fc2ブログ

さらば思い出の潜水橋

 高知県、大分県、高知県、徳島県、宮崎県等の河川には、洪水の時に水の下に沈むことを想定して作られている潜水橋(沈み橋、沈下橋)が数多く存在します。(全国的には四万十川の潜水橋が有名)

 実家の近所の一ツ瀬川水系にも潜水橋が有り、ほとんどがその上からの釣りでした。当時は橋の上からの投げ釣りでフナ、ウナギ、ナマズ、黄チヌ、ハゼ、セイゴ等がよく釣れました。ごく希に車が通ったのですが、その時はみんな立って釣り竿を手に持ってその場で避けていました。ギリギリでしたけどね。

 また中学生時代、大雨の時に越水した潜水橋の上を突破しようと、友人数人で橋に行ったところ、中学生の誰かが潜水橋を突破しに来るだろうと予測した先生が立っていて追い返されました。その時は、すでに橋が冠水しておりガンガン越水していたのですが、先生がいなかったら、水の流れる橋の上を洪水突破していたかもしれません。おかげで死なずにすみました。ありがたいことです。

 帰省時には橋を見に行っていたのですが、橋はいつの間にか撤去されてしまいました。非常に寂しい限りです。仕方ないので、次に帰省した時には、鮎釣りの時に使用していた潜水橋に行ってみようと思います。

対岸の白い部分が橋の跡です。
潜水橋跡

在りし日の潜水橋(2012年対岸から撮影)
アーチ型で真ん中が高く、両端には縁も無い、最も渡るのが怖いタイプの橋 幅も車はギリギリ
潜水橋1

潜水橋2

 さすがにこの歳になると、懐かしの場所がどんどん消えてゆきますね。近年では札幌市の4プラやヨークマツザカヤ、福岡市の天神コアや水城学園、宮崎市のオーシャンドームやレマン、那覇市の那覇タワー、第一公設市場、農連市場....那覇市民会館も無くなるとか?



 ちなみにこれが、高知県四万十川の潜水橋(30年前
四万十川潜水橋
関連記事
最新の記事

礼文島にプチ遠征釣り Oct 05, 2022
久しぶりの平日釣行 鮭釣り Oct 02, 2022
今回食べたもの (帯広 その4 最終回) Sep 30, 2022

FC2カウンター

プロフィール

1967年生まれの80年代を愛するヲタクです。 利尻島の釣り情報をメインに発信していきます。

ブログランキング関係

一応参加しています。

にほんブログ村 釣りブログ ロックフィッシングへ 釣りの世界

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

プライバシーポリシー

当ブログでは、第三者配信による広告サービスを利用し、 ユーザー様が閲覧する他のサイト、興味のある広告を配信しています。

そのため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。

当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 を使用されないようにする方法については、 こちらを参考し設定変更をお願いします。
詳しくは、Adsense広告の、公式プライバシーポリシーをご覧ください。