ヲタキッシュ(利尻島で釣りを楽しむブログ)

釣り(ロックフィッシング)、利尻島情報、ピュアオーディオ、ビリケン商会のガレージキット等がメインです。リンクフリーです。
2018 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312018 08

私が礼文トレッキングしていた頃、利尻山ではなんと樹氷が...

 礼文トレッキング1日目は、メチャクチャ寒くて冬の格好で良いくらいでした。素手では手がかじかんでしまいました。

 この同時刻、同僚3人は利尻山に登山していました。なんと、利尻山7合目付近から樹氷が出来ていたそうです。そのため、8合目過ぎの山小屋で引き返したとのこと。とても6月上旬とは思えません

 写真をいただいたので載せておきます。風向きの関係で片方だけ凍っています。この感じでは、山頂は雪だったんじゃ無いかな~。利尻山恐るべし。

樹氷5

樹氷2

樹氷1
[ 2018/06/11 22:17 ] 利尻島・礼文島情報 | トラックバック(-) | Comment(0)

礼文島レポート(その1) 桃岩トレッキングコース

 何回かに分けて礼文島のレポートを行います。(大体は時系列)

 まず最初は、一番メジャーな桃岩トレッキングコースです。

 6月上旬は、花満開には少し早いのですが礼文アツモリソウを見るには良い時期です。
ピーク時期の記事(その1):http://okapon2005.com/blog-entry-1968.html
ピーク時期の記事(その2):http://okapon2005.com/blog-entry-1969.html

 コンパクトカメラで撮った写真を挙げていきます。(写りはイマイチ 花の名前は後日追加予定)

 桃岩3


桃岩

写真では色が出ていませんが、肉眼では色々な花が咲いているのが解ります。
桃岩2

花2

以下、今回見た花の写真です。(ほんの一部)
エゾエンゴサク
花3

レブンキンバイソウ
花1

クロユリ
花4

ハクサンチドリ
はな5

レブンコザクラ
こざくら

エゾタンポポとセイヨウタンポポの交雑種
花6

スズラン
スズラン

ミヤマキンポウゲ
花7

時期的に少し枯れていますが、桃岩コース場でも礼文アツモリソウが数カ所咲いているんですよ。 なかなか見つけにくいですけどね。
礼文あつもり

アツモリ


 実はここから、桃岩荘(眼下の赤い建物)に向かって、「おーい、桃岩荘」と全力で叫ぶと(かなり距離はあります)、旗を振って返事をしてくれるそうなのですが、この時はたまたま返事がありませんでした。作業中で聞こえなかったと思われます。
桃岩荘

(その2)以降に続く
[ 2018/06/11 22:03 ] 利尻島・礼文島情報 | トラックバック(-) | Comment(0)

礼文島にも糞?何の???

 今週の土日は礼文島に渡り、非常に濃い2日間を過ごしてきました(詳しくは後日レポートします)今回は軽い話題から....
 
 利尻島はクマ騒動の最中ですが、私が礼文島のウスユキソウ群生地訪れた時に、丁度駐車場で何らかの糞が見つかりました

 時期が時期なので、旅行会社は早速各所と連絡を取り合っていました。(利尻のヒグマが礼文島に泳いでこないとは限りませんからね)

 私は自然界で何度もヒグマの糞を見たことが有るのですが、これはまさしくいつも見慣れたヒトの糞でした

 ただし、こういう時期なので旅行業者や町は慎重に対応していたようです。(このくらい慎重で良いと思います)

 ブツには未消化のコーンも入っていました。礼文島ではトウモロコシを栽培していませんし、礼文島は北海道にしてはトウモロコシはあまり売られていません。その点から考えても人と思われます。フキフキした紙を置いていてくれれば、すぐに人だと断定出来たんですが、それが無かったため確定が難しい物になりました。使用した紙だけは環境汚染を防ぐために持ち帰ったのか?元から紙は無かったのか?それは解りません。

 なかなか人騒がせな糞でした。もちろん、写真は撮っていません。撮っていても載せませんけどね。しかし、同行した元同僚のすーさん(女性)は、しっかりと人糞の写真を撮っていましたけどね
[ 2018/06/10 22:09 ] 利尻島・礼文島情報 | トラックバック(-) | Comment(0)

利尻島で106年ぶりのヒグマ???泳いできた?

