FC2ブログ

NHKのど自慢への道(本選編)

 本戦の朝は早い。7時45分に集合し、そこからまた怒濤の一日が始まりました。

 まずは、歌唱順の発表と自己紹介からはじまり、服装チェックやら諸注意やら...もう忘れました。続いていよいよリハーサルです。出入りの練習、立ち位置の確認(全体的な見栄えや身長等で微調整がありました。)、マイクの受け渡し、実際の通し練習と次々と行われました。

 自分も含めて皆さん色々と間違えまくっていました。マイクを持っているのにマイクを使わずにしゃべったり(←自分はコレ)、番号を間違えたり、マイクを渡しそびれたり、出るタイミングを間違えたりと、素人集団なのでヤバい感じでした。

 完璧に出来ないうちに、ゲストの小林幸子さんとTMレボリューションの西川貴教さんのマイクチェックが始まりました。最前列でお二人の歌を堪能できました。流石に歌上手いです。TVを通しても上手いですが、間近で見るとさらに凄いです。軽く歌っているだけでも圧倒されました。何かね、もう声の出方がぜんぜん違うのよ。

 その後、ゲストお二人を入れてもう一度軽くリハーサルを行いました。

 その後軽くお弁当をいただいて少し休憩。(確かその時に、出場者1人1人に演出の方から歌についてのアドバイスをいただきました。)休憩時間中は皆さん小声でそれぞれ練習していました。私もブツブツ何回も何回も歌詞をつぶやいていました。(ステージに立つと頭が真っ白になるので、体に歌詞を覚え込ませました。)

 さて、お客さんが全て入場した後私たちも入場するかと思ったのですが、誰も居ないロビーで数人が歌って気合いを入れました。(私も歌いました)皆で円陣を組んで気合いを入れてとうとう会場入りでした。

 TVには映っていませんが、最初の入場は観客席からでした。それから部隊袖に移動してオンエアとなりました。

 さて、本番は見ていただけたとおりです。私の分は、放送事故寸前ですね。

 終わった後はすぐに終わりではなく、チャンピオンがもう一度歌ってから、ゲストのお二人が二曲づつ歌ってくれました。応援に来ていた娘も大興奮だったそうです。裏切り者の嫁は仕事のため応援には来ませんでした
 
 控え室に戻り、いよいよラストです。一人一人感想を言って、プライバシーに関する注意を受け、お土産をもらって2時20分に終了しました。

トロフィー
サイン

 大変名残惜しかったのですが、フェリー最終便の出港まで残り10分しかありませんでした。タクシーが全く居なかったため、稚内駅まで走りタクシーに飛び乗り、釣り銭ももらわず、フェリーのチケット売り場に着き次第大声で「利尻行きのフェリーに乗りまーす」と言ってチケットを買い、また全力で走りフェリーに乗り込みました。既にタラップを外している可能性もあったので、係の人が途中まで着いてきてくれました。出港1分前の2時29分に乗り込めました。ギリギリセーフでした。 

 非常~に長く濃い2日間でした。おかげで体重が1~2キロ落ちました。

体重

(つづく)

NHKのど自慢への道(予選編)

 約12年前に紋別市で行われたNHKのど自慢では元同僚と「もののけ姫」を歌って、大ウケしたものの予選落ちしました。今回の稚内大会では見事本戦に出場し、世界130カ国に放送事故寸前の映像をお届けすることが出来ました。そこで、のど自慢を目指す方のために色々と覚え書きをしておきたいと思います。

 ネタバレ多数なので見ない方が良い人もいるかもしれませんが、のど自慢出場のコツというか必要なことは少しは書かれていると思います。


1 最初の関門 応募はがき
 最初の関門が応募はがきです。今回は400通から250通が選ばれました。(都市部は数千レベルだそうです)これは抽選ではなく、選抜です。全て目を通しているそうです。きちんと書き込まなければ受からないようです。また、地域別、年齢別、男女別等でもバランスをとるようです。いい加減に書いてはここで躓きます。特に選曲理由が大切だと思います


2 超難関の予選会
 はがきで選抜された250組から20組が選ばれます。競争率10倍以上の狭き門です。ここが非常に難関です。

 イントロを含めて約1分間の勝負です。(実際に歌うのは40秒程度か?)その短い時間に勝負をつけなくてはいけません。イントロが長い曲は短くされているので注意が必要です。もちろんキーの指定も出来ません。出足が遅い曲だと、もぞもぞ歌っているうちに打ち切られます。

