FC2ブログ

嫁の釣り練習中に....

 今夜はべた凪でしたので、嫁の釣り練習に港に行きました。

(1つめの港)
 引っ越してからは初めて訪れましたが、今までの実績からは大本命の港です。しかし、最初は全くアタリすらありません。その後も、時折ガヤが釣れる程度でした。唯一のまともな獲物は、嫁が足下の垂らし釣りで釣った30センチ程度のシマゾイだけでした。1時間半で数匹の釣果でした。あまりにも釣れないので次の港へ移動しました。

シマゾイ30センチ

(2つめの港)
 小さいソイなら確実に釣れそうな、浅~い港に移動しました。読みが当たって、利尻サイズとはほど遠い20センチ以下のソイが遊んでくれました。これだけ小さいソイばかりというのも珍しいです。

 自分は、“誰も釣りに来ないようなショボイ場所なので、間違って大きいソイが残っていないのか”と、少しは期待していました。しかし、釣っても釣っても20センチ以下のミニサイズばかりで、嫁はババアになって冷え性が激しくなったため「寒いから帰る~。もう、限界~。」とほざきやがったので、帰ろうと思ったところ、私の遠投した竿に重い手応え....嫁に竿を渡して、急いで車まで戻って玉網を持ってきてゲットした魚は、クロソイのビッグママ47センチでした。

ソイ47センチ

 その後も、45センチ弱のクロソイ、40弱のクロソイを追加して終了となりました。嫁も大きいのを釣りたかったようですが、どうしてもポイントまで届かなかったようで、今回は小さいのだけでした。自力で大きいのを釣りにはもう少し練習が必要なようです。

3匹目のどじょうならぬ3匹目の巨ソイ狙い

 そろそろビッグママのシーズンも終わりそうです。何とかビッグママを釣りたいということで、平日の無理矢理釣行です。

 港内では限界を感じたので、磯や港外にも挑戦です。

(1日目)夜磯ロック
 明るいうちに場所を確認し、完全に暗くなる前には入釣。1番良いポイントは出るそうなので手前のそこそこのポイントで釣りをしました。

結果は、2時間頑張ってノーバイトの完全ボウズ。利尻なのに何で???港内でもボーズなんてあり得ないのに....

(2日目)港の外側
 今までは平らな場所で、完全に内海狙いでした。お昼にあちこちの港をランガンした時に、1カ所だけ足場のいいテトラを見つけたのでそこで釣り開始。

1時間頑張って40センチのクロソイ1匹のみ

 あまりに貧果が続いたので、少し癒されようとそのまま港内に移動して釣り開始。タックルは磯・外海用の9フィートのMLのシーバスロッド(釣り大会用1オンス対応)で、2グラムのリグを使用するという異常にアンバランスな状態でした。

 開始20分ほど無反応でしたが突然のヒット。40センチのクロソイでした。その後も40UPと45センチのクロソイがポツポツ釣れました。陸釣りにしては良型揃いです。

 全く反応が無くなったので、ガヤがいそうな目の前のポイントに投入。弱いアタリの後ヒット。意外と引くので40センチ級のソイ?と思いましたが、足下で異常な引き込み。いざ、取り込んでみると、玉網が異常に重い。

 なんと、54センチのビッグママでした。写真の通り、頭が異常に大きかったです。

頭の大きいビッグママ
54センチビッグママ

 う~ん、さすが利尻というところか....しかし、陸からこれほど釣れることなんて、これ以降あるのか???釣り大会の会場ならもっと釣れるでしょうが、あそこは大会時以外は通年釣り禁止ですからね。

ルアーマガジンソルト7月号に、家族でちょっと載っています

 現在発売中のルアーマガジンソルト7月号には、先日行われた利尻島ロックフィッシュ大会の様子が出ています。
その時の私のブログの記事:http://okapon2005.blog27.fc2.com/blog-entry-1765.html

ルアマガソルト
タイトル

 ちょっぴりですが、我が家も出ています。
掲載ページ
(1)左上の児島玲子さんのガッツポーズの後ろにほんの少し見えているのが、私の帽子です。道具も写っています。
(2)右上の児島さんの奥で竿を振っている黄色い人が嫁です。
(3)左中段のソイの生け簀写真の女子供は、嫁と娘です。
(4)右下のスタッフ集合写真には私も写っています。

※ちなみに私は北海道サケ釣り場ガイドにも載っています。
撮影日の釣果:http://okapon2005.blog27.fc2.com/blog-entry-1135.html

ガイド
出ている

磯釣り場探しと、ホッケの初物 夜磯初挑戦?  

