FC2ブログ

鮭釣り終了....もう無理

 今シーズンの鮭釣りは終了としました。片付けました。今朝も行きましたが、どこも全滅っぽかったです。

 今シーズンはとにかく鮭が少なかったです。観光客が車を止めて鮭の群れを見るポイントでも、鮭がいたのは1回きりでした。鮭も、沖にはいたらしいのですが、高水温で岸よりする前に沖で捕られ切ったのかも?高水温のため、沖にはブリは来るはシイラは来るは、港内では未だにフグの猛攻に遭います。

 例年ですと岸付近(釣り場の目の前で余裕で届く距離)にも網がびっしりと入るのですが、今シーズンは2回しか見ていません。

 今シーズンはオス13匹メス2匹の計15匹で終了となりました。目標は100匹でしたが大きく下回りました。来年はどうなるのだろう???

激シブの中鮭2匹 久しぶりのメス

 今朝は昨日に増して激シブでした。(5人全体で3匹のみ)たd、今シーズン3匹目のメス(小型のブナ)が釣れました。今シーズンは今朝のを含めても、オス12匹、メス3匹でオスばかりでした。産卵間際の個体で、おなかを強く押すとイクラが飛び出す位でしたが、まだ食べられるレベルでした。(あまり熟成が進むと、イクラの皮がガチガチに固くなってかみ切れなくなります。)

メス鮭

その後大きめのオスを追加し2匹で終了となりました。2匹とも身が白かったのでトバに挑戦してみます。今週は雪の予報です。利尻島の鮭は本格化しないまま終焉を迎えるのか???

雄雌鮭

鮭の姿が見えない中、何とか2匹ゲット

 利尻島の鮭は今年は全く駄目です。地元の方も「史上最低に悪い」とのこと。竿を出そうにも気配すらないことが多かったです。(水が綺麗なので、鮭がいないのが目視で確認できます。)

 今朝もことごとくダメでしたが、最後の場所に来た時、おじさんが1匹釣りあげました。私も参戦です。情報通り、大遠投をかけると当たりがあり、ブナオスが2匹釣れました。(大型と小型)ただ今日は、食いが浅かったのか2回もばらしました。今年の鮭は12匹まではばらさなかったのですが、13匹目、15匹目でばらしてしまいました。(今シーズンは15ヒットの13ゲット)釣り人4人で、2匹、2匹0匹、0匹で今日もかなり厳しかったです。

大小鮭

 大きい方は我が家の狭いキッチンで捌くのは非常に難しいです。完全にはみ出します。

大きさ

 今日釣れた鮭は、見た目では同じくらい熟成されています。(見た目は良くないです。)しかし、身の色は大違いでした。

身の色

 大きい方はまだ結構赤く、普通に焼いて食べても美味しいです。この魚はちゃんちゃん焼き、バター焼き、漬け焼きになる予定です。(ルイベにするにはイマイチ。もっと真っ赤で、丸々としていないと無理。)
 
 小さい方はあからさまに白っぽくて、ほっちゃれに近いです。ペットのエサや肥料にする人が多いです。今回はこれをトバにしてみます。 

 それにしても、今シーズンはこのままあまり釣れずに終わりそうです。あまりに釣れないので、これらを使わずに終わりそうです

(その1)女子供用に購入した鮭釣りタックル。今年は女子供が釣れるほど簡単ではないです
ロッド:ザウルス ボロン GT チャーマス 96L  SS96GT-6 中古のジギングロッド
リール:シマノ スフェロスSW 6000HG ジギング用最廉価リール
 
チャーマス

(その2)山漬け用の塩16キロ
 山漬けを作るには鮭が1度に4匹以上釣れないといけないのですが、今年は無理っぽいです。小さく見えますが1袋4キロ入りです。

塩
4キロ

(MURAMASAさん限定で)お薦めの漫画「ブラッドハーレーの馬車」

 先日、釣り仲間のMURAMASAさんから「また面白い映画情報書いてくださいよ~」とリクエストがあったのですが、映画はちょっと思いつかなかったので、最近読んだ漫画を紹介します。

