FC2ブログ

マイボートで待望のブリゲット

 今シーズン利尻島ではブリが不漁でした。最近になってやっと釣れだしましたが、型は大きいものの数は少なくて厳しい状況です。自分の場合はポイントも解らないですし、いける範囲は狭いですし、ますます厳しい状況です。

 秋になると海が荒れ出すため、マイボートは出船すらほとんど出来ないのですが、台風前の凪でしたので出船しました。午後から礼文島の桃岩荘へ行く予定でしたので短時間勝負です。

 相変わらず、ポイントは解らず、魚探には何の反応も無く適当にジグをしゃくるだけでした。ただ時期も良くなってきたためか、40センチの良型シマゾイ、50センチくらいの大型アブラコが遊んでくれました。(アブラコは室蘭方面の方が大きいですね。このサイズは島では珍しいです。)

シマゾイ40センチ

アブラコ50センチ

 何も解らず適当に流している、目の前にナブラが発生。魚は大きく、口がはっきりと見えます。水面でガポガポやっています。とりあえず、そのまんまジグをキャスト、しばらく沈めて巻いたところヒット。

 かなりの引きです。明らかにブリの引きです。ドラグがじゃんじゃん出されます。時期的に今シーズン最初で最後のブリの確率が高いので慎重にやり取りをしたため、5~10分ほどファイトした気がします。

 それにしても、取り込みが大変でした。ナナマルすっぽりネットという70センチはすっぽり入る大型のネットでしたが、全く入りません。時間をかけてファイトしておりブリが疲れ切っていたので、頭だけ無理矢理入れました。元気があったら無理でした。

 釣った後も、ロクマルスカリというブラックバスの60センチでも入る大型のスカリ(魚の入れ物)を持っていったのですが、ギリギリ入る大きさでした。

ブリ1

 家に持ち帰り計測したところ、ブリでは自己最高の92センチ、8.1キロでした。(今までは83センチ、6.8キロ)
 すぐに礼文島に行かないといけなかったので、そのまんま我が家の大型クーラーに入れて行こうとしたのですが、クーラーにも入りきらず捌いてから礼文に向かったため、フェリーはギリギリになりました。

まな板のブリ

 それからもナブラが3回起きましたが、1回は投げても無反応、2回はナブラに到着した時にはナブラが終了していました。

 その後は、急に風波が出てきたことも有り、良型クロソイ1匹を釣って終了としました。う~ん、今シーズンは後1回くらいボート釣りに出られるかな?

海からの利尻

オスオスオスオスオーッス オス鮭ばかり オス祭り

 この連休は、凪で鮭はイマイチ。ブリにマイボートで出ようと思いましたが、少し波が高すぎました。(お借りしている故く~にゃんさんの斜路は南風にメチャ弱いんですよね。)

1日目は、オス4連発。美味しく食べられるレベルは1枚目の写真の1匹のみ。これは大きくて立派なオスでした。(他は2枚目の写真の感じ)銀メスはまたしても、ズリあげ後にハリが外れて海へ戻りました。限界までズリあげたのに、坂道を一直線に降りて海に戻りました。
銀オス

ブナオス


2日目は、1日目より鮭がぐっと減って何とかとっても小さなオス1匹。リリース。
ブナ小オス

3日目は、エサを購入したついでに見に行くも、予想通り鮭はおらず。ごく短時間しかやっていませんが、もちろんボウズ。利尻島は海の透明度が高いので、鮭がいないのははっきりと見て解ります。


 2日目の夜は凪でしたので、ソイ釣りもしました。イマイチでしたがシマゾイの30センチが一番の獲物でした。3日くらい熟成させて刺身にする予定です。
 驚いたのは、隣のエサ釣り師が30センチのハチガラを目の前で3匹も釣ったことです。(「ハチガラは普通に釣れるよ」とのことでした)自分はそのポイントでは散々釣りをしてきて1匹もハチガラを釣ったことが無いのに....その釣り師はハチガラはいらないとのことで、いただいてきました。これも熟成させて刺身ですね。
シマゾイ

※今期トータル22匹(オス15メス7)(釣果本数:0,0,1,4,(カラフト1),2,2,6,2,4,1,0) 

放出したリール達の覚え書き

リールの大型入れ替えをしました。
該当記事:http://okapon2005.com/blog-entry-2186.html
放出したリール達をメモしておきます。

07ステラ2000S、2000S(替えスプール)
 ロックにイトウに散々使い倒したリールです。数多くの大物を釣ってきました。2007年製ですので、11年ほど使用しました。メンテにも何度も出していますが、いつも快調になって戻ってきていました。現在でも快調ですし、見た目も綺麗なのですが、もうメーカーの修理部品が無くなり始めているので手放しました。性能的にも、現在使用しても決して見劣りしません。デザインも質感も良く所有欲を満たしてくれました。

購入時の記事:http://okapon2005.com/blog-entry-599.html
購入時の記事を読むと、「長い付き合いになりそう」と書いてあります。実際に11年以上の長い付き合いになりました。

 ちなみに、07ステラの前は、98ステラでした。98はメンテをしても寿命が来た感じで買い換えましたが、07は修理さえ出来ればまだ10年以上使えそうな感じでした。ステラはクソミソに高価ですが、長~く快適に使えますね。
07ステラ



12ヴァンキッシュ(Vanquish)4000XG
 中古で購入し、主に鮭釣りで使用していました。メンテに出すほど使い込んでもおらず、消耗もしていませんでした。自分が使用していた中では、最も新型なので耐久性が高かったのかもしれません。性能も文句なしでした。しかし、鮭釣りにはツインパワーHDの方が良さそうなので買い換えました。やはり鮭釣りには軽さより剛性と頑丈さです。
12バンキ



09ツインパワーMg3000
 海アメ、海サクラ、ホッケ、ソイ釣り大会、磯ロック色々使用してきました。上の写真のヴァンキッシュのご先祖ですね。ステラの次のクラスで、大変優秀なリールでしたが、デザインがチャラくて、質感もクソだったため、所有欲や使う喜びを全く満たしてくれませんでした
ツインパMG



08ツインパワー1000 
 これも非常に優秀なリールでしたが、1000番は小さすぎてあまり使い道がありませんでした。ステラで間に合っちゃうんですよね。もう、1000番のリールを買うことは無いかも?上の写真のツインパワーMGの下位機種ですが、こちらの方がデザインも質感も良かったです。いぶし銀の魅力です。
ツインパ1000

結論:やはりステラが欲しい

リールを新型に更新(一気に3機種)現用リールも紹介

 スピニングリールを一気に3機種更新しました。今回更新した理由は特にないのですが、ひとつにはヤフオクで売りさばく際には一気にやった方が手間がかからないからです。

自分がスピニングリールを選ぶ際に最も重視するのは耐久性です。回転の滑らかさは使っているうちに落ちますし、最近のリールは中級機以上ならドラグ性能も良いですからね。スピニングではリールよりロッドの差の方が圧倒的に気になります。(ベイトはリールの差もかなり気になります)

以下に耐久性についての具体的なメモ
・海外製の廉価大型フライリール 新品なのにドラグが効かず、阿寒湖にて千載一遇の大型をバラす
・14スフェロス ジギングで10数回使用し、回転がゴロゴロになった。
・昔のバイオマスター 知床のカラフトマス爆釣のため、新品のハンドルが初回釣行で破損。
・昔のバイオマスター 鮭とファイト中にギアが破損し、巻けなくなった。
・昔のツインパワー 度重なる鮭釣りで回転時にゴロゴロに。
・08ツインパワーMg しばらく使っていたら回転が悪くなった
・12ヴァンキッシュ 回転が悪くなるほど使わなかった。新しい機種なので長寿命?
・07ステラ さんざん使ってゴロゴロになったが、そのたびにメンテで再生


(結論)
何を使ってもゴロゴロにはなる。
高価な方が高寿命。新しい方が高寿命。
最新のステラを買うのが正解



そこで、リールを買い換えました。しかし、ステラは高いので無理


①18ツインパワーHD5000XG(PE3号50ポンド)(新規購入)
鮭用
ラインはPE2号くらいが適正だろうが、ゴロタ場やテトラがある釣り場も有るので少し太めにしている。港や砂浜なら2号以下でも大丈夫のはず。ジギングの予備リールでもある。
最近散々使用している。鮭釣りには無駄なほど滑らかな回転。ドラグの効きも素晴らしい。かっこも良い。非常にお気に入りの逸品。
耐久性が売りのリールなので耐久性にも期待
ただ、ライン止めが無いのはいただけない。かなり不便。
ツインパHD



②16ヴァンキッシュ3000HGM(PE1.2号25ポンド)(新規購入)
ソイ釣り用
ラインは0.8号、1号も考えたが、やはり太めの1.2号にした。夜釣りで風が強いこともあり、0.8号ではコンクリートに触れただけでブレイクする。ただやはり、飛距離や風への強さの関係で1号にするかもしれない。
極めて滑らかな回転、大きさの割に軽い、やはりステラの次のランク。
しかし.....ソイ釣りには大きすぎたかも....C3000(コンパクトサイズ)のつもりで購入したら、フルサイズの3000だった...なんとシリーズ中、HGMだけが唯一Cじゃない...
メチャ軽いんだけど、ボディが大きいので、振った時に重く感じるというか、抵抗を感じる...
海アメ、海サクラ、ヒラメ、ホッケ、磯ロック等にはベストっぽいんだけど利尻島ではあまり使わない....
ヴァンキッシュ



③18ストラディックSW5000XG (PE2号30ポンド)(新規購入)売却済み
ジギング用
中級機であり、重厚さはないがシャープでかっこいいデザイン耐久性が心配であるが、ブリ釣りをする回数が激減したので今のところはへーきへーき。鮭釣りの予備リールでもある。
 大型ブリを釣ったらゴロ感が出てきたので売却。耐久性に難有りか?
18ストラ



④16エクスセンスLB C2000MDH(PE0.8号14ポンド 替えスプールナイロン8ポンド)売却済み
ソイ釣り(実家に帰省した時の磯のグレ釣り)
サイズが小さいので、PEは0.8号しか巻けない感じ。本当は1号が使いたい。ソイ釣りにレバーブレーキは不要であるが、帰省時に磯でグレ釣りをするときには必要なので使用中。ワンタッチでスプール交換できるのは良い。(記録を狙う時にすぐに替えられる)
かっこよくて、ドラグの効きも良い。エクスセンスは耐久性が低い印象があるがこれは大丈夫そう。(安い方のエクスセンスがダメなのかも?)
 やはり北海道ではレバーブレーキは不要。スプールが小さすぎのため売却。ただ、良いリールである。
LB



⑤唯一のダイワ!! 18 フリームス LT2500D(バウオ スーパーハード ポリアミドプラス12ポンド)
(サブ・貸し出し用)
女、子供、お客さん貸し出し用。超久しぶりのダイワのスピニング。安いし、軽いし、ドラグの性能も良い。ただし、安いからか、ダイワだからなのかは解らないが耐久性はいまいちの感じ。リールの巻き心地が既に落ちてきた。
また、デザインが安物臭くて気にくわない。真っ黒ボディのタトゥーラがこれを購入する時点で発売されていたら、それが欲しかった。
これを使用して、ダイワのスピニングリールも良いものだと思った。
フリームス



⑥14スフェロスSW 6000HG (PE2号30ポンド)売却済み
ジギング・鮭の女、子供、お客さん貸し出し用。安い大きい・メチャ重い。耐久性はそれなりかな?
う~ん、安いのは安いなりかな~。ヘビーに使うならやはり良いものを買った方が良い。
 回転がイマイチになり、重いし売却。耐久性はイマイチか。
スフェロスSW


結論:やはりステラが欲しい

連休最後に鮭釣り 逆張り成功か???

 この3連休の利尻島は鮭釣りで賑わっているようです。釣れる人は釣れているようです。4時半頃に家を出たのですが、前日に釣れたらしいポイントには人がいっぱいでしたので入らずに、逆張りで先日大学生を連れて行ったポイントにしました。そこは空いており、10~20mおきに5人ほどいただけです。

(朝の部)
 ボロになった鮭は沢山いるのですが、綺麗なやつは見当たりません。今回、目の前には鮭網ががっつり入れられてしまい、ボロ鮭の群れも100匹くらいまでに減っています。(前回は数千匹いた気がします)

写真のつんつんしているのは全て鮭です。(ただしブナブナのボロ鮭

群れ

 状況は明らかに良くないのですが、空いているのでここでスタートしました。ボロ鮭の群れの少し向こうに打ち込んで釣っていたところ、アタリが来て何とかメス2匹ゲット。(ただし銀ぴかのメス2匹を痛恨のバラし。1匹は波打ち際でズリあげるときにバラし、なんともう1匹は、ズリあげて針を外す直前にバラしました。一直線・最短距離で海に戻りました。)

鮭2匹

 そうこうしているうちに、目の前で鮭の網あげが始まり鮭が全部いなくなり、釣り人も全員帰りました

 鮭も釣り人もゼロになりましたが、鮭は戻ってくる可能性も高かったのであえて残りました。また、釣り人のプレッシャーは少ない方が明らかに釣れます。釣り人ゼロは好きな場所に投げ放題ですし、ある意味チャンスです。鮭釣りで、自分以外の釣り人ゼロというのは島以外ではなかなかあり得ないですしね。

 意外と早く群れは戻ってきて、30分ほどしたらアタリが出ました。
 
 そうこうしているうち、オス2匹、メス2匹追加となり、本日トータル6匹(オス2メス4)となりました。(オスの1匹はメチャブナっていたのでリリース)エサが無くなったので終了としました。(先日の地震の影響)

鮭3匹

 結局逆張りが成功したかは謎です。やはり昨日の場所が爆釣していたのかもしれませんし....まあ、悪い結果ではありませんでした。

(夕方の部)
 夕方も人がいなさそうでしたので、同じ場所にちょい釣りに行きました。朝と違うのは、真水に反応して陸に上がろうとしていることでした。(ここには川は無いのですが、真水が流れ込んできているので、陸に向かって鮭が上がってきます)

 朝方は、仕掛けを避けてくれたので、スレ掛かりはほとんど無かったのですが、遡上のことで頭がいっぱいのためか、スレ掛かりしてしまいます。そこで早めに切り上げました。一応真っ黒なオス2匹は口で釣れました。(食べても美味しくないのでリリース。写真も無し。)

あがる

こんな感じで陸に上がってきます。 
上がった鮭

今年2回目のいくら丼を作りました。 
いくら丼


※今期トータル17匹(オス10メス7)昨年よりはかなり良いペースです。昨年はシーズンで9匹のみでしたからね。(釣果本数:0,0,1,4,(カラフト1),2,2,6,2)

フェリーの待ち時間にちょい釣りガイド 思いもよらぬ大苦戦

 お仕事関係で、東京からお客様が来られました。礼文に出るフェリーの待ち時間に釣りをしてみたいとのことで、ガイドしました。また、前日「鍋ちゃん」で知り合った方も同じフェリーに乗るとのことで一緒に釣りに挑戦しました。

 本当は鮭釣りが良いのでしょうが、昨日は飲み会でしたし、早起きも出来ず時間も無いので、フェリー乗り場付近で釣りです。

(釣り1)サビキ釣り
小サバ等のサビキが簡単かと思ったのですが群れが入っておらず、全く釣りにならず

(釣り2)テトラの穴釣り
海が荒れているためか?無反応でボウズ
本来はここで、ガヤは入れ食い、ソイは30UP(出来れば40UP)のはずだったのですが....

(釣り3)港の影に潜むガヤ釣り
これでやっと釣れましたよ。これほど苦戦するとは思いもよらなかったです。(今回も顔出しOK)
ガヤの群れ(数十匹)は足下におり、水も透明なので、魚が食いつくシーンが見られるのは大変良かったです。
ただ、最初の5匹くらいまでは簡単に釣れたのですが、途中からはガヤのくせに警戒してハリの付いたエサには食いつかなくなり大変苦戦しました。

ガヤ1

ガヤ2

ガヤ3
(実は写真3枚目の、フェリー待ち中の都会のお姉さんにも釣りを楽しんでもらいました)

 次来られたときには、もっとちゃんと釣らせてあげたいと思います。

鮭釣りガイド(お手伝い)をしました

 東京の大学生達が島に来ており、どうしても鮭が釣りたいとのことでしたので少しガイド(お手伝い)しました。

 ここ数日凪が続いており、あまり良い条件ではありませんでしたが、夕方ちょい釣りチャレンジです。ほとんどが釣り初心者でしたし、タックルもかなり適当なものでした。島内の釣りエサはほとんど売り切れており入荷も未定という厳しい条件での釣りとなりました。

 しかし、ブナブナ鮭はやたらと岸寄りしており、沖合20m横幅50m以上の数百匹?数千匹?の群れが目の前でうごめいていました。

 しかしまあ、ブナブナで全く食わない状態で苦戦しました。しかし、ぽつらぽつら釣れて何とか楽しむことが出来ました。(今回も顔出しOK)

大学生1

大学生

大学生3

大学生4

大学生5

大学生6

 自分が撮った写真はこれくらいですが、もっと釣れています。ブナブナのオスがほとんどでしたが、銀ぴかのメスも1匹釣れました。楽しんでもらえたようで何よりです。

※写真を送ってくれれば、他の人や魚もアップしますよ。

※今回の地震で北海道旅行をキャンセルされている方が非常に多いようですが、多くの場所で停電以外の被害はありませんでした。観光客が減ると、観光地が赤字となり被害が出るので、是非北海道(被害の無い地域)に来て欲しいと思います。(北海道は九州+四国よりも広いです)

台風後は鮭釣りが好調

 島の鮭は、荒れた後が釣れるというのが基本で、前回の台風の後も釣れました。(自分は少しだけ)人によっては50匹の大爆釣もあったそうです。

 自分の場合は、夕方のちょい釣りで、オス3、メス1の4匹

4本
 
 次女が帰ってきたので、夕方ちょい釣りをしたのですが鮭の姿が無く、小さなカラフトマスの雄1匹のみでした。

カラフトマス

 朝釣りで、3ヒットの1バラし。オス1、メス1の2匹(ただし1匹は、浮き付きの鮭の浮きにヒット ラインブレイクした浮きを釣って鮭を釣るのは数回目)

夜明けの利尻山

2本

 今年は鮭は悪くないですね。

 綺麗な龍の雲が出ていました。
龍の雲

出川哲朗の充電させてもらえませんか? 利尻島 礼文島 稚内市 が放送されました

 北海道胆振東部地震で被害に遭った皆さまに対し、謹んでお見舞いを申し上げます。停電も概ね復旧したでしょうか?震源から遠く離れた宗谷地方ではほとんど揺れも感じなかったほどですが、北海道本土である稚内市は長期の停電に見舞われ、次女は被害皆無の利尻島に避難してきています。(島は発電所を持っているので停電無し。物資が無いのはいつものこと。)

 先ほど、利尻・礼文・稚内を舞台にした「出川哲朗の充電させてもらえませんか?」が北海道でも放送されました。(私も、関東バージョンでは数秒×2回出ています)以下、簡単に感想を書いておきます。
ロケ当日のレポート:http://okapon2005.com/blog-entry-2157.html

 2時間半番組が2時間にカットされていました。そのため自分の出演シーンも1つカットされていました。稚内の鹿のシーンカットも残念。北海道ネタだからノーカットで放送して欲しかった~。

(利尻島の分)
 天候にも恵まれ、ロケ時間も長く、利尻島の魅力を伝えることが出来たと思います。もちろん、知った顔も多かったです。
オススメの「わかさんの店」も出ていました。私のブログの記事:http://okapon2005.com/blog-entry-2173.html

わかさんの店

 流れ的には、私のこの記事に似ていました。http://okapon2005.com/blog-entry-2174.html 
 TVではウニ丼は「ふる里食堂」でしたね。ウニ丼は利尻島どこでも美味しいとは思います。自分にとって「ふる里食堂」は島で一番美味しい焼き肉屋さんです。焼き肉の専門店だと思っていました。(島では普通良い肉は手に入らないのですが、あの良い肉はどこから仕入れているんでしょう???)
 宿探しに苦労していましたが、観光の時期は激混みなので予約が無いとヤバいですよ。早めの予約が必要ですね。


(礼文島の分)
 う~ん、これは食い足りない。他にも良いところはいっぱい有るのにもったいなさ過ぎる。桃岩荘あたりで1泊して、もっとゆっくり撮影して欲しかったですね。時間が少なすぎて魅力を十分に伝え切れていないですね。
 しかし、アザラシのドローン撮影のシーンは圧巻でした。(黒い影が全部アザラシ)あの野生のアザラシポイントのことは知らなかった~。今度行ってみなくちゃ。アザラシは稚内市の抜海港で散々見てはいるのですが...

アザラシ
 
 スコトン岬の綺麗で立派な島の人 民宿 スコトン岬の内部は初めて見ました。
外観のレポート:http://okapon2005.com/blog-entry-2073.html

超レアな、民宿スコトン岬がボロ屋だった頃の写真
ボロ屋敷

 礼文島も激混みで宿泊が大変ですが、桃岩荘なら何とかなるかも?
桃岩荘等の記事:http://okapon2005.com/?q=%E6%A1%83%E5%B2%A9%E8%8D%98&charset=utf-8


(稚内市の分)
 充電場所が全然無くて行き倒れることは地元民には予想通りで、かなり笑えました。市街地から出ると、無人地帯が続きますからね。

 町から出た後で充電出来るのが、ペンションアルメリアというのも(人が住んでいるのがあそこしか無いので)地元民は解ったはず。思わぬところで知人が出まくっていたのは驚きでした。ホタテロードは行ってみたいですね。

アルメリア

 利尻島はガチでしたし、稚内もガチですね。ガチロケは大変だと思います。

 まあ、何にせよ出川さんはとっても良い人そうでした。是非また宗谷地方にお越しください。

※利尻島は観光地でよくTVが来るため、(ほんの数秒とかですが)TVに出る機会が多いです。(5年間で4回)
以下、クリックで飛べます。
2015年 宮崎県ローカルのじゃがじゃがサタデー
2016年 NHKのど自慢 と コレ考えた人、天才じゃね!?
2018年 今回の、出川哲朗の充電させてもらえませんか?

地震で揺れていない稚内市まで停電や断水で大変なことに 利尻島に避難

 今朝、北海道胆振東部地震が起きました。宗谷地方では、揺れを感じないほど揺れ自体の影響はありませんでした。特に利尻島は全く影響有りませんでした。しかし、離島以外は北海道全域で停電や断水となったようです。

 次女は稚内市で共同生活をしているのですが、停電に見舞われ、断水の危険性すら出てきたそうです。

 そこで、まずは発電機を調達して最低限の電眼を確保。
発電機

 配電盤に、自家発電の電気をぶち込んだようです。
電源


 同時に皆で、水の確保。

水

 しかし、停電や断水の復旧の目処が立たないため、次女は利尻島に避難してきました。お店には長蛇の列が出来ており、物資も無くなっていたようです。

 もちろん、稚内フェリーターミナルも停電とのことで、チケットはなんと手書きでした。

チケット

 稚内に残った次女の友達は「とにかく星が綺麗」とのことでした。とにかく、全道の停電は少しでも早く復旧してほしいものです。冬で無かったのが救いかな。真冬だったら凍死者続出ですね。(今冬の8時間半の停電は厳しかったです)

 いくら利尻島は平気だと言っても、このまま物流が止まると、食料や物資が無くなりそうです。 

※稚内市には、日本最大級の風力発電施設と太陽光発電施設が有り、理論上では市の総電力近くをまかなえるはずですが、使えるようにはしていないので停電中です。

※9月8日追記
利尻島のサツドラも流石に空っぽになりました。冬場はフェリーが欠航しまくるので生鮮食料品が空っぽになるのは珍しくないのですが、今回は冷凍食品まで空っぽですね。おそらく、物流のストップが長引いたときのことを考えて買いだめしたからでしょう。ライフラインは全く何ともないので、カップラーメンは普通に在庫山盛りでした。

品薄1

品薄2

利尻島はブリは絶不調だけど鮭は好調???

 利尻島はブリは絶不調であまり釣った人はいません。ここまで北上して来ないのかも?その反面、鮭は好スタートを切ったようです。自分はダメダメですけどね


(鮭釣り1回目)
 最初の釣りピークのフレッシュランの影響が残っており、カラフトマスやサケの雰囲気がありました。しかし、数投目で何かに引っかけたのか?愛竿のテイルウォーク KEISON Titan LIMITED VII 110H-ti"GINSEI"を折ってしまい釣りになりませんでした。

竿折れ

 仕方が無いのでソイ釣り用のロッドを使用しましたが、ウキルアーを投げられるわけもなく、向かい風の強風の中浮きも遠投出来ず、ルアー単体で頑張りました。頑張った甲斐があり、大型のアブラコは釣れました。(鮭は釣れず...)

アブラコ


(鮭釣り2回目)
 この日は明らかに日が悪かったのですが、嫁と釣りに行きました。(悪い理由:最初のピークから日が経ちすぎ、べた凪過ぎ、鮭の気配なさすぎ)

 かなり粘りましたが、基本はガヤばかり....嫁は利尻島では珍しいハゴトコ、自分も珍しくガヤのダブルが釣れました。

はごとこ

ガヤダブル


(鮭釣り3回目)
 夕方ポイントに行ってみると、ブナの入りきった鮭がもにょもにょしていたので竿を出しました。先行者には釣っている人もいましたがあまり状況は良くなさそうです。

 しかし、やっと来ましたよ。銀ぴかのスリムなメス(70センチ)

銀雌鮭

 自分が来てからはこれが唯一の獲物でした。(8人ほどいましたがヒットもありませんでした)たまたま銀ピカが私のエサの前にまわってきたんですね。ブナ狙いで浮き下はたったの30センチでしたがヒットしました。

 また、釣り場で偶然お会いした、このブログの読者でフライマンのSさんにタモ入れしていただきました。ありがとうございました。

アップ

イクラ

 ちなみにニューウエポン導入です。(折れた竿は修理に出しますがいつ戻るか解らないので新しく購入しました)

 ダイワ ソルティスト AK 130H・Nです。以前旧型を使用していましたが、それは売却済みです。

新竿

 長くて、強くて、見た目よりはかなり軽めの竿です。(長いし太いので結局は重いですけどね)旧型の時は振り抜きが少しダルな感じでしたが、この新型は力強くブレ無くシャープに振り抜けます。

 カムイトゥクシーが欲しい気もしましたが、値段がバカ高いことと、新型のAGSは壊れやすいとの噂もありやめました。旧型は人気が高く、程度が良いと新品同様の値段だったりします。ガイドは普通に戻してくれないかな~。
         
最新の記事

先月釣ったクロソイがJGFAボート記録に認定されました 念願の12ポンドクラス Jun 16, 2019
渓流の宝石オショロコマ釣りに挑戦  Jun 15, 2019
ウニの季節となりました Jun 12, 2019
超貧果 ボート釣り 一応記録ということで... Jun 10, 2019
今年度初利尻山登山 ただし途中まで.... Jun 08, 2019

FC2カウンター

プロフィール

かにぬーと申します。 1967年生まれの80年代を愛するヲタクです。 利尻島の釣り情報をメインに発信していきます。

ブログランキング関係

一応参加しています。

にほんブログ村 釣りブログ ロックフィッシングへ 釣りの世界

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

プライバシーポリシー

当ブログでは、第三者配信による広告サービスを利用し、 ユーザー様が閲覧する他のサイト、興味のある広告を配信しています。

そのため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。

当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 を使用されないようにする方法については、 こちらを参考し設定変更をお願いします。
詳しくは、Adsense広告の、公式プライバシーポリシーをご覧ください。