FC2ブログ

宮崎県のグルメ(その3) うなぎの入船 (西都市)

 宮崎グルメ、今回はリッチに鰻です。鰻といえばやはり西都市の「うなぎの入船」ですね。実家から入船までは結構近いのですが、宮崎市中心部からですと片道1時間くらいかかるかもしれません。

 鰻の店なのに、120台の大駐車場完備です。混雑を避けるため11時半前には到着しましたが時既に遅しでした。駐車場は結構埋まっていました。

駐車場

 既に1時間待ちとのことでした。数十人入れる待合所も満席でした。

入船

 仕方ないので、宮崎ではお約束のサンAの自販機で喉を潤します。日向夏のドリンクが増えていてびっくり。(宮崎の帰省中はサンAの自販機ばかり利用しました。)

自販機

 多少の待ちは覚悟していたので、お店の横のお寺で昆虫採集です。ここにはアブラゼミがいつでもうじゃうじゃ止まっている蝉のなる木があります。(根元付近でも普通にいます。上の方にはぐちゃぐちゃいます。)

セミの木
セミ

 アブラゼミ取り放題で、捕まえたまま次の蝉を捕まえて一度に3匹まで捕まえることが出来ました。(普通に手でも取れます)

3匹取り

 蝉以外にも稚内では見かけない、ハンミョウや糸トンボ、カタツムリも捕れました。境内には巨大な木もあって雰囲気抜群です。(下の娘と比較してください)ただし、蚊には注意。自分は虫除けを完璧にして行きました。娘達は虫にやられていました。虫を甘く見ていたらしい。

大きな木

 さて、1時間後やっと名前が拡声器で呼ばれました。食べたのはもちろん特上です。ここの鰻はフルコースで食べてこそです。(身が少なくて良いのなら上でも可)

特上

 蒲焼きの身が厚くふんわりほくほくで美味しいのは当然なのですが、個人的には鰻本来の味が堪能できる白焼きが最高です。(写真左手前)うな丼にしてしまうと、この白焼きを味わうことが出来ません。やはりここは特上か、上ですね。見た目も香りも決して美味しそうではないのですがご汁がこれまた絶品。ごくごく飲めちゃいます。

 娘達は、鰻はあまり好きではないのですがここの鰻は喜んで食べます。私も日頃鰻を食べることはありません

 帰り道には、西都原古墳群の中を通り、前方後円墳(下の写真)や、ただの盛り土にしか見えない円墳を見て帰りました。

前方後円墳

うなぎの入船HP:http://www.u-irifune.com/

宮崎県のグルメ(その2) 鯨ようかん (佐土原名物)

 実家から1番近いグルメスポットといえば、佐土原銘菓「鯨ようかん」(鯨羊羹)の「阪本商店」です。(歩いて数分です。)住所はまんだらという渋い地名です。

坂本商店

 稚内に帰る当日の朝8時、開店と同時に買いに行きました。早い時には朝9時くらいに売り切れていたりします。2日くらい前にも買いに行ったのですが9時台で既に売り切れでした。小さい頃から、ほとんど売り切れの看板しかみたことが有りません。10年以上すぐ近所に住んでいて「鯨ようかんあります」の看板は合計10回も見たことがない気がします。

 お店で在庫を見ると....自分のも入れて残り5パック...

5個

 販売のほとんどが予約品らしいので、店頭に並ぶ数は極めて少ないようです。(昔は10パックくらいはおいてあった気がします。)いったい1日何パックくらい作っているのでしょう???(追記:1日10個入り30パックが限界だそうです。)

 今回は超プレミアムな逸品が手に入ったので、手荷物で稚内まで持ち帰り、先に帰宅していた嫁と長女も含め全員で食べました。

パッケージ
くじらようかん

 ここの鯨ようかんは、あんは甘すぎず、モチの部分はほんのり塩味が効いており、全体的に柔らかいのが特徴です。やはり、このお店が一番美味しい気がします。全く日持ちがせず、当日しか食べられないのでその日のうちに食べきりました。次の日になると、硬くなりますし、お腹も壊しちゃいそうです。

