FC2ブログ

我が家の新釣り車 それはダイハツハイゼットカーゴ クルーズターボSAⅢ

 我が家に来た新しい車は、ダイハツのハイゼットカーゴです。グレードはクルーズターボSAⅢです。所謂ハイエンド機種です。

該当HP:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/cargo/

ハイゼットカーゴ1

ハイゼットカーゴ2

 エブリィと迷いましたが、嫁の関係?でハイゼットカーゴになりました。

【 良い点 】
1 小さい割に荷物が載る ゴムボート一式も載せられる
  ツーリングハイエースは、大きいものの、椅子の体積が大きくて意外と荷物が載らなかった。
2 維持費が安い 
  税金や、燃料代を考えると年間15万円ほど安くなりそう。
3 意外と最新機能がついている
  スマートアシストがついている (ドラレコもナビもETCもエンジンスターターもつけた)  
4 ロッドホルダーがちゃんとつけられる
5 ターボなので意外としゃきしゃき走る 
6 運転席周りの収納が豊富


【 悪い点 】
1 狭い...運転席がとても狭い...
2 燃費がイマイチ リッター12キロくらいまで
3 タイヤが小さくて最低地上高が低い おなかを擦りそう
4 微妙にフルフラットにならない(安いグレードはフルフラットになる)
5 背が高いので不安定 横風に極めて弱い
6 バン用のタイヤしか履けない 新型のスタッドレスが履けない 
7 意外と古いままの部分も多い エンジン始動はキーシリンダーをまわすタイプ


後部座席そのままでも結構載せられます。
ハイゼットカーゴ3

ロッドホルダーはないと困るのですぐに付けた。
ハイゼットカーゴ4

 以下のカーメイト ロッドホルダー inno 釣り竿 車載 ホルダーIF14ですが、HPにはハイゼットカーゴは取り付け不可とありました。しかし実際には、無加工で普通に取り付けできました。ただ、取り付けねじ(M6×20/4本 皿部分大きめ)は別途購入が購入が必要です。(大きいホームセンターならあるはず) 純正ねじの型番はカーメイト ZSP42。これなら間違いなし。
B07NV8RNRS
 新車で購入しましたし、20年くらい乗りたい気がします。問題は島に住んでいる間の錆かな?とにかく圧倒的に錆びちらかしますからね。あっという間にボディが朽ちます。

さらばツーリングハイエース

 我が家のメイン車であったツーリングハイエースとお別れすることになりました。平成14年に新車で購入して、18年間頑張ってくれました。走行距離は意外と少なく17.6万キロですが、島にいるとあまり長距離移動はないですからね。

【 新車時 】
ツーリングハイエース

【 最後の日 】
ツーリングハイエース最後

 利尻島の潮風に当たってボディはかなり腐食していますが、流石トヨタ、エンジンはまだまだ大丈夫な感じです。ほとんど故障もなかったのですが、今エアコンが壊れていてこの夏は結構厳しかったです。(パジェロミニもエアコンが故障中)
サビ

 この車との思い出と言えば、車中泊ですね。何十泊したか解りませんがかなりの数しました。1週間近く連泊したことも何度もありますね。ただ、島に来てからは車中泊はしていません。(この6年半で、島からこの車を出したのは1回だけかも?)

車中泊

 千歳に住んでいた時にミラーバーンでスリップして壊したことや、吹雪で動けなくなって車を乗り捨てて2時間ほどラッセルしての徒歩帰りして、次の日に車を掘り出しに行ったことが特に思い出深いです。

スリップの記事:https://okapon2005.com/blog-entry-420.html
車が埋まった記事:https://okapon2005.com/blog-entry-734.html

スリップ

ホワイトアウトで右車線側で埋まっていました。
雪埋まり
 しかし、島では短距離しか乗らないため燃費はリッター4~6キロ、税金も高く、やたらと維持費がかかりました。エアコンも壊れていますし、ボディもボロボロということで仕方なく手放すことにしました。

 一応、ゴムボート一式を乗せられる車です。(パジェロミニにはほとんど荷物を載せられないので)また後日紹介します。

釣り人の車(軽)はジムニーで決まりだ パジェ郎くんの後釜がキター

 以前から何度も主張しているとおり、釣り車(軽)はジムニーで決まりであってそれ以外は認められない。しかし、安さには逆らえず、前々回前回に引き続き、ご縁もあってまたしてもパジェロミニを購入した

前回のパジェロミニ購入記:https://okapon2005.com/blog-entry-1664.html
前々回のパジェロミニ購入記:https://okapon2005.com/blog-entry-1625.html

 それがこれだ。

パジェロミニ1

パジェロミニ2

はい、またまたパジェロミニで、3台目です。性別は男で、名前はパジェ爺です。

 ジムニーにしなかった理由ですが、もちろん価格です。このパジェ爺は、廃車寸前の車で車両価格は0円でした。(車検代・整備費は必要でした)パジェ郎君のパーツをそのまま流用できるのもまたパジェロミニにした理由です。スタッドレスタイヤは交換したばっかりでしたし。

 パジェ爺のスペックは、平成11年車(21歳)、走行14万キロ、4WD、4速ATです。高年式車で過走行車なのでも、購入時点でおじいさんです。ですからパジェ爺です。ノンターボで走行が多いのでかなり、鈍足ではありますが、やはり車があるというのは素晴らしいことです。これでまた釣りに行けます。(ちなみに、パジェ郎とパジェ子が我が家に来たときは17歳でした)