 港内の釣りは行き詰まってきましたので、磯場を開拓しようと島の中をあちこち巡ってきました。何カ所はめぼしいところを見つけ、磯場に出て釣りもしましたが昼間は不発。夜に期待をかけます。港のテトラからならビッグママも釣れそうですが、ナイトテトラは危険なので基本的には無しの方向で....。(磯より外テトラの方がビッグママが釣れる気がします。)

 港にいよいよホッケが入ってきたとのことなので、食料調達のため釣りをしました。比較的型の良いホッケが11匹釣れました。早速干しました。型が良いので大きめの干し網もいっぱいになりました。
ホッケ初物
ホッケ干し

 さて、夜は磯に行こうかと思いました。しかし、今日は止めました。止めた理由は以下の2つです。
(理由その1)
 闇夜で真っ暗け、磯に降りる道も漆黒の闇。危ないので止めた。
(理由その2)
 出るらしいので止めた。く~にゃんさんは以前、その場所で腕を捕まれたらしいのでやっぱり止めた。

 次の機会に、明るいうちに釣り場に入ってからやりたいと思います。出るのが気になりますが....

 気分を変えて港内で釣りをしました。初めての場所で、釣り人は最近全く入ってないそうです。数は10匹も出ませんでしたが、クロソイの30UPばかり釣れました。最大は40センチのクロソイでした。
ソイ40センチ

※海岸線を見ていたら海鳥がやたらといました。数百メートルの幅を持った巨大な群れです。以下の動画は拡大すると有る程度群れが解ります。白い部分は全て鳥です。かなり横長の群れです。

2匹目のどじょうならぬ2匹目の巨ソイ狙い

 先日、港内のちょい釣りで娘が52センチの巨ソイをあげました。というわけで、懲りずに狙ってみました。

1回目
風が猛烈に強く、ランガンして風の弱い場所を選んでも釣りの出来るギリギリの状態で、最高で30センチのクロソイ。

2回目
凪の予報だったものの、風が強くて苦戦。しかし.....

来ましたよ。スリムなクロソイ51センチ
51センチ

他にも40センチ前後のクロソイが合計5匹くらい釣れた気がします。(小さいのもポツポツ釣れました)
最後はマッチョなクロソイ45センチ
45センチ

3回目
凪で釣りやすかったものの、最高で30センチのクロソイ。やはり、何時までも上手くはいかないものですね。

 今シーズン、もう一度くらい陸からも50UPを釣りたいですね。もうすぐ巨ソイのシーズンは終わりですから急がなくちゃ。

※ヤリイカがシーズンインしました。もらってきて刺身で食べています。狙って釣るにはまだ群れが薄いかな?やはり、北海道のイカタコはめちゃめちゃ美味しいですね。生きているので、歯ごたえがサクサクして最高です。熟成させた方が旨みは多いかも知れませんが、このサクサクの食感は生きていないと味わえません。(イカは捌いた後も透明ですよ。イカは活きが超良いと透明なんですよ。)
ヤリイカ

港のファミリーフィッシングでデカソイキター 利尻恐るべし

 土曜日は、夕方からボートロック。状況は比較的良かったものの、自分だけは不調でそれなりの釣果でした。穴以外では1本のみ、穴釣りで5本程度、全て45センチ前後のクロソイでした。最大魚は今シーズン最大魚となる49センチのナイスプロポーションのクロソイでした。(2.5キロ)下の写真です。

49センチ

 しかし、私と違い同船者は、またしても3.5キロ級の大物クロソイをあげていました。(彼は、今シーズン3本目の3.5キロ級です。)う~ん、自分は大会以降スランプ気味です....

 日曜日は風が強くボートロックはお休み。夜にファミリーフィッシングに行ってきました。風のない小さな漁港での釣りです。水が透明で、水深は2~3mと浅いので、夜でも底が丸見えです。ジグヘッドも、浅すぎてすぐに着底するので2g前後のタイプを使用しました。20センチ以下の小さなソイがボチボチ相手をしてくれていました。まさしくファミリーフィッシング。

 そうこうしているうちに岸際で大きなアタリ。巻き巻きしてみると42センチの良型クロソイ
42センチ
 その後すぐ遠投にて1匹目より長い40UPの奇形ながらも良型のクロソイ
40アップ奇形
 そしてまたまたサイズアップし、48センチの良型クロソイ
48センチ

 大型魚が3連発で来ました。ポイントが遠いため、遠投が出来ない嫁と娘には大型魚はヒットしませんでした。(2gのリグをMLの硬めのロッドで遠投するのは難しいですからね)そこで、私が遠投して娘に渡し、巻き巻きさせたところ.....

