FC2ブログ

離島でコロナはヤバい 利尻島の場合....

 利尻島では現在3名のコロナ感染者が出ています。3名とも島からはヘリや巡視艇で稚内に運ばれて市立稚内病院で治療中です。感染源はクラスターが発生した札幌がんセンターです。(札幌に通院して島に持って帰ってきた形です)不幸にも全員そのクラスターに巻き込まれた形です。この3人で終息するのか全く分からない状況なので、島は戦々恐々です。(潜伏期間が長い)

 宗谷地方は北海道としては最後まで感染者ゼロが続いていました。それでも島民はかなり気をつけていました。ほとんどの人が「離島でコロナが出たらヤバい」という認識を持っていました。

 そうこうしているうちに今回の感染者の発見となりました。そして両町の管轄する各施設はほとんど閉鎖になりました。本日、とうとう公園の使用までも禁止となりました。フェリーは便数の少ない冬ダイヤのままですし、バスも明日からは日祝ダイヤになり間引き運行になります。

なんだかんだ言っても1周50キロ以上、人口5000人の島ですから「やり過ぎでは?」と思う方もいるかもしれませんが、全くそんな感じではないです。

 島でも家から出なければ確かに誰とも会いません。しかし、一歩買い物や用足しに出た場合は、島民ほぼ全員が同じお店や施設を利用することになります。(例:セコマ、ホーマック、サツドラ、銀行、郵便局)これが大変問題で、島民ほぼ全員が接触することになります。大事をとってすでに自宅待機に移行した方もいるようです。

 都会に当てはめると、自分の徒歩圏の商店街で感染者が3人出た感じです。そして、その商店街以外では買い物が出来ない感じです。 

 我が家の場合は買い出しも控えていました。(コープのとどっくを活用)基本的には職場との往復のみでした。10日前にサツドラとホーマックに行ったのが最後です。(そろそろまた買い物に行きたかったのですが、控えています)先週中頃からは自分の職場もリモート勤務が始まりましたし、嫁は仕事をお休みしているので我が家は今のところは感染していなさそうです。


 以上、沖縄や鹿児島、長崎、瀬戸内各県の離島在住等の方々へ少しでも参考にでもなればと思い書き込みました。基本は罹ったかもと思ったら、まずは動き回らないことが重要ですね。また、国には早いところPCR検査態勢をしっかり作ってほしいものです。(国のコロナへの対応はあまりにも酷すぎ)

利尻山

※ちなみに、コロナに関する詳細な情報は自治体からは出されておりませんが、島民同士の情報交換により結構共有されています。

次のマイゴムボートを何にするか考えてみた

 2007年にゴムボートを購入し、13年が経過しました。(出撃は約40回)写真は購入した2007年当時のもの。

ゴムボート

 アキレスのPVC製(ポリ塩化ビニル)のボート(PV-295)をベースとしてショップで作られたAF300という機種です。
 色々調べてみると、PVC製のボートの寿命は3~5年程度で、最高で10年とのことです。幸運なことに我が家のボートは13年経ってもあまり劣化していません。

 洗剤をつけて穴開きチェックをしても空気漏れは見られませんが、長時間放置するとどこからか極僅かに漏れており圧は下がってきますが、普通に使用する分には全く問題はありません。

 ただ、チューブ内部の隔壁はどこか貫通しているのか?1カ所空気を抜くと他の気室も柔らかくなります。パンクやバースとした時を考えるとこれはやや怖いです。

 我が家のAF300の中間船検は来年です。そこで、次に購入するゴムボートを考えてみました。(来年買い換えるとは限りませんが....)


【 我が家のゴムボートに求められる条件 】

1 現有の6馬力のエンジンを活かせること
2 斜路等がなくても1人でもセッティング出来る重さと大きさ

  以上のことから、エンジンの関係で最小300センチ、持ち運びを考えて最大でも330センチ。

3 出来ればエレキがつけられる作り
  これに合う製品が極めて少ないのが難点。エレキをつけられるタイプだと、夜間航行のライトも設置しやすい。

4 回数はあまり乗らないので、耐久性が高いもの
 アキレスのCMSタイプが圧倒的とのこと。保証も5年で、15~20年乗れるとのこと。ただし、元からめちゃくちゃ高価で、最近は定価販売。PVCの倍近い値段で新品は中古車が買える値段。  

