fc2ブログ

都会からお客様、そして釣りで島一周

 先日に引き続き、大都会からお友達が来たので日帰り釣りガイドをしました。もうすぐ夫婦になる若者カップルです。

 しかし、利尻島といえど真夏は岸からはとにかく釣れません。特に昼はヤバいです。(もう少し遅いと鮭が来たりするんですけどね)

 島に到着し港をのぞき込むと足下に小ガヤが群れていたので、まずはそれを釣ってもらいました。もうすぐ夫婦の2人とも釣り慣れているのでポンポン釣れていました。
ガヤ

 あまりにも魚が小さいので、夏場は1番可能性の高い穴釣りで勝負です。結構釣れましたが、相変わらず小ガヤが中心でした。唯一もうすぐ旦那様が釣ったハチガラが良い獲物でした。
穴釣り

 その後、ライトな磯に移動してアブラコを狙うものの高水温のためか、反応無し。(まあ近くで海水浴もしていましたしね)その後2番目の港で穴釣りです。ここは大物が狙えるポイントですが非常に渋く、めぼしい獲物はもうすぐ嫁様が釣った写真のハチガラのみ。
ハチガラ

 昼食は味楽でとる予定でしたが、恐ろしいほど混んでおり(13:30時点で20組待ち)いつ食べられるか予想もつかなかったので、仙法志のマルヰ食堂でおそばをいただきました。島らしくタコのからあげ系を注文しました。
マルヰ食堂

 この時点で、ガヤ、シマゾイ、ハチガラが釣れたものの、メジャーなクロソイが1匹も釣れていません。クロソイとアブラコを釣るべく、また3番目の港に移動して挑戦でしました。

 そこでは何と、もうすぐ嫁様の1投目に大型のアブラコがヒットしたものの足下のテトラでラインブレイクしてしまいました。元々取り込みが難しい場所でしたし、ラインも細めだったので仕方は無いのですが非常に残念でした。その後も少し粘ったのですが無反応でした。元々大アブラコ1発のポイントなので難しかったですね。

 いよいよ最後のポイントです。もうね、釣るにはガチの磯ロックしか残されていないです。幸運にも午後になって波も収まってきており、若人なので磯まで歩けるということで挑戦です。

 最果て感のある場所を歩いて行きます。ここ数日は年間で1番暑い時期なので自分はへばりそうでした。
藪漕ぎ

 磯ロックは自分もやる気満々でしたが、ジグを全て家に置いてある方の車に忘れてくるという大ミスをしてしまいボウズでした。

 このポイントは数は出ないのですが、かかれば大物というポイントです。真夏なのでなかなか渋かったのですが、もうすぐ旦那様がとうとう40センチくらいのクロソイを釣りあげました。
ソイ

 釣りばかりで時間が無かったため、観光は神居海岸パークのウニ剥き体験と、車窓からの南浜湿原の一瞬見学、オタトマリ沼でのトイレ休憩のみとなりました。姫沼は次回行ってくれ。時間があれば登山も良いね。

 今回は真夏の昼の陸釣りという激シブの状況でしたが、何とか釣れて良かったです。本当は春、秋の釣りやすい季節に来て欲しいのですが仕事があるからね~都会からは遠いしね~。次回はせめてボートが出せれば良いんだけどべた凪なんてほとんど無いからな~まあ、また機会があれば是非挑戦して欲しいと思います。次に会うときは結婚しているかもね。

釣り体験で良型クロソイヒット この時期ではレア

 昨年ほどでは無いですが、現在は島でも最も暑い時期です。(最高25℃、最低20℃くらい)わが家のクーラー様も、寝るとき以外はフル稼働しています。そういう状態のため水温が高すぎ、流石に港からはほとんど釣れません。(ドン深の磯なら釣れるかも?)なかなか厳しい状況です。

 今回、嫁の兄貴家族(ブルジョア)が大都会から宗谷地方に遊びに来たのでお坊ちゃま様(小3男)に釣り体験をしてもらいました。もちろん釣り経験はゼロです。

 まずは礼文島に渡って時間的には昼食スタートだったのですが、何と武ちゃん寿司、海鮮処かふかという大型店舗2店が同時に休みだったため、小さなお店の炉ばたちどりさんに観光客が集中し大混雑の1時間待ちでした。その待ち時間を利用して、目の前の港でキャスト練習をし一応投げられるようになりました。