 ドガーンとヒットしました。丸々と太った52センチのクロソイ

52センチと次女
52センチのメジャー

 ラインは8ポンドでしたので、丁寧に寄せて何とかネットインしました。(ネットを持って行っていて良かったです。)これ以降は、35センチが釣れただけで他はチビソイだけだったので帰宅しました。

 娘はイキナリ52センチを釣り上げましたが、これは全然普通じゃない釣果だと言って聞かせておきました。これが普通だと思ったら、他所で釣りなんか出来なくなりますからね。

 私は、利尻・礼文でかなり釣りをしてきましたが、底が見えるほどの浅い港内でこの釣果はさすがに異常ですね。ちょっと驚きました。陸から、これほど釣れることはこれからもあるのか???いくら利尻とはいえ、流石にないかも知れませんね。

第3回利尻島ロックフィッシュ大会の結果

 大変遅くなりましたが、4月26日に開催された第3回利尻島ロックフィッシュ大会の結果です。

 前回は優勝でしたが、今回はダメでした。結局8位だったかな?

 今回は超ビッグゲストが来てくれました。女性トッププロの児島玲子さんです。また、第1回から出場していただいている北海道を代表する魚鬼(いとう)プロも、もちろん参戦です。

プロ2人
プロ釣り中

 ゲーム形式は、前半チーム、後半チームに分かれての1時間交代2ゲーム方式です。2匹の重量勝負です。

(前半チーム 1ゲーム目)嫁の出番
 今回は嫁も参戦しました。ただ、投げて巻くことしかできず、ラインを結んだりワームをセットすることも出来ないので、私がサブで横につきました。 
 横風がメチャクチャ強く、上級者でも厳しい状況でした。嫁はまともに飛ばせず大苦戦。魚の食いも渋かったのでどうしようもありません。
 そうこうしているうち、はっきりとしたアタリがありました。嫁は大慌てで早合わせをしてすっぽ抜け。試合直前に、何度も何度も合わせの練習をしていたのに....早合わせは絶対にダメだって.....アタリはそれだけでした。

(後半チーム 1ゲーム目)私の出番
 やはり風が強くて厳しく、食いも悪い。半年以上買い出しに行けていないので道具も不十分な状態で非常に苦戦しました。ただ、隣にいた魚鬼プロが「足下にも魚はいるよ」とアドバイスをしてくれました。そのアドバイスに従ったところ45センチのクロソイが釣れました。魚鬼プロ、ありがとうございました
45センチ
 隣の児島プロも釣っていました。ランディングしているのは、いつものく~にゃんさん
並んで釣った
児島プロランディング
 午前の部が終了した段階で、自分は2位か3位、優勝が狙えそうだと思っていたのですが......

(前半チーム 2ゲーム目)嫁の出番
 午後の部は気温が上昇したためか、急に釣れ始めて、自分の記録より大きな魚がジャンジャン釣れていました。「嫁でも釣れそうな勢いだな~」と思っていたところ、嫁にもヒット。しかし今回は合わせを入れるのを忘れたため、1分後くらいにフックアウト......結局ボウズ。2回もチャンスがあったのにどちらも逃すなんて....(2回アタリがあった人は少なかったはず)

 下の写真にあるとおり、嫁の隣もたまたま児島プロでした。自分が嫁に散々檄を飛ばしていたのを聞かれていたらしく、試合後「いやぁ~、奥さんに色々アドバイスしていて凄かったですね~」と言われてしまいました。それでもちゃんと釣れていたらかっこがついたのですが、2バラシのボウズですからね。
嫁と児島プロ

(後半チーム 2ゲーム目)私の出番
 さっきまでの食いが嘘のように沈黙してしまい、(特に自分の周囲は完全に沈黙....)ノーフィッシュで終了。

 以下の写真は釣られたクロソイです。午前の釣果なので40センチ~50センチ弱です。
魚たち

 結果は8位とイマイチでした。しかし、何度かご一緒したことのある、稚内在住のよっちくんは3位と大健闘でした。おめでとうございます。次は我々でワンツーフィニッシュといきましょう。(今回の最大は55センチだったかな?)