※米の粉を練った物をあんこで挟んで蒸した和菓子。日持ちがしないため、「菓子の刺身」とも言われる。江戸時代、薩摩藩支藩の佐土原藩4代藩主島津忠高が26歳で早世。その子・万吉丸は2歳にも満たない年齢であったため、世継ぎを巡って争いが生じた(松木事件)。その混乱の中、万吉丸の母・松寿院が「息子と藩が、大海を泳ぐ鯨のように力強くたくましく育って欲しい」と願いを込めて鯨に似せた羊羹を作らせた。とのことです。(以上、ウィキペディアより。)

宮崎県のグルメ(その1) マンゴー

 7年ぶりの帰省でしたので、宮崎で色々食べてきました。忘れないうちに書いていきたいと思います。まずは、マンゴーです。

 実家はマンゴーの産地西都市に近いので、かなり安く手に入ります。

マンゴー1
マンゴー2

 安くて美味しかったので、家族みんなで1日1個ペースで食べました。

切った

 実はマンゴーはあんまり好きじゃなかったのですが、やはり宮崎のマンゴーは美味いですね。甘いだけでなくてフルーティーなんですよ。宇和島の無人店舗で売られているフルーティーなみかんと、お店で普通に売られている味のぼけたみかんの違いのような感じでしたね。

 ただし、お店で普通に食べると高いですね。空港でマンゴーソフトを食べて、マンゴージュースを飲みましたがどちらも1000円弱です。これらも非常に美味しいのですが流石に贅沢ですね。

お店
アイス
ジュース

 もうしばらくマンゴーを食べることは無理でしょう。

※このお店では、お子様向けジュースとしてゴーヤを勧めしていましたが、それってかなりチャレンジャーだと思う。子供は飲めるのか???

ゴーヤ

宮崎県 南郷町栄松海水浴場で熱帯魚と遊んだ

 今回の宮崎帰省時の目標のもう一つが、ここ宮崎県南郷町栄松海水浴場です。ここの特徴は、熱帯魚やサンゴがお手軽に見られるということです。

 車を停めて準備が出来たら、小船に乗って沖の孤島を目指します。渡し賃は大人で往復500円くらいだったかな?

孤島

 シュノーケリングでサンゴや熱帯魚と遊べます。パンでも持っていってばらまけば魚がうじゃうじゃ寄ってきます。

魚1
魚2
魚3
クマノミ

 下の娘は疲れたら器用に海に浮かんで休憩していました。

寝てる

 なかなか人気の海水浴場です。グラスボートもすぐ近くまでやってきます。

海水浴客

 岸に戻れば、シャワーやキャンプ場、軽く食べる場所もありなかなか快適です。家から近ければ毎日でも行きたいのですが、往復4時間位かかるのが厳しいですね。せっかくダイビングのCカード(免許)を持っているのでスキューバダイビングもしてみたいですね。

 今回は動画もアップしてみました。御覧ください。(動画の訂正 (誤)小島 →(正)孤島)



※嫁は日焼け止めを塗り忘れたため、大変な目に遭いました。東北の人間なので九州の日差しを甘く見たようです。素人は最低でもTシャツを着て泳いだ方が無難でしょう。心配ならば、この下の写真のように長袖の方が良いかも?ダイビングスーツに着るラッシュガードあたりも良いかも?

