ヲタキッシュ(利尻島で釣りを楽しむブログ)

釣り(ロックフィッシング)、利尻島情報、ピュアオーディオ、ビリケン商会のガレージキット等がメインです。リンクフリーです。
2017 12123456789101112131415161718192021222324252627282930312018 02

汁なし担々麺に挑戦

 先日、秘密のケンミンショーで広島の汁なし担々麺が紹介されました。最近は札幌でも流行っているらしいです。そこで、一度も食べたことは無いのですが、やけくそで挑戦してみました

 麺はマルタイ棒ラーメンしか無かったのでそれを使用し、肉味噌はいつもの担々麺風になんとなく作って、タレはゴマ油から作ったラー油にその辺の調味料を入れて、仕上げに山椒を多量に振りかけて、ネギをのっけてライブ感で作りました

 タレがどろどろ過ぎて、見た感じも美味しそうでは無く、なんだか本物とは違う感じに仕上がりました

汁無し担々麺

 「これが汁なし担々麺だよ~」と嫁に出したところ、
「今時期は寒いし、汁有りの普通の担々麺が食べたかった」と言いやがった。

 ただし味は、こんなインチキでもそれなりの出来で、おそらく本物はかなりの美味しさであろうことは予測が出来ますね。

 嫁も「コレは食べ進めていくと慣れてきて美味しい」 と言ってくれたがその後すぐに、
「でもやっぱり、汁有りの普通の担々麺が食べたかった」と言いやがった。
 
 嫁は珍健民が日本人向けに作った汁有り担々麺の方が好きなようだ。ちなみに今まで食べた担々麺のベストは、大昔愛媛県新居浜市の土居町に抜ける峠コースの入り口付近にあった、家族向けの変な中華屋さんです。下品で化学調味料のパンチの効いた担々麺でした。
[ 2018/01/30 18:58 ] グルメ | トラックバック(-) | Comment(0)

奥芝商店のレトルトスープカレーを食した

 昨年9月に札幌に行った時、札幌駅下にあるスープカリーの名店、奥芝商店 実家に行きました。何とこれが、奥芝初体験でした。

 2010年に旭川支店を訪ねたのですが、臨時休業に当たって以来、7年振りのリベンジとなりました。
7年前の記事:http://okapon2005.com/blog-entry-1352.html

 平日の開店前に並んだのですぐに入れました。お味は、噂通り海老出汁がきいており濃厚で美味しいものでした。具だくさんなのも良いですね。(食べたのは5ヶ月前なので細かいところは忘れました)

奥芝商店2

奥芝商店1

 さて今回のメインはお土産のレトルトカレーについてです。(価格は確か800円くらいです)嫁に作ってもらいました。作ってくれるまで5ヶ月近く待ちました。

奥芝レトルト

 まず、鍋に出してみると、巨大な肉とジャガイモとにんじんが目につきます

奥芝具

 流石にこれだけでは寂しいので、低温調理を行ってから焼いた鶏肉、脂で揚げた野菜キノコ類(キャベツ、ナス、にんじん、マイタケ)をトッピングしました。(定番のピーマンは連日のフェリー欠航で入手できず

奥芝レトルト完成

 さて、お味ですが、お店の味に近く海老出汁がきいています。ただし、レトルトの宿命でスパイスのパンチが無くなっています。辛さも控えめなのでチリペッパーを入れたところさわやかな辛さとなりました。

 スパイシーさを増すために、ピカンティのスパイスを追加しました。う~ん、スパイス追加は一長一短の感じですね。スパイシーにはなりますが、奥芝らしさが後退しました。(このスパイスは自宅でスープカレーを作る時にお役立ちです)

ピカンティスパイス

 また、自分で具を追加すると豪華にはなるのですが、これも奥芝らしさが後退するのが難点ですね。ただ、スープは薄くはなりません。元々がかなり濃厚に作られているからです。

