fc2ブログ

あの伝説の富公の遺伝子を継ぐ紫雲亭へ

 狸小路7丁目に昭和の時代に伝説となっている富公というラーメン屋さんがありました。とにかくがさつでうるさい親父が名物でした。ラーメンは味噌塩醤油どれを頼んでもあまり見かけはかわらず、味もそれほどかわらないという、なんとも表現しようのない混沌としたスープでした。あの親父とは違って、どちらかといえばマイルドしみじみ系の混沌です。尖った感じの味ではありません。非常に人気が高く、いつも行列だったのでそれほど回数は行っていませんが大変好きな店でした。

下の写真は紫雲亭さんに貼られている当時の暖簾です。
富公

 富公の遺伝子を継ぐ店としては、富公の場所で営業をしている一徹さんにはよく通っていました。ただ最近はラーメン以外のメニューも人気が出過ぎて、飲みのお客が多くて満席で入れないことが多々あり、今回も入店を断られました。ここ連続3回くらいダメな気がします。(ラーメンだけで予約できるのかな???)

 存在は知っていたのですが、富公の遺伝子を継ぐ紫雲亭さんに行きました。お店に着くと、閉店にはまだ早いのに準備中の札。中で理由を聞いてみると、ご飯が切れたからとのこと。ラーメンならできるとのことでした。

紫雲亭
 
 一徹が居酒屋メニューが大人気なのと似ていて、紫雲亭はラーメンとセットになっている本格的なハヤシやキーマカレーが大人気です。

 今回は醤油をいただきました。味噌ラーメンに見えますね。これがお約束です。
醤油

 あー見た感じが謎で富公っぽい。味もなんとも表現しにくくて富公っぽい。今回、ここと一徹を食べ比べてどっちが富公に近いか比較したかったのですが無理でした。ただ、富公で食べたのが昭和の頃ですし、その後一徹はだいぶ食べているのでもう全くわからない気もします。今度は塩ラーメンにセットで本格スパイシーなキーマカレーセットでも食べてみたいです。

紫雲亭食べログ情報:https://tabelog.com/hokkaido/A0101/A010102/1048609/ 
関連記事
最新の記事

昭和世代必見「不適切にもほどがある!』見ないと損 まさか見ていない人いないよね Feb 24, 2024
歴代最強の熱波来る Feb 19, 2024
α6700の作例 Feb 12, 2024

FC2カウンター

プロフィール

1967年生まれの80年代を愛するヲタクです。 利尻島の釣り情報をメインに発信していきます。

ブログランキング関係

一応参加しています。

にほんブログ村 釣りブログ ロックフィッシングへ にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

プライバシーポリシー

当ブログでは、第三者配信による広告サービスを利用し、 ユーザー様が閲覧する他のサイト、興味のある広告を配信しています。

そのため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。

当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 を使用されないようにする方法については、 こちらを参考し設定変更をお願いします。
詳しくは、Adsense広告の、公式プライバシーポリシーをご覧ください。