 残念ながらカラフトマスの回遊は無し。川にも1匹しかいなかった。(前日の大雨で上流に遡上したのか???)
練習

 ちどりでは、いつものほっけのちゃんちゃん焼き+とんかつ定食+ブルジョア用に焼きウニ
ちゃんちゃん焼き
 
 その後、礼文島の有名なポイントを巡り、澄海岬下の漁港で小サバの群れを発見したので釣り体験をしました。足下に餌を落として加えた瞬間にあわせを入れるという釣り方です。

 釣りゲームはしたことがあるらしく、ビックリするほど合わせが決まりまくっていました。合わせに関しては、釣りが初めてとは全く思えないほどの文句なしの上手さでした。小サバは25匹ほど釣れました。南蛮漬けが絶品でした。
サバ

 お店が開いていないため、セコマで夕食をとり、夜釣りに突入です。お昼はキャストをしない釣りでしたので、夜釣りでキャスティングデビューです。デビュー戦が夜釣りというのはかなり難しいのですが、ガヤは30匹くらい釣りあげていました。

 ただ、クロソイは沖の底に沈んでいたため30センチ弱を1匹だったかな?なかなか苦戦しました。自分も釣りをしたのですが、クロソイの35センチくらいまでしか釣れませんでした。クロソイは結構渋かったです。食べたかったシマゾイは0匹でした。

 ガヤは多すぎても調理が面倒くさいので11匹のみキープ。刺身が絶品でした。
ガヤ

 次の日は利尻観光後、夜釣りです。しかし、真夏は明らかに礼文の方が釣れるので、利尻での釣りは期待薄です。海をのぞき込んでも魚の姿がほとんど見えません。(透明度が高いので夜でも見ればすぐに分かります)

 しかし、1発目にデカいのが来ました。クロソイ45センチ、1.1キロです。8月に港で釣れたクロソイとしては最大記録だと思います。完全に根掛かりだとばかり思っていました。
クロソイ45センチ

 その後は、ガヤを10匹ほど釣って終了しました。(ガヤは非常に食いが渋く、ルアーでは釣れず、まさかの餌釣り)久しぶりに利尻パワーを感じることが出来た釣行となりました。

 都会では花火が禁止というのを初めて知りました。次はもっともっと激しい花火を準備したいと思います。都会では釣り場も少ないですが、ドブ川は意外と釣れるのでドブ川で練習してまた来てくれるともっと釣れると思います。ブルジョアには、ガイド付きのボートシーバスがイチオシですけどね。

カナリア

利尻町 花火大会

 先ほど、利尻町沓形港で花火大会が行われました。利尻町の花火大会を見るのは初めてです。(利尻富士町の花火は何度か見ました。)

 なかなか派手で良かったです。車はそこそこありましたが、誘導がちゃんとされていましたし、他所の花火大会と比べると駐車場が広い分混乱は無かったです。車の中から見ている人も多かったのか、車以上に人はまばらでした。自分はかなり近くで見ました。フェリーターミナルの窓越しで撮影したら少し面白い写真になりました。

花火1

花火2

花火3

 気温も20℃くらいと、あまり暑くはなく、快適に花火を見ることが出来ました。今年は昨年とは違い、例年並みの気温で助かっています。クーラーも寝る時には使用しなくても平気です。昨年はクーラーも無い上に暑すぎて、体を濡らした状態で扇風機に当たりながら気化熱で体温を下げて寝ていました。
         
最新の記事

都会からお客様、そして釣りで島一周 Aug 14, 2022
釣り体験で良型クロソイヒット この時期ではレア Aug 12, 2022
利尻町 花火大会 Aug 05, 2022

FC2カウンター

プロフィール

1967年生まれの80年代を愛するヲタクです。 利尻島の釣り情報をメインに発信していきます。

ブログランキング関係

一応参加しています。

にほんブログ村 釣りブログ ロックフィッシングへ 釣りの世界

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

プライバシーポリシー

当ブログでは、第三者配信による広告サービスを利用し、 ユーザー様が閲覧する他のサイト、興味のある広告を配信しています。

そのため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。

当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 を使用されないようにする方法については、 こちらを参考し設定変更をお願いします。
詳しくは、Adsense広告の、公式プライバシーポリシーをご覧ください。