(まとめ)
・奥芝らしさ(海老っぽさ)を楽しむには、何も入れずそのまま食べるのが良い。ただ、辛み、やスパイシーさが弱く具も寂しい。
・具を入れると豪華になるし薄くもならないが、やや奥芝らしさ(海老っぽさ)が後退する。
・お高いが、スープカリー初心者でも美味しく奥芝の味を楽しめる。
・ある程度スープカリーを造り慣れているなら、ベルのスープカリーの作り方等を用いた方がコスパは良い。

 
奥芝商店 スープカレー えびスープチキンカリー
札幌蟹販株式会社
売り上げランキング: 91,680

ベル食品 スープカレーの作り方 180g×3個
ベル食品
売り上げランキング: 10,264

ハウス スープカリーの匠 芳醇辛口 89g×4個
ハウス食品
売り上げランキング: 11,666
[ 2018/01/29 19:49 ] グルメ | トラックバック(-) | Comment(0)

やっぱりガルプは予想通りの復活ですね(NEW ガルプ! )

 惜しまれながらも、バークレイのガルプが生産停止になり廃番となりました。しかし大方の予想通り、再生産されるというか新製品として帰って来るようです。(2018年春とのこと)

バークレイのトップページ:http://www.purefishing.jp/berkley/
該当のページ:http://www.purefishing.jp/gulp_news/
(以下はバークレイのHPのスクリーンショットです)
ガルプ

 新フォーミュラによりキャッチレート30%アップと書かれているので、おそらく新製品の方が良いのでしょう。プルプル感アップというのにも期待できそうです。今までは少しもさっというか、ぼてっというかそんな感じでしたからね。(そのためホッグ系はノンガルプでした)

 大定番のパルスワームも出るようですし、定番品は今無理をして買う必要はなさそうです。ただ、マイナー品はこのまま消えゆく可能性が大きいのでお好きな物があれば今のうち抑えておくと良いと思います。

 ちなみに、私がガルプで良く使用しているのは定番のパルスワームの4インチと、パルスクロー(こちらはボートの穴撃ちメイン)です。廃番製品も色々と手元にあるのでたまには使用していますが、佐藤文紀氏の設計したダブルウェーブが廃番になったのは大きな痛手です。ランカーサイズでも小ガヤでも、根魚でもホッケでも何でもOKでしたからね。パルスワームより良く釣れました。

 また、鮭用に使用していたガルプシート(正式名称不明ただの板)が大昔に無くなったのも痛いですね。それらは新製品で是非復刻してほしいものです。

NEWガルプに関してこのページに詳しく出ていました:http://www.lurenewsr.com/18705/
[ 2018/01/25 18:32 ] 釣り | トラックバック(-) | Comment(0)

全島吹雪で通行止め 自宅待機 パジェロミニは雪道でも余裕  

 本日は、お仕事では今シーズン初の自宅待機となりました。吹雪のため全島通行止めだからです。(通行止めは2回目ですが前回は休業日でした)

 フェリーも飛行機ももちろんダメです。(飛行機は昨日は頑張って飛びました)フェリーは明日もダメでしょう。セイコーマートは商品の入荷が火曜の朝以来途絶えいるので、もう空っぽだと思います。

 通行止めの自宅待機なので運転はしませんが、我が家のパジェロミニはいつでも出動可能です。通路は重機で除雪が入りましたので、周囲に残ったこの程度の雪なら蹴散らして出られます。パジェロミニは雪道の強い味方です。

パジェロミニ

 ちなみに写真左後ろがゴミステーション(ゴミ捨て場)です。カラスや暴風雪にやられないようにFRPの頑丈なボックスです。明日のために、これは雪から掘り出しておきました。

 強風のため吹き溜まっており、風上は0cm、風下では膝上くらいの積雪でした。我が家には重機で除雪が入ってくれるので助かっています。自力で除雪だったら凍死レベルです。

 明日には通行止めは解除でしょう。(おそらくフェリーは無理)島の荒天時に無理をして大けがをしたら、島から出られず大きな病院に行けないので命に関わります。無理せず大人しくしておくのが基本ですね。
[ 2018/01/25 17:32 ] 利尻島・礼文島情報 | トラックバック(-) | Comment(0)

JGFAクロソイの日本記録3つめ(家族で5つ)