 昨日5月30日、鬼脇地区沼浦の海岸でヒグマの足跡らしき物が見つかりました。また、本日仙法志地区にて糞も見つかりました。(未確認情報ですが、沓形の火葬場近くでも糞、鴛泊でも糞があったとか...)

 足跡から、300キロ、2mクラスの巨大な雄羆と見られています。

 こちらに紋別で捕獲された400キロの羆の写真有り→:http://okapon2005.com/blog-entry-1912.html

 106年前にも海を渡って利尻島に羆が来たそうですが、泳いでいるところを何とか撲殺したそうです。今回は既に山に入っているのでヤバいです。また、島には鹿、羆獣、キツネ等の獣は全くいないためハンターもいません。(トド撃ちはいますが....)羆を見つけても、殺すことも捕まえることも出来ません。羆はどこに逃げても、だれかしらの家の近くにいることになります。

(利尻町のHPより転載↓106年前のヒグマの写真です)
羆

 羆の脚力では1日で島を一周出来るので、いつどこに現れるか解りません。目撃情報から推測すると、既に島を一周していそう。凶悪な殺人鬼がうろうろしているくらいヤバい状態です。本当に気をつけないといけませんね。

 とりあえず、熊スプレーとヒグマと格闘用の鉈を出してきました。紋別や稚内で釣りをする時は、この2つを携帯していました。熊鈴も出さないといけないのですが、外の倉庫です。

鉈とスプレー

 警察署から号外も出されました↓。

号外
[ 2018/05/31 18:40 ] 利尻島・礼文島情報 | トラックバック(-) | Comment(0)

利尻島にも春の便り タラの芽  ニシンも美味しいよ

 朝晩はまだまだ冷え込みが厳しくストーブが手放せない状態ですが、タラの芽が食べ頃となっています。(少し出遅れ気味???)

 我が家の車の裏から、自分が食べる分だけとってきました。

タラの芽

 自分しかいなかったので、適当に天ぷらにし、塩で食べましたましたが、激うまでした。素材が極端に良いと技が無くても美味いですね。

天ぷら

 島内には行者ニンニクの楽園が多数あるそうなのですが、残念ながら自分は知りません......


 タラの芽を食べた後、いただいた獲れたてニシンを刺身にして食べました。(刺身の写真は無し)

ニシン

 これまたトロットロで激うま。なかなか刺身で食べる機会の無い魚ですが、こりゃ美味い。身の全てが大トロ。ホッケと違ってアニサキスの心配も少なそうです。(ホッケの刺身はアニサキスとの戦い)
[ 2018/05/19 18:56 ] 利尻島・礼文島情報 | トラックバック(-) | Comment(0)

利尻島の名水 長寿の泉

 利尻島には、利尻山登山口付近の名水百選選定の甘露泉水、汲みやすく人も多く、我が家も週1ペースで水汲みに行くおなじみの麗峰湧水があります。しかし、マイナーながらも長寿の泉もオススメです。
麗峰湧水の記事:http://okapon2005.com/blog-entry-2116.html

長寿の泉2

(オススメポイント)
1 鴛泊フェリーターミナルから近い。(ターミナルから道沿いに南下して車で1分くらい)
  ちなみに甘露泉水は、駐車場から15分くらい歩きます。麗峰湧水は鴛泊からは遠いです。
2 水はドバドバ出ている。
3 マイナーなので空いている


