FC2ブログ

24時間礼文島の旅(その3 釣りの結果編)

 では続いては、釣りの結果です。土日は晴れの予報でしたが、昼も夜も爆風というわけで、今までに無いほどのタフコンディションでした。


1 目標は、穴釣りでハチガラ30UP ×爆風・高波で釣りが出来ず
 クリアできそうな手堅い目標でしたが、高波で釣り自体が不可能でした。


2 目標は、昼アブラコ50UP △アブラコ48センチ
 これもクリアできそうな手堅い目標でしたが、今一歩届きませんでした。ただ、小ガヤはジグで無尽蔵にヒットしました。
 ワールドシャウラ17114R-2は爆風下でも、風を切ってズバッとキャストできることが分かりました
礼文アブラコ

(クリックで拡大)
釣り場


3 目標は、カレイもいれば狙う ×爆風で釣りにならず


4 目標は久種湖で湖のアメマス40UP ×草が繁茂しすぎて釣り場がなく唯一のポイントも爆風向かい風で釣りにならず
 これもクリアできそうな目標でしたが、草が生えすぎて釣り自体が無理。草が生える前のゴールデンウィークくらいじゃないと岸からは釣りが出来る場所がありません。唯一は入れたポイントも、枯れ草が大量に打ち寄せられており釣りになりませんでした。大昔GWにやった時は、スプーンでアメマスの数釣りが出来たんですけどね。 


5 目標は海アメ50UP×爆風下で頑張った 一度アタリはあった
 クリアできそうな手堅い目標でしたが、風裏の港内でも爆風でキャストするのがやっとでアメマスと思われるアタリが1回のみ。河口部では追い風でキャストできたものの、目の前にアザラシの群れで釣れるわけ無し。 


6 目標は渓流でアメマス40UP △20センチくらいは釣れた

 1河川目ではあまりにも草ボウボウで、大物ポイントが全く分からなくなり入れず。20センチくらいまでのイワナは釣れました。

 この写真の足下に、幅1m位の川が流れています。北方ジャングルの中を細々と流れています。まともに竿を振れません。
渓流

 小さい魚は、オレンジ色が強めのイワナです。この足下に川が流れています。
イワナ

 20センチくらいになると、銀色のアメマス風になります。
アメマス

 2河川目も、奥の大物ポイントに時間の関係上到達できず適当なお手軽ポイントで釣りをしました。20センチくらいまでのイワナは釣れました。こちらの川は割と普通の感じの渓流です。ただ、全体的には非常に浅い川です。

 林道の上から、岩の裏をピンポイントで狙いました。
ママ 渓流

 狙い通り20センチくらいのアメマスが釣れました。
獲物
 
 礼文島の渓流のイワナ・アメマスは無尽蔵に釣れる感じでしたが、少し減った気がします。昔は足下にうじゃうじゃ見えていたのですが、今回はあまり見かけません。川虫がほとんどいないのも原因の一つでしょうか?餌はハードイクラのみだったので食い込みが悪いというのもありました。礼文ではイタドリ虫が餌としては最高です。マシンガンのようにヒットします。




7 目標は夜釣りでソイの40UP ○自分も嫁もクリア
 爆風を避けられる小型漁港でチャレンジ。それでも風ビュービュー。満月近くでかなり食いも悪く意外と苦戦しましたが、嫁も自分も40センチのクロソイを筆頭に35センチUPを4匹ずつキャッチ。それ以下も多数。

ソイ ママ

 ただし、カモメが異常に多くて、もう糞だらけ。それも、湿っている出来たての糞だらけで白くてグジュグジュ、臭いも酷くてなかなかの地獄でした。

 嫁は渓流釣りがメチャ楽しかったようです。ただ、あまりにも草ぼーぼーで釣りを出来る場所がほとんどありませんでした。やはり春先が釣りやすそうです。久種湖は岸からだと、やはり春先のみの釣り場ですね。海アメは....ちゃんと釣りが出来れば釣れると思います。以前礼文島の河口部で入れ食いになったことがあります。

 個人的には利尻より礼文の方が手堅く釣れる印象です。何といっても、渓流なら安定して釣れるので今回のような悪天候でも楽しめます。

24時間礼文島の旅(その2 お花関係)

 さてそれでは、今回の礼文島レポートです。まずはお花関係です。

(目標)お花は桃岩コースと礼文滝コース、出来ればゴロタ岬コースも。
(結果)△霧でイマイチ。ゴロタ岬は爆風で危険で無理

まずは桃岩コース
あまり花がない東海岸側はピーカン。
桃岩1

メインの西海岸側は霧がかかって曇り空。上と下の写真は、ほぼ同じ時間同じ場所からの撮影です。
桃岩2

今回は紫系の花が多かったです。(あまりにも風が強くて写真は綺麗に撮れず...)
桃岩 花3

桃岩 花2

コロナ禍で、観光客が極少のため、花が遊歩道の内側までせり出していました。
桃岩 花



ゴロタ岬コース
ゴロタ岬コースは爆風で危険すぎて歩けず....江戸屋山道を通ったのみ

江戸屋

江戸屋

黄色いエゾカンゾウが咲き残っていました。
江戸屋 蝦夷カンゾウ

(パノラマ)クリックで拡大
江戸屋2


礼文滝コース
天気も悪く、爆風で往復する時間も無かったので、エーデルワイス(レブンウスユキソウ)群生地までで引き返しました。それでも山道を往復45分ほど歩きました。礼文にしては気温が20℃以上の激暑でした。

この下の谷の終点が礼文滝です。今回はここまでしか行っていません。
手前の白いのが礼文ウスユキソウです。
礼文滝2

この白いのが全部エーデルワイスです。
礼文滝1

拡大写真。
エーデルワイス

途中のハマナスも綺麗でした
ハマナス


 7月上旬に礼文を訪れたのは初めてでした。6月とは咲いている花が大分変わっていました。花の数は全体的に少なくなっていました。色は黄色から紫系へ変わった感じです。ただ、レブンウスユキソウは満開の感じでした。また、ゴロタ岬はエゾカンゾウ等の黄色い花が多く残っていました。


以下、今回の旅のスケジュールです。
かなりのハードスケジュールとなりました。

13:00 フェリー礼文島到着
13:30 桃岩コースを途中まで
14:30 港でアブラコ釣り
16:00 武ちゃんで寿司
17:30 スコトン岬でお買い物 
18:30 久種湖バンガローチェックイン
19:00 海アメ狙い アザラシ観察
20:00 ソイの夜釣り
22:00 就寝

05:30 久種湖でアメマス狙い
06:00 朝食・片付け
07:00 バンガローチェックアウト
10:00 渓流釣り(2河川)
11:00 礼文滝途中まで
12:00 武ちゃんで寿司
13:25 フェリー出航
最新の記事

24時間礼文島の旅(その3 釣りの結果編) Jul 07, 2020
24時間礼文島の旅(その2 お花関係) Jul 06, 2020
24時間礼文島の旅(その1 予定・目標編) Jul 05, 2020

FC2カウンター

プロフィール

1967年生まれの80年代を愛するヲタクです。 利尻島の釣り情報をメインに発信していきます。

ブログランキング関係

一応参加しています。

にほんブログ村 釣りブログ ロックフィッシングへ 釣りの世界

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

プライバシーポリシー

当ブログでは、第三者配信による広告サービスを利用し、 ユーザー様が閲覧する他のサイト、興味のある広告を配信しています。

そのため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。

当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 を使用されないようにする方法については、 こちらを参考し設定変更をお願いします。
詳しくは、Adsense広告の、公式プライバシーポリシーをご覧ください。