※錆びも意外と少なく、車検期間の2年間は乗れそうです。我が家と違い、直接波しぶきをうけなかったからでしょうか?ボディが歪んでいないのでドアの開閉も普通に出来ますし、雨漏りもしなさそうです。ノンターボの出足の遅さ以外はパジェ郎君より優秀な気がします。
パジェロミニ4

パジェロミニ3


(追記)我が家の車は大体中古のポンコツを乗り継いでいる感じです。
やはり耐久性は圧倒的にトヨタですね。全く比較にならないレベルです。  

1 S62年式 トヨタ91トレノ 18年(廃車までほぼノートラブル)
2 S60年式 いすゞ ピアッツァ 10年(あまりに故障が多くて廃車)
3 H4年式  いすゞ ビッグホーン 10年(あまりに故障が多くて廃車)
4 H3年式  ホンダビート 25年(満身創痍の状態で、最後は軽い事故で廃車)
5 H14年式 トヨタ ツーリングハイエース 18年(ずーっと元気
6 H7年式  三菱パジェロミニ 17年(追突されて廃車)
7 H10年式 三菱パジェロミニ 22年(錆びすぎて車検通らず) 
8 H11年式 三菱パジェロミニ 21年(現在も元気)  

釣り車 パジェロミニとの突然の別れ....

 我が家で7年間頑張ってくれたパジェロミニと突然の別れがやってきました。(H10車なので生まれてから22年頑張ってきた車です)

 なんと、ボディがサビすぎて車検が通らず突然の廃車となりました。

 7年間潮風にさらされてサビサビになりました。荒天時には波しぶきが駐車場にまで到達していました。

パジェロミニ

 近くで見ると、かなり錆ています。というか朽ちています。ブレーキも朽ちてる???
さび1

 ドアの下のモール部分も朽ちています。
錆2

 まあ、やはり決定打となったのはボディを前後で支える柱に大穴があいたことです。

 このまま走り続けると、車が真ん中から真っ二つに折れるとのことでした。

錆3

 最近は明らかに車体剛性が落ちていました。我が家の駐車場は傾斜しているのですが、同じ方向で止めているとドアやハッチの開き具合が悪くなるので、定期的に車の向きを変えて駐車していました。雨漏りもしていましたし、給油口もドライバーでこじ開けないと開かなくなっていました(バネではなく、ボディのゆがみのため開かなくなっていました)


 というわけで、車を購入しなくてはならない状態になりました。

 今、このことははっきりと言えます。「ジムニーを買うべきである。それに、最新型のジムニーは最高だ。迷う余地は全くない。」(自分は島から出れば渓流釣りもするため、狭い道や悪路も走りますし、砂浜も行きます。)

新スタッドレスタイヤ やっぱりブリジストン

 利尻も完全に冬模様です。

冬景色1

冬景色2

 冬の必需品といえばスタッドレスタイヤです。今回交換してしばらく経ったのでインプレを記録しておきます。

 元々島なので長距離運転をすることが無いですし、我が家は冬場は極力運転をしません。そのためスタッドレスが摩耗して交換というのでは無く、経年劣化で硬くなったら交換ということになります。

 ちょっとわかりにくいですが、流石に角は削れていますがタイヤの溝はたっぷり残っています。

スタッドレスタイヤ

 そのため、今回は5シーズン使いました。

 以下、5シーズン使用して、新タイヤに乗り換た結果です。

1 ツーリングハイエース
 ブリジストンからブリジストンに乗り換え。確かに効きははっきりと良くなったが、圧倒的とまではいかない。古いタイヤの方を触ってもあまり硬くなっていない。以前トーヨータイヤから乗り換えたときはかなりの差を感じたんですけどね。

2 パジュエロミニ 
 ダンロップからブリジストンに乗り換え。乗り換える前から分かっていたのですが、昨年段階で完全に硬化しており使えるレベルにはありませんでした。指で触ってもガチガチ。
 昨シーズンはそれでもギリギリ乗れましたが、今シーズン降雪時に1回だけ乗ってみたのですが完全に夏タイヤレベル。危険すぎです。溝はしっかり残っていたんですけどね。もちろん、新品のブリジストンとは比較になりません。


 あくまでも我が家で使用してみた結論です。
スタッドレスの経年劣化に対する強さは、圧倒的にブリジストン
(ダンロップは5シーズン目で使用不能レベル ブリジストンは6シーズン目でも使用可能レベル 圧倒的な差)
もうスタッドレスは、ブリジストン以外絶対に買わない
ただ余裕があれば、スタッドレスは3シーズン使用したら替えたいですね。(遅くても4シーズン)
最新の記事

用事で岩手県に行っておりました(その1)震災遺構 May 05, 2021
私の書いた礼文島釣行記が雑誌に載っています 磯釣り伝説vol.14 Apr 28, 2021
SLX BFS XG  (シマノ) ベイトフィネス導入+ beams Xpan4.3LTS Apr 26, 2021

FC2カウンター

プロフィール

1967年生まれの80年代を愛するヲタクです。 利尻島の釣り情報をメインに発信していきます。

ブログランキング関係

一応参加しています。

にほんブログ村 釣りブログ ロックフィッシングへ 釣りの世界

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

プライバシーポリシー

当ブログでは、第三者配信による広告サービスを利用し、 ユーザー様が閲覧する他のサイト、興味のある広告を配信しています。

そのため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。

当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 を使用されないようにする方法については、 こちらを参考し設定変更をお願いします。
詳しくは、Adsense広告の、公式プライバシーポリシーをご覧ください。