FC2ブログ

2ラウンド目のアブラコは好釣果

2ラウンド目 アブラコ磯ロック?
 風は出し風でしたが、波はゼロでしたので、磯ロックでアブラコ狙いです。足場は岩場なのですが、手前にテトラが入っているという釣りにくい場所です。駐車場から近いのがメリット。

 ガルプを付けて投げていると大きな当たり、間違いなく大型のアブラコ。問題は手前のテトラ....綺麗に寄せることは不可能なので、テトラにラインをザリザリこすりながら寄せてきます。最後はラインを持って抜き上げました。

 50センチ弱の大型アブラコです。
アブラコ50弱

 この後もポツポツ釣れ続き、合計5匹釣れました。(50センチ弱2匹、40UP3匹)短時間ではなかなかの釣果でした。先週のボートより釣れた感じです。利尻島では岸>ボートいうことも良くあります。港内>磯>ボートということもあります。(数的に一番手堅いのは磯かな?)
アブラコ50弱2


 今年の島はカレイとアブラコが好調な気がします。ソイのビッグママも好調だったのかもしれませんが自粛期間中に当たっていたので分からないままシーズンが終わりました。この調子で鮭も釣れると助かります。

 利尻島でのソイ釣りにはほとんどガルプは使わないのですが、アブラコはどうしてもガルプになります。色々使用したのですが今回釣れたのは結局全てガルプでした。苫小牧室蘭ではそれほどの差を感じなかったのですが、島のアブラコはガルプ好き???(ジグは好きかも?外道でヒットします。)ちなみに、今まで捌いてきた感じでは島のアブラコはカニを食べていることが多いようです。

 逆に、苫小牧室蘭のソイはガルプ好きでしたが、島の夜釣りでガルプを使うとガヤの猛攻に遭ってしまい釣りになりません。その結果大きなワームを使用することが多いです。大きなワームでも食って来るときは大きくて硬いワームにしています。(大きなワームの例:バルトやワンナップシャッド 大きくて硬い例:フラッシュJ)ガルプは小さいから目立たないというのもありますね。今まで捌いてきた感じでは島のソイは魚を食べていることが多いようです。そのため、そこそこの回遊性があるような気がしています。(ボートの昼ソイ釣りでもガルプはほとんど使いません)

 今回、ラインには相当に負荷をかけましたが一度も切れませんでした。テトラの角で何度もザリザリやった割には傷も付いていませんでしたし。サンヨーナイロンのGT-Rスーパーやウルトラの耐摩耗性最強は嘘ではない気がします。今回はちょっと驚きました。スピニングに巻いた16ポンドでも穴から大型クロソイを抜けています。(今回釣り上げるたびに、ラインを5~10m切ったのでリールのラインが少なくなり、釣行後は全て巻き替えました)600m巻きというのも無駄なく使えて良いです。
サンヨーナイロン ナイロンライン 5号 20lb 600m アプロード GT-R ウルトラ ダークグリーン

B000AR6RLO

 ちなみに、近くの岩場ではカモメの雛がうろうろしていました。ただ、カモメの親が怒って威嚇しまくりでした。頭の上を何度もかすめていきました。
カモメ1

カモメ2

 御崎公園のエゾカンゾウも見頃でした。
花
関連記事
最新の記事

居間の窓も冬支度で完全武装 Oct 25, 2020
完全に冬支度です もう窓開けられないね Oct 24, 2020
今シーズン鮭最終戦??? Oct 19, 2020

FC2カウンター

プロフィール

1967年生まれの80年代を愛するヲタクです。 利尻島の釣り情報をメインに発信していきます。

ブログランキング関係

一応参加しています。

にほんブログ村 釣りブログ ロックフィッシングへ 釣りの世界

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

プライバシーポリシー

当ブログでは、第三者配信による広告サービスを利用し、 ユーザー様が閲覧する他のサイト、興味のある広告を配信しています。

そのため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。

当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 を使用されないようにする方法については、 こちらを参考し設定変更をお願いします。
詳しくは、Adsense広告の、公式プライバシーポリシーをご覧ください。