 ※一つだけ注意が要るのは、駐車場が無いことです。車を停めて水を汲んだらすぐに撤収しましょう。

 目立たないので、見落としてしまいがちです。(写真の奥)10日前に撮影したのでまだ雪に埋もれています。

長寿の泉1

 場所は、旅館雪国の北端(鴛泊側)です。この写真の右端から少しだけ入れば長寿の泉です。

長寿の泉3

 味ですが....ここに挙げた3つの湧水を飲み比べましたが、違いが有ることは解るのですが、どう違うのかは上手く表現出来ませんまあ、どれも美味しいと言うことです
[ 2018/04/11 19:37 ] 利尻島・礼文島情報 | トラックバック(-) | Comment(0)

昨日の嵐の爪痕

 昨日は春の嵐が吹き荒れました。(利尻島本泊では最大瞬間風速31.4m)今日はお出迎えでフェリーターミナルに行ったところ昨日の嵐の爪痕が残っていました。

 写真の右側を見てください。乗船通路の下板(金属)がはがれています
めくれ3

 めくれてはがれ落ちた感じです。 
めくれ2

 飛ばされないように、ロープでがんじがらめです。
めくれ1

 この通路の下も良く通行するので、けが人が出なくて良かったです。


 駐車場の車の窓も、塩の結晶で中が見えないほどでした。
塩

 お天気自体は、昨日とうって変わって晴天で風も弱く暖かかったです。(最高気温6℃)利尻山もバッチリ見えました。
晴天
[ 2018/03/29 17:49 ] 利尻島・礼文島情報 | トラックバック(-) | Comment(0)

利尻島も別れと出会いの季節です

 利尻島も、今日は最高気温が10℃とびっくりするほど暖かくなりました。(歴代の記録レベル?)また、いよいよ別れと出会いの季節がスタートしました。自分としては今日がお見送りの初日となりました。(明日はお迎えの初日)

 ただし、今日は春の嵐が吹き荒れていました。飛行機は2日連続運休、フェリーの1便が出たのがびっくりなほどの荒れ具合でした。(その後は運休)台風直撃レベルの風で、除雪で集められた雪山から雪つぶてが飛んできて、足に当たって痛いほどの風でした。最大瞬間風速が30メートルを超えた模様(本日利尻空港付近で31.4mの記録)

見送り1

見送り2

 写真をよく見ると、見送られた方が見えますね。実は左奥に見える沖の防波堤を越えたくらいまで見えていました。この嵐の中、屋外でずーっと手を振ってくれていました。


 釣り仲間関係では、いつもボートを出してくれたみっちゃん、釣れるジグを教えてくれたうっちー、オリジナルタグをマイ3Dプリンターで作ってくれた○中さんが島から旅発ちます。一度に3人もいなくなると寂しくなりますが、また島に遊びに来てくださいね。その頃には6馬力のゴムボートが出せる予定...(く~にゃんさんも亡くなられたので、そう考えると4人ですね。)

 タグには名前も入っているのですが、指で隠しました。
タグ


(おまけ) 
ここまで海が荒れると、車に海水が直撃し窓が塩だらけになって見えなくなります。
塩
[ 2018/03/28 20:25 ] 利尻島・礼文島情報 | トラックバック(-) | Comment(0)

利尻島移住のまとめ(改訂版) これであなたも利尻通

 利尻島へ引っ越してきて半年の時に一度記事を書きましたが、4年が過ぎようとしているので利尻島での生活について改めてもう一度書いておきます。利尻島への移住を考えている人の参考になると思います。

空撮

不便なこと

1 生鮮食料品が手に入りにくい
島には家畜が全くいないため、生肉は獲れないし扱っているお店が少ない。(生協の販売で対応。島内でも数回購入した。)
鮮魚は獲れるが扱っているお店は少ない。(自分で釣って対応。沓形の米田商店なら新鮮な魚がある。)
米田商店の記事:http://okapon2005.com/blog-entry-2051.html

米田商店

野菜はとれないし、扱っているお店が少ない。(生協が中心だが、セイコーマートやサッポロドラッグストアでちょくちょく購入。)
生協のとどっくが大活躍。ただ、冬になるとフェリーがガンガン欠航するので食材が凍ったり、腐ったりしそうだ。
(今までも、フェリーの欠航で数回延着した。)