「ブラッドハーレーの馬車」(沙村 広明 )です。(トラウマ漫画として有名です) 
 
 ストーリーコンセプトは赤毛のアンだそうです。

 【あらすじ】
 孤児院から毎年1人ずつ、貴族のブラッドハーレーの養女としてもらわれ、彼が運営する聖公女歌劇団の劇団員になれる。それを夢見て、期待に胸を膨らませる少女達のお話。


 ただし、善良な人は読んじゃダメ、絶対。ネットで調べたところ、途中でやめた、もう2度と読まない、吐いた、失神した、という意見もチラホラ....読んで後悔した人も多数。この漫画が好きだという人でも、お勧めしている人は皆無です。

 私も、刺激を求めているMURAMASAさん限定でオススメしておきます。エログロ度は低めですが、精神力をザリザリと削り取ってくれます。キンドルなら500円です。500円でこれだけ胸糞悪くなれる漫画は少ないです。そういう意味で、コストパフォーマンスは抜群です。

 個人的にはトラウマ漫画と言うより、胸糞漫画という感じです。映画で言うと「ファニーゲーム」の不快感に近いかな?
ファニーゲームの記事:http://okapon2005.blog27.fc2.com/blog-entry-235.html

ブラッドハーレーの馬車 (Fx COMICS)ブラッドハーレーの馬車 (Fx COMICS)
沙村 広明

太田出版 2007-12-18
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 気分直しに、今日の夕焼けです。う~ん、でもこれを読んだ後だと血の色に思える....
夕日

 こういうヤバイ系漫画情報の需要があれば、また書きます。

冬の支度でアンテナを移動

 今朝も鮭釣りに行き、結局島を一周しましたがどこにも鮭がいませんでした。鮭を捌く必要がなく、時間が出来たので冬に向けて自分でアンテナを移動させ再調整しました。

 BSのアンテナも、地デジのアンテナも自分で設置しました。元々地デジは集合アンテナを使用していましたが、先日TV送信所がチャンネルを変更したところ、我が家だけが地デジの一部が映らなくなり、仕方なく自分で設置しました。 

 ただ、今までは安定も良く設置しやすかったので、ベランダの手すりを利用して建物の外側に向けて取り付けていました

前の設置場所

 これだと、冬の落雪で破壊される可能性が高く、いつかは動かそうと思っていました。また、最近もっと大切なことに気がついたのですが、この高さ(地上から約2m)だと冬場はベランダの前に出来る雪の壁で受信できないんですよ。

 仕方がないので、あまり安定が良くないのですが、物干し竿かけに設置しました。この高さ(約3m)なら、2年前の大雪レベルでない限りは受信できるはずです。(BSアンテナは建物から少し出っ張っているので落雪(落氷)で破壊されるかも?)

今度


参考写真 2年前は、2階の高さまで雪が積もりました。こうなると受信は絶対に無理。
その時の記事:http://okapon2005.blog27.fc2.com/blog-entry-1657.html

2階から出入り

※残念なことに、ベランダに干していたトバ用の鮭の1匹がカラスにやられて2匹になってしまいました。また悪いことに、残った2匹も塩分不足と乾燥不良で少し腐っているっぽい....

2日連続大荒れの中で鮭釣り 

 ここ2日間は、台風ではないのに大荒れで、フェリーが2日欠航、物資の流入が完全ストップしており、お店の生鮮品は空っぽの状態です。(昨日は波高6m、今日は4m)

 ただ、大荒れの時は港内に鮭が避難してくるチャンスでもあるので強風の中、行ってきました。海は予想以上の大荒れで恐ろしいほどなのですが、鮭は港内に避難してないようで魚っ気はありませんでした。(港内の奥側は、波もなく安全です)

 非常に厳しい中、何とかオス3匹ゲットしました。(釣果は5人で4匹だけでした。)写真は1匹目の小さなオス、と3匹目の中くらいのオスです。(2匹目はブナブナすぎてリリース)

小型オス
中型オス

 あまりの大波で湾全体が白波に覆われていました。道路には波しぶきががかり、車の窓が塩で白くなりました。昨日はどれだけ凄かったのやら.....もうすぐ台風も来るしどうなるのやら...