5 持ち手やらパーツがたくさんついているもの
 パーツは後で自分でも取り付けられるが、意外と接着しづらい。最初から付いているのがベター。



【 以上の条件からセレクト 】.....(重量表記はメーカーでバラバラなので詳細不明)

1 アキレス 超耐久のCMSタイプがある いろんな意味で圧倒的な安心感 ただ値段は最凶
 釣り向きとはいえない作りのシンプルすぎるモデルも多い。

アキレスボートHP:http://www.achilles-rf.com/boat/
Achilles(アキレス)ASシリーズ AS-315IB パールグレー ボート ゴムボート インフレターブルボート

B079T6D3T9
・カミカゼAS-315IB
 エレキがつけられる。超耐久CMS、42kg、速い。
 重さ以外の条件的にはベストだが高価すぎ
・ライデンRD-300IB
 超耐久CMS、41kg、速い、高価。
・ECB-310IB
 超耐久CMS、41kg、高価。
・フィッシュランドのアキレスとの合作  PV300FL 
 エレキがつけられる。34kg。パーツがたくさん付いている。残念ながらCMSじゃない。
 安売りの時なら値段的にもアリ。ただ現有品と同じタイプで、ほとんど代わり映えしない。
 (同タイプのCMSタイプもあるようだ そちらも値段次第ではよさそう)


2 ジョイクラフト アキレスのライバル ただし品質とアフターに難アリとの噂も...
ジョイクラフトHP:http://www.joycraft.co.jp/
【JOYCRAFT/ジョイクラフト】ココナット303 JEL-303 4人乗り 予備検査なし リジッドフレックス 超高圧電動ポンプ付 ゴムボート

B06XD9WR4N
・ORANGE PEKOE305
 エレキがつけられる。30kg。条件に合っており比較的お手軽。
・ココナット303
エレキがつけられない。35kg。船底が特別に頑丈で、比較的お手軽。


3 BEEボート 品質とアフターが評判のショップ品 釣りに特化 納期は長い
付属品等は色々購入しているが好印象(ただしボート本体は島にはおそらく発送不能。発送できたとしても送料バカ高?)
BEEボートHP:http://beeboat2003.com/

・305KTM
 エレキがつけられる。38kg。条件に合っており比較的お手軽。
・SS300
 エレキがつけられる。31kg。条件に合っており比較的お手軽。
上記2つは構造が違うのでどっちが良いのかは???



【 結論 】
 以上から考えると、セールの時にアキレスとフィッシュランドの合作品にするか、当たり外れに挑戦してジョイクラフトのオレンジペコ305にするか、手堅くBEEボートの305KTMかSS300のどちらかにするかですね。他に何か良い中古品があればそれでもいいかも?エレキマウントをあきらめれば、もっともっと選択肢は増えるんですけどね。

※現有機を購入した アキレスファクトリー(AFボート)も安くて良いのですが、今は2馬力専用艇しか販売されていません。大人の事情???
(メモ)本日エンジンオイルとギアオイル交換 あまり汚れていなかった

ニューパジェロミニに自作ロッドホルダーを移植しました

 ニューパジェロミニのパジェ爺に自作のロッドホルダーを移植しました。パジェロミニはロッドホルダーをつけられるようには全くなっていません。これほどロッドホルダーがつけにくい車があるのかと思うほどつけにくいです。皆さん、相当苦労と工夫をされています。とにかく天井付近に固定する場所がないんですよ。この辺の気の効かなさがパジェロが負けた理由の一つでしょうね。

 自分の場合はこんな感じです。
ロッドホルダー1

ロッドホルダー2

詳細は以前ここに書いています:https://okapon2005.com/blog-entry-1667.html
(ただこの方法では後方の固定が弱く外れてしまったので、内張を一部切断して金具をボディ本体に接着しました
内張 

釣り人の車(軽)はジムニーで決まりだ パジェ郎くんの後釜がキター

 以前から何度も主張しているとおり、釣り車(軽)はジムニーで決まりであってそれ以外は認められない。しかし、安さには逆らえず、前々回前回に引き続き、ご縁もあってまたしてもパジェロミニを購入した

前回のパジェロミニ購入記:https://okapon2005.com/blog-entry-1664.html
前々回のパジェロミニ購入記:https://okapon2005.com/blog-entry-1625.html

 それがこれだ。

パジェロミニ1

パジェロミニ2

はい、またまたパジェロミニで、3台目です。性別は男で、名前はパジェ爺です。

 ジムニーにしなかった理由ですが、もちろん価格です。このパジェ爺は、廃車寸前の車で車両価格は0円でした。(車検代・整備費は必要でした)パジェ郎君のパーツをそのまま流用できるのもまたパジェロミニにした理由です。スタッドレスタイヤは交換したばっかりでしたし。

 パジェ爺のスペックは、平成11年車(21歳)、走行14万キロ、4WD、4速ATです。高年式車で過走行車なのでも、購入時点でおじいさんです。ですからパジェ爺です。ノンターボで走行が多いのでかなり、鈍足ではありますが、やはり車があるというのは素晴らしいことです。これでまた釣りに行けます。(ちなみに、パジェ郎とパジェ子が我が家に来たときは17歳でした)


※錆びも意外と少なく、車検期間の2年間は乗れそうです。我が家と違い、直接波しぶきをうけなかったからでしょうか?ボディが歪んでいないのでドアの開閉も普通に出来ますし、雨漏りもしなさそうです。ノンターボの出足の遅さ以外はパジェ郎君より優秀な気がします。
パジェロミニ4

パジェロミニ3


(追記)我が家の車は大体中古のポンコツを乗り継いでいる感じです。
やはり耐久性は圧倒的にトヨタですね。全く比較にならないレベルです。  

1 S62年式 トヨタ91トレノ 18年(廃車までほぼノートラブル)
2 S60年式 いすゞ ピアッツァ 10年(あまりに故障が多くて廃車)
3 H4年式  いすゞ ビッグホーン 10年(あまりに故障が多くて廃車)
4 H3年式  ホンダビート 25年(満身創痍の状態で、最後は軽い事故で廃車)
5 H14年式 トヨタ ツーリングハイエース 18年(ずーっと元気
6 H7年式  三菱パジェロミニ 17年(追突されて廃車)
7 H10年式 三菱パジェロミニ 22年(錆びすぎて車検通らず) 
8 H11年式 三菱パジェロミニ 21年(現在も元気)  

釣り車 パジェロミニとの突然の別れ....

 我が家で7年間頑張ってくれたパジェロミニと突然の別れがやってきました。(H10車なので生まれてから22年頑張ってきた車です)

 なんと、ボディがサビすぎて車検が通らず突然の廃車となりました。

 7年間潮風にさらされてサビサビになりました。荒天時には波しぶきが駐車場にまで到達していました。

パジェロミニ

 近くで見ると、かなり錆ています。というか朽ちています。ブレーキも朽ちてる???
さび1

 ドアの下のモール部分も朽ちています。
錆2

 まあ、やはり決定打となったのはボディを前後で支える柱に大穴があいたことです。

 このまま走り続けると、車が真ん中から真っ二つに折れるとのことでした。

錆3

 最近は明らかに車体剛性が落ちていました。我が家の駐車場は傾斜しているのですが、同じ方向で止めているとドアやハッチの開き具合が悪くなるので、定期的に車の向きを変えて駐車していました。雨漏りもしていましたし、給油口もドライバーでこじ開けないと開かなくなっていました(バネではなく、ボディのゆがみのため開かなくなっていました)


 というわけで、車を購入しなくてはならない状態になりました。

 今、このことははっきりと言えます。「ジムニーを買うべきである。それに、最新型のジムニーは最高だ。迷う余地は全くない。」(自分は島から出れば渓流釣りもするため、狭い道や悪路も走りますし、砂浜も行きます。)
最新の記事

居間の窓も冬支度で完全武装 Oct 25, 2020
完全に冬支度です もう窓開けられないね Oct 24, 2020
今シーズン鮭最終戦??? Oct 19, 2020

FC2カウンター

プロフィール

1967年生まれの80年代を愛するヲタクです。 利尻島の釣り情報をメインに発信していきます。

ブログランキング関係

一応参加しています。

にほんブログ村 釣りブログ ロックフィッシングへ 釣りの世界

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

プライバシーポリシー

当ブログでは、第三者配信による広告サービスを利用し、 ユーザー様が閲覧する他のサイト、興味のある広告を配信しています。

そのため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。

当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 を使用されないようにする方法については、 こちらを参考し設定変更をお願いします。
詳しくは、Adsense広告の、公式プライバシーポリシーをご覧ください。