fc2ブログ

やっと鮭1匹目

 先日、やっと鮭の1匹目がつれました。今シーズンは今のところ、1勝3敗です。最初の2回は鮭がいなくて釣りにならず、3回目でやっと釣れました。

 4回目は古い鮭の大きな群れが目の前にいたものの、スレすぎていて小さなどんぐり浮き仕掛けすら避ける状態でした。雨も強くサイトフィッシングも出来なかったのが痛かったです。

痩せた悲しい姿の小さい雄です。
痩せた鮭

身は赤かったです。
切り身

いつものちゃんちゃん焼きにしました 
ちゃんちゃん焼き

 一昔前と比べると、鮭は全然いなくなりました。なかなか釣るのは難しくなりました。これからどんどん日が短くなるので、平日釣行は無理なんですよね。また、島は朝夕はガヤの猛攻でメチャクチャ釣りづらいんですよね。何とかメスを釣りたいです。

マイボートまさかのド貧果連発

8月は海が荒れ散らかしたため、ボートは一度も出せませんでした。しかし、たまたま休みの日に、まあまあの凪になったので出撃です。

1 先々週分 ソイの穴撃ち
 穴撃ちをしまくりますが、全くの無反応のまま時間が過ぎてゆきました。しかし、諦めかけた頃に嫁にヒット、30センチの大型ハチガラです。

ハチガラ30

 その後も嫁には、45センチのクロソイがヒット。その後も小ハチガラを2匹追加しました。

クロソイ45

 しかし、私は全然駄目で、何とか小型のハチガラを2匹釣っただけでした。1匹大型のハチガラらしき魚がヒットしましたが船縁でフックオフしてバラしてしまいました。穴という穴をどんどん撃ちましたが,やはり駄目なときは駄目ですね。これだけ暑いと魚もお休みの感じです。

 港には日本丸が入港していました。
日本丸



2 先週分 ブリ・シイラ・本マグロ・ホッケ・ソイ釣れれば何でも
 いつもと違う初めての場所での出船です。ポイントはなんとなく分かるような分からないような....海の上でピンポイントを把握することは極めて難しいです GPSによる正確な地点登録がないと厳しいです。今回はある程度の情報と勘です。

 素晴らしい天気で凪なのですが、ナブラも鳥山も完全にゼロ。それらしきポイントを流しますが、たまに小魚らしき魚影が映る程度でした。

 そんな中、私に小ガヤ2匹、30センチのフクラギ(ブリの赤ちゃん)が釣れましたが、それで終了です。タックルはメーターオーバー30キロの魚が来ても大丈夫なやつだったんですけどね。実際に釣れたのは50グラム~300グラム...食料として期待したホッケもゼロでした。フクラギなんて昔はいなかった気がするんですけどね。

ポンモシリ前

ガヤ

フクラギ

ポンモシリ

 9月からは海が荒れ散らすので、これが最後の出航になると思います。最後の最後にド貧果を2発を食らいました。


 おまけは十五夜のお月様です
月

シマノ 21アルテグラ 2500購入

 現在でも例年よりは2℃ほど暑いのですが、クーラー様のおかげで、灼熱地獄だった昨年と比べウソのように快適に過ごせています。 そろそろ夏も終わりそうです。

 しかし、今年の8月は荒れた日が多く、今のところボートは1度も出せずじまいです。ウニ漁はポツポツ行われていますが、天然昆布漁はほとんど行われていません。今までに無いことです。

 というわけで、サブやレンタル用に、シマノ 21アルテグラ2500を購入しました。初心者用という目線でインプレしてみます。

21アルテグラ 2500

 まずは、2500番のノーマルギアを選んだ理由です。

 初心者が使用するにはPEは厳しいので、太めのナイロンが巻けるノーマルスプールにしました。初心者はどうしてもラインを緩く巻いてしまうため、ライントラブルが多くなるのですが、PEだとそれをほどくのが難しいです。また島では根掛かりが酷く、リーダーから切れてしまうこともあります。そうなるとより面倒くさいです。また、ラインを無造作に地面に垂らしてしまうことも多くPEだと傷が付いてしまい切れてしまいます。また、魚が大きいことと、根掛かりしたときの回収率の高さから太めの10ポンドラインを選んでいます。(太めのフロロはスピニングでは使用しづらいです。)

 サイズはC3000と迷ったのですが、初心者には港内でしか釣りをしてもらわないので2500にしました。C3000を選べばHGとXGもあったのですが、あえてノーマルギアにしました。自分はほとんどXGですが、初心者の場合、取り込み時にリールを巻きすぎるんですよね。XGだと、あっという間に巻きすぎてしまうので少しでも遅いノーマルギアを選びました。巻きすぎるとピンピンした竿だと一発で折れますからね。(ちなみにナイロンの方が伸びる分、巻きすぎても折れにくいです)

 次は質についてです。自分も以前古い型のアルテグラを長年使用したことがあり、その頃も特に問題ありませんでした。その新型ですから、普通に使用する分には十分すぎます。初心者にはもったいないレベルです。回転も良いですし、ドラグも効きます。普通に使用して何ら問題ないです。巻いた感じだけなら一昔前のツインパワーのようです。(残念ながらツインパ程の堅牢さは感じませんが)

 最初に購入するリールなら、この下のナスキー、その下のサハラあたりでも十分すぎる気がします。アルテグラなら大事に使えば中級者になっても不満無く使えそうなレベルです。

 アルテグラのライバルはダイワのフリームスですが、そちらも良い出来です。(サブで18フリームス使用中)どちらでも好みで選べばいい気がします。(フリームスの上のバリスティックは剛性の低さが気に入らず、すぐ売りました)

 初心者には安い中華製の無メーカー品も気になるかと思いますが、もうね、少し持って触って回しただけでダメダメだって分かるものがほとんどなので、少し高くてもシマノがダイワの最低価格帯のリールを推します。持った感じが昭和のリールで21世紀の製品とは思えないものが多いです。

B08VF12SVK


B09R9D5S1S

都会からお客様、そして釣りで島一周

 先日に引き続き、大都会からお友達が来たので日帰り釣りガイドをしました。もうすぐ夫婦になる若者カップルです。

 しかし、利尻島といえど真夏は岸からはとにかく釣れません。特に昼はヤバいです。(もう少し遅いと鮭が来たりするんですけどね)

 島に到着し港をのぞき込むと足下に小ガヤが群れていたので、まずはそれを釣ってもらいました。もうすぐ夫婦の2人とも釣り慣れているのでポンポン釣れていました。
ガヤ

 あまりにも魚が小さいので、夏場は1番可能性の高い穴釣りで勝負です。結構釣れましたが、相変わらず小ガヤが中心でした。唯一もうすぐ旦那様が釣ったハチガラが良い獲物でした。
穴釣り

 その後、ライトな磯に移動してアブラコを狙うものの高水温のためか、反応無し。(まあ近くで海水浴もしていましたしね)その後2番目の港で穴釣りです。ここは大物が狙えるポイントですが非常に渋く、めぼしい獲物はもうすぐ嫁様が釣った写真のハチガラのみ。
ハチガラ

 昼食は味楽でとる予定でしたが、恐ろしいほど混んでおり(13:30時点で20組待ち)いつ食べられるか予想もつかなかったので、仙法志のマルヰ食堂でおそばをいただきました。島らしくタコのからあげ系を注文しました。
マルヰ食堂

 この時点で、ガヤ、シマゾイ、ハチガラが釣れたものの、メジャーなクロソイが1匹も釣れていません。クロソイとアブラコを釣るべく、また3番目の港に移動して挑戦でしました。

 そこでは何と、もうすぐ嫁様の1投目に大型のアブラコがヒットしたものの足下のテトラでラインブレイクしてしまいました。元々取り込みが難しい場所でしたし、ラインも細めだったので仕方は無いのですが非常に残念でした。その後も少し粘ったのですが無反応でした。元々大アブラコ1発のポイントなので難しかったですね。

 いよいよ最後のポイントです。もうね、釣るにはガチの磯ロックしか残されていないです。幸運にも午後になって波も収まってきており、若人なので磯まで歩けるということで挑戦です。

 最果て感のある場所を歩いて行きます。ここ数日は年間で1番暑い時期なので自分はへばりそうでした。
藪漕ぎ

 磯ロックは自分もやる気満々でしたが、ジグを全て家に置いてある方の車に忘れてくるという大ミスをしてしまいボウズでした。

 このポイントは数は出ないのですが、かかれば大物というポイントです。真夏なのでなかなか渋かったのですが、もうすぐ旦那様がとうとう40センチくらいのクロソイを釣りあげました。
ソイ

 釣りばかりで時間が無かったため、観光は神居海岸パークのウニ剥き体験と、車窓からの南浜湿原の一瞬見学、オタトマリ沼でのトイレ休憩のみとなりました。姫沼は次回行ってくれ。時間があれば登山も良いね。

 今回は真夏の昼の陸釣りという激シブの状況でしたが、何とか釣れて良かったです。本当は春、秋の釣りやすい季節に来て欲しいのですが仕事があるからね~都会からは遠いしね~。次回はせめてボートが出せれば良いんだけどべた凪なんてほとんど無いからな~まあ、また機会があれば是非挑戦して欲しいと思います。次に会うときは結婚しているかもね。

釣り体験で良型クロソイヒット この時期ではレア

 昨年ほどでは無いですが、現在は島でも最も暑い時期です。(最高25℃、最低20℃くらい)わが家のクーラー様も、寝るとき以外はフル稼働しています。そういう状態のため水温が高すぎ、流石に港からはほとんど釣れません。(ドン深の磯なら釣れるかも?)なかなか厳しい状況です。

 今回、嫁の兄貴家族(ブルジョア)が大都会から宗谷地方に遊びに来たのでお坊ちゃま様(小3男)に釣り体験をしてもらいました。もちろん釣り経験はゼロです。

 まずは礼文島に渡って時間的には昼食スタートだったのですが、何と武ちゃん寿司、海鮮処かふかという大型店舗2店が同時に休みだったため、小さなお店の炉ばたちどりさんに観光客が集中し大混雑の1時間待ちでした。その待ち時間を利用して、目の前の港でキャスト練習をし一応投げられるようになりました。

 残念ながらカラフトマスの回遊は無し。川にも1匹しかいなかった。(前日の大雨で上流に遡上したのか???)
練習

 ちどりでは、いつものほっけのちゃんちゃん焼き+とんかつ定食+ブルジョア用に焼きウニ
ちゃんちゃん焼き
 
 その後、礼文島の有名なポイントを巡り、澄海岬下の漁港で小サバの群れを発見したので釣り体験をしました。足下に餌を落として加えた瞬間にあわせを入れるという釣り方です。

 釣りゲームはしたことがあるらしく、ビックリするほど合わせが決まりまくっていました。合わせに関しては、釣りが初めてとは全く思えないほどの文句なしの上手さでした。小サバは25匹ほど釣れました。南蛮漬けが絶品でした。
サバ

 お店が開いていないため、セコマで夕食をとり、夜釣りに突入です。お昼はキャストをしない釣りでしたので、夜釣りでキャスティングデビューです。デビュー戦が夜釣りというのはかなり難しいのですが、ガヤは30匹くらい釣りあげていました。

 ただ、クロソイは沖の底に沈んでいたため30センチ弱を1匹だったかな?なかなか苦戦しました。自分も釣りをしたのですが、クロソイの35センチくらいまでしか釣れませんでした。クロソイは結構渋かったです。食べたかったシマゾイは0匹でした。

 ガヤは多すぎても調理が面倒くさいので11匹のみキープ。刺身が絶品でした。
ガヤ

 次の日は利尻観光後、夜釣りです。しかし、真夏は明らかに礼文の方が釣れるので、利尻での釣りは期待薄です。海をのぞき込んでも魚の姿がほとんど見えません。(透明度が高いので夜でも見ればすぐに分かります)

 しかし、1発目にデカいのが来ました。クロソイ45センチ、1.1キロです。8月に港で釣れたクロソイとしては最大記録だと思います。完全に根掛かりだとばかり思っていました。
クロソイ45センチ

 その後は、ガヤを10匹ほど釣って終了しました。(ガヤは非常に食いが渋く、ルアーでは釣れず、まさかの餌釣り)久しぶりに利尻パワーを感じることが出来た釣行となりました。

 都会では花火が禁止というのを初めて知りました。次はもっともっと激しい花火を準備したいと思います。都会では釣り場も少ないですが、ドブ川は意外と釣れるのでドブ川で練習してまた来てくれるともっと釣れると思います。ブルジョアには、ガイド付きのボートシーバスがイチオシですけどね。

カナリア
最新の記事

帯広まで 往復1000キロドライブ (その1) Sep 26, 2022
やっと鮭1匹目 Sep 22, 2022
利尻山は初冠雪???じゃないの??? Sep 21, 2022

FC2カウンター

プロフィール

1967年生まれの80年代を愛するヲタクです。 利尻島の釣り情報をメインに発信していきます。

ブログランキング関係

一応参加しています。

にほんブログ村 釣りブログ ロックフィッシングへ 釣りの世界

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

プライバシーポリシー

当ブログでは、第三者配信による広告サービスを利用し、 ユーザー様が閲覧する他のサイト、興味のある広告を配信しています。

そのため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。

当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 を使用されないようにする方法については、 こちらを参考し設定変更をお願いします。
詳しくは、Adsense広告の、公式プライバシーポリシーをご覧ください。