 歌う順番は、五十音順です。そのため同じ歌を歌う人は連続で歌わされます。今回はゲストのTMレボリューションさんの曲が連続でした(5連チャン以上だった気がします)。中島みゆきさんの「糸」もやたらと多かったです。
 歌い終わったら、司会者さんとディレクターさんとお話をします。これも審査対象なのかは不明です。

 ロビーでは時間差で会場内の様子を放映しており、自分の歌う姿を見ることが出来ます。自分は恐ろしくて見ることが出来ませんでした。ちなみに自分の番号は61番でした。

 サービスとして、自分の歌う姿の写真がいただけます。また、可愛いバッジももらえます。

写真
バッジ

 予選会の模様は、地元のTV局だけは放送されます。(2時間枠)予選会にさえ出られれば、地元のTVには出演することが出来ます。これはかなり凄いことだと思います。

3 予選会終了後
 4時間半に及ぶ予選会が終了した後、約1時間の審査時間を経て結果が発表されます。発表は番号順です。番号を呼ばれたときにすぐにステージに上がれなければ失格です。グループ全員が揃っている必要がありますし、未成年は保護者もいないとその場で失格です。この後に行われる説明会も全て出席出来ないと失格となります。

 ここからは、予選通過の電話すら出来ないほど忙しくなります。予選通過者は別室に集められすぐに説明会に入ります。まずは、本戦の説明からはじまり、写真撮影、名前や曲名の再確認、服装のチェック等が行われました。(本戦も予選と全く同じ服装であることが絶対条件です

 アナウンサーの方とインタビューの打ち合わせ、ディレクターの方との打ち合わせ、演奏の方とイントロの出だしの確認と歌うキーの調整等が行われました。(ここで、予選の時に歌った時の原曲CDが必要になるので必ず持って行きましょう)
 全てが終わるまで2時間くらいはかかったと思います。(怒濤の2時間でした)その後にやっと、知人に予選通過の連絡が出来ました。

 その後に、予選に一緒に出場した稚内の知人とカラオケ(光速童路)にてお話しして、軽~く歌ってホテルで宿泊しました。

 スタッフの方々は私たちが帰宅した後、歌った映像や、聞き取り調査を元にして、曲順や立ち位置を決める会議を行ったようです。また、編曲者の方は、本番が生演奏ですからベストな形に1人1人それぞれに譜面を起こすそうです。もの凄い手間がかかっていますね。

(つづく)

福島名物円盤餃子を作ったよ

 先日の秘密のケンミンSHOWで、福島市名物の円盤餃子が紹介されました。福島県出身の嫁に聞いたところ、「聞いたことはあるけど食べたことはない。」とのことでした。(福島市の隣町に住んでいたのに....)

 そこで、円盤餃子を作ってみることになりました。(円盤餃子とは、単に餃子を円盤に並べた物です)しかし、沓形地区では餃子の皮が売り切れており入手が出来なかったので、強力粉で皮から作ることになりました。

 結局、餡は嫁、皮は嫁と自分、詰めるのは嫁、焼き作業は自分でした。(裏切り者の娘はぐうたらして手伝わず

円盤餃子

餃子

 適当に作った割には美味しく出来ました。また作って欲しいです。

※追記
そういえば、焼くときの水(お湯)に、酢を入れると皮がくっつかないですぐに剥がれます。NHKでやってました。かなりオススメです。
最新の記事

新スタッドレスタイヤ やっぱりブリジストン Dec 07, 2019
SSD載せ替え5回目 もちろん今回も成功? Nov 23, 2019
フェリー欠航祭り 1週間で1勝5敗1分 Nov 23, 2019

FC2カウンター

プロフィール

1967年生まれの80年代を愛するヲタクです。 利尻島の釣り情報をメインに発信していきます。

ブログランキング関係

一応参加しています。

にほんブログ村 釣りブログ ロックフィッシングへ 釣りの世界

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

プライバシーポリシー

当ブログでは、第三者配信による広告サービスを利用し、 ユーザー様が閲覧する他のサイト、興味のある広告を配信しています。

そのため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。

当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 を使用されないようにする方法については、 こちらを参考し設定変更をお願いします。
詳しくは、Adsense広告の、公式プライバシーポリシーをご覧ください。