長袖

 ちなみに、今回の水中写真・水中動画は、OLYMPUS TOUGH TG-820 です。旧型より写真画質が向上していますし、立ち上がりも速いです。やや大きくて重いですが、アウトドアには良い製品だと思います。ただ、上級機種のTG-1が気になりますね。

OLYMPUS デジタルカメラ TG-820 ブルー 10m防水 2m耐落下衝撃 -10℃耐低温 耐荷重100kg 1200万画素 裏面照射型CMOS 光学5倍ズーム DUAL IS ハイビジョンムービー 3.0型LCD 広角28mm 3Dフォト機能 TG-820 BLUOLYMPUS デジタルカメラ TG-820 ブルー 10m防水 2m耐落下衝撃 -10℃耐低温 耐荷重100kg 1200万画素 裏面照射型CMOS 光学5倍ズーム DUAL IS ハイビジョンムービー 3.0型LCD 広角28mm 3Dフォト機能 TG-820 BLU

オリンパス 2012-03-09
売り上げランキング : 585

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

7年ぶりの磯の上物釣り 宮崎県北浦 貴富丸

 今回の帰省での最大の目標は、1つは栄松ビーチで熱帯魚と遊ぶこと、もう一つが磯に渡りグレ(メジナ)を仕留めることでした。

 7年前に帰省した時は、こっぱ~足の裏サイズのグレは釣ることが出来ました。今回はサイズアップを狙います。(といっても、8月は最も釣れない時期でもあります。)自然条件も厳しく、日陰も全くなくとてつもなく暑いので飲み水も4リットル持ち込みました。(実際に飲んだのは3リットル)

 以前と同じく、今回お世話になったのは延岡市北浦宮浦港の貴富丸さんです。
貴富丸HP:http://www.geocities.jp/takatomimaru2811/

 実家から遠いため、夜中1時に出発。思ったより早く延岡のかめや釣具屋に着いたのでまずはラーメンを食べて時間をつぶし、開店と同時の朝4時に入店し、解凍予約をしていたオキアミ生3角を購入し、船着き場まで行きました。(北海道と違い巨大なオキアミブロックを使用するので、冷凍庫から出してすぐでは使用出来ません。とはいえ、四国のオキアミブロックよりは小さいです。四国の1枚=九州の4角=北海道の小さめの釣具屋の在庫半分くらいの量。)今回は雷雨で釣らない時間が多かったので3角で良かったのですが、夏場は餌取りも多いので4角は必要な気がします。

 さて出船は5時です。自分は明るくなっていると予想していたのですが、北海道とは時差が1時間ほどあるため真っ暗でした。

 一番釣れない8月ということで、釣り場の優先順位を決めるために集まったのは2艘だけでした。これだけ人が少ないなら、いい磯にあがれると思ったものの、外海は大うねり。ほとんどの磯は波をかぶって釣りが出来ません。大バエならかろうじて釣りが出来そうでしたが危険なのでパスをして、安全な地磯周りの離れ根である松バエにおろしてもらいました。

松バエ

 まずはマキエ作りです。これで2角+集魚材を入れた状態です。(もう1角は調整用に後でいれました)

マキエ

 竿はこの日のために中古で購入した、シマノのライアーム1.2号5mです。リールはいつものバイオマスター2000に磯釣り用のサスペンドタイプのナイロン2.5号をまき、ウキは山元ウキや、新西SPを使用しました。

竿

 ライアームは最新型の磯竿だけ有り、絡みが取れやすく、ラインがロッドにべたつかず、穂先も折れにくそうです。かなりの進化を感じさせます。

 さて、まあ真夏ですし、流れもない浅めの高水温ポイントですからお約束の餌取りの猛攻撃です。

アジゴ
たい子

 足が速いため、ゆっくり沈めるとすぐに餌をとってしまうアジゴ、アジゴをかわすために速く沈めると速いものに反応し捕食するキタマクラ(写真無し、フグの仲間)に餌をとられるという悪循環に苦戦しました。可愛くて綺麗な鯛子も結構釣れました。

 そうこうしていると、重たい雰囲気でウキが消し込みました。合わせると重量感のある引きがきました。ハリスは1.5号なのでドラグが出ます。グレとは違う引きの魚です。そして上がってきたのは約20年ぶりとなるチヌ40センチでした。