 結果はダメでしたが、夜の懇親会もあり楽しめました。じゃんけん大会や、オークションもありました。
お楽しみ
お楽しみ2

 ちなみに以下が戦利品です。多量にあります。
戦利品

 今回は家族3人で運営のお手伝いもしました。次の大会には下の子も選手として出られるかな?(写真中央は下の子)
お手伝い

 次号のルアーマガジンソルトに、児島玲子さんの今回の利尻釣行記が載るそうです。(全6ページ)自分もどこかに写っていれば良いんだけどな~。児島プロと魚鬼プロとは、3日間にわたってご一緒させていただき大変面白かったです。是非また来て欲しいです。(魚鬼さんは、来年また絶対来られますよね。)それにしても、さすがに児島玲子さんは美しかったですね。

利尻島に越してきてからの、ここしばらくの釣果

 光が開通してからは初めての更新となります。釣りにはチョコチョコ行っていましたので、まとめて更新します。

 釣況ですが、例年より1.5℃も海水温が低く厳しい状態が続いています。

(その1)陸釣りの結果

 利尻島では、基本的に鮮魚は売られていないので自分で近所の港に行って釣ってくるしかありません。そこで、魚が食べたくなったら、家族で釣りに行っていました。

 水温が低いため非常に渋いですが、1食分くらいなら釣れます。釣れる最大サイズはでクロソイの30センチ程度ですが、それは刺身にしました。そろそろ、ホッケやヤリイカも来て、もっと釣れても良い頃なんですが、未だに非常に厳しいです。
夜釣り
釣果

(その2)ボート釣りの結果
1回目
以前書いたとおり、自分はボウズ同船者は日本記録達成
過去の記事:http://okapon2005.blog27.fc2.com/blog-entry-1763.html

2回目
渋い状況ながらも、47センチのクロソイ1匹、45センチ程度のクロソイ1匹、良型ハチガラ2匹の釣果。何れも非常にタイトな穴撃ち。奥の奥でしかヒットせず大苦戦。
47センチ

3回目
かなり荒れている中出船。穴撃ちを試みるが、昆布がうねりまくり邪魔をして穴の奥まで落ちずに超苦戦。ボウズの危険性が大きかったものの、何とか45センチと、40センチのクロソイゲット。
45センチ

 この1ヶ月くらいが最も記録が狙えるのですが(昨日も1回目に記録魚を釣った人が60センチをあげており、そちらを記録として申請するそうです)、私は出足イマイチです。

 あまり公式な記録にはこだわらない方ですが、せっかくなので今シーズン中に、陸の4ポンド、船の6ポンド、8ポンド、12ポンド、20ポンド部門のどれかでは日本記録をとりたいです。
 また、利尻に住んでいるうちに、オールタックル部門(無差別級)のクロソイ5.1キロを抜きたいです。(利尻とは言え、相当厳しいですけどね。利尻でもここ数年の最大魚でギリギリ4キロクラス。)

(その3)利尻島ロックフィッシュ大会
 別記しますのでしばらくお待ちください。

※最大魚の日本記録は、使用する糸の強度によって部門分け(ランク分け)されています。格闘技の体重別と同様に考えてもらえばOKです。細い糸ほど大型魚を釣るのは難しいです。
         
最新の記事

先月釣ったクロソイがJGFAボート記録に認定されました 念願の12ポンドクラス Jun 16, 2019
渓流の宝石オショロコマ釣りに挑戦  Jun 15, 2019
ウニの季節となりました Jun 12, 2019
超貧果 ボート釣り 一応記録ということで... Jun 10, 2019
今年度初利尻山登山 ただし途中まで.... Jun 08, 2019

FC2カウンター

プロフィール

かにぬーと申します。 1967年生まれの80年代を愛するヲタクです。 利尻島の釣り情報をメインに発信していきます。

ブログランキング関係

一応参加しています。

にほんブログ村 釣りブログ ロックフィッシングへ 釣りの世界

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

プライバシーポリシー

当ブログでは、第三者配信による広告サービスを利用し、 ユーザー様が閲覧する他のサイト、興味のある広告を配信しています。

そのため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。

当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 を使用されないようにする方法については、 こちらを参考し設定変更をお願いします。
詳しくは、Adsense広告の、公式プライバシーポリシーをご覧ください。