 JGFAクロソイの日本記録3つめ(岸釣り20ポンド)をいただくことができました
釣った時の記事:http://okapon2005.com/blog-entry-2091.html

 これで私がクロソイの岸釣り2ポンド、4ポンド、20ポンドクラス、嫁がレディスの岸釣り8ポンドクラス、次女がジュニア部門家族で合計5つの記録保持となりました。
JGFAの一般記録ページ:http://www.jgfa.or.jp/record/shore/
JGFAジュニアの記録ページ:http://www.jgfa.or.jp/junior/record/

黒ソイ3.3キロ

jgfa

 今回は、今まで記録を持っていた赤塚氏が3.27キロで私は3.3キロ、その差30グラムでタイ記録となりました。(記録を抜くには50グラム以上差をつけないといけません)

 私とタイ記録の、赤塚ケンイチ氏は、フィッシュマンという釣りメーカーの社長です。私が今回使用した竿はそのフィッシュマンの竿です。(ブリストベンダバール8.9M)なかなかの奇遇ですね。赤塚氏は気がついてくれるでしょうか?
フィッシュマンのHP:http://www.fish-man.com/

ベンダバール

 ただ、記録が出せたのは離島だからなんですよね。ある意味どなたでも、利尻島(その他離島)にくれば記録魚に出会えるチャンスがあります。正直なところ、あまり技術も要しません。私の記録魚の3匹は、シーズンオフでなおかつ港の中での記録です。最低限の技術と、それなりの運があれば大型魚を釣るこチャンスがあるのが利尻島(その他離島)です。(ただ、離島でも何やっても釣れない時は釣れないんですよね~。逆に今回のようにオフシーズンで港の中でも思わぬ時(ランディングネット不携帯)に大物が釣れたりします。)
[ 2018/01/20 23:00 ] 釣り | トラックバック(-) | Comment(0)

凍結路面用の靴 メレル ジャングルモックアイスプラス (しかし凍結路面最強はアイスバグ)

(メレルの新型雪靴)
 日常使用用として、 メレル ジャングルモックアイスプラスを購入しました。(サイズはUS9.5)メレルは以前も凍結路面用の靴を出していましたが、正直イマイチでした。今回の新パターンの方が滑りにくく出来ています

 ノーマルのジャングルモックはソールが非常に減りやすいのですが、これはビブラムソールなので保ちもいい気がします。(夏靴はビブラムの方が明らかに保ちが良いです)

メレル1




(氷上の最終兵器アイスバグ ICEBUG)
 メレルの新型ソールが良くなったとはいえ、歩けないほどの凍結路面が、滑りながらも何とか歩けるレベルに対して、アイスバグの靴は歩けないほどの凍結路面を、乾燥路面に近い感覚で歩くことが出来ます。絶対に滑りたくない方向けの最終兵器です。
アイスバグUSAのページ:https://us-shop.icebug.com/

靴1

アイスバグ3

アイスバグ2

 路面状況に応じ、硬い炭素鋼のスパイクが可動します。雪や氷など柔らかい地面に接するとスタッドはそのままで強力にグリップし、岩やアスファルトなど硬い地面に接するとスタッドが内部に引っ込みゴムソールにてグリップします。氷上では他に類を見ない圧倒的なグリップ力ですが、あまりにスパイクが硬いので、これを履いたままお店に入るのは、傷を付ける可能性があるのでちょっとはばかれます。そのため屋外を長距離移動する際には良いのですが、お買い物ではあまり使用できません。ある程度防水ですし、釣りや通勤通学用に良いと思います。

 基本的に一般のお店では取り扱いがありませんし、あったとしてもお店によってはバカ高いので、札幌市の秀岳荘で買うのをオススメします。(お店のHPでも買えます)
お店の該当ページ:https://item.rakuten.co.jp/shugakuso/10011184/

 アイスバグにはランニングシューズタイプもあり、凍結路面でも安全に走れます。ただし、滑らないのはスパイクピンの付いたタイプなのでお間違えなく。アイスバグにもスパイクが無いタイプがあります。 