大荒れ1
大荒れ2

利尻島でも皆既月食が見られました

 現在まだ進行中ですが、利尻島でも皆既月食が見られました。ご近所みんなで観測しました。天体望遠鏡も見せてもらいました。私も一応撮影してみました。オレンジ色の月が綺麗でした。ただ、クッソ寒かったですけどね。

月食1

オレンジ月

今日もたくさん釣れる....そう思っていた時期がありました....

 昨日、鮭が6匹釣れたので今日も釣れると思ったのですが....私は完全にボウズ

 昨日と比べると、海が凪ぎすぎ、水も澄みすぎて、かなり状況が悪い感じではありました。周囲もほとんど釣れていませんでした。

 唯一の救いは、鮭釣り初挑戦の職場の同僚に鮭がヒットしたことです。ネットを持っていた自分からは、少し悪く離れていたのでネットを使わずずりあげランディングしようとしたら残念なことにばれてしまいました。まあ、また釣れるでしょう。

ヒット

利尻にも鮭が来た~例年比メチャクチャ遅い

 稚内市の内陸部の沼川地区では、今朝-4℃近くまで気温が下がったそうだ。(利尻は海に囲まれているので、最低気温はずっと高めの8℃)冬はすぐそこまで来ていて、この時期にやっと利尻島の鮭が本格化してきました。

 今朝、1時間半で銀メス2、ブナオス4の計6匹釣れました。釣り人は自分を含めて5人いて、6匹,2匹,2匹,0匹,0匹でしたので調子が良かったです。

 利尻島は島のあちこちで海の中から真水が湧き出しているので、接岸して日が浅いにもかかわらず、かなりブナになっており成熟が進んでいます。(つまり普通に食べるのにはあまり適さないというわけです

 しかし、不思議なことに銀色なのに身が白い個体、ブナブナなのに身が赤い個体がおり、見た目であじが判断しづらいのも島ならではかも知れません。今回も、銀メスは身が白めで、ブナブナオスの身が赤かったです。

 さて、シーズン初期のためか魚が大きかったです。真ん中でシンクから飛び出しているオスは85センチありました。おそらく5キロオーバーです。写真下の方のオスも1番大きいのより、少し小さいくらいでかなり大きかったです。(この下の鮭の身が銀毛のように赤かったです。

鮭センチ

 脂や旨みが抜けて身が白い魚が多かったので、3匹はトバに初挑戦してみます。うまくいくかな?(まずはカラスとハエとの戦いになります。)

トバ
         
最新の記事

先月釣ったクロソイがJGFAボート記録に認定されました 念願の12ポンドクラス Jun 16, 2019
渓流の宝石オショロコマ釣りに挑戦  Jun 15, 2019
ウニの季節となりました Jun 12, 2019
超貧果 ボート釣り 一応記録ということで... Jun 10, 2019
今年度初利尻山登山 ただし途中まで.... Jun 08, 2019

FC2カウンター

プロフィール

かにぬーと申します。 1967年生まれの80年代を愛するヲタクです。 利尻島の釣り情報をメインに発信していきます。

ブログランキング関係

一応参加しています。

にほんブログ村 釣りブログ ロックフィッシングへ 釣りの世界

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

プライバシーポリシー

当ブログでは、第三者配信による広告サービスを利用し、 ユーザー様が閲覧する他のサイト、興味のある広告を配信しています。

そのため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。

当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 を使用されないようにする方法については、 こちらを参考し設定変更をお願いします。
詳しくは、Adsense広告の、公式プライバシーポリシーをご覧ください。