FC2ブログ

ヲタキッシュ(利尻島で釣りを楽しむブログ)

釣り(ロックフィッシング)、利尻島情報、ピュアオーディオ、ビリケン商会のガレージキット等がメインです。リンクフリーです。
2018 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312018 09

貧果が続いたので、テトラの穴撃ちでリベンジ

 ジギングの調査が散々の結果に終わりました。丸2日かけて、20キロ以上ボートを走らせ、ジグを何個も殉職させ、まともな釣果は中くらいのマゾイ1匹のみ。もちろん、一緒に来ていた嫁は釣りにならず。これはストレスがMAXとなります。そこで夏でもボウズの可能性が低めのテトラの穴撃ちでリベンジしました。

 とにかくテトラの穴撃ちはゴムボートのパンクとの勝負となります。テトラ帯なのでアンカーはうてない、ボートがテトラに当たるとパンクする危険性がある、下手をすると隠れテトラで座礁する、魚がかかるとテトラに引っ張られる、それなのに大きな魚は真上に抜かないと根ズレでラインブレイクするから難しい、という風に元々難易度高めの上ゴムボートには非常に条件が厳しい釣りです。常に操船し続けなければいけないので、エレキが欲しいところです。

 というわけで、四六時中せわしなくオールとボートフックで操船しながら釣りをしました

 今回は前回釣行時より食いはよく、ちゃんと穴の奥に入れられれば当たることが多かったです。今回は嫁が大きいのをあげることが多かったです。今回最大となるはずだった50センチ級のクロソイが嫁のワームを船縁まで追ってきて、ワームを口にしたのですが瞬間的に吐き出したのか、ヒットしませんでした。(その他根ズレによるラインブレイクが2回)
前回のテトラ撃ち:http://okapon2005.com/blog-entry-2168.html

いろいろ釣れましたが大きかったのは30センチくらいのハチガラ
ハチガラと嫁

シマゾイ37センチ
シマゾイと嫁

一番大きかったのはクロソイ45センチでした。
クロソイと嫁

 いつものガヤはたくさん釣れましたし、良型のアブラコ、小型ながらマゾイも釣れたので、6目釣りが出来ました。大変せわしなく、リスクも高めの釣りですが、夏場の昼間に手堅く釣るにはこれしかないかも?
[ 2018/08/08 15:11 ] 釣り | トラックバック(-) | Comment(0)

ボートジギング用ポイント開拓 今回も全然だめ  

 比較的凪でしたので、2日間かけてボートジギング用のポイント開拓を行いました。

(その1 南側ポイント)
 今回初めて釣行したポイント。魚探HONDEX PS-611CNに掲載されている魚礁に向かいましたが、全くの無反応。本当に魚礁はあるのだろうか?雰囲気的に釣れそうなポイントを何カ所か回るも無反応....
 唯一、魚礁だと教えてもらった場所で中型マゾイが1匹釣れただけで終了。数時間かけて10キロ以上走り回ってこの有様

釣りにならないので嫁はボートの上でお昼寝。
ふて寝

2日間の激闘で、唯一のまともな釣果....中型のマゾイ
マゾイ

(その2 北側ポイント)
 前回風波が荒くちゃんと調べきれなかった北側ポイントにもいきました。しかし....なんと今回も荒れていました。前回小ガヤが釣れたポイントにもう一度入り確認しましたが、今回も小ガヤだけでした。その他のポイントはやめて早々に引き返しました。あまりに釣れなさすぎて写真無し。

 釣れなさすぎて2日でジグを何個もロストしてしまいました。

 8月は沖根のソイの食いも落ちるのでそれが理由で釣れないのか、それとも魚礁の位置が違っているためにで釣れないのか理由がはっきりしません。これが6~7月初旬までくらいなら、魚礁に当たれば瞬間的に大型ソイが食って来るんですけどね。

 ブリは魚礁の上ではなくても、回遊に当たれば釣れますが、今年の利尻島のブリは薄いのか気配もありませんし、あまり釣れた話も聞きません。今年のボートジギングはまともな釣果なしに終わるかもしれません。
[ 2018/08/08 14:59 ] 釣り | トラックバック(-) | Comment(0)
ページ最上部へ