fc2ブログ

注意喚起 凹面鏡で火事になるよ

 何と、凹面鏡で火事になるところでした。凹面鏡とは、身近では顔が拡大されるタイプの鏡です。比較的身近にあるものです。

現物はこれです(自分は全く使用しない鏡 たまたま今日はテーブルの端に太陽に向かって置いた)
鏡

先ほど、ふとカーテンを見たところ穴が開いていました。融けたような穴です。
カーテン穴

カーテンの裏にある、寒波よけマットも表面が融けていました。何本も筋があるのはテーブルを動かしたからです。
マット
 
 どちらも難燃素材のため融けただけで済みました

状況はこんな感じです。この写真では穴の右上に光が集まっています。
凹面鏡で反射された太陽光線が焦点に集まり高温になりカーテン等が溶かされました。
状況


 皆さんよくご存じの凸レンズ(虫眼鏡は)平行透過光をレンズ奥側の焦点に集めます。これに対し凹面鏡は平行反射光を手前の焦点に集めます。(太陽光のような平行光じゃないと焦点には集まりません)

 これを利用しているのが、オリンピックの採火や、パラボラアンテナです。(パラボナアンテナは微弱な電波を1点に集めて強い信号に替える装置です)

凸レンズ
凹レンズ

 今回は、この鏡の焦点距離とカーテンまでの距離がたまたま一致したので太陽光線のエネルギーが集中して融けたと思われます。

 凸レンズの原理で、金魚鉢や吸盤で火事になることは知っていましたが、まさか小さな鏡で、自分がこうなるとは思いもしませんでした。

 上の写真では、焦点が絞り切れていませんが、きっちり絞ると瞬間的に融けるほど強力です。(写真を撮ろうとしましたが炎があがるといけないのでやめました)

みなさんも気をつけましょう。


でんじろう先生が本格的に実験してくれています

2021年の総括 (その1 釣り以外)

 さて恒例の年末の総括です。最初は釣り以外です。コロナ禍がやや落ち着いたので今年はネタ多めです。


1 新車のハスラーがキタ-
 前任のパジェロミニが錆びまくっていよいよ寿命が来たので、超~久しぶりに新車に乗り換えました。釣り車として非常に優秀です。
https://okapon2005.com/blog-entry-2482.html

ハスラー2

白い道

新体制2



2 ミラーレス一眼のSONYα6400購入
 今までずっとキャノンでしたので、最初は戸惑いましたが慣れてきたらなかなか良いです。タムロン 17-70mm F/2.8 Di III-A VC RXDのレンズは素晴らしい。ただ、フルサイズ機も欲しくなってきました。ただフルサイズならキャノンのRシリーズの方が良いかも?
https://okapon2005.com/blog-entry-2446.html 

タムロン 17-70mm F/2.8 Di III-A VC RXD



3 長女夫婦が来島
 長女夫婦が来島し、釣りまくりました。
https://okapon2005.com/blog-entry-2491.html
https://okapon2005.com/blog-entry-2492.html
礼文岳1



4 長女夫婦のいる岩手へ
 生まれて初めて岩手県に行ってきました。なかなか見所が多かったです。
https://okapon2005.com/blog-entry-2456.html

夜景2

瓶丼1



5 史上最高の爆熱
 熱中症になるかと思うほど毎日が爆熱。
https://okapon2005.com/blog-entry-2488.html

気温変化



6 ノートパソコンを購入 DELL Vostro Notebook 3500
 購入直後に故障が見つかり手元に来るまでとんでもなく時間がかかりました。 
https://okapon2005.com/blog-entry-2464.html

ノートPC



7 その他
次女成人:https://okapon2005.com/blog-entry-2506.html
福島県帰省:https://okapon2005.com/blog-entry-2430.html
長崎行き:https://okapon2005.com/blog-entry-2443.html
京都行き:https://okapon2005.com/blog-entry-2513.html
鹿

夜景1

南禅寺2

 釣りに関しては(その2)へ。

2020年の総括 (その1 釣り以外)

 さて恒例の年末の総括です。最初は釣り以外です。コロナ禍のためネタは少なめです。

1 車が2台とも替わった
 18年物のツーリングハイエースが、新車のダイハツハイゼットカーゴクルーズターボSAⅢに、
 錆びて朽ち果てて車検に通らなかったパジェロミニが、錆びた0円のパジェロミニに替わった。
 https://okapon2005.com/blog-entry-2401.html

ハイゼットカーゴ1

 パジェロミニ1


2 あいぽん買った
 3年使用したXeria compactをiPhine12 mini に変更。一眼が不要かと思われるほどの高画質カメラに驚愕。AIの出来が良くて全く設定しなくても思い通りの写真に仕上がる。
https://okapon2005.com/blog-entry-2418.html 

iphone12mini


3 コロナにうんざり
 冬は宮崎の実家に帰省、夏は福島嫁の実家に帰省と、意外と遠征はしたものの、コロナ禍であったため、帰省以外、私事で本土に渡ったのは1年間で1回のみ。島ということも有り、かなりハードな自粛生活。(外食4ヶ月自粛、買い物2ヶ月半自粛等
https://okapon2005.com/blog-entry-2347.html

4 その他
①人生初のZOOM演劇「はじめのソラ」に出演。
 https://okapon2005.com/blog-entry-2400.html
演劇

②ふるさと自慢カレンダー2021に5年ぶりに写真が採用された。
https://okapon2005.com/blog-entry-2424.html
カレンダー

③出身高校のZOOM同窓会で講演をした。

④カズンのZOOMコンサートにコーラスで参加した。 

 

 という感じで、コロナ禍のため全体的にはネタが少ない1年になりました。釣りは(その2)に続きます。

マイナンバーカード来る しかし、何と....

