容よりもロケ地が気になりました。礼文島をメインに、利尻島、稚内市、豊富町、札幌市でロケが行われています。

 稚内市、豊富町、札幌の分はほとんど解りました。島のシーンですが、礼文と利尻が混ざっていたので解らない部分もありました。

 港のシーンも、船が入ってくる港と、着いた後のシーンで港が違っていた気がします。ロケ地についてはパンフレットにも出ていましたが、ピンポイントまでは書かれていませんでした。(下の娘も、澄海岬の先端部でロケされたシーンは気がつきました。(通常は立ち入り禁止))他にもいくつかピンポイントで解らない部分がありました。(地元民はパンフを買った方が楽しめますよ。)

 病院と警察署のシーンは礼文じゃないことには気がつきました。礼文には映画のような大きな病院や警察署は無いですからね。(大怪我したらドクターヘリで旭川に運ばれます。利尻でロケをしたそうです。)

(お約束で等身大?パネルと写真を撮ってきました。)
記念写真

 「あんな場所に住んでいるのですか?」と聞かれれば「まあ、そうです。」と答えられますね。建物はもっと立派ですが、自然環境や景色はあんな感じです。

 毎日利尻山を見ながら通勤している嫁は「もっと綺麗な時もあるよ」とのこと。

 ロケ関係で一番気になったことは、みなさん薄着で、手袋を外したりしていたことですね。

 この辺の吹雪って、道外の人にとっては想像を絶する寒さですからね。(体感気温で-20℃以下のはず)札幌のように温暖な地域の吹雪とは比べものにならない寒さです。内陸の千歳にいた時は朝-20℃(無風)とかにもなりましたが、宗谷地方の-10℃での吹雪の方が寒く感じます。

 よくあんな薄着で撮影が出来たもんだと思いました。あまりに寒いとしゃべられなくなりますからね。手袋も一度外すと指が動かなくなりますからね。撮影時暖をとる場所も十分ではなかったと思います。(風が強いと、どうしようもない。)1シーン撮るだけでも相当な時間がかかりますから、役者・スタッフの方々本当に凄いと思いました。

 いつもはエンディングの文字なんて読まないんですが、今回は協力の部分はちゃんと読みました。知っているところばかりで読むのが追いつかないほどでした。ブルーレイが出たら読み直してみたいと思います。

 さて、肝心の映画の内容ですが....景色は良い時を選んで素晴らしく綺麗に撮れています。役者も悪くないです。原作も悪くは無いのかな?(未読)ただ、いくつかえっ、ギャグ?コント?と思える部分や、どうしても腑に落ちない部分があり、泣ける感じでは無かったです。全体に筋が通った感じが無く、モヤモヤした感じです。脚本がダメなのかな。悪くは無いんですが内容的にはもう一歩の印象でした。ただ、最近のクソ邦画よりは良いと思いました。

 下の娘は「面白かった」とのこと。基本的に大人向けの映画なんだけど....どこが?

※追記
ヤフーの「北のカナリアたち」の素人評価を読んでいて、北海道に関する勘違いがあったのでここに書いておきます。
1 吹雪のシーンが多かったがあんなに吹雪ばかりなのか?
  宗谷地方は毎日のように吹雪きでもおかしくないです。
  吹雪ではないですが、ここしばらくは毎日荒れています。太陽を拝むことがありません。
2 あんな吹雪の日でも傘はささないのか?
  吹雪で傘をさす人は少数です。(傘をさしているのは内地の人では???)
  風で傘が壊れますし、気温が低いので雪は手ではたけば落ちます。
  風が無く、気温が高い時のベタ雪ならさすこともあります。
  今日も強風なので、雪は少し降っていますが体にも道路にも着かずに流れて行っています。
[ 2012/11/12 06:08 ] 稚内・宗谷情報(島以外) | トラックバック(-) | Comment(4)

3台の車の行方について

 車が3台になってしまいました。これからその3台の行方です。

【 トヨタ ツーリングハイエース 】
通勤、日常使い用。

【 三菱 パジェロミニ 】
通勤、日頃の釣り用。
釣り用に行く時に、ハイエースほど燃費を気にしなくても良くなった。
(燃費 ハイエースでリッター7㎞くらい、パジェロミニでリッター12㎞くらい)
ボートを使用する時はハイエースじゃないと無理。遠征釣りもパジェロミニではきつそう。

