ヲタキッシュ(利尻島で釣りを楽しむブログ)

釣り(ロックフィッシング)、利尻島情報、ピュアオーディオ、ビリケン商会のガレージキット等がメインです。リンクフリーです。
2018 051234567891011121314151617181920212223242526272829302018 07

礼文レポート(その5)驚愕の桃岩荘1

 さて、いよいよ今回の旅の1番の目的であった桃岩荘のレポートです。桃岩荘といえば、日本3大バカユースホステルで有名です。(他の2つは閉鎖されたので、現在唯一のバカユースで、絶滅危惧種です。)世界最狂ユースかも?

 宗谷地方に10年住んでいますし、礼文島では合計30泊以上していますが(ほとんどキャンプ)、桃岩荘は初体験です。理由は、桃岩荘があまりに恐ろしかったからです。

 ネットで調べると「世界中の色々な宿(高級から低級まで)に泊まったが、桃岩荘がぶっちぎりで最悪。今際の際まで絶対に忘れられない。」という意見や、「どんな人でも最初は必ず引く」というものもあり、なかなか足が向きませんでした。今回、同僚と礼文島在住の元同僚の3人で宿泊するので、勇気を出して宿泊しました。

桃岩荘

 今回は1泊だけでしたし、自家用車があり自由がきいたため、桃岩荘にどっぷりという感じではありませんでした。(3連泊して8時間コースを歩くのがオススメの楽しみ方のようです)今回は桃岩荘の半分も体験していないのですが、一応感想を書いていきます。

【 泊まる前の印象 】
1 隔離されたサティアン
2 働いているのは狂信者
3 宿泊しているのも狂信者
4 儀式に強制参加させられ洗脳される
5 逃げ出しても連れ戻される
6 社会復帰出来なくなる
7 一見さんは楽しめない
8 不潔で不衛生
9 絶対に万人向けでは無い


【 泊まってからの印象 】
1 参加型のTDR(昭和アミューズメントパーク)
2 働いているのはTDRのキャストさんと同じくハイレベルなヘルパーさん
3 宿泊者はキャストでも有り、ダンサーでもありシンガーでもある
4 基本的に儀式には自由参加 ただ参加しないと泊まる意味は無い...
5 逃げ出す必要は無い(安全)
6 社会復帰出来なくなる人はいそう....今もいっぱい泊まっているかも...
7 一見さんへのヘルパーさんの気配りもしっかり
8 清潔で衛生的(掃除しまくりでピカピカ)
9 絶対に万人向けでは無い
  

 実際に泊まってみて、サティアンのイメージはTDRのイメージへと変化しました。ラーメン二郎にも似ているかも?食べた直後は「お腹いっぱいでもういいや」と思っても、しばらくするとまた何故か行きたくなる感じです。


 ただ、予備知識満載で宿泊した自分ですら最初は足がすくむほど圧倒されたので、普通の宿だと思って来た人は、送迎のブルーサンダー号を見ただけで逃げることでしょう。たとえ乗れたとしても、トンネル通過時の儀式や、到着の儀式を見たら警察に駆け込んでもおかしくは無いですね。自分も予備知識がなかったら、恐ろしくて泊まれないと思います。自分ならガチで逃げます。レビューとか見ると、全く予備知識無しに宿泊した人もいるようです。おそらく逃げ出す勇気が無かったのでしょう。

 基本的にはTDRと同系統なのですが、頭がおかしくなるのが少し違う点ですね。

 具体的なレポートは続きの記事で...
[ 2018/06/12 19:56 ] 利尻島・礼文島情報 | トラックバック(-) | Comment(0)

礼文(その4)日本一の秘境めし 日本一行きづらい ウエンナイ食堂ひと休み  

 礼文島には、日本一行きづらい?秘境飯があります。礼文島西海岸にあるウエンナイ食堂ひと休みです。(食堂というか、休憩所?)(ここに匹敵する秘境飯があるとすれば、小笠原の母島か青ヶ島くらいかも?)ちなみにウエンナイを漢字で書くと宇遠内となります。

 何故行きづらいか?
1 礼文島の空港は閉鎖中 最短でも稚内からフェリーに乗るしか無い
2 礼文島のフェリーターミナルから最寄りのバス停まで距離がある なおかつバスの便が少ない(1日数本)
3 バス停からがまた遠い。バス停から歩いて片道1時間半以上かかる。
4 自家用車を利用すればバス停よりもう少し近づけるが、
  店まで最後の3キロは片道1時間以上山道を徒歩
5 やっているかどうかは解らない。メニューもその時次第。
 