以前も紹介しています:http://okapon2005.com/blog-entry-1632.html
[ 2018/01/20 22:09 ] パソコン・スマホ・ガジェット | トラックバック(-) | Comment(0)

沖縄物産品の店 わしたショップでお買い物 + その他

 大通りの地下街にある沖縄の物産品点わしたショップにてお買い物をしました。小3の終わり~中1の終わりまで4年間、那覇市の寄宮に住んでいたので沖縄の食品はポークをはじめとして好きなのです。
わしたショップHP:http://www.washita.co.jp/

 今回の戦利品です。沖縄出身者以外にもオススメは、右上のすっぱいまんふりかけ(我が家では鯖の水煮にかけて食べる専用です)、右下の八重山そば(これは美味しいです)、ふりかけの左隣のサーターアンダギーミックス、その左の袋に入った白いパッケージのジーマーミー豆腐(ピーナッツの豆腐)あたりです。

 沖縄出身者にオススメなのは、懐かしの復刻版オキコラーメン、その上の赤い小さい入れ物の豆腐ようです。左の沖縄そばはまだ食べていないので不明ですが有名なメーカなので美味しい気がします。左下のコーンビーフハッシュは基本の食品ですが沖縄県外で買うと高すぎるかも?(ポークも県外で買うとバカ高いので、毎回那覇市から買っています。金額差は税金の関係だったかな?)

わした

 以下の豆腐ようはチビチビ食べてください。自分は初めて食べた時に1個そのまま食べてしまいヤバかったです。豆腐ようは麹と泡盛から出来ている発酵食品で、なかなかパンチが効いた味なので、酒の肴としてつまようじでちびりちびり食べるものです。(味はチーズの泡盛漬けという感じかな?)ちなみに、この10年古酒はあっさり角が無い感じで飲みやすいものでした。

とうふよう



 今回は沖縄物産以外にもおつまみを購入しました。札幌駅地下街にあるガトーフェスタハラダさんの、元同僚オススメのおつまみ用ラスクグーテ・デ・ロワ・ソムリエです。(2枚目の写真の右)高級食材のポルチーニとトリュフ入りで甘くなく、少しだけしょっぱい旨みの多いラスクです。
商品の該当ページ:http://www.gateaufesta-harada.com/products/gdr_s

ラスク屋

ラスク

 ちなみに元同僚とは塚田農場で久しぶりに飲み会をしました。(5人集まれました)私は宮崎県出身なのでお約束で塚田農場にしました。

塚田農場
[ 2018/01/20 00:27 ] グルメ | トラックバック(-) | Comment(0)

発寒かねしげ鮮魚店 2回目

 今回も、札幌市の発寒かねしげ鮮魚店に行きました。ここはお魚屋さんなのですが、広めのイートインコーナーが充実しておりそこで食べられます。今回も私はご飯抜きの刺身のみでいただきました。
前回の記事:http://okapon2005.com/blog-entry-2062.html

 非常に悩みましたが、真さば、本マグロ中トロ、トロニシン×2、生イワシ、生サンマ、真アジ、サワラ、(写真にはありませんが追加でスルメイカ)を注文しました。どれも美味しかったのですが、2セット購入したトロニシンは史上最高であった前回ほどではありませんでした。マグロの中トロも見た目通り前回の方が良かったです。サンマは今回の方が見た目は綺麗でしたが、前回の方が脂ののりが良く美味でした。北海道では真アジはなかなか美味しいのに巡り会えませんが、今回のこの真アジが北海道で食べた中ではベストでした。真サバ生ルイベ、イワシもかなりの美味でした。足の速いサワラも美味でした。サワラは産地の九州で食べてもダメな時はダメです。(ただ、サワラは皮付きのタタキ方が美味しいと思います)

かねしげ鮮魚店4

 以下の写真が今回置いてあったお刺身です。 

かねしげ鮮魚店2

かねしげ鮮魚店3

 2回行ってみて思ったのですが、その時々の素材の差がはっきり現れるお店で、それが面白いところですね。自分で魚を釣って調理する人なら、今日はどれが美味しいのかある程度見た目で解る気がしますので、自分の目利きを試してみるのも面白いと思います。(基本的には、美味しいか、凄く美味しいかです) このお店のFBを見にいったところ、この日のオススメは真アジとサワラと書いてありました。お店のオススメに従うのも良いと思います。