 マイナンバーカードが来ました。10万円給付で混みそうだったので、早めの申請・早めのカードリーダー入手で対応しました。ただし、10万円の給付手続きはGW直後には郵送で済んでいますけどね。(利尻島は給付金の対応がとっても早かったため  給付金は、なんと、5月22日に振り込まれる予定です 速~い)

カードリーダー

 しかし、嫁のマイナンバーカードのICチップ部分が壊れていたらしく、お国へ返送されたようです。今はマイナンバーが大流行しているので、また数週間はかかりそうとのこと....

 う~ん、いろいろな場面で日本のIT後進国ぶりが目立ちますね
 それに比べると、利尻町役場は仕事が速くてびっくり。

自宅(自力)でイボ取り(老人性イボ) 

 自宅で自力でイボ取りをしました。(老人性イボだと思います) 

 歳をとって、こすれる部分(お股や脇の下)の数カ所にイボが出来ました。コロナのため病院はずっと休みですし、外出自粛中なので自分でイボ取りをしてみました。せっかくなので記録として残しておきます。 

お医者さんでは以下のような施術を行うそうです。
1 メスで切除し縫合(さすがに怖い)
2 液体窒素で壊死(なかなか手に入らない)
3 レーザー(手に入らない)


 上記を素人が自宅でやるとなると、なかなか厳しいものがあります。しかし、このたび自分の体で幾度となく人体実験を繰り返し、自宅で出来るイボ取り方法を確立?したので残しておきます。(民間療法のため責任は負えません 真似される方は自己責任で

 最初はこの状態です。(もっと大きくなったイボもありました)
イボ取り1

1 イボの根元を糸で結んで新陳代謝を低下させる
 少し痛い 数日おくとイボが弱る。(今回は1日おいた)縛る糸は木綿糸が良い。釣り糸は強すぎていざというとき外せない。
イボ取り2

2 同時にイボコロリ塗布
 接着剤みたいな感じの薬。先端部からカピカピになって弱って死んでゆく。
イボコロリ

イボ取り3

3 弱ったタイミングでドライアイスで凍らせる
 低温やけどに注意。手袋を使用し、イボの周りはガムテープで保護。 ドライアイスはとどっくのものを使用。
イボ取り4

イボ取り5

 凍らせたら消毒した指やペンチ等でつぶして平らにして中央まで凍らせる。(全く痛くない)出来れば張り付いたイボコロリを剥がしてから凍結させた方が芯まで凍りやすそう。細胞破壊が不十分だと神経が残って痛くなる。完全に破壊できれば痛くもなくすぐに壊死する。
イボ取り6

4 勇気があれば、凍って痛みを感じないうちにイボを切断
  イボが十分に弱っていれば、出血も微量、切断後も痛くない。写真は凍結数時間後。
イボ取り7

 アルコール消毒した新しい刃のデザインナイフで切断。はさみは肉を挟んで超痛かった。清潔で切れるナイフがオススメ。
イボ取り9

5 凍結して十分に細胞を破壊すれば数日で壊死して真っ黒になる
 そうなれば手でもげる。凍結が弱いと芯に神経が残ったりするので少し痛い。完全に壊死するまで待つか、ドライアイスで再凍結。

6 残ったイボの凸部はイボコロリでゼロに(現在進行中)
イボ取り8


今回の戦利品
 真ん中の中くらいのやつが、上と同じイボ。左のイボは元はかなり大きかった。
イボ9


 自分の場合、遺伝体質的にイボが出来やすいので、これからもこれでイボ退治をしていくつもりです。ただ、小さいうちにイボコロリやスピールあたりでつぶしておくのが良いと思います。ただし、1人でやるのは危険です。今回は激しく嫌がる嫁に色々協力してもらいました。特に切断が嫌だったようです。
最新の記事

ギョウジャニンニクの季節 龍の巣(つるし雲)も出た May 19, 2022
ハチガラも釣れ始めました 最長記録ならず May 15, 2022
何と またしても群来ったー サクラも咲いたよ May 11, 2022

FC2カウンター

プロフィール

1967年生まれの80年代を愛するヲタクです。 利尻島の釣り情報をメインに発信していきます。

ブログランキング関係

一応参加しています。

にほんブログ村 釣りブログ ロックフィッシングへ 釣りの世界

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

プライバシーポリシー

当ブログでは、第三者配信による広告サービスを利用し、 ユーザー様が閲覧する他のサイト、興味のある広告を配信しています。

そのため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。

当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 を使用されないようにする方法については、 こちらを参考し設定変更をお願いします。
詳しくは、Adsense広告の、公式プライバシーポリシーをご覧ください。