 この上もなく行くのが困難なお店です。とにかくお店に行くには、最低でも山道を往復2時間以上歩くしか有りません。(裏技として、船をチャーターしても行けますが、1艘で往復1万円ほどかかります。)レンタカーか地元民の車が無いと、もっと行きにくいです。


ここから山道を片道3キロ1時間以上かけて歩きます。宇遠内は漢字表記ですね。
入り口

道はほとんどこんな感じです。登山道と思ってもらえれば良いです。(帰りがけには、アカゲラも見えました)
林道

海が近づくと開けてきます。突然場違いな感じの電柱も見えてきます。(写真中央)
山道

写真では解りづらいですが、ガレ場には高山植物が生えています
ガレ場

島でもこの場所でしか見られない超レアなフタナミソウも、ほんの数株だけ咲いていました。(ぱっと見は、タンポポです)
ガイドがいないと見つからないかも....
レア花

花レア

1時間後、やっと宇遠内の集落が見えてきました
ウエンナイ

ウエンナイ2


そしてここが、ウエンナイ食堂ひと休みです。(正式には休憩所?)
食堂

メニュー

写真奥のサンタさんは、今回トレッキング花ガイド(無料)をしてくれたバーニングさんです。バーニングさんがいなければレアな花はほぼ全て見落としていたことでしょう。ありがとうございました。利尻の井上陽水ライブでお待ちしています。
店の中


 私は、今シーズン初物の生ウニ、生タコの刺身、生ふのりの味噌汁、よく冷えたコーラをいただきました。(ご飯やビールもあります)
タコ

ウニ

汁

 生ウニは何もつけずいただきました。どれも獲れたてで最高でした。味噌汁も食べる分だけその時に作ってくれて最高でした。メチャ贅沢な昼食になりました。ママのお話も大変面白く興味深いものでした。

 基本的には8時間トレッキングコースの方がひとやすみするために利用する場所です。(実際は8時間では無く、10時間ほどかかるそうです)

 なぜこんな場所に食堂(休憩所)があるかと言いますと、夏場だけ3世帯が生活をしているからです。(いわゆる番屋です)生活のため、山の中にはずーっと電線が通っています。現在住んでいる方は主に船を利用して買い物等をしているそうです。さすがに郵便も届かないとのことです。

 場所も味も雰囲気も、まさしくキングオブ秘境めしです。また行きたいのですが、移動に食事とおしゃべりも入れると最低でも往復3時間はかかるのが厳しいですね。
[ 2018/06/12 18:01 ] 利尻島・礼文島情報 | トラックバック(-) | Comment(0)

礼文島レポート(その3)礼文滝コース

 礼文ツアー2日目は、礼文滝コースのトレッキングと、ウエンナイ食堂での昼食というメニューでした。これは礼文滝コースの記事です。

 お花といえば桃岩コースが有名ですが、なんと礼文滝コースも素晴らしいんですよ。礼文滝まで往復4キロの2時間程度のコースです。ちょっと足場は悪いところもあるので注意が必要です。

礼文滝1

レブンウスユキソウ(エーデルワイス)も少しですが既に咲いていました。これからガンガン咲くそうです。
エーデルワイス

川の近くまで降りてきました。
礼文滝2

島ではここでしか見られない?エゾツツジも群生していました。(普通はイワツツジ)
礼文滝4

蝦夷ツツジ

川も何度か渡ります。
礼文滝3

礼文滝

いよいよゴールの海が見えてきました。
礼文滝海

ロープで急坂を下りたら海に注ぐ礼文滝に到着です。
滝

美しい滝ですし、滝の水を飲もうと思いましたが、滝の上でやたらとカモメが水浴びと糞をしていたためやめました。(礼文島にはキツネがいないので、例外的にエキノコックスの心配はありません。北海道で沢水は絶対に生で飲んじゃダメ。)
滝

滝

 滝の大きさが解る写真を撮れていなかった....高山植物ももっと咲いていたけど、写真を撮っていない....この日は前日とはうって変わって、メチャ暑くて写真を撮る力があまりりありませんでした。この時期は真夏~真冬の格好まで必要ですね。
[ 2018/06/12 17:25 ] 利尻島・礼文島情報 | トラックバック(-) | Comment(0)
ページ最上部へ