FC2ブログ

世界最高峰 18アンタレスDC MD 買ってしまった(ただし傷有り中古品)

 今まで、小学校時代に購入したバンタム100EXをスタートとして、アンタレスだけでも98アンタレスVER.2、03アンタレスAR、07アンタレスDC7LVと使用してきました。(アンタレスの前の数字は発売年

 そしてついに、新発売ほやほやの18アンタレスDC MD傷有り中古品を購入しました。間違いなく現在世界最高のリールで、表面処理も凝っているので傷入りなんて言語道断なのですが、いつかは傷が付くので傷入り中古品を安くで購入しました。(釣りをしない人のために書いておきますが、コンピューター入りのリールです)
シマノ該当ページ:http://fishing.shimano.co.jp/product/reel/5317

左がDC MD、右がDC7LV(ハンドル交換済み)
モンスタードライブ

 しかしまあ、傷有りとのことでしたが、ガチで傷だらけでした。日本で一番傷のあるアンタレスDC MDのはずです。発売直後でここまで傷だらけにするなんて...フェラーリを購入して1ヶ月で、ぶつけまくってボコボコにしているのと同じですね。自分なら、ここまで傷を入れるには10年はかかりそうです。

傷だらけ

 早速、ワールドシャウラ青1652R2の組み合わせで夜ソイに挑みました。

 以下DC7との比較
1 見た目だけは 傷がないのでDC7の勝ち
2 ハンドルはDC MDは純正でも使いやすい長さ(DC7は純正では短すぎたので付け替え済み)
3 DC MDの巻き取りスピード激速 夜で見えないので何度も巻きすぎそうになった(速すぎ???)
4 リーリングの滑らかさ DC MDの方が滑らかだが、DC7でも十分滑らか

5 ブレーキはDC MDが調整もしやすく効きも良い

 DC MDはメカニカルブレーキがかなり強めに調整されているのに、DC MDの方がすぅ~っと伸びる。もちろん距離も伸びる。(DC MDはナイロン、DC7はフロロという違いもあるのか???太さは同じ12ポンド。)
 
 DC7では夜のソイ釣りをする気になんてならないですが、DC MDならストレスは大分感じますが、ギリギリ出来ますね。(真っ暗の中ベイトで、硬めの竿で、太い糸を用いて5gの軽量ジグヘッドを遠投するのは非常に厳しいですね。本当は3gが使いたいところですが、この条件では3gは実用的には無理。柔い竿で細い糸なら3gでも大丈夫そう。)今日もDCとはいえ、多少バックラッシュはしました。風もありましたし、着水がよく解らないんですよね。それでもDC7よりはしにくいですね。

 今夜は食いが非常に渋かったのですが、以下に結果を載せます。ファーストヒットはシマゾイの30センチ。その後、中型のクロソイやガヤが数匹、珍しくカジカも釣れました。(利尻島はカジカが少ない)

シマゾイ

カジカ

 粘ったところ、何とか43センチのクロソイも釣れました。

43センチ

 DC MDはソイの夜釣りに使うにはイマイチですが、ボートロックやベンダバール8.9Mを用いた遠投釣りではかなり良い仕事をしてくれそうです。どちらも20g前後がメインですからDC MD向きです。(ボートで使うのは、オーバースペックでもったいない感じですけどね)

 やはり、11年間の技術の進歩は素晴らしい。DC MDは非常に気に入りましたし、長く使えそうなので新品が欲しくなりました。


※とうとうビッグママの季節も終了のようです。以下の写真は先週最大の獲物です。48センチ2キロのパンパンに太ったママでした。
48センチ 2キロ
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
最新の記事

新スタッドレスタイヤ やっぱりブリジストン Dec 07, 2019
SSD載せ替え5回目 もちろん今回も成功? Nov 23, 2019
フェリー欠航祭り 1週間で1勝5敗1分 Nov 23, 2019

FC2カウンター

プロフィール

1967年生まれの80年代を愛するヲタクです。 利尻島の釣り情報をメインに発信していきます。

ブログランキング関係

一応参加しています。

にほんブログ村 釣りブログ ロックフィッシングへ 釣りの世界

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

プライバシーポリシー

当ブログでは、第三者配信による広告サービスを利用し、 ユーザー様が閲覧する他のサイト、興味のある広告を配信しています。

そのため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。

当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 を使用されないようにする方法については、 こちらを参考し設定変更をお願いします。
詳しくは、Adsense広告の、公式プライバシーポリシーをご覧ください。