かねしげ鮮魚店1


 地下鉄駅までの帰り道では、ラーメンの爐(いろり)に立ち寄りました。前回はイマイチでしたが、今回は味が濃すぎず美味でした。味が濃い時は少し薄めてもらえば良いですね。(店内にもそう書いてあります)
爐の記事:http://okapon2005.com/blog-entry-2061.html
[ 2018/01/19 23:42 ] グルメ | トラックバック(-) | Comment(0)

飛行機でブロッケン現象の撮影に成功

 先日の札幌遠征は往復飛行機を利用しましたが、ブロッケン現象を見ることが出来、撮影にも一応成功しました。
ブロッケン現象とは:https://matome.naver.jp/odai/2141905191816994801

 今まで数回見たことはあるのですが、撮影できたのは初めてです。飛行機の影が雲に映り、2重の虹が見られました。

ブロッケン1

ブロッケン2


 それにしても、今回の帰りの飛行機には参りました....札幌丘珠空港の除雪遅れのため出発が1時間遅れたのですが、JALからの連絡がギリギリで遅かったため丘珠空港で2時間近く待つはめなりました。新千歳空港と違い、丘珠空港にはほとんど何も無いので時間をつぶすのがかなりの苦痛でした。

 また、着陸時に強い横風を受けたためメチャ揺れました。今までも大揺れして怖い思いをしたこともあるのですが、小型機のプロペラ機のため揺れの感じ方が違います。
 普通の飛行機は揺れても、どうーん どうーんという感じですが、小型機だとガツンガツンという感じで鋭く揺れます。頭を壁に打ち付けてしまいました。メチャクチャ怖かったです。

 ちなみに外観と、機内の様子は以下の通りです。横3列です。バスより余裕で狭いです。(36人乗り)

利尻空港

飛行機内

 昨年くらいから、利尻-丘珠便等の扱いがHACからJALに変わりました。HACの時は、悪天候に強いのは明らかに飛行機>フェリーでしたが、今は微妙かもしれません。JALに変更されてから、天候調査で出発するかどうかはっきりしないことが増えました。(ただし、実際の就航率は不明です)
 以前、あまりにもHACが悪天候に強いため島では怪しい噂が流れていました

(噂その1)HACの機長は、元戦闘機乗りばかりなので悪天候は関係無く飛べる。
(噂その2)空港に降りられず引き返した場合はその分の給料が出ないから、飛んだら意地でも目的地に降りる。


 まあ、こういう噂が出るほどHACの就航率が高かったと言うことです。
[ 2018/01/19 22:08 ] 利尻島・礼文島情報 | トラックバック(-) | Comment(2)

産まれて初めての人間ドック 

 この歳になり初めて人間ドックという物をS.F.C.札幌フィットネスセンター 札幌フジクリニックにて体験しました。病院の場所はここ。最近は病院もおしゃれなビルに入っていたりするんですね。

アスティ

 結果は、元々痛風やら脂肪肝やらアレルギー性鼻炎やら持っているので、その辺の数値はまあその通りでした。血圧や血糖値も今のところはギリギリ大丈夫でした。あちこちのブースで色々な検査を受けて良い経験になりました。新しくて大きな病院はシステマチックで凄いな~と思いました。

 痩せれば全て解消するであろうとのことでした。ただ、この年末年始でまた3キロ以上太ってしまったのが難点です。(年末の空腹時と、今の満腹時では7キロくらい差があります。)


 ここの面白い点は、体力測定もうけられることです。
 ちなみに私の結果は、比較的動けるデブだが、体力不足ですぐにへばる.と言うものでした。
 ただ、今回の検査時には前日から食事を止められていたので空腹の上に、早速バリウム君がお出になり始めてきた時でなかなか厳しい状態ではありました。

結果


 また、ここの人間ドックで素敵なのは、昼飯チケットが900円分出ることです。千房にてお好み焼きをいただきました。他にも色々なお店が選べるので有能なチケットです。食事をしてしばらく休憩していると結果が出る仕組みです。

千房

 人間ドックと全く関係は無いのですが、検診の帰り道日ハムの清宮君らしき人とすれ違いました。写真は後ろ姿だけしかありませんが、本人かどうかは解りません。

 自分は野球に全く詳しくないので、至近距離ですれ違ったのですが判断が付きませんでした。すれ違った後すぐにスマホでホクロの位置等も調べたのですが、本人の感じでした。ただ、彼は今基本的に千葉にいるみたいです。一時的に札幌に戻っていたのかな?大きなスーツケース持っていまたしね。解りません。他人のそら似???(ファイターズファンの方ならこの写真で判断つきませんかね?)撮影は1月12日(土)15時前です。

清宮君
[ 2018/01/16 00:00 ] 未分類 | トラックバック(-) | Comment(0)

次女もいるので少し贅沢に「笑う門」で中華

 冬休みで次女も島に帰ってきているので、贅沢に鴛泊地区の笑う門で中華を堪能してきました。

 海鮮焼きそばは、この餡の下に、大きな海鮮がゴロゴロ入っており、大変リッチな仕上がりです。
海鮮焼きそば

 回鍋肉は山椒?がきいてパンチのある味ですいます。ご飯物と食べたいですね。 
回鍋肉

 ゴマ嫌いの娘が、嫌々食べた後に大喜びしたゴマ団子です。
ゴマ団子

 上の写真以外にも、餃子2人前(大きいのが10個)、唐揚げ、チャーハン、杏仁豆腐3人前と豪勢に食べたら流石に腹一杯になりました。また、お隣の席に丁度、一緒に島からNHK歌合戦に出た方が座られたので懐かしい話に花が咲きました。(出場者では、高校生1人とバスガイドさん1人には、たまたまお会いしたことがあります。)

お店

以前の記事:http://okapon2005.com/blog-entry-2027.html
[ 2018/01/11 14:03 ] 利尻島・礼文島情報 | トラックバック(-) | Comment(0)

利尻町の福引きに行ってきました

 毎年恒例の利尻町の福引きに行ってきました。町内で発行されるハマナススタンプ500円分でガラガラを5回廻せます。今年も30回廻してきました。

景品

 今回は3等の3000円分の商品券をはじめ、当たりが良く合計8800円分ゲットできました。元手が3000円分なので、5800円分のもうけとなりました.年始からなかなかの当たりの良さでした。(去年と一昨年はイマイチでした)

3年前の7400円の当たり記事:http://okapon2005.com/blog-entry-1835.html


 年末には、福島県で応募した飲み歩き企画で、ビール(6本)が当たって嫁が大喜びしていました。福島なのでビールはアサヒですね。基本的にはキリンやサッポロが好きなんですけど、できたてのビールでしたので(嫁が)美味しくいただきました。
ビール
[ 2018/01/08 11:07 ] 利尻島・礼文島情報 | トラックバック(-) | Comment(0)

2018年 平成30年 あけましておめでとうございます

2018年 あけましておめでとうございます
今年もよろしくお願いします

 以下の写真は元日の利尻山(珍しく晴れたので見えました)
利尻 元旦

 4年連続利尻島での年越しとなりました。今回の年末年始は暖かく風も無く非常に穏やかでした。ご近所様は全て帰省し、車も全く通らず、風の音もせず、細かい音は雪に全て吸収されるため、自分たちの出す生活音以外は全く聞こえず、まるで宇宙空間の中にいるような不思議な年末年始となりました。以前入ったことがある、超無響室のような不思議な感じでした。

 初詣は、いつもの北見富士神社と、北のいつくしま弁天宮に行きました。

 北のいつくしま弁天宮は、入り口の除雪がされていなかったため、高さ1.5mくらいの雪壁を突破していきました。(4時くらいですが、やたらと暗いです)

初詣2

初詣

 最後はおまけで、大晦日の時の月と利尻山です。

利尻月

 今年もマイペースでやっていきます。
[ 2018/01/02 13:57 ] 未分類 | トラックバック(-) | Comment(0)
ページ最上部へ