下の写真はサッポロドラッグストア(道外でのマツモトキヨシ)で先日買った物。ドラッグストアというより、スーパー+ホームセンターの感じ。(ただし、生鮮食料品はない)
戦利品

逆にホームセンターにも食料品が置いてある。ホーマックには生鮮食料品も置いてある。島では、ホームセンターのホーマック(ニコット)とドラッグストアの販売品や店の雰囲気が似ている。  

2 ガソリンがバカ高い(が気にしない)
ガソリンはバカ高いが、全くどうしようもないし、走行距離は減ったし店も選びようがないので値段は全く気にしない。ガソリンは離島の特別減税があるので、なんと、軽油の方がガソリンよりも高いことがある。ディーゼル車に乗っている人は大ショック。ちなみにプロパンガスも高い。光熱費はかかる。

油

3 買い物全般何でも高い(が気にしない)
全体的に何でも島価格で高いが、他で買いようがないので値段は全く気にしない

4 通販も厳しいが、ヨドバシとamazonは、まあOK
ヨドバシとamazonは離島料金の追加がない。それ以外だと最高で1500円くらい追加料金がかかり、到着も遅れる
ヨドバシは次の次の日には来るので一番早い。(翌日届くこともあった)
ヤマトとゆうパックは追加料金がないので大丈夫。

5 交通には意外と注意
 ほとんどの道路で交通量は極めて少ないが交通事故には注意。
自分は一時停止では必ず止まるように習慣づいているが、車が少ないので左右を確認しても(車が来ていたとしても)車がいない気がしてそのまま出そうになる。
車がいない前提でいつも運転しているので(実際にいない)、たまに車や人がいると危ない。
(ただ、街中は道路が狭いし車も比較的多いので普通に危険)

6 島から出る時はドキドキだ
天気が荒れるとフェリーや飛行機が欠航するのでドキドキだ。
特に冬は酷い。冬場のフェリーはすぐ止まる。夏場は多少の波でも出港するが、船酔いで死ねる。
(夏場は観光客が多いので、無理しても出す。冬は出すと赤字なので経済欠航する。)
波高3メートルが出る出ないの境界線。(4メートル以上は、まず出ない)
天気図が読めると大体出るかどうか自分で予想できる。

フェリーの種類:http://okapon2005.com/blog-entry-2033.html



7 湿度が高すぎる
お隣の稚内よりかなり湿度が高い。
とにかくカビに注意。倉庫の釣り具もやられた。部屋の壁もヤバイ。
除湿器を使っている人が多い。大型の除湿器が大活躍中。

8 虫が多い
倉庫の中は便所コオロギだらけ。部屋の中は蟻だらけ。(両方薬で何とか撃退)蜘蛛も多い。
風がない日は蚊も多い。

9 バリウム検査が受けられない
島では検診車が来ないと、バリウム検査が受けられない。胃カメラもなくなった。

10 新聞の朝刊が午後に届くが、すぐ気にならなくなった。

11 散髪屋さんは結構あるが、沓形地区は、行ける時間にはほとんどやっていない。
鴛泊や本泊、鬼脇は比較的開店している。

12 家具を購入できない。売っていないし、島外から買おうにも送料がバカ高い。通販では断られる。

13 カラスが強力
カラスの数が多く、賢く、力もあるので干物がやたらとやられる。非常に厳しい。


普通に出来ること

1 ネットはOK、TVも大体OK
沓形地区もとうとうTVH(テレビ東京系)が見られるようになった。これで怖いものなし。 

2 メチャ小さい町の本屋さん(沓形の本庫屋書店)は品揃えが良くて十分使える。


良いこと

1 釣れる
当たり外れは結構あるものの、ソイ・ガヤは安定して釣れる。
JGFAのクロソイ日本記録を3つ得ることが出来た。
釣り場が近いので、移動時間も短くて済む。(最遠で片道30分)
ただし今年の鮭は不発で9匹のみだった。(身もオホーツクよりは質が落ちる)
ただし、平物(カレイ)は自分にはあまり釣れていない。アブラコももう一歩。課題だ。