【 ホンダ ビート 】
上の娘に渡す。来年春には家を出る予定なのでビートを渡す。
(ただし、素人にメンテが出来るか???500キロで1リットルのオイルを消費。)

 問題は、これから冬の季節嫁の通勤にハイエースと、パジェロミニのどちらを使用するかです。

 今朝も霜が降りて車は真っ白になっていました。嫁がフロントガラスの霜取りをしている写真です。ビートのボンネットも霜で真っ白です。
 
3台

1 嫁の通勤は往復40㎞のノンストップ運転なので燃費が良い方。(パジェロミニ)
2 長距離走るので雪上での運動性能は高い方。(パジェロミニ)
3 吹き溜まりが出来まくる地帯なので突破できる方。(パジェロミニ)
4 雪に埋まった時の脱出のしやすさ。(パジェロミニ)
5 鹿や車とぶつかった時の被害の大きさが小さい方。(ハイエース)
6 雪に埋まってでられなくなった時や、救助を待つ時間が長くなった時の安全性。(ハイエース)


 事故を起こす確率が低いのは圧倒的にパジェロミニ、起こった時に何とかなりそうなのはハイエース。う~ん、お天気次第で乗り分けるしかないかな?

 嫁の通勤路は晴れていたら日本離れしていて、それはそれは最高なのですが、吹雪いたら猛烈な地吹雪でホワイトアウトするし、道路に突然巨大な雪山が出現したりと、地獄なんですよね。(昨年、その道路で雪山に突っ込んで動けなくなった車は、職場関係だけでも数台はいます。本格クロカンでも脱出不能だったそうです。携帯はdocomoでも一部は圏外。交通量も極小のためなかなか助けが来ない。)
 
 本当にやばい時は泊まってくればいいんですが、天候は急変しますし、ピンポイントで酷いこともあるので油断が出来ないんですよね。
[ 2012/11/06 19:29 ] 車 HONDA BEAT | トラックバック(-) | Comment(0)

パジェ子ちゃん若返り作戦

 パジェ子ちゃん入手時の金さん銀さんレベルから、せめて菅井きんさんのレベルまで若返らせたいということで、色々やってみました。(廃車になる寸前の状態でしたので、そこから頑張ってリカバリーさせてみました。)ただし、17年落ちとはいえ走行距離数は6万3千キロ弱と少なめです。

購入直後

1 まずは、お約束のエンジンフラッシング、オイル交換、添加剤投入
  これは明らかに良くなった。音が静かになり、パワーも上がった。

2 バッテリー交換
  ボッシュの高級品と交換したが、変化はない。ただ、死にかけてはいたらしい。

バッテリー

3 エアフィルターの交換。
  TRUSTエアクリーナーMT-3と交換。少し静かに少しパワーが上がった気がした

エアクリーナー

4 エアコンガスの追加充填。
  ちゃんと冷えるようになったが、まだ漏れがあるかも知れないとのこと。ただ、クーラーを使用する季節がすぐに終わってしまったので確認のしようがなかった

5 性能が上がるという触れ込みのアイテム。(中身はコンデンサー)
  う~ん、よくわからない

色々

6 燃費が良くなるという触れ込みのビロビロの金属。
  う~ん、よくわからない

7 プラチナプラグとハイテンションコードの交換。
  シリコンブルーパワーコード使用。車検時にやったのでタイムがありラグがあり、差がよくわからなかったが、パワーには変化がないものの、静かになった気がする

コード

8 ワイパーゴム交換。
  雨の日でも視界ばっちり。(最初は裂けた状態でベロベロ)

9 洗車と、エンジンルーム洗浄、フロアマット交換。
  何だか意外と綺麗になった。近くから見ると錆だらけだが遠目では見えないレベル。少なくとも、21年落ちのビートよりは圧倒的に塗装の状態は良い。内装は傷だらけであったが、フロアマットを変えたら足下を見ている時だけは新車気分になった。

錆
エンジンルーム
フロアマット

10トランクルームカバー
  釣り道具や魚のぬめり、魚の返り血、エサ汁の漏れでベロベロべとべとぷぅ~んとなるのを防止。安くて使える。オートバックスのLLサイズでぴったり。

マット

11スペアタイヤカバー購入。
  新型パジェロミニ用のタイヤカバーを購入したので、後ろから見たら少し新車の気分。「熊出没注意」のデザインにしようかとも思ったが、しゃれにならないのでやめた。

タイヤカバー

12スマホグッズ追加
  スマホの充電器、スマホをナビとして使用するときのホルダー、スマホの音をブルートゥースで飛ばしてFM電波で飛ばして、FMラジオで聞くトランスミッター。

カーナビ

 アンテナの性能か?チューナーの性能か?トランスミッターの電波が弱いのか?音が割れるので、スマホのイコライザーでいじって何とかごまかしている状態。本当はちゃんとipodをつなぎたいところ。ただ、現在でもなんちゃってナビ、なんちゃってカーステとしては一応使用できている。機会の進化は素晴らしい。

(車検時の修理)
・折れかけのロアアーム交換。(何度も落としているうちに傷めたのか?)
・ATオイルが腐っていたが、交換しなさ過ぎだったので今回半分だけ交換。
・ドアを開けると、エンジンをかけていようがかかっていまいが、キーがついていようがついていまいが関係無しにピーピー言っていたのを黙らせた。


 エンジンの傷みが少なかったこともあり、菅井きんさん(86歳)よりもっと若返った感じです。桃井かおりさん(61歳)くらいかな?これから5年くらいは何とか乗りたいですね。車両価格よりお金をかけて若返りさせましたからね。長く乗るための一番の障害は鹿ですね。とにかく鹿との衝突に注意が必要、1発で廃車になってしまう。

 仕様上どうしようもないけど残念な点は、集中ドアロックがないこと。3ドア全ていちいちキーを使って手で開けないといけない。ビートもそうなんだけど、今時そんな車走ってないよね。

礼文

 まあ、次こそジムニー(ターボ、5MT,新車)ですね。もしくは、ツーリングハイエースも処分してノアールさんも乗っているFJクルーザーあたりが欲しいですね。(本当は、ノアールさんが今乗っているFJクルーザーが欲しいところですが、左ハンドルの逆輸入車なので自分には運転は無理です。)
[ 2012/11/03 16:26 ] 車 HONDA BEAT | トラックバック(-) | Comment(9)

釣り人はジムニーのターボ、それも5MTの新車を買うしか選択肢はない 

 スズキジムニーのターボ、それも5MTの新車以外に選択肢はない。その事実に揺らぎはない。

 そしてこれが、我が家に新しく来たニューウェポンだ。

パジェ子
リア

 は~い、パジェ子ちゃんで~す。性別は女。平成7年式で満身創痍の17年落ち三菱パジェロミニで、女の子と言うより金さん銀さんレベル。性別に関しては前オーナー(女性)が「この車は女の子である」と念を押していたので間違いはないはずだ。

 3速オートマなので、70キロくらいからは回転数が上がりまくって爆音&燃費劣化、運転席側のドアにはターボ車の型番が書いてあるけど助手席側はノンターボの型番、本当はノンターボ。坂を登ればすぐ解る。速度はパワーアシストの自転車並み。

 左右のドアが違う理由は....まあ、ぶつけたようだ。それに加え、冬場は何度も落としたそうだ....

ターボの型番
ノンターボの型番

 フロントのカンガルーバーにも激しく当てた後が...これ以上壊れても困るので鹿よけの笛は早速取り付けた。

鹿笛
 
スズキジムニーのはずが、三菱パジェロミニに
ターボのはずが、ノンターボ
5MTのはずが、3AT
新車のはずが17年落ちの中古車


 言っていることとやっていることが違うが、それが人生というものだ。理想と現実は違う。スズキジムニーの新車1台でこのパジェ子ちゃんは何十台でも買えちゃうんだ。(今使っているリールの買値より安かった。竿よりは少し高い。リール>パジェ子>竿)

 ちなみに前オーナーは、このパジェ子を売ってスズキジムニーに買い換えた。

※一時的に車が3台になったので、このパジェ子を島に1ヶ月ほど置きっぱなしにして釣り専用に使っていました。そのため今シーズンは島に行きまくることが出来たのです。島から戻ってきて、車検に入り、色々見てもらって、やっと戻ってきました。
[ 2012/11/02 21:22 ] 車 HONDA BEAT | トラックバック(-) | Comment(2)
ページ最上部へ