チヌ

 なかなか幸先が良かったのですが、その後雷を伴うゲリラ豪雨が発生。ほとんど釣りにならなくなりました。

 ゲリラ豪雨の合間を縫って(急に晴れたりしました)釣りを継続しました。ちなみに、10時頃に船で届けられたお弁当はちゃんとしていて、結構美味しかったです。(弁当をもらう時に、他の磯の様子を聞いたり、場合にょっては磯替えを行います。この日は磯替えはしませんでした。)

弁当

 約20年前、四国で磯釣りしていた頃の弁当は、あまりに貧相で笑えました。ご飯+卵焼き+たくあん+何か1品で500円でしたからね。

 何とか頑張って釣りを続けたところ、アイゴ(バリ)の30センチ級が釣れました。相変わらずびっくりするほど引きが強いです。尾長グレがヒットしたのかと思いました。(ヒレに猛毒があるので注意)

アイゴ

 ただ、情けないことに強烈な引きを4回バラしてしまいました。まあ、どれもアイゴの気がしますけどね。2回は針ハズレです。(魚体の割に針が小さすぎたかも?)残り2回は、巻き上げるところまで巻き上げたものの浮かせることが出来ずに、根ズレか口で切られた(口が硬いので飲まれると切られやすい)1.2号の竿では少し厳しかったです。あのクラスの引きなら1.5号の竿が欲しい感じでした。

 今回、普通のドラグ式のリールであったので糸が出て欲しくない場面で出ることが多かったです。今回はバラシを含めて計6匹にドラグが出されました。磯の上物釣りには、やはりレバーブレーキが良いですね。

 よくよく思い出してみると、約20年前四国で上物釣りをしていた時はドラグはロックさせて、ハンドルを逆転させて対応してたな~。スピードが速く、根に突っ込む磯の大型魚には普通のドラグリールでは厳しいですね。ただ、北海道ではレバーブレーキなんて全く使いようがないしな~。(ジャングルでのイトウ釣りなら、まあ場合によっては良いかもしれないけど?)

まあ、20年前の1.5号のハリスが腐っていた可能性もありますけどね。いくらクレハのシーガーとはいえ、経年変化には勝てないのかも?

 最後は良型のカワハギで終了です。刺身は最高に美味しかったです。

カワハギ

 夕方5時過ぎに帰着して、待合所でうどんとゆで卵を頂いて帰宅しました。本当は次の日もやりたかったのですが、次の日もうねりが高く、ゲリラ豪雨まくりの予報であったため断念しました。(船も出なかったようです)

 狙いのグレは、こっぱサイズですら釣れませんでしたが7年ぶりの磯釣りを堪能することが出来ました
  
 数多い釣りの中でも、磯の上物釣りは特に好きなのでまた何とかしてやりたいですね。できればもっと釣れる季節にやってみたいですね。

 次に行く頃には、高速道路が全線開通していると良いな~。今回は往復200キロで、往復5時間ほどかかりましたからね。高速が開通すれば往復3時間ですね。(四国の頃は、新居浜から中泊まで往復400キロで往復8時間半かかっていました)
最新の記事

荒天下の礼文島での釣りは流石に貧果... Jun 21, 2021
礼文島はお花の最盛期 しかし天気は大荒れ.... Jun 21, 2021
利尻島神居海岸はエゾカンゾウが満開 Jun 18, 2021

FC2カウンター

プロフィール

1967年生まれの80年代を愛するヲタクです。 利尻島の釣り情報をメインに発信していきます。

ブログランキング関係

一応参加しています。

にほんブログ村 釣りブログ ロックフィッシングへ 釣りの世界

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

プライバシーポリシー

当ブログでは、第三者配信による広告サービスを利用し、 ユーザー様が閲覧する他のサイト、興味のある広告を配信しています。

そのため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。

当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 を使用されないようにする方法については、 こちらを参考し設定変更をお願いします。
詳しくは、Adsense広告の、公式プライバシーポリシーをご覧ください。