以下の写真はクロソイ56センチ3.3キロです。
クロソイ3.3キロ

2 水が美味しい
水道水も悪くない。
霊峰湧水が美味い。週1~2回汲みに行っている。車で片道10分以下。
いつも美味しい水が飲めるのは幸せだ。他にも甘露泉水、長寿の泉水、姫沼湧水もある。
(実は、海の中でガンガン真水が湧いている。泳ぐと解る。)
湧水2

3 温泉が素晴らしい
泉質抜群で、50回券を買えば1回300円で入れる。車で片道5分以下。
もうすぐ50回券を使い終わる。
家では風呂を沸かさず毎日温泉を利用する単身者も結構いる。

浴槽

4 ゴミ捨てが楽
生ゴミは週3回持っていってくれるので助かる。

5 自然が素晴らしい
利尻山が見えると流石に素晴らしい。島内どこからでも見られるし、それぞれ表情も違う。
利尻山の登山は最高、もちろん海で泳ぐのも最高

山頂

山頂

島

同僚

ウニ壁

6 美味しいお店がいっぱい
とても人口5000人の島と思えないほど美味しいお店が沢山。
よく行くお店は....ミシュランの「ラーメン味楽」、イタリアンの「シーラカンス」、中華の「笑う門」、和食の「たにかわ庵」、パンの「おかパン」、お菓子の「寺嶋菓子店」さん、狂乱の「鍋ちゃん」です。(←記事へのリンク有り クリック)

7 南国の札幌や旭川のように暑くない
夏は熱帯気候となる札幌や旭川では暑さで死ねるが、宗谷地方は涼しい。
ここは北アルプスの2500m級の気候だそうだ。
かといって、根室地方のように真夏にストーブを焚くほど寒くもない。
昼間は泳げるほど暑い日もあるが、夜寝苦しいことは(窓を開ければ)今のところ皆無。 

 離島ならではの不便さがあることは否めないが、北海道の離島の中では最も人口が多く、色々揃っており比較的便利。離島初心者にも大丈夫な島。住んでいる人たちも閉鎖性が少なく、よそ者も多いし、気軽に住むことが出来る。(天売・焼尻はお店が少なすぎるので上級者向け)

今度の4月1日から赴任の方も多いことでしょう。利尻島でお待ちしております。

利尻島各種情報の目次はここ→http://okapon2005.web.fc2.com/cate/rishiri.html
利尻(礼文)のカテゴリーはここ→http://okapon2005.com/blog-category-25.html


↓オススメのガイドブックです。
04 地球の歩き方JAPAN 島旅 利尻・礼文 (地球の歩き方JAPAN島旅)

ダイヤモンド・ビッグ社
売り上げランキング: 232,988
[ 2018/03/12 20:43 ] 利尻島・礼文島情報 | トラックバック(-) | Comment(0)

真冬も利尻町の麗峰湧水は人気です

 利尻町の湧き水のひとつ麗峰湧水は冬でも湧き出しています。夏場は人気がありすぎて並ぶほどです。しかし冬場も汲みに来る人はいます。我が家も週に1回ペースで汲みに来ています。(ラーメン味楽さんもここの水をお冷やで出しています)

麗峰湧水1

 ただし、問題がありまして、雪で埋まってしまうんですよ。

こちらが雪の降り始め(少しだけ雪が盛り上がっています)
わき水

こちらが大分降った後(水飲み場が雪に埋まりかけです
麗峰湧水2

 しかし、どこの誰かは解りませんが、雪(ほとんど氷)を砕いて水飲み場を維持してくれています。ありがとうございます。定期的に掘らないとすぐ埋まってしまうんですよね。1シーズンに何度も掘ってくれています。

 おかげ様で、このような感じで水汲みが出来ています。この時も、60センチほど掘ってあります。

麗峰湧水3

麗峰湧水4

 夏も冬も美味しい水を供給してくれる大切な泉です。
[ 2018/03/11 00:14 ] 利尻島・礼文島情報 | トラックバック(-) | Comment